このキーワード
友達に教える
URLをコピー

サッカーアメリカ合衆国代表とは?

 | サッカーアメリカ合衆国代表 | 

【国または地域】
アメリカ合衆国
【協会】
アメリカ合衆国サッカー連盟
FIFAコード
USA
【愛称】
USMNT
The Stars and Stripes
The Yanks
【監督】
デイヴ・サラチャン
【最多出場選手】
コビ・ジョーンズ(164試合)
【最多得点選手】
ランドン・ドノバン(57得点)

ホームカラー
 | 
アウェイカラー


【初の国際試合】

スウェーデン 2–3 アメリカ合衆国
(ストックホルム, 1916年8月20日)
【最大差勝利試合】

アメリカ合衆国 8–0 バルバドス
(カーソン, 2008年6月15日}
【最大差敗戦試合】

ノルウェー 11–0 アメリカ合衆国
(オスロ, 1948年8月6日)
FIFAワールドカップ

【出場回数】
10回(初出場は1930)
【最高成績】
3位(1930)
CONCACAFゴールドカップ

【出場回数】
16回
【最高成績】
優勝(1991、2002、2005、2007、2013、2017)

サッカーアメリカ合衆国代表(サッカーアメリカがっしゅうこくだいひょう、: United States men's national soccer team)は、アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)により構成されるアメリカ合衆国サッカーのナショナルチーム。

目次

  • 1 概要
  • 2 成績
    • 2.1 FIFAワールドカップ
  • 3 FIFAコンフェデレーションズカップの成績
  • 4 CONCACAFゴールドカップの成績
  • 5 NAFC選手権の成績
  • 6 記録
    • 6.1 キャップ
    • 6.2 得点
  • 7 歴代監督
  • 8 選手
    • 8.1 GK
    • 8.2 DF
    • 8.3 MF
    • 8.4 FW
  • 9 脚注
  • 10 外部リンク

概要

FIFAワールドカップ第1回大会に出場したチームの1つであり、3位に入賞した。

1950年大会ではイングランドを1-0で破る「FIFAワールドカップ史上最大の番狂わせ」を演じるもグループステージ最下位で敗退した。その後暫く予選敗退が続いたが1990年大会で10大会ぶりに本戦出場を果たし、自国開催となった1994年大会ではベスト16に進出し、2002年大会ではベスト8へ進出した。

FIFAコンフェデレーションズカップ2009では準決勝で連勝と連続無敗の世界記録を更新中だったスペインを破って準優勝(決勝でブラジルに敗退)した。

2010年大会ではグループリーグで優勝候補のイングランドと同組になるもそのイングランドを抑えて首位で通過、決勝トーナメント1回戦ではガーナに敗れるも2大会ぶりにベスト16へ進出する。2014年大会ではドイツポルトガルガーナと全チームがワールドカップベスト8以上を経験する死の組になったが、1勝1敗1分の2位でグループリーグを突破した。決勝トーナメント1回戦では大会屈指のタレント集団であったベルギーと対戦し延長戦の末に敗れるも、2大会連続でベスト16の成績を収めた。

なお、メキシコとの対戦は北アメリカダービー(または北中米ダービー)と呼ばれる。

FIFAワールドカップには、1990年大会以来、7大会連続で出場していたが2018ロシアワールドカップ北中米5次予選で開幕節のメキシコ戦、次節のコスタリカ戦に2連敗して最下位に転落し、直後にユルゲン・クリンスマン監督が解任され、ブルース・アリーナが代表監督に復帰した。アリーナの監督復帰後は最終節直前時点では予選通過圏内の3位まで浮上したが、同時刻キックオフとなった最終節でアウェーのトリニダード・トバゴ戦で敗れ、それぞれ前節終了時に4位、5位だったパナマホンジュラスが勝利したため5位に転落し、8大会ぶりにワールドカップ出場を逃したことから責任を取る形でアリーナが再び代表の監督を辞任した。

成績

FIFAワールドカップ

【開催国 / 年】
【成績】
【試】
【勝】
【分】
【負】
【得】

1930 | 3位 | 3 | 2 | 0 | 1 | 7 | 6
1934 | 1回戦敗退 | 1 | 0 | 0 | 1 | 1 | 7
1938 | 不参加(参加辞退)
1950 | グループリーグ敗退 | 3 | 1 | 0 | 2 | 5 | 6
1954 | 予選敗退
1958
1962
1966
1970
1974
1978
1982
1986
1990 | グループリーグ敗退 | 3 | 0 | 0 | 3 | 2 | 8
1994 | ベスト16 | 4 | 1 | 1 | 2 | 3 | 4
1998 | グループリーグ敗退 | 3 | 0 | 0 | 3 | 1 | 5
2002 | ベスト8 | 5 | 2 | 1 | 2 | 7 | 7
2006 | グループリーグ敗退 | 3 | 0 | 1 | 2 | 2 | 6
2010 | ベスト16 | 4 | 1 | 2 | 1 | 5 | 5
2014 | ベスト16 | 4 | 1 | 1 | 2 | 5 | 6
2018 | 予選敗退
合計 【出場10回】
【33】
【8】
【6】
【19】
【37】
62

FIFAコンフェデレーションズカップの成績

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
1992 | 3位 | 2 | 1 | 0 | 1 | 5 | 5
1995 | 不出場
1997 | 不出場
1999 | 3位 | 5 | 3 | 0 | 2 | 5 | 3
2001 | 不出場
2003 | グループリーグ敗退 | 3 | 0 | 1 | 2 | 1 | 3
2005 | 不出場
2009 | 準優勝 | 5 | 2 | 0 | 3 | 8 | 9
2013 | 不出場
2017 | 不出場
合計 | 4/10 | 15 | 6 | 1 | 8 | 19 | 20

CONCACAFゴールドカップの成績

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
1963 | 不参加
1965
1967
1969 | 予選敗退
1971 | 不参加
1973 | 予選敗退
1977
1981
1985 | グループリーグ敗退 | 4 | 2 | 1 | 1 | 4 | 3
1989 | 準優勝 | 8 | 4 | 3 | 1 | 6 | 3
1991 | 優勝 | 5 | 4 | 1 | 0 | 10 | 3
1993 | 準優勝 | 5 | 4 | 0 | 1 | 5 | 5
1996 | 3位 | 4 | 3 | 0 | 1 | 8 | 3
1998 | 準優勝 | 4 | 3 | 0 | 1 | 6 | 2
2000 | ベスト8 | 3 | 2 | 1 | 0 | 6 | 2
2002 | 優勝 | 5 | 4 | 1 | 0 | 9 | 1
2003 | 3位 | 5 | 4 | 0 | 1 | 3 | 4
2005 | 優勝 | 6 | 4 | 2 | 0 | 11 | 3
2007 | 優勝 | 6 | 6 | 0 | 0 | 13 | 3
2009 | 準優勝 | 6 | 4 | 1 | 1 | 12 | 8
2011 | 準優勝 | 6 | 4 | 0 | 2 | 9 | 6
2013 | 優勝 | 6 | 6 | 0 | 0 | 20 | 4
2015 | 4位 | 6 | 3 | 2 | 1 | 12 | 4
2017 | 優勝 | 6 | 5 | 1 | 0 | 13 | 4
合計 | 16/24 | 85 | 62 | 13 | 10 | 157 | 59

NAFC選手権の成績

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
1947 | 3位 | 2 | 0 | 0 | 2 | 2 | 10
1949 | 2位 | 4 | 1 | 1 | 2 | 8 | 15
1990 | 3位 | 2 | 0 | 0 | 2 | 0 | 2
1991 | 2位 | 2 | 1 | 1 | 0 | 2 | 1
合計 4/4 10 2 2 6 14 29

記録

キャップ

2018年6月9日現在、太字は現役選手

【位】
【名前】
【キャップ数】
【得点】
期間
1 | コビ・ジョーンズ | 164 | 15 | 1992-2004
2 | ランドン・ドノバン | 157 | 57 | 2000-2014
3 | クリント・デンプシー | 141 | 57 | 2004–
4 | マイケル・ブラッドリー | 140 | 17 | 2006–
5 | ジェフ・アグース | 134 | 4 | 1988–2003
6 | マルセロ・バルボア | 127 | 13 | 1988–2000
7 | ダマルカス・ビーズリー | 126 | 17 | 2001-
8 | ティム・ハワード | 121 | 0 | 2002-
9 | クラウディオ・レイナ | 112 | 8 | 1994–2006
10 | ジョジー・アルティドール | 110 | 41 | 2007-
カルロス・ボカネグラ | 110 | 14 | 2001-2012
ポール・カリジュリ | 110 | 5 | 1984–1997

 | 

得点

2018年6月9日現在、太字は現役選手

【位】
【名前】
【得点数】
【キャップ数】
期間
1 | クリント・デンプシー | 57 | 141 | 2004–
ランドン・ドノバン | 57 | 157 | 2000–2014
3 | ジョジー・アルティドール | 41 | 110 | 2007–
4 | エリック・ウィナルダ | 34 | 106 | 1990–2000
5 | ブライアン・マクブライド | 30 | 95 | 1993–2006
6 | ジョー・マックス・ムーア | 24 | 100 | 1992–2002
7 | ブルース・マレー | 21 | 85 | 1985–1993
8 | エディ・ジョンソン | 19 | 63 | 2004-2014
9 | アーニー・スチュワート | 17 | 101 | 1990–2004
ダマルカス・ビーズリー | 17 | 124 | 2001–
マイケル・ブラッドリー | 17 | 140 | 2006–


歴代監督

  • トーマス・ケーヒル 1916-1924
  • ジョージ・バーフォード 1924-1925, 1927-1928
  • ナット・アガー 1925-1927
  • ロバート・ミラー 1929-1933
  • デビッド・グールド 1933-1934
  • ビル・ロイド 1934-1937
    • 監督不在 1938-1946
  • アンドリュー・ブラウン 147-1948
  • ウォルター・ジースラー 1948-1949
  • ビル・ジェフリー 1949-1952
  • ジョン・ウッズ 1952-1953
  • エルノ・シュワルツ 1953-1955
  • ジョージ・マイヤー 1957, 1965
  • ジム・リード 1959-1961
  • ジョン・ハーベルガー 1964
  • フィル・ウースナム 1968
  • ゴードン・ジャーゴ 1969
  • Bob Kehoe 1971-1972


選手

GK


DF


MF

出典:wikipedia
2018/08/03 02:21

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「サッカーアメリカ合衆国代表」の意味を投稿しよう
「サッカーアメリカ合衆国代表」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

サッカーアメリカ合衆国代表スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「サッカーアメリカ合衆国代表」のスレッドを作成する
サッカーアメリカ合衆国代表の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail