このキーワード
友達に教える
URLをコピー

サッカーオランダ代表とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2019年6月)
 | サッカーオランダ代表 | 

【国または地域】
オランダ
【協会】
オランダサッカー協会
【愛称】
Oranje(オランイェ)
オレンジ軍団
【監督】
ロナルド・クーマン
【最多出場選手】
ヴェスレイ・スナイデル(133試合)
【最多得点選手】
ロビン・ファン・ペルシ(50得点)

1stカラー
 | 
2ndカラー


【初の国際試合】
1905年4月30日ベルギー
4-1
【最大差勝利試合】
2011年9月2日サンマリノ
11-0
【最大差敗戦試合】
1907年4月1日イングランド
2-12
FIFAワールドカップ

【出場回数】
10回(初出場は1934)
【最高成績】
準優勝(1974, 1978, 2010)
UEFA欧州選手権

【出場回数】
8回
【最高成績】
優勝(1988)

サッカーオランダ代表(: Nederlands voetbalelftal)は、オランダサッカー協会(KNVB)によって編成されるオランダサッカーのナショナルチーム。

目次

  • 1 スタジアム
  • 2 歴史
  • 3 FIFAワールドカップ成績
  • 4 UEFA欧州選手権成績
  • 5 歴代監督
  • 6 選手
    • 6.1 主要大会のメンバー
    • 6.2 主な歴代選手
  • 7 記録
    • 7.1 試合数
    • 7.2 得点数
  • 8 ユニフォーム
  • 9 エピソード
    • 9.1 6月25日 呪われたジンクス
    • 9.2 死の組
  • 10 外部リンク

スタジアム

ホームスタジアムは3つある。

歴史

FIFAランキングで1位になった経験を持つ8チームのうち、ベルギーとともにFIFAワールドカップ優勝経験が無いチームでもある。

ワールドカップでは初出場の1934年大会と、続く1938年大会で両方とも初戦の16強で敗退した。

3回目の出場となった1974 FIFAワールドカップでは準優勝を果たし、リヌス・ミケルス監督の下、ヨハン・クライフを中心にトータルフットボールと呼ばれる戦術でサッカー界に革命を起こした。1978 FIFAワールドカップでもクライフを欠きながら決勝まで駒を進めるも、地元アルゼンチンに敗れ準優勝となった。

UEFA欧州選手権1988では後にACミラン黄金時代の中核を担うこととなるオランダトリオ(ファン・バステンルート・フリットフランク・ライカールト)を擁したチームで臨み、準決勝で西ドイツに2-1で、決勝でソ連に2-0で勝利し初優勝を果たした。決勝戦でファン・バステンが決めた難易度の高いボレーシュートは大きな印象を残した。

1998 FIFAワールドカップではベルカンプ、パトリック・クライファートクラレンス・セードルフフランク・デ・ブールら攻守にスター選手を擁して優勝候補の一角に挙げられていた。高い前評判に応える内容で勝ち上がり、準々決勝でアルゼンチンに2-1で勝利して準決勝まで進むもブラジルにPK戦の末敗れ、さらに3位決定戦で初出場のクロアチアにも敗れて4位に終わった。

これ以降は地元開催となったEURO 2000では準決勝でイタリアにPK戦で敗れベスト4、2002 FIFAワールドカップは予選敗退、EURO 2004では準決勝で開催国ポルトガルに敗れてベスト4、2006 FIFAワールドカップではラウンドオブ16でポルトガルに敗れベスト16、EURO 2008では準々決勝でロシアに敗れベスト8に終わるなど、高い前評判に応えきれない成績で終わる大会が続いてきた。

2010 FIFAワールドカップでは準々決勝で1974年大会を最後にAマッチ7試合で勝利が無かったブラジルに2-1で勝ち、準決勝でもウルグアイに3-2で競り勝つなど、欧州予選から14試合全勝で32年ぶりの決勝進出を果たすも、決勝で同じく初優勝を狙うスペインに延長戦までもつれた末に0-1で敗れ、またしても準優勝という結果となった。

UEFA EURO 2012ではデンマークドイツ、ポルトガルと同じ死の組に入るが全敗を喫した。FIFAワールドカップUEFA欧州選手権を合わせて本大会に出場すればグループステージは11連続で突破していたが、UEFA欧州選手権1980以来の敗退となった。

2014 FIFAワールドカップではグループリーグ初戦で前回優勝国で決勝にて敗れたスペインを5-1で破り、3連勝でグループリーグを首位で通過した。ラウンドオブ16でメキシコに勝利し、準々決勝ではコスタリカに対して延長引き分けPK戦の末、2大会連続でベスト4に進出した。しかし、準決勝のアルゼンチン戦では延長引き分けのPK戦の末、決勝進出を逃した。3位決定戦ではブラジルに勝利し大会無敗(5勝2分)で3位となった。欧州予選は9勝1分0敗で突破しており、地区予選から無敗での三位は1978 FIFAワールドカップのブラジル以来2チーム目となった。

2014年9月、UEFA EURO 2016の予選からフース・ヒディンクが監督として指揮を執ったが、成績不振で2015年6月契約が解除となった。同年7月よりダニー・ブリントが監督に就任したが、予選グループA4位で1984年大会以来8大会ぶりに予選敗退となった。

2018 FIFAワールドカップヨーロッパ予選グループAフランススウェーデンブルガリアなどと本大会出場を争ったが2017年3月25日、敵地でブルガリアに0-2で敗れるとブリント監督は解任された。その後はディック・アドフォカート監督がUEFA EURO 2004以来に再就任するも、グループA3位で4大会ぶりに予選敗退となった。

FIFAワールドカップ成績

【開催国 / 年】
【成績】
【試】
【勝】
【分】
【負】
【得】

1930 | 不参加
1934 | 1回戦敗退 | 1 | 0 | 0 | 1 | 2 | 3
1938 | 1回戦敗退 | 1 | 0 | 0 | 1 | 0 | 3
1950 | 不参加
1954
1958 | 予選敗退
1962
1966
1970
1974 | 準優勝 | 7 | 5 | 1 | 1 | 15 | 3
1978 | 準優勝 | 7 | 3 | 2 | 2 | 15 | 10
1982 | 予選敗退
1986
1990 | ベスト16 | 4 | 0 | 3 | 1 | 3 | 4
1994 | ベスト8 | 5 | 3 | 0 | 2 | 8 | 6
1998 | 4位 | 7 | 3 | 3 | 1 | 13 | 7
2002 | 予選敗退
2006 | ベスト16 | 4 | 2 | 1 | 1 | 3 | 2
2010 | 準優勝 | 7 | 6 | 0 | 1 | 12 | 6
2014 | 3位 | 7 | 5 | 2 | 0 | 15 | 4
2018 | 予選敗退
【合計】
【出場10回】
【50】
【27】
【12】
【11】
【86】
48

UEFA欧州選手権成績

【開催国 / 年】
【成績】
【試】
【勝】
【分】
【負】
【得】

1960 | 不参加
1964 | 予選敗退
1968
1972
1976 | 3位 | 2 | 1 | 0 | 1 | 4 | 5
1980 | グループリーグ敗退 | 3 | 1 | 1 | 1 | 4 | 4
1984 | 予選敗退
1988 | 優勝 | 5 | 4 | 0 | 1 | 8 | 3
1992 | ベスト4 | 4 | 2 | 2 | 0 | 6 | 3
1996 | ベスト8 | 4 | 1 | 2 | 1 | 3 | 4
2000 | ベスト4 | 5 | 4 | 1 | 0 | 13 | 3
2004 | ベスト4 | 5 | 1 | 2 | 2 | 7 | 6
2008 | ベスト8 | 4 | 3 | 0 | 1 | 10 | 4
2012 | グループリーグ敗退 | 3 | 0 | 0 | 3 | 2 | 5
2016 | 予選敗退
【合計】
【出場9回/優勝1回】
【35】
【17】
【8】
【10】
【57】
37

歴代監督


選手

主要大会のメンバー

FIFAワールドカップ

 | 

UEFA欧州選手権


主な歴代選手

詳細は「Category:サッカーオランダ代表選手」を参照

GK

 | 


DF

 | 


MF

 | 


FW

 | 


記録

試合数

2017年12月10日時点
水色は現役選手
【位】
【名前】
【出場】
【得点】
期間
1 | ウェズレイ・スナイデル | 133 | 31 | 2002-2017
2 | エトヴィン・ファン・デル・サール | 130 | 0 | 1995-2008
3 | フランク・デ・ブール | 112 | 13 | 1990-2004
4 | ラファエル・ファン・デル・ファールト | 109 | 25 | 2001-2013
5 | ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト | 106 | 6 | 1996-2010
6 | ディルク・カイト | 104 | 24 | 2004-2014
7 | ロビン・ファン・ペルシ | 102 | 50 | 2005-
8 | フィリップ・コクー | 101 | 10 | 1996-2006
9 | アリエン・ロッベン | 96 | 37 | 2003-2017
10 | クラレンス・セードルフ | 87 | 11 | 1998-2008
ヨニー・ハイティンハ | 87 | 7 | 2004-2013
12 | マルク・オーフェルマルス | 86 | 17 | 1993-2004
13 | アーロン・ヴィンター | 84 | 6 | 1987-1996
ヨリス・マタイセン | 84 | 3 | 2004-2012
15 | ルート・クロル | 83 | 4 | 1969-1983
16 | ナイジェル・デ・ヨング | 81 | 1 | 2002-2015
17 | デニス・ベルカンプ | 79 | 37 | 1990-2000
パトリック・クライファート | 79 | 40 | 1994-2004
マルク・ファン・ボメル | 79 | 10 | 2000-2012
20 | ロナルド・クーマン | 78 | 14 | 1983-1994

得点数

2017年12月10日時点
水色は現役選手
【#】
【名前】
【得点】
【出場】
【期間】
得点率
1 | ロビン・ファン・ペルシ | 50 | 102 | 2005- | 0.53
2 | クラース・ヤン・フンテラール | 42 | 76 | 2006- | 0.56
3 | パトリック・クライファート | 40 | 79 | 1994-2004 | 0.51
4 | デニス・ベルカンプ | 37 | 79 | 1990-2000 | 0.47
アリエン・ロッベン | 37 | 96 | 2003-2017 | 0.36
6 | ファース・ヴィルケス | 35 | 38 | 1946-1961 | 0.92
ルート・ファン・ニステルローイ | 35 | 70 | 1998-2011 | 0.50
8 | アベ・レンストラ | 33 | 47 | 1940-1959 | 0.70
ヨハン・クライフ | 33 | 48 | 1966-1977 | 0.69
10 | ウェズレイ・スナイデル | 31 | 133 | 2003-2017 | 0.24

ユニフォーム

かつてのネーデルラントの旗(プリンスの旗)。オレンジ色が使用されている。

旧国旗の色とオランダ王家(オラニエ=ナッサウ家、かつてオランジュの領主だった)にちなんでユニフォームの色をオレンジとしており、世界的に「オレンジ軍団」という愛称で知られている。また1974年のW杯では正確無比なトータルフットボールを展開したことから「時計仕掛けのオレンジ」というあだ名で呼ばれたことがある。

オレンジという国旗にない色をチームカラーとする世界でもまれなナショナルチームであり、ほかの例としては日本 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2019/06/16 13:48

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「サッカーオランダ代表」の意味を投稿しよう
「サッカーオランダ代表」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

サッカーオランダ代表スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「サッカーオランダ代表」のスレッドを作成する
サッカーオランダ代表の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail