このキーワード
友達に教える
URLをコピー

サクラショウリとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年7月)
【サクラショウリ】


画像をアップロード

【品種】
サラブレッド
【性別】

毛色
鹿毛
【生誕】
1975年3月1日
【死没】
1999年2月7日(24歳没)
【父】
パーソロン
【母】
シリネラ
母の父
フォルティノ
【生国】
日本(千葉県成田市)
【生産】
シンボリ牧場
馬主
(株)さくらコマース
調教師
久保田彦之(美浦)
【競走成績】

【生涯成績】
24戦8勝
【獲得賞金】
3億360万8000円

サクラショウリとは日本競走馬である。名種牡馬パーソロンが送り出した初めての牡馬クラシックホースであり、おもな勝ち鞍に1978年東京優駿(日本ダービー)1979年宝塚記念があるほか、1978年優駿賞最優秀4歳牡馬を受賞した。種牡馬としてもサクラスターオーなどを出した。主戦騎手は小島太

戦績

デビュー4戦目に勝ち上がり、朝日杯3歳ステークス3着で3歳時を終えた。

4歳時は京成杯3着・東京4歳ステークス1着・弥生賞2着・皐月賞3着と勝ち切ることは少なかったものの常に好走を続ける。そして臨んだ日本ダービーでは2番人気となり、アグネスホープを半馬身差抑えて勝利した。秋になってセントライト記念1着・京都新聞杯2着で挑んだ菊花賞では、単枠指定の1番人気に推されたが、インターグシケンの5着に敗れ、クラシックを終えた。暮れの有馬記念も5着。

古馬になってからはアメリカジョッキークラブカップ目黒記念宝塚記念に勝つなど活躍。しかし秋になってからは精彩を欠き、着順こそ悪くないものの勝ち馬に離されるレースが続く。6歳のアメリカジョッキークラブカップも4着に完敗。さらに続く目黒記念を大敗、これを契機に引退した。

通算成績は24戦8勝。掲示板を外したのは5歳時の有馬記念と引退レースとなった目黒記念のみと、負けたレースでも常に好走を続けた。

引退後

引退後は種牡馬となり、二冠馬サクラスターオーやサムソンビッグ(きさらぎ賞)、サクラトモエオー(ジュニアカップ)、アスカクラウン(ダイヤモンドステークス2着)らを輩出したが気性の悪い産駒が多く、全体的には低調だった。サクラスターオーは父が獲れなかった皐月賞と菊花賞を勝ち、親子で3冠を獲得する形になっている。

代表産駒であるサクラスターオーがレース中のアクシデントで早逝してしまったため、同じ父親を持つメジロアサマメジロティターンを、シンボリルドルフトウカイテイオーを輩出しているが、本馬は最後まで後継種牡馬には恵まれなかった。

1995年には種牡馬からも引退。新和牧場で余生を送っていたが、1999年に老衰のため死亡した。

主な産駒

母の父としてのおもな産駒

血統

サクラショウリ血統トウルビヨン系 / Avena、Choclo 4×4=12.50%、Tourbillon 5×5=6.25% | (血統表の出典)

* パーソロン
Partholon
1960 鹿毛 | 
父の父
Milesian
1953 鹿毛 | My Babu | Djebel
Perfume
Oatflake | Coup de Lyon
Avena
父の母
Paleo
1953 鹿毛 | Pharis | Pharos
Carissima
Calonice | Abjer
Coronis

* シリネラ
Shirinella
1968 芦毛 | 
母の父
* フォルティノ
Fortino
1959 芦毛 | Grey Sovereign | Nasrullah
Kong
Ranavalo | Relic
Navarra
母の母
Shirini
1961 青毛 | Tehran | Bois Roussel
Stafaralla
Confection | Fun Fair
Choclo F-No.22-a

脚注

  1. ^ この勝利はシンボリ牧場生産馬初の東京優駿(日本ダービー)制覇となり、2着のアグネスホープもシンボリ牧場生産馬だった。

外部リンク

優駿賞最優秀4歳牡馬
(旧)最優秀4歳牡馬 | 
1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 


最優秀3歳牡馬 | 
2000年代 | 

2010年代 | 




東京優駿(日本ダービー)勝ち馬
1930年代 | 

1940年代 | 

1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 


宝塚記念勝ち馬
 | 

国際競走指定前:
01回(1960年) ホマレーヒロ
02回(1961年) シーザー
03回(1962年) コダマ
04回(1963年) リユウフオーレル
05回(1964年) ヒカルポーラ
06回(1965年) シンザン
07回(1966年) エイトクラウン
08回(1967年) タイヨウ
09回(1968年) ヒカルタカイ
第10回(1969年) ダテホーライ
第11回(1970年) スピードシンボリ
第12回(1971年) メジロムサシ
第13回(1972年) ショウフウミドリ
第14回(1973年) ハマノパレード
第15回(1974年) ハイセイコー
第16回(1975年) ナオキ
第17回(1976年) フジノパーシア
第18回(1977年) トウショウボーイ
第19回(1978年) エリモジョージ
第20回(1979年) サクラショウリ
第21回(1980年) テルテンリュウ

 | 

第22回(1981年) カツアール
第23回(1982年) モンテプリンス
第24回(1983年) ハギノカムイオー
第25回(1984年) カツラギエース
第26回(1985年) スズカコバン
第27回(1986年) パーシャンボーイ
第28回(1987年) スズパレード
第29回(1988年) タマモクロス
第30回(1989年) イナリワン
第31回(1990年) オサイチジョージ
第32回(1991年) メジロライアン
第33回(1992年) メジロパーマー
第34回(1993年) メジロマックイーン
第35回(1994年) ビワハヤヒデ
第36回(1995年) ダンツシアトル
第37回(1996年) マヤノトップガン

国際競走指定後:
第38回(1997年) マーベラスサンデー
第39回(1998年) サイレンススズカ
第40回(1999年) グラスワンダー
第41回(2000年) テイエムオペラオー

 | 

国際G1昇格後:
第42回(2001年) メイショウドトウ
第43回(2002年) ダンツフレーム
第44回(2003年) ヒシミラクル
第45回(2004年) タップダンスシチー
第46回(2005年) スイープトウショウ
第47回(2006年) ディープインパクト
第48回(2007年) アドマイヤムーン
第49回(2008年) エイシンデピュティ
第50回(2009年) ドリームジャーニー
第51回(2010年) ナカヤマフェスタ
第52回(2011年) アーネストリー
第53回(2012年) オルフェーヴル
第54回(2013年) ゴールドシップ
第55回(2014年) ゴールドシップ
第56回(2015年) ラブリーデイ
第57回(2016年) マリアライト
第58回(2017年) サトノクラウン
第59回(2018年) ミッキーロケット
第60回(2019年) リスグラシュー




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/03/26 14:59

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「サクラショウリ」の意味を投稿しよう
「サクラショウリ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

サクラショウリスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「サクラショウリ」のスレッドを作成する
サクラショウリの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail