このキーワード
友達に教える
URLをコピー

サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表とは?

移動先: 案内検索
 | サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表 | 

【国または地域】
北朝鮮
【協会】
朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会
【愛称】
チョルリマ(千里馬)、赤い稲妻
【監督】
ヨルン・アンデルセン
【最多出場選手】
洪映早(ホン・ヨンジョ)(69試合)
【最多得点選手】
洪映早(ホン・ヨンジョ)(22得点)

ホームカラー
 | 
アウェイカラー


【初の国際試合】
1956年10月7日中華人民共和国
0-1
【最大差勝利試合】
2005年3月11日グアム
21-0
【最大差敗戦試合】
2010年6月21日ポルトガル
0-7
FIFAワールドカップ

【出場回数】
2回(初出場は1966)
【最高成績】
ベスト8(1966)
AFCアジアカップ

【出場回数】
4回
【最高成績】
4位(1980)

サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表は、朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会(以下、協会)によって編成される朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のサッカーのナショナルチームである。アジアサッカー連盟および東アジアサッカー連盟所属。ホームスタジアムは首都平壌にある金日成競技場

目次

  • 1 歴史
    • 1.1 初期
    • 1.2 1966年W杯ベスト8
    • 1.3 低迷と復調
    • 1.4 2010年W杯出場、その後の状況
  • 2 育成と代表のクラブ化による強化
  • 3 成績
  • 4 FIFAワールドカップの成績
    • 4.1 AFCアジアカップ
    • 4.2 EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ
  • 5 AFCチャレンジカップの成績
    • 5.1 AFCソリダリティーカップ
  • 6 歴代監督
  • 7 歴代選手
    • 7.1 GK
    • 7.2 DF
    • 7.3 MF
    • 7.4 FW
  • 8 サプライヤー
  • 9 関連項目
  • 10 脚注
  • 11 外部リンク

歴史

初期

1966年FIFAワールドカップ・イングランド大会の北朝鮮代表左SBリム・ジュンソンによれば、1959年1月19日に代表チームが結成され、同日、中央体育館で最初の練習が行われた。自国に招いたソビエト連邦のクラブチームに勝利した1960年11月の試合はチームにとって最初の大きな成果だった。ソ連のクラブチームとの対戦でも勝利を重ねるようになり、1961年9月にはモスクワスパルタク・モスクワと対戦して2-1で勝利した。

1963年にインドネシアで開催されたGANEFO(新興国競技大会)では決勝に進み、エジプト(アラブ連合)と対戦した。試合は延長戦を終えても1-1で決着せず、コイントスによってエジプトの優勝が決まった。1964年のGANEFOでは決勝で北朝鮮が中国を破って優勝した。

1964年東京オリンピックには予選を通過して本大会出場を決めていた。しかし北朝鮮はGANEFOに参加した選手のオリンピック参加資格停止を主張する国際陸上競技連盟および国際水泳連盟への反発から、すべての競技で東京オリンピックのボイコットを決めた。

1966年W杯ベスト8

FIFAワールドカップ1966年イングランド大会で初出場。予選のオーストラリアとの試合は中立地カンボジアで行われ、第1戦に3-1、第2戦に6-1と2勝して本大会出場を決めた。

本大会のグループステージでは、初戦はソビエト連邦に0-3で敗れたが、次のチリ戦には引き分け、強豪イタリアとの最終戦では前半42分の朴斗翼の得点で1-0で破り、アジア勢初勝利とグループ突破のベスト8に入る活躍を見せた。現在でもイタリア戦でのW杯史上最大級の番狂わせ(一般的には1950年ブラジルW杯での、アマチュア選手揃いのアメリカが、プロ選手を揃えたイングランドを1-0で下したのがW杯史上最大の番狂わせとされているが、北朝鮮の勝利はこれに並ぶものと各国で大々的に報道された)とベスト8進出は大きな伝説として世界に語り継がれている。この時のチームは、東欧の社会主義国と親善試合を行って強化され、小柄だが力強く運動量豊富でスピードがあり、技術的にも正確なチームであった。

準々決勝のポルトガル戦で、北朝鮮は、前半25分までに3-0とリードしながら、この大会の得点王となるポルトガルの“モザンビークの黒豹”エウゼビオの4得点などで、3-5でワールドカップレコードとなる大逆転負けを喫した。朴斗翼は「あの時私たちは、攻撃しか知らなかった。私たちが3点決めると、ポルトガルのキャプテンは全員に守らせたんです。3点取られても守った。私たちはそれを分からず、ずっと攻め続けた。すると体力が落ちたところにエウゼビオのスピードにやられてPKを与えてしまった。私たちは大きい試合の経験が決定的に不足していた。だから、自分たちのやり方、攻撃サッカーしかできなかった」とポルトガル戦を振り返る。この試合で、ポルトガルの長身のジョゼ・トーレスにかき回された経験から大型選手をそろえるという強化方針を協会が決めたため、かえってベスト8の成功の要因だった豊富な運動量やスピードが北朝鮮から失われた。更に、元北朝鮮代表選手・監督の尹明燦の証言によると、サッカー界と関係の強かった朝鮮労働党の幹部朴金喆が1968年に金日成総書記と対立して粛清されると、彼と親しかった多くの代表選手たちが粛清され、一部の選手は地方の炭鉱に送られるといった処分を受け、その為に世代間の引き継ぎ上手くいかず、チーム力が低下したという。

低迷と復調

1993年にはハンガリー出身のチェルナイ・パールを監督に迎えたが、1994年アメリカ大会アジア最終予選において、韓国代表と当時Jリーグ創設などで勢いづいていた日本代表に敗れた。

それ以降に行われたAFCアジアカップ19961998年フランス大会アジア予選などの公式試合を含めて1993年から1997年まで一切の国際試合には参加せず(1998年バンコクアジア大会から復帰)、2006年ドイツ大会アジア予選の参加まで国際試合の数は以前と比べて激減した。国際試合に参加しなかった理由は一般的には国内の飢饉や自然災害、金日成主席の死去などとされてきたが、中国サッカー専門誌で元北朝鮮代表チームの関係者「日韓への敗戦に激怒した金正日総書記が対外試合の禁止を命じたからだ」と証言した。最近では経済的要因(苦難の行軍)がその理由とされてきている。脱北者のサッカー関係者と親しい韓国のサッカーライター金起徳によれば、競技力の低下から国際試合を禁じたというのは2次的な理由であり、実際には経済的要因が大きかったという。また、協会副会長のリ・ガンホンはその理由について「国家財政危機で強化費が限られてしまったので、協会内での議論の結果、その強化費の多くをユースに回したから」と述べている。結果的にユース育成は成功し、2004年から各年代のアジアユース大会で優勝や準優勝といった好成績を残すようになった。選手の実力があがったことで、海外のクラブで活躍する選手も出てきた。

2010年W杯出場、その後の状況

FIFAワールドカップ。ブラジル戦での選手入場

ユース育成や海外リーグの経験、在日朝鮮人の選手の受け入れなどの努力の結果、2010年南アフリカ大会アジア予選を突破し、44年ぶりの本大会出場を決めた。グループリーグ初戦のブラジル戦では1-2で敗れはしたが、強豪のブラジルを相手に善戦したとして注目度が高まった。これを受けて2戦目のポルトガル戦では朝鮮中央テレビが史上初となるW杯実況中継で放送したが試合は0-7で惨敗し、この時点で北朝鮮のグループリーグ敗退が決定した(この試合の後、ポルトガルの選手達は「北朝鮮代表の選手たちが罰を受けないか心配だ」と彼らの身を案じたという)。この中継放送については、「ポルトガルの4点目が入った時点で打ち切られた」とする報道がある。消化試合となった最後のコートジボワール戦でも0-3で敗れ、3戦全敗(勝ち点0)、得失点差-11(得点1・失点12)という惨憺たる結果に終わった。なお、この時使われた北朝鮮の代表ユニフォームはイタリアのスポーツウェアメーカー・レゲアが製作した。

帰国後、チームは戦績などについて6時間にわたる審査を受け、北朝鮮の選手達は「監督批判」も求められた。その結果、金正勲(キム・ジョンフン)監督には「思想の改造のため」として建設現場における1日14時間もの強制労働刑が科せられたという報道がなされた。北朝鮮サッカー協会は処罰疑惑を事実無根として否定し、国際サッカー連盟(FIFA)も調査の結果、金正勲監督の処罰は事実ではないとまとめた。またFIFAは6時間にわたる審査については北朝鮮では通常のことであり、中傷ではなかったという見解を示した。なお、在日コリアンライターの安宿緑(やすやどろく)によると、「今では炭鉱も自動化され、人が来てはむしろ困る」と現地の人に聞いたという。また、同ライターによれば「金正勲監督は処罰されるどころか朝鮮体育省の副大臣に就任している」とのこと。

AFCチャレンジカップ2010の優勝チームとして、2011年1月のAFCアジアカップ2011本選に出場するもグループリーグで敗退となった。3試合で1分け2敗(勝ち点1)、無得点(失点2)という結果であった。

2014年ブラジル大会アジア予選では1・2次予選を免除され、3次予選からの参加となった。その3次予選では日本ウズベキスタンタジキスタン(当初はシリア)と同組となり、日本とのホーム戦では1-0と勝利し、存在感を見せるが2勝1分3敗(勝ち点7)の3位で敗退(2位までが予選通過)。最終予選を待たずに2大会連続本大会出場が潰えた。

2013年5月31日に、平壌国際サッカー学校(Pyongyang International Football School)を開校したり、2014年以降スペインやイタリアのクラブのサッカーアカデミーと連携して、代表チーム強化を図っている(後述)。

2018年ロシア大会アジア予選ではウズベキスタンフィリピンバーレーンイエメンと同組となった。北朝鮮は順調に勝ち点を重ね、グループ2位で最終節を迎え、勝てばグループ2位の上位4チームに入れて最終予選進出というところでフィリピンに2-3の逆転負けを屈しグループ2位の上位4チームに入れず最終予選進出を逃した。

育成と代表のクラブ化による強化

詳細は「朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会#育成と強化」を参照

44年ぶりに出場した南アフリカW杯本大会だったが、3連敗で、敗退した。そのため、さらなる育成改革として、2013年からサッカー選手育成プロジェクトを開始している。国際サッカー連盟(FIFA)のサッカー発展プロジェクトから170万ドル規模の資金提供を受け、2013年5月31日に、北朝鮮首都平壌綾羅島に、仏のINFをモデルに、サッカーアカデミーの平壌国際サッカー学校(Pyongyang International Football School)を開校し、2014年以降育成した選手をスペインやイタリアのクラブのサッカーアカデミーに留学させて、代表チーム強化を図っている。つまり、国内の育成年代のエリートを発掘及び育成し、欧州のクラブアカデミーで数年間に渡ってトレーニングを受けさせ、そのままヨーロッパのクラブでプロデビューさせることで強化を図るという北朝鮮のサッカー選手育成プロジェクトで、強化を図っている。プロジェクト第1期生には、北朝鮮初のセリエA選手の崔成赫(チェ・ソンヒョク)、2人目のセリエA選手となる韓光宋(ハン・グァンソン)らがいる。

北朝鮮国内組の代表の選手たちは、平日は、代表監督の下で、1日2回練習を行っている。テクニック、フィジカル、戦術を徹底的に鍛えている。週末は、北朝鮮のサッカーリーグ1部最上級蹴球連盟戦の自分たちのクラブに戻って試合を行う。つまり、代表選手たちは、代表で日常のトレーニングを積んでおり、その結果、連係が取れ、北朝鮮代表は一つのクラブチームのようになっている。世界では、日常のトレーニングは、所属クラブで行い、国際Aマッチデー等の短期間に代表のトレーニングを行うのが一般的である。

成績

FIFAワールドカップの成績

【開催年】
【結果】
【試合】
【勝利】
【引分】
【敗戦】
【得点】
【失点】

1930 | 不参加
1934
1938
1950
1954
1958
1962
1966 | ベスト8 | 4 | 1 | 1 | 2 | 5 | 9
1970 | 予選敗退
1974
1978
1982
1986
1990
1994
1998 | 不参加
2002
2006 | 予選敗退
2010 | グループリーグ敗退 | 3 | 0 | 0 | 3 | 1 | 12
2014 | 予選敗退
2018
合計 | 2/21 | 7 | 1 | 1 | 5 | 6 | 21

AFCアジアカップ

【開催年】
【結果】
【試合】
【勝利】
【引分】
【敗戦】
【得点】
【失点】

1956 | 不参加
1960
1964
1968
1972
1976 | 予選終了後棄権
1980 | 4位 | 6 | 3 | 0 | 3 | 10 | 12
1984 | 不参加
1988 | 予選敗退
1992 | グループリーグ敗退 | 3 | 0 | 1 | 2 | 2 | 5
1996 | 不参加
2000 | 予選敗退
2004
2007 | 不参加
2011 | グループリーグ敗退(注) | 3 | 0 | 1 | 2 | 0 | 2
2015 | グループリーグ敗退 | 3 | 0 | 0 | 3 | 2 | 7
2019 | 出場権獲得
合計 | 5/17 | 15 | 3 | 2 | 10 | 14 | 26

(注)予選には参加しなかった(エントリー後辞退)ものの、AFCチャレンジカップ2010で優勝したため、本大会への出場権を得た。

EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ

AFCチャレンジカップの成績

【開催年】
【結果】
【試合】
【勝利】
【引分】
【敗戦】
【得点】
【失点】

2006 | 不参加
2008 | 3位 | 3 | 1 | 1 | 1 | 6 | 2
2010 | 優勝 | 5 | 3 | 2 | 0 | 14 | 2
2012 | 優勝 | 5 | 5 | 0 | 0 | 12 | 1
2014 | 不参加
合計 | 3/5 | 11 | 7 | 4 | 2 | 19 | 7

AFCソリダリティーカップ

歴代監督

歴代選手

※が付いてる選手は在日コリアン

GK

DF

MF

FW

出典:wikipedia
2018/04/27 00:01

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「サッカー朝鮮民主主義…」の意味を投稿しよう
「サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表」のスレッドを作成する
サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail