このキーワード
友達に教える
URLをコピー

サッカーアメリカ合衆国女子代表とは?

移動先: 案内検索
サッカーアメリカ合衆国女子代表
【国または地域】
アメリカ合衆国
【協会】
アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)
【愛称】
USWNT
Team USA
The Stars and Stripes
【監督】
ジル・エリス
【最多出場選手】
クリスティン・リリー(354試合)
【最多得点選手】
アビー・ワンバック(184得点)

ホームカラー
 | 
アウェイカラー


【初の国際試合】

1985年8月18日
アメリカ合衆国 0 - 1 イタリア
イェーゾロ
【最大差勝利試合】

2012年1月20日
アメリカ合衆国 14 - 0 ドミニカ共和国
バンクーバー
【最大差敗戦試合】

2007年9月27日
アメリカ合衆国 0 - 4 ブラジル
杭州
女子W杯

【出場回数】
7回 (初出場は1991)
【最高成績】
優勝(1991、1999、2015)
オリンピック

【出場回数】
6回
【最高成績】
優勝(1996、2004、2008、2012)
CONCACAF女子ゴールドカップ

【出場回数】
8回
【最高成績】
優勝(1991、1993、1994、2000、2002、2006、2014)
パンアメリカン競技大会

【出場回数】
2回
【最高成績】
優勝(1999)

サッカーアメリカ合衆国女子代表(サッカーアメリカがっしゅうこくじょしだいひょう)は、アメリカ合衆国サッカー連盟により編成されるアメリカ合衆国女子サッカーナショナルチーム。愛称はUSWNT(The USA Women's National Teamの略称)。

目次

  • 1 概要
  • 2 成績
    • 2.1 FIFA女子ワールドカップの成績
    • 2.2 オリンピックの成績
    • 2.3 アルガルヴェ・カップの成績
    • 2.4 CONCACAF女子ゴールドカップの成績
    • 2.5 パンアメリカン競技大会の成績
      • 2.5.1 4ヶ国対抗戦
      • 2.5.2 U.S.カップ
      • 2.5.3 ピースクイーンカップ
    • 2.6 シービリーブス・カップの成績
  • 3 選手
  • 4 招集歴のある選手
  • 5 歴代監督
  • 6 個人記録
    • 6.1 歴代出場数上位者
    • 6.2 歴代得点数上位者
  • 7 脚注
  • 8 外部リンク

概要

ワールドカップで3回の優勝、オリンピックで金メダルを4回獲得しており、女子の代表チームで最も成功しているチームである。CONCACAF女子ゴールドカップ(前身「CONCACAF女子選手権」を含む)においては、出場8大会中7回で優勝を果たし、アルガルヴェ・カップは10度優勝を果たしている。

FIFAランキングにおいては、記録が公表されるようになった2003年から2008年まで平均2位を記録し、その後2008年3月から、2014年11月にドイツ代表に譲るまで約6年半の間1位を保持し続けた。

アメリカ女子代表チームにとっての初の国際試合は1985年8月18日に行われたイタリア代表との試合で、結果は0-1で敗れた。

1985年の代表チーム発足以来、数多くの著名な選手を輩出してきた事でも知られている。2004年には、ミア・ハムミシェル・エイカーズの2選手がペレによりFIFA 100(『偉大なサッカー選手100人』、実際は125人)の中に選ばれた。

歴代監督は代々アメリカ人指導者(その中には、自身も元代表選手だったエイプリル・ヘインリックスも含まれる)が就任してきたが、2007年、初の外国人指導者である、スウェーデン人のピア・スンドハーゲが就任した。同時に、元サッカーノルウェー女子代表選手だったヘーゲ・リーセもコーチとして着任している。

2013年、スコットランド人で前オーストラリア女子代表監督トム・サーマンニが新監督に就任し、2代続けての外国人監督となった。

2014年、3月のアルガルヴェ・カップ2014で7位に終わり、4月6日の対中国戦で2-0で勝利した直後、サーマンニは突如として解任された。後任の監督が決まるまで、ジル・エリスが監督代行が務めた。

同年5月、ジル・エリスが正式に監督に就任した。

成績

赤枠は地元開催

FIFA女子ワールドカップの成績

FIFA女子ワールドカップ」も参照
【開催国 / 年】
【成績】
【試】
【勝】
【分】
【負】
【得】
【失】

1991 | 優勝 | 6 | 6 | 0 | 0 | 25 | 5
1995 | 3位 | 6 | 4 | 1 | 1 | 15 | 5
1999 | 優勝 | 6 | 5 | 1 | 0 | 18 | 3
2003 | 3位 | 6 | 5 | 0 | 1 | 15 | 5
2007 | 3位 | 6 | 4 | 1 | 1 | 12 | 7
2011 | 準優勝 | 6 | 3 | 2 | 1 | 13 | 7
2015 | 優勝 | 7 | 6 | 1 | 0 | 14 | 3
合計 | 出場7回/優勝3回 | 43 | 33 | 6 | 4 | 112 | 35

オリンピックの成績

オリンピックサッカー競技」も参照
【開催国 / 年】
【成績】
【試】
【勝】
【分】
【負】
【得】
【失】

1996 | 優勝 | 6 | 4 | 1 | 0 | 9 | 3
2000 | 準優勝 | 6 | 4 | 1 | 1 | 9 | 5
2004 | 優勝 | 6 | 5 | 1 | 0 | 12 | 4
2008 | 優勝 | 6 | 5 | 0 | 1 | 12 | 5
2012 | 優勝 | 6 | 6 | 0 | 0 | 16 | 6
2016 | 準々決勝敗退 | 4 | 2 | 2 | 0 | 6 | 3
合計 | 4/6 | 32 | 26 | 4 | 2 | 63 | 25

アルガルヴェ・カップの成績

【開催年】
【結果】
【試合】
【勝利】
【引分】
【敗戦】
【得点】
【失点】

1994 | 準優勝 | 3 | 2 | 0 | 1 | 6 | 1
1995 | 4位 | 4 | 2 | 1 | 1 | 8 | 5
1996 | 不参加
1997
1998 | 3位 | 4 | 3 | 0 | 1 | 10 | 6
1999 | 準優勝 | 4 | 2 | 1 | 1 | 8 | 4
2000 | 優勝 | 4 | 4 | 0 | 0 | 11 | 1
2001 | 6位 | 4 | 1 | 0 | 3 | 5 | 9
2002 | 5位 | 4 | 2 | 1 | 1 | 8 | 6
2003 | 優勝 | 4 | 2 | 2 | 0 | 5 | 2
2004 | 優勝 | 4 | 3 | 0 | 1 | 11 | 5
2005 | 優勝 | 4 | 4 | 0 | 0 | 9 | 0
2006 | 準優勝 | 4 | 2 | 2 | 0 | 9 | 1
2007 | 優勝 | 4 | 4 | 0 | 0 | 8 | 3
2008 | 優勝 | 4 | 4 | 0 | 0 | 12 | 1
2009 | 準優勝 | 4 | 3 | 1 | 0 | 5 | 1
2010 | 優勝 | 4 | 4 | 0 | 0 | 9 | 3
2011 | 優勝 | 4 | 4 | 0 | 0 | 12 | 3
2012 | 3位 | 4 | 3 | 0 | 1 | 11 | 2
2013 | 優勝 | 4 | 3 | 1 | 0 | 11 | 1
2014 | 7位 | 4 | 1 | 1 | 2 | 7 | 7
2015 | 優勝 | 4 | 3 | 1 | 0 | 7 | 1
2016 | 不参加
【合計】
【20/23】
【79】
【56】
【11】
【12】
【172】
【62】

CONCACAF女子ゴールドカップの成績

CONCACAF女子ゴールドカップ」も参照
【開催国 / 年】
【成績】
【試】
【勝】
【分】
【負】
【得】
【失】

1991 | 優勝 | 5 | 5 | 0 | 0 | 49 | 0
1993 | 優勝 | 3 | 3 | 0 | 0 | 13 | 0
1994 | 優勝 | 4 | 4 | 0 | 0 | 36 | 1
1998 | 不参加 | – | – | – | – | – | –
2000 | 優勝 | 5 | 4 | 1 | 0 | 24 | 1
2002 | 優勝 | 5 | 5 | 0 | 0 | 24 | 1
2006 | 優勝 | 2 | 2 | 0 | 0 | 4 | 1
2010 | 3位 | 5 | 4 | 0 | 1 | 22 | 2
2014 | 優勝 | 5 | 5 | 0 | 0 | 21 | 0
合計 | 出場8回/優勝7回 | 34 | 32 | 1 | 1 | 193 | 6

パンアメリカン競技大会の成績

【開催年】
【結果】
【試合】
【勝利】
【引分】
【敗戦】
【得点】
【失点】

1999 | 優勝 | 6 | 5 | 1 | 0 | 22 | 2
2003 | 不参加
2007 | 準優勝 | 6 | 4 | 0 | 2 | 17 | 11
2011 | 不参加
2015
合計 | 2/5 | 12 | 9 | 1 | 3 | 39 | 13

4ヶ国対抗戦

  • 1998 - 優勝
  • 1999~2001 - 実施せず
  • 2002 - 3位
  • 2003 - 優勝
  • 2004 - 優勝
  • 2005 - 不参加
  • 2006 - 優勝
  • 2007 - 優勝
  • 2008 - 優勝

U.S.カップ

  • 1995 - 優勝
  • 1996 - 優勝
  • 1997 - 優勝
  • 1998 - 優勝
  • 1999 - 優勝

ピースクイーンカップ

  • 2006 - 優勝
  • 2008 - 優勝

シービリーブス・カップの成績

【開催年】
【結果】
【試合】
【勝】
【分】
【負】
【得点】
【失点】
【監督】

2016 | 優勝 | 3 | 3 | 0 | 0 | 4 | 1 | ジル・エリス
2017 | 4位 | 3 | 1 | 0 | 2 | 1 | 4 | ジル・エリス
【通算】
【1/2】
【6】
【4】
【0】
【2】
【5】
【5】
【】

選手

2012年ロンドンオリンピック代表メンバー

GK

DF

MF

FW

招集歴のある選手

歴代監督

【名前】
【期間】
【試合数】
【勝利】
【引分】
【敗戦】
【勝率】
【平均勝ち点】
【W杯】
【五輪】

マイク・ライアン | 1985 | 4 | 0 | 1 | 3 | .125 | 0.25 | 0 | 0
アンソン・ドーランス | 1986–1994 | 93 | 66 | 5 | 22 | .737 | 2.18 | 3. | 0.
トニー・ディチッコ | 1994–1999 | 119 | 103 | 8 | 8 | .899 | 2.66 | 4.  | 3.
ローレン・グレッグ | 1997、2000 | 3 | 2 | 1 | 0 | .833 | 2.33 |  | 
エイプリル・ヘインリックス | 2000–2004 | 124 | 87 | 20 | 17 | .782 | 2.27 | 1. | 5.
グレッグ・ライアン | 2005–2007 | 55 | 45 | 9 | 1 | .900 | 2.62 | 1. | 0
ピア・スンドハーゲ | 2007–2012 | 107 | 91 | 10 | 6 | .897 | 2.64 | 2. | 6.
トム・サーマンニ | 2013–2014 | 23 | 17 | 4 | 2 | .826 | 2.39 | 0 | 0
ジル・エリス | 2014.2012、2014–現在 | 76 | 59 | 13 | 5 | .883 | 2.5 | 3. | 0.1.
通算 | 601 | 469 | 70 | 62 | .838 | 2.45 |  | 

(2016年11月13日現在)

個人記録

歴代出場数上位者

【順】
【選手】
【出場】
【得点】
【招集年】

1 | クリスティン・リリー | 354 | 130 | 1987–2010
2 | クリスティ・ランポーン | 311 | 4 | 1997–2015
3 | ミア・ハム | 276 | 158 | 1987–2004
4 | ジュリー・フォウディ | 274 | 45 | 1987–2004
5 | アビー・ワンバック | 256 | 184 | 2001–2015
6 | カーリ・ロイド | 247 | 98 | 2005-
7 | ジョイ・フォーセット | 241 | 27 | 1987–2004
8 | ヘザー・オライリー | 231 | 47 | 2002-2016
7 | ティファニー・ミルブレット | 206 | 100 | 1991–2005
9 | ホープ・ソロ | 202 | 0 | 2000-2016
 | 

歴代得点数上位者

【順】
【選手】
【得点】
【出場】
【招集年】

1 | アビー・ワンバック | 184 | 256 | 2001–2015
2 | ミア・ハム | 158 | 276 | 1987–2004
3 | クリスティン・リリー | 130 | 354 | 1987–2010
4 | ミシェル・エイカーズ | 107 | 155 | 1985–2000
5 | ティファニー・ミルブレット | 100 | 206 | 1992–2006
6 | カーリ・ロイド | 98 | 247 | 2005-
7 | アレックス・モーガン | 81 | 135 | 2010-
8 | シンディー・パーロウ | 75 | 158 | 1995–2004
9 | シャノン・マクミラン | 60 | 176 | 1993–2005
10 | カリン・ジェニングス=ガバラ | 56 | 119 | 1987–1996

※2018年1月21日現在。文字強調は現役選手。

脚注

  1. ^ 32 years of USWNT gloryFIFA.com (2017.8.18付)、2018年2月1日閲覧。
  2. ^ FIFA World Ranking for USA Women”. FIFA. 2017年10月18日閲覧。
  3. ^ Payne, Marissa (2014年12月19日). “U.S. women's soccer team drops to No. 2 in FIFA rankings for first time since 2008”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/blogs/early-lead/wp/2014/12/19/u-s-womens-soccer-team-drops-to-no-2-in-fifa-rankings-for-first-time-since-2008/
  4. ^ New Coach for Women’s U.S. Soccer TeamThe New York Times(2007.11.14付)2018年2月2日閲覧。
  5. ^ TOM SERMANNI NAMED HEAD COACH OF U.S. WOMEN’S NATIONAL TEAMU.S.Soccer (2012.10.30付) 2018年2月2日閲覧。
  6. ^ Tom Sermanni fired as U.S. women's soccer coachCBC.Canada (2014.4.8付) 2018年2月2日閲覧。
  7. ^ JILL ELLIS NAMED HEAD COACH OF U.S. WOMEN’S NATIONAL TEAMU.S.Soccer(2014.5.16付) 2018年2月2日閲覧。

外部リンク

アメリカ合衆国のサッカー
アメリカ合衆国サッカー連盟
ナショナルチーム | 
男子: 男子 U-23 U-20 U-18 U-17 フットサル ビーチサッカー
女子: 女子 U-23 U-20 U-18 U-17

国内リーグ | 
男子: MLS(プレーオフ MLSカップ) NASL(サッカーボウル) USL PDL NPSL 青年サッカー(5部) クラブサッカー(5部)
女子: NWSL WPSL UWS

国内カップ | 
男子: オープンカップ

廃止 | 
男子: NPSL (1967) NASL (1968-1984) USL (1984-1985) USL 2部 (1990-2010) Aリーグ (1995-2004) USL 1部 (2005-2010) D2プロリーグ (2010)
女子: Wリーグ (1995-2015) WUSA (2000-2003) WPS (2007-2012)

賞 | 
USサッカーアスリートオブザイヤー メジャーリーグサッカーMVP MLS得点王

関連項目 | 
MLSオールスターゲーム 男子サッカークラブ 女子サッカークラブ 男子サッカー選手 女子サッカー選手 サッカー指導者 審判員 サッカー競技施設 ドラフト会議 特別指定選手制度


北中米カリブ海(CONCACAF)の女子サッカーナショナルチーム
各列内は五十音順。CONCACAF加盟およびFIFA未加盟
NAFU | 

UNCAF | 

CFU | 
出典:wikipedia
2018/04/19 22:26

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「サッカーアメリカ合衆国女…」の意味を投稿しよう
「サッカーアメリカ合衆国女子代表」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

サッカーアメリカ合衆国女子代表スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「サッカーアメリカ合衆国女子代表」のスレッドを作成する
サッカーアメリカ合衆国女子代表の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail