このキーワード
友達に教える
URLをコピー

サイ・セイモアーとは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


サイ・セイモアー(James Bentley "Cy" Seymour 、 1872年12月9日 - 1919年9月20日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州オールバニ出身のプロ野球選手(外野手投手)。左投げ左打ち。

投手部門(最多奪三振)と打撃部門(打率、打点)の両方でリーグ1位を獲得した数少ない選手の一人である。

経歴

1896年にイースタン・リーグのスプリングフィールド球団からニューヨーク・ジャイアンツに昇格する前は、月1000ドルの報酬でニューヨークのセミプロチームでプレーしていたそうである。1年目は11試合に登板し2勝4敗の成績だった。翌1897年に18勝を記録し、1898年には45試合に登板して25勝19敗の成績を残す。この年の奪三振数239はリーグ最多であったが、与四球数、与死球数、暴投数も同じくリーグ最多という成績を残している。

1901年にジャイアンツからオリオールズ(現ヤンキース)に移った際、たっての希望から外野手へ転向し、今度は打撃の面で活躍するようになった。シンシナティ・レッズに移籍後の1903年には.342の打率を残し、1905年には219安打を記録、打率.377、打点121で首位打者と打点王の二冠を獲得した。1906年シーズン中にジャイアンツに復帰した後は、37歳になる1910年シーズン中までジャイアンツに在籍し、その後イースタンリーグのボルチモアに降格したが、40歳になった1913年ボストン・ブレーブスからメジャーに復帰し39試合に出場している。メジャーリーグ出場はこの年が最後であった。1918年まではマイナーリーグのニューアークなどで投げていたが、次の年の1919年には野球をやめニューヨークの造船所で働いていた。同年結核のため死去。

詳細情報

打撃成績

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
1528 | 5682 | 1723 | 229 | 96 | 52 | 737 | 799 | 222 | 32* | 354 | 30 | 138 | .303 | .347 | .405

投手成績























防御率
140 | 123 | 1029.0 | 61 | 6 | 56 | 1 | 584 | 951 | 25 | 655 | 84 | 60 | 430 | 3.76

獲得タイトル・記録

  • 通算打率(.332)
  • シーズン打率(.377、1905年)

関連項目

外部リンク

獲得タイトル・記録
ナショナルリーグ最多奪三振
【1870年代】

【1880年代】

【1890年代】

【1900年代】

【1910年代】

【1920年代】

【1930年代】

【1940年代】

【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


ナショナルリーグ首位打者
【1870年代】

【1880年代】

【1890年代】

【1900年代】

【1910年代】

【1920年代】

【1930年代】

【1940年代】

【1950年代】

【1960年代】

【1970年代】

【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】
2010Happy Mail