このキーワード
友達に教える
URLをコピー

サッカー中華人民共和国代表とは?

移動先: 案内検索
 | サッカー中華人民共和国代表 | 

【国または地域】
中華人民共和国
【協会】
中国サッカー協会
FIFAコード
CHN
【愛称】
国足,龍之隊
【監督】
マルチェロ・リッピ
【最多出場選手】
李明(141試合)
【最多得点選手】
郝海東(41得点)

ホームカラー
 | 
アウェイカラー


【初の国際試合】

フィリピン 2–1 中国
(マニラ, 1913年2月4日)
【最大差勝利試合】

中国 19–0 グアム
(ホーチミン, 2000年1月26日)
【最大差敗戦試合】

ブラジル 8–0 中国
(レシフェ, 2012年9月10日)
FIFAワールドカップ

【出場回数】
1回(初出場は2002)
【最高成績】
グループリーグ敗退
AFCアジアカップ

【出場回数】
10回
【最高成績】
準優勝 (1984, 2004)

サッカー中華人民共和国代表は、中国サッカー協会 (CFA)によって編成されるサッカーのナショナルチームである。アジアサッカー連盟および東アジアサッカー連盟所属。ホームスタジアムは首都北京にある北京工人体育場

なお、サッカーチベット代表サッカー東トルキスタン代表サッカー内モンゴル代表サッカー広西代表サッカー寧夏代表については各項目を参照のこと。

目次

  • 1 歴史
  • 2 FIFAワールドカップの成績
  • 3 AFCソリダリティーカップ
  • 4 AFCアジアカップの成績
  • 5 極東選手権競技大会の成績
  • 6 アジア競技大会の成績
  • 7 EAFF E-1フットボールチャンピオンシップの成績
  • 8 歴代監督
  • 9 歴代所属選手
  • 10 関連項目
  • 11 脚注

歴史

1913年に創設された極東選手権の第1回大会に参加し、フィリピン戦で初の国際試合を経験した。なお、極東選手権競技大会では10大会中9大会で優勝を果たした。

FIFAワールドカップ1958年大会に初めて予選に参加した。その後1970年代まで不参加であり、1980年代から再び予選に参加したが敗退が続いた。

2002年大会アジア予選では、開催国として日本韓国が予選を免除され、当面のライバルは中東に絞られることになった。アジア最終予選のグループ分けでは、サウジアラビアイランイラクなどが全てグループAへと回り、中国はUAEウズベキスタンオマーンカタールなどと同じグループBとなった。そしてボラ・ミルティノビッチに率いられた中国代表は、アジア最終予選グループBを6勝1敗1分のトップで通過。初の本大会出場権を獲得したが、その本大会では1次リーグ・グループCに入り、ブラジルコスタリカトルコと対戦。3戦無得点で全敗しグループ最下位で敗退となった。

その後、自国開催となったAFCアジアカップ2004で準優勝した。しかし2006 FIFAワールドカップアジア予選では、1次予選でクウェートに総得点で僅差で及ばず(勝点、当該国同士の対戦成績、得失点差は同点。総得点でクウェートが1点多かった)敗退となった。予選敗退後は、2008年の北京オリンピックに照準を合わせ世代交代を進め、2005年の東アジア選手権では優勝した。

2010 FIFAワールドカップ・アジア予選は、オーストラリアイラクカタールと同じ組となり、3次予選でグループ最下位に終わり敗退した。

韓国に対しては恐韓症とも称されている。なお、2010年の東アジア選手権で、初対戦から32年、28試合目にして3-0で初勝利した。

2014 FIFAワールドカップ・アジア予選も3次予選で敗退した。

2015年アジアカップはベスト8に進出したが、準々決勝でオーストラリアに2-0で敗れた。

2018 FIFAワールドカップ・アジア予選では3次予選まで進出し、グループA5位で予選敗退となったものの、第6節で韓国をホームで1-0で破った。

FIFAワールドカップの成績

【開催年】
【結果】
【試合】
【勝利】
【引分】
【敗戦】
【得点】
【失点】

1930 | 不参加
1934
1938
1950
1954
1958 | 予選敗退
1962 | 不参加
1966
1970
1974
1978
1982 | 予選敗退
1986
1990
1994
1998
2002 | グループリーグ敗退 | 3 | 0 | 0 | 3 | 0 | 9
2006 | 予選敗退
2010
2014
2018
合計 | 1/20 | 3 | 0 | 0 | 3 | 0 | 9

AFCソリダリティーカップ

AFCアジアカップの成績

【開催年】
【結果】
【試合】
【勝利】
【引分】
【敗戦】
【得点】
【失点】

1956 | 不参加
1960
1964
1968
1972
1976 | 3位 | 4 | 1 | 1 | 2 | 2 | 4
1980 | グループリーグ敗退 | 4 | 1 | 1 | 2 | 9 | 5
1984 | 準優勝 | 6 | 4 | 0 | 2 | 11 | 4
1988 | 4位 | 6 | 2 | 2 | 2 | 7 | 5
1992 | 3位 | 5 | 1 | 3 | 1 | 6 | 6
1996 | ベスト8 | 4 | 1 | 0 | 3 | 6 | 7
2000 | 4位 | 6 | 2 | 2 | 2 | 11 | 7
2004 | 準優勝 | 6 | 3 | 2 | 1 | 13 | 6
2007 | グループリーグ敗退 | 3 | 1 | 1 | 1 | 7 | 6
2011 | グループリーグ敗退 | 3 | 1 | 1 | 1 | 4 | 4
2015 | ベスト8 | 4 | 3 | 0 | 1 | 5 | 4
2019 | 出場権獲得 | - | - | - | - | - | -
【合計】
【12/17】
【51】
【20】
【13】
【18】
【81】
【58】

極東選手権競技大会の成績

【開催年】
【結果】
【試合】
【勝利】
【引分】
【敗戦】
【得点】
【失点】

1913 | 準優勝 | 2 | 1 | 0 | 1 | 2 | 2
1915 | 優勝 | 3 | 1 | 2 | 0 | 2 | 1
1917 | 優勝 | 2 | 2 | 0 | 0 | 8 | 0
1919 | 優勝 | 3 | 2 | 0 | 1 | 5 | 3
1921 | 優勝 | 2 | 2 | 0 | 0 | 5 | 1
1923 | 優勝 | 2 | 2 | 0 | 0 | 8 | 1
1925 | 優勝 | 2 | 2 | 0 | 0 | 7 | 1
1927 | 優勝 | 2 | 2 | 0 | 0 | 8 | 2
1930 | 優勝 | 2 | 1 | 1 | 0 | 8 | 3
1934 | 優勝 | 3 | 3 | 0 | 0 | 7 | 3
【合計】
【10/10】
【23】
【18】
【3】
【2】
【60】
【17】

アジア競技大会の成績

【開催年】
【結果】
【試合】
【勝利】
【引分】
【敗戦】
【得点】
【失点】

1951 | 不参加
1954
1958
1962
1966
1970
1974 | グループリーグ敗退 | 3 | 1 | 0 | 2 | 7 | 4
1978 | 3位 | 7 | 5 | 0 | 2 | 16 | 5
1982 | ベスト8 | 4 | 2 | 1 | 1 | 4 | 3
1986 | ベスト8 | 4 | 2 | 1 | 1 | 10 | 7
1990 | ベスト8 | 4 | 2 | 0 | 2 | 8 | 4
1994 | 準優勝 | 7 | 5 | 1 | 1 | 16 | 8
1998 | 3位 | 8 | 6 | 0 | 2 | 24 | 7
合計 | 7/13 | 49 | 31 | 4 | 14 | 107 | 50

EAFF E-1フットボールチャンピオンシップの成績

【開催年】
【結果】
【試合】
【勝利】
【引分】
【敗戦】
【得点】
【失点】

2003 | 3位 | 3 | 1 | 0 | 2 | 3 | 4
2005 | 優勝 | 3 | 1 | 2 | 0 | 5 | 3
2008 | 3位 | 3 | 1 | 0 | 2 | 5 | 5
2010 | 優勝 | 3 | 2 | 1 | 0 | 5 | 0
2013 | 準優勝 | 3 | 1 | 2 | 0 | 7 | 6
2015 | 準優勝 | 3 | 1 | 1 | 1 | 3 | 3
2017 | 3位 | 3 | 0 | 2 | 1 | 4 | 5
合計 | 7/7 | 21 | 7 | 8 | 6 | 32 | 26

歴代監督

歴代所属選手

GK
DF
MF
FW

関連項目

脚注

  1. ^ China matches, ratings and points exchanged”. World Football Elo Ratings: China. 2014年11月18日閲覧。


中国のサッカー
中国サッカー協会
ナショナルチーム | 
男子: 男子 オリンピック (U-23) U-20 U-17 U-14
女子: 女子 U-20 U-17 U-14

国内リーグ | 
男子: 超級リーグ 甲級リーグ 乙級リーグ
女子: 女子全国リーグ

国内カップ | 
男子: FAカップ スーパーカップ
女子: 女子FAカップ

賞 | 
年間最優秀選手賞 超級リーグ得点王 年間最優秀新人賞

関連項目 | 
男子サッカークラブ 女子サッカークラブ 男子サッカー選手 女子サッカー選手 サッカー指導者 審判員 サッカー競技施設


サッカー中国代表 - 歴代選手
中国代表 - AFCアジアカップ1976 第3位
  • 1 胡之剛
  • 2 戚務生
  • 3 関至鋭
  • 4 遅尚斌
  • 5 相恒慶
  • 6 何佳
  • 7 陳熙栄
  • 8 李国寧
  • 9 王積連
  • 10 容志行
  • 11 杜智仁
  • 12 李富勝
  • 13 蔡錦標
  • 14 張群
  • 15 張義明
  • 16 楊安利
  • 17 于景連
  • 18 李惟淼
  • 監督 年維泗
 | 

中国代表 - AFCアジアカップ1980
  • 1 李富勝
  • 2 臧蔡霊
  • 3 林楽豊
  • 4 遅尚斌
  • 5 蔡錦標
  • 6 黄向東
  • 7 陳熙栄
  • 8 左樹声
  • 9 沈祥福
  • 10 李福宝
  • 11 陳金剛
  • 12 許建​​平
  • 13 徐永来
  • 14 蓋増臣
  • 15 古広明
  • 16 劉志才
  • 17 王峰
  • 18 容志行
  • 監督 蘇永舜
 | 

中国代表 - AFCアジアカップ1984 準優勝
  • 1 路建人
  • 2 朱波
  • 3 林楽豊
  • 4 呂洪祥
  • 5 賈秀全
  • 6 林強
  • 7 古広明
  • 8 趙達裕
  • 9 左樹声
  • 10 李輝
  • 11 李华筠
  • 12 池明華
  • 14 吴育华
  • 15 秦国栄
  • 16 柳海光
  • 17 楊朝暉
  • 18 馬林
  • 22 楊寧
  • 監督 曾雪麟
 | 

中国代表 - AFCアジアカップ1988 第4位
  • 1 孔国賢
  • 2 朱波
  • 3 高升
  • 4 郭億軍
  • 7 謝育新
  • 8 唐堯東
  • 10 馬林
  • 11 伍文兵
  • 12 王宝山
  • 13 施連志
  • 14 翟飈
  • 15 張小文
  • 16 黄崇
  • 17 麦超
  • 18 段挙
  • 19 董礼彊
  • 20 張恵康
  • 21 塗勝橋
  • 監督 高豊文
 | 

中国代表 - 1988 ソウル五輪 サッカー競技
  • 1 孔国賢
  • 2 朱波
  • 3 高升
  • 4 郭億軍
  • 5 賈秀全
  • 6 呉群立
  • 7 謝育新
  • 8 唐堯東
  • 9 柳海光
  • 10 馬林
  • 11 朱平
  • 12 王宝山
  • 13 崔光日
  • 14 霍建霆
  • 15 張小文
  • 16 李輝
  • 17 麦超
  • 18 段挙
  • 19 王軍
  • 20 張恵康
  • 監督 高豊文
 | 

中国代表 - AFCアジアカップ1992 第3位
  • 1 傅玉斌
  • 2 馮志剛
  • 3 董礼彊
  • 4 范志毅
  • 5 徐弘
  • 6 黎兵
  • 7 呉群立
  • 8 高洪波
  • 9 郝海東
  • 10 蔡晟
  • 11 李曉
  • 12 謝育新
  • 13 李明
  • 14 高仲勲
  • 15 趙琳
  • 16 賈秀全
  • 17 彭偉國
  • 18 成耀東
  • 19 朱波
  • 20 区楚良
  • 監督 シュラップナー
 | 

中国代表 - AFCアジアカップ1996
  • 1 江洪
  • 3 魏群
  • 4 张恩华
  • 5 徐弘
  • 6 范志毅
  • 7 郝海東
  • 8 马明宇
  • 9 曹限东
  • 10 黎兵
  • 11 彭伟国
  • 12 宿茂臻
  • 13 孙继海
  • 14 姜峰
  • 15 韩金铭
  • 16 李明
  • 17 高峰
  • 19 吴承瑛
  • 20 区楚良
  • 21 刘越
  • 22 韩文海
  • 23 谢晖
  • 監督 戚务生
 | 

中国代表 - AFCアジアカップ2000 第4位
2010Happy Mail