このキーワード
友達に教える
URLをコピー

サマンサ・ストーサーとは?

【基本情報】

【フルネーム】
Samantha Jane Stosur
【愛称】
サム (Sam)
【国籍】
オーストラリア
【出身地】
同・ブリスベン
【生年月日】
(1984-03-30) 1984年3月30日(35歳)
【身長】
172cm
【体重】
65kg
【利き手】

【バックハンド】
両手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
1999年
【ツアー通算】
34勝
【シングルス】
9勝
【ダブルス】
25勝
【生涯獲得賞金】
18,528,307 アメリカ合衆国ドル
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
4回戦(2006・10)
全仏
準優勝(2010)
全英
3回戦(2009・13・15)
全米
優勝(2011)
【優勝回数】
1(米1)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
優勝(2019)
全仏
優勝(2006)
全英
準優勝(2008・09・11)
全米
優勝(2005)
【優勝回数】
3(豪1・仏1・米1)
【4大大会最高成績・混合ダブルス】

全豪
優勝(2005)
全仏
ベスト4(2005)
全英
優勝(2008・14)
全米
ベスト8(2005)
【優勝回数】
3(豪1・英2)
【国別対抗戦最高成績】

フェド杯
ベスト4(2014)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
4位(2011年2月21日)
【ダブルス】
1位(2006年2月6日)
2019年1月28日現在
テンプレート プロジェクト テニス

サマンサ・ストーサー(Samantha Stosur, 1984年3月30日 - )は、オーストラリアブリスベン出身の女子プロテニス選手。2011年全米オープン女子シングルスの優勝者であり、4大大会女子ダブルスで3勝、混合ダブルス3勝を挙げている。これまでにWTAツアーでシングルス9勝、ダブルス26勝を挙げる。自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス1位。身長172cm、体重65kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

目次

  • 1 来歴
  • 2 WTAツアー決勝進出結果
    • 2.1 シングルス: 24回 (9勝15敗)
    • 2.2 ダブルス: 41回 (26勝15敗)
  • 3 4大大会優勝
  • 4 4大大会シングルス成績
  • 5 外部リンク

来歴

ストーサーは友達の勧めがきっかけで8歳からテニスを始めた。2003年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップオーストラリア代表選手になる。2004年アテネ五輪では、シングルス・ダブルスとも1回戦で敗退した。2005年からストーサーのテニス経歴は開花を始め、ダブルスで年間7勝を挙げた。最初の2勝は同じオーストラリアブリーアン・スチュワートとペアを組み、同年のウィンブルドン女子ダブルス準決勝進出まではスチュアートがパートナーであったが、ウィンブルドン終了後のアメリカカリフォルニア州スタンフォード大会からリサ・レイモンドと組むようになる。このペアは同年の全米オープン女子ダブルスで4大大会初優勝を飾り、決勝でエレーナ・デメンチェワフラビア・ペンネッタの組を 6-2, 5-7, 6-3 で破った。その後、2人は女子テニス年間最終戦・WTAツアー選手権の女子ダブルスでも優勝した。シングルスでのストーサーは2005年の1月に2週連続準優勝があり、2006年5月第2週にはチェコプラハ大会の決勝でイスラエルシャハー・ピアーに 6-4, 2-6, 1-6 で敗れている。

2006年全豪オープンで、サマンサ・ストーサーは初めて4大大会の女子シングルス4回戦に進出したが、この年から3年ぶりに現役復帰したばかりのマルチナ・ヒンギスに 1-6, 6-7 で敗れた。この大会ではレイモンドと組んだ女子ダブルスでも、中国ペアの鄭潔&晏紫組に 6-2, 6-7, 3-6 の逆転で敗れて準優勝に終わった。しかし、翌週に日本の「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」で優勝する。2006年全仏オープンではレイモンドとのペアで、第5シードの杉山愛&ダニエラ・ハンチュコバ組を 6-3, 6-2 で圧倒し、4大大会女子ダブルス2勝目を挙げた。

それから2年後、ストーサーとレイモンドは2008年ウィンブルドンで初めての決勝進出を決めたが、ビーナスセリーナのウィリアムズ姉妹ペアに 2-6, 2-6 のストレートで完敗した。この後北京五輪で2度目のオリンピックに出場する。2009年から、ストーサーのダブルス・パートナーは同じオーストラリアのレネ・スタブスに変わった。

2009年全仏オープンで、サマンサ・ストーサーは初めてシングルスのベスト4に進出した。第30シードだった彼女は、3回戦で第4シードのエレーナ・デメンチェワを破って波に乗り、4回戦はビルジニ・ラザノ、準々決勝ではソラナ・チルステアを破って勝ち進んだ。初進出のシングルス準決勝では、第7シードのスベトラーナ・クズネツォワに 4-6, 7-6, 3-6 で競り負け、彼女の快進撃はここで止まった。

それから4か月後、ストーサーは大阪市内の靱テニスセンターで開かれたHPオープンでWTAツアーのシングルス初優勝を飾った。決勝戦ではフランチェスカ・スキアボーネに 7-5, 6-1 のスコアで勝った。(それまでの彼女は、WTAツアーのシングルス決勝で5度の準優勝に甘んじていた。)

2010年、ファミリー・サークル・カップの決勝でストーサーはベラ・ズボナレワを 6-0, 6-3 で破り、シングルス2勝目を挙げると、全仏オープンでは4回戦で過去4回優勝しているジュスティーヌ・エナンを 2-6, 6-1, 6-4 で、準々決勝では世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズを 6-2, 6-7 , 8-6 で破り2年連続の準決勝に進出する。準決勝ではエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 6-1, 6-2 で圧勝し4大大会初の決勝に進んだが、決勝でフランチェスカ・スキアボーネに 4-6, 6-7 で敗れ準優勝となった。

2011年、第9シードで臨んだ全米オープンは、3回戦、4回戦、準決勝をいずれもフルセットの接戦で勝ち上がり、決勝では1ヶ月前に怪我から復帰した元女王のセリーナ・ウィリアムズと対戦。6-2、6-3 のストレートで快勝し、念願のシングルスグランドスラム初タイトルを手にした。

ストーサーは芝の大会が苦手でウィンブルドンのシングルスでは2009年と2013年、2015年の3回戦進出が最高成績である。3度目の五輪出場となったロンドン五輪でもシングルス、ダブルスとも1回戦で敗退した。

WTAツアー決勝進出結果

シングルス: 24回 (9勝15敗)

大会グレード
【2008年以前】
2009年以後
グランドスラム (1–1)
WTAファイナルズ (0–0)
ティア I (0–0) | プレミア・マンダトリー (0-0)
プレミア5 (0-3)
 | WTAチャンピオンズ (0–1)
ティア II (0–1) | プレミア (2–4)
ティア III (0–1) | インターナショナル (6–2)
ティア IV & V (0–2)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 | 1. | 2005年1月8日 |  ゴールドコースト | ハード |  パティ・シュナイダー | 6–1, 3–6, 5–7
準優勝 | 2. | 2005年1月15日 |  シドニー | ハード |  アリシア・モリク | 7–6(5), 4–6, 5–7
準優勝 | 3. | 2006年5月9日 |  プラハ | クレー |  シャハー・ピアー | 6–4, 2–6, 1–6
準優勝 | 4. | 2008年9月28日 |  ソウル | ハード |  マリア・キリレンコ | 6–2, 1–6, 4–6
準優勝 | 5. | 2009年8月9日 |  ロサンゼルス | ハード |  フラビア・ペンネッタ | 4–6, 3–6
優勝 | 1. | 2009年10月18日 |  大阪 | ハード |  フランチェスカ・スキアボーネ | 7–5, 6–1
優勝 | 2. | 2010年4月18日 |  チャールストン | クレー |  ベラ・ズボナレワ | 6–0, 6–3
準優勝 | 6. | 2010年5月2日 |  シュトゥットガルト | クレー |  ジュスティーヌ・エナン | 4–6, 6–2, 1–6
準優勝 | 7. | 2010年6月5日 |  全仏オープン | クレー |  フランチェスカ・スキアボーネ | 4–6, 6–7(2)
準優勝 | 8. | 2011年5月15日 |  ローマ | クレー |  マリア・シャラポワ | 2–6, 4–6
準優勝 | 9. | 2011年8月14日 |  トロント | ハード |  セリーナ・ウィリアムズ | 4–6, 2–6
優勝 | 3. | 2011年9月11日 |  全米オープン | ハード |  セリーナ・ウィリアムズ | 6–2, 6–3
準優勝 | 10. | 2011年10月16日 |  大阪 | ハード |  マリオン・バルトリ | 3–6, 1–6
準優勝 | 11. | 2012年2月19日 |  ドーハ | ハード |  ビクトリア・アザレンカ | 1–6, 2–6
準優勝 | 12. | 2012年10月21日 |  モスクワ | ハード (室内) |  キャロライン・ウォズニアッキ | 2–6, 6–4, 5–7
優勝 | 4. | 2013年8月4日 |  カールスバッド | ハード |  ビクトリア・アザレンカ | 6–2, 6-3
優勝 | 5. | 2013年10月13日 |  大阪 | ハード |  ウージニー・ブシャール | 3-6, 7-5, 6-2
準優勝 | 13. | 2013年10月20日 |  モスクワ | ハード (室内) |  シモナ・ハレプ | 6–7(1), 2–6
準優勝 | 14. | 2013年11月3日 |  ソフィア | ハード (室内) |  シモナ・ハレプ | 6–2, 2–6, 2–6
優勝 | 6. | 2014年10月12日 |  大阪 | ハード |  ザリナ・ディアス | 7–6(7), 6–3
優勝 | 7. | 2015年5月23日 |  ストラスブール | クレー |  クリスティナ・ムラデノビッチ | 3–6, 6–2, 6–3
優勝 | 8. | 2015年7月26日 |  ガシュタイン | クレー |  カリン・クナップ | 3-6, 7-6(3), 6-2
準優勝 | 15. | 2016年4月30日 |  プラハ | クレー |  ルーシー・サファロバ | 6–3, 1–6, 4–6
優勝 | 9. | 2017年5月27日 |  ストラスブール | クレー |  ダリア・ガブリロワ | 5–7, 6–4, 6–3

ダブルス: 41回 (26勝15敗)

大会グレード
【2008年以前】
2009年以後
グランドスラム (3–5)
WTAファイナルズ (2–0)
ティア I (9-1) | プレミア・マンダトリー (0-3)
プレミア5 (0-1)
ティア II (7-2) | プレミア (2-1)
ティア III (2-1) | インターナショナル (1-1)
ティア IV & V (0–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 | 1. | 2004年11月7日 |  ケベックシティ | ハード
(室内) |  エルス・カレンズ |  カーリー・ガリクソン
マリア・エミリア・サレルニ | 5–7, 5–7
優勝 | 1. | 2005年1月15日 |  シドニー | ハード |  ブリーアン・スチュワート |  エレーナ・デメンチェワ
杉山愛 | 不戦勝
優勝 | 2. | 2005年4月10日 |  アメリアアイランド | クレー |  ブリーアン・スチュワート |  クベタ・ペシュケ
パティ・シュナイダー | 6–4, 6–2
優勝 | 3. | 2005年8月27日 |  ニューヘイブン | ハード |  リサ・レイモンド |  ヒセラ・ドゥルコ
マリア・キリレンコ | 6–2, 6–7, 6–1
優勝 | 4. | 2005年9月10日 |  全米オープン | ハード |  リサ・レイモンド |  エレーナ・デメンチェワ
フラビア・ペンネッタ | 6–2, 5–7, 6–3
優勝 | 5. | 2005年10月2日 |  ルクセンブルク | ハード
(室内) |  リサ・レイモンド |  カーラ・ブラック
レネ・スタブス | 7–5, 6–1
優勝 | 6. | 2005年10月16日 |  モスクワ | カーペット (室内) |  リサ・レイモンド |  カーラ・ブラック
レネ・スタブス | 6–2, 6–4
準優勝 | 2. | 2005年11月6日 |  フィラデルフィア | ハード
(室内) |  リサ・レイモンド |  カーラ・ブラック
レネ・スタブス | 4–6, 6–7(4)
優勝 | 7. | 2005年11月13日 |  ロサンゼルス | ハード
(室内) |  リサ・レイモンド |  カーラ・ブラック
レネ・スタブス | 6–7, 7–5, 6–4
準優勝 | 3. | 2006年1月27日 |  全豪オープン | ハード |  リサ・レイモンド |  晏紫
鄭潔 | 6–2, 6–7(7), 3–6
優勝 | 8. | 2006年2月5日 |  東京 | カーペット (室内) |  リサ・レイモンド |  カーラ・ブラック
レネ・スタブス | 6–2, 6–1
優勝 | 9. | 2006年2月25日 |  メンフィス | ハード
(室内) |  リサ・レイモンド |  ビクトリア・アザレンカ
キャロライン・ウォズニアッキ | 7–6, 6–3
優勝 | 10. | 2006年3月18日 |  インディアンウェルズ | ハード |  リサ・レイモンド |  ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
メガン・ショーネシー | 6–2, 7–5
優勝 | 11. | 2006年4月1日 |  マイアミ | ハード |  リサ・レイモンド |  リーゼル・フーバー
マルチナ・ナブラチロワ | 6–4, 7–5
優勝 | 12. | 2006年4月16日 |  チャールストン | クレー |  リサ・レイモンド |  ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
メガン・ショーネシー | 3–6, 6–1, 6–1
優勝 | 13. | 2006年6月10日 |  全仏オープン | クレー |  リサ・レイモンド |  ダニエラ・ハンチュコバ
杉山愛 | 6–3, 6–2
準優勝 | 4. | 2006年8月26日 |  ニューヘイブン | ハード |  リサ・レイモンド |  晏紫
鄭潔 | 4–6, 2–6
優勝 | 14. | 2006年10月8日 |  シュトゥットガルト | ハード
(室内) |  リサ・レイモンド |  カーラ・ブラック
レネ・スタブス | 6–3, 6–4
優勝 | 15. | 2006年10月29日 |  リンツ | ハード
(室内) |  リサ・レイモンド |  コリーナ・モラリュー
カタリナ・スレボトニク | 6–3, 6–0
優勝 | 16. | 2006年11月5日 |  ハッセルト | ハード
(室内) |  リサ・レイモンド |  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/07/21 13:21

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「サマンサ・ストーサー」の意味を投稿しよう
「サマンサ・ストーサー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

サマンサ・ストーサースレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「サマンサ・ストーサー」のスレッドを作成する
サマンサ・ストーサーの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail