このキーワード
友達に教える
URLをコピー

サミュエル・ジョンソンとは?

 | 
この記事は英語版Wikipediaの対応するページを翻訳することにより充実させることができます。(2020年12月)
翻訳前に重要な指示を読むには右にある[表示]をクリックしてください。
  • 英語版記事の機械翻訳されたバージョンを表示します(各言語から日本語へ)。
  • Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。
  • 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。
  • 履歴継承を行うため、要約欄に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。記述方法については、Wikipedia:翻訳のガイドライン#要約欄への記入を参照ください。
  • 翻訳後、{{翻訳告知|en|Samuel Johnson}}ノートに追加することもできます。
  • Wikipedia:翻訳のガイドラインに、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。

Samuel Johnson
サミュエル・ジョンソン



【生誕】
(1709-09-18) 1709年9月18日
イギリス スタッフォードシャー州 リッチフィールド
【死没】
1784年12月13日(1784-12-13)(75歳)
イギリス ロンドン
【国籍】
イギリス
【職業】
文学者
【著名な実績】
シェイクスピアの研究
英語辞典の編集

サミュエル・ジョンソン(Samuel Johnson1709年9月18日(ユリウス暦9月7日) - 1784年12月13日)は、イングランド文学者(詩人批評家文献学者)。「英語辞典」(1755年)の編集で知られる。

18世紀英国において「文壇の大御所」と呼ばれた。親しげに「ジョンソン博士(ドクター・ジョンソン)」と称される。その有名な警句から、しばしば「典型的なイギリス人」と呼ばれる。主著に『英語辞典』、『詩人列伝』、『シェイクスピア全集』(校訂・注釈)など。

生涯

イングランド中部のリッチフィールドに生まれる。父は小さな書店主であった。

少年期にわずらった結核によって、片耳が聞こえず、片目は見えず、頸には瘰癧(king's evil)があった。オックスフォード大学で学ぶが家が貧しかったため中退し、故郷に戻り教員になった。1735年、20歳年上で未亡人のエリザベス・ポーター(en:Elizabeth Johnson (died 1752) 1689-1752年)と結婚。

1737年、ロンドンに出て、悲劇を書いたり、新聞への寄稿を行った。1746年に「ザ・クラブ」創設に参加。また同年『英語辞典』の刊行計画を公表した。アカデミー・フランセーズフランス語辞典(1694年)を完成させるのに40年かかったことから、個人で行うのは無理だと考えられたが、1755年に『英語辞典』2巻を完成させた。この業績によりオックスフォード大学より文学修士

1759年、小説『ラセラス』を執筆。1763年、30歳年下のジェイムズ・ボズウェルと知り合い、以後交友を結んだ。1765年、シェイクスピアの戯曲集を刊行。1776年に法学博士

1784年に逝去。

英語辞典

この時代の辞典に不満があったロンドンの本屋業界が1746年6月18日の朝 1,500ギニー(2018年の円換算で約3千万円)でジョンソンと執筆依頼契約した。こうして生まれたのが『英語辞典』 (A Dictionary of the English Language) [1]である。編纂にあたりパトロンとしてチェスターフィールド卿を頼ったが断られ、独力で完成させた。

『英語辞典』には以下に示すような皮肉に富んだ語釈も含まれていたが、これらは第2版以降で修正されていることが多い。

As when we a gun discharge, 「大砲を発射する時のように

Although the bore be ne'er so large, ただし口径はさほど大きくはない
Before the flame from muzzle burst, 砲口から火を噴く前に
Just at the breech it flashes first; 砲尾で爆発
So from my lord his passion broke, こうして閣下は癇癪を起こされ、

He farted first, and then he spoke. Swift. 屁を一発、それから口を開かれた」(スウィフト)

クラブ向きの男

ジョンソンは "Clubbable man"(クラブ向きの男)と呼ばれ、クラブでの談論風発を好んだ。生涯にいくつかのクラブに加入しているが、特に有名なのは1764年にジョシュア・レノルズの呼びかけで創設されたザ・クラブ(文学クラブThe Club)である。創立メンバーはレノルズ、ジョンソン、エドマンド・バークオリヴァー・ゴールドスミスら9人で、後にボズウェル、デイヴィッド・ギャリック(en:David Garrick。俳優)、エドワード・ギボンアダム・スミスらが加わり、ジョンソンの晩年には35人程になった。週1回の夜、居酒屋(tavern)で食事の後に文学談義などを楽しむ集まりで、機知に富んだ話の得意なジョンソンが会話の中心だった。

エピソード

語録

この言葉は1775年4月7日の夕方にジョンソンが述べたものである。広く信じられているのとは異なり、この言葉は愛国主義一般に関するものではなく、スコットランド出身の愛国的な政治家第3代ビュート伯爵ジョン・ステュアートとその支持者、さらにはビュートのイングランド系ではない出自につけこもうとする政敵たちが「愛国主義」という言葉を乱用していたことが背景にあり、とくにジョンソンはビュート伯爵に敵対して愛国をかかげていたジョン・ウィルクスに対して非常に批判的であった。ジョンソンは「自称愛国者」一般に対して批判的だったが、「真の」愛国主義と自らが考えるものについては評価していた。愛国主義に真贋を定める発想は前年1774年から既に見られ、この時ジョンソンは「アメリカに対する権利侵害などという馬鹿げた主張を正当化する者は愛国者ではない。(中略)植民地は英国の保護のもとで安定し、英国の憲章によって統治され、そして英国の武力によって防衛されてきたのだ。」と語り、ジョージ・ワシントン率いる独立運動家を似非愛国者として痛烈に批判している。

日本語訳

日本語文献

関連項目

脚注

  1. ^ Hitchings, Henry (2005), Dr Johnson's Dictionary: The Extraordinary Story of the Book that Defined the World, London: John Murray, ISBN 0-7195-6631-2. p. 54
  2. ^ これに対してスコットランド出身のボズウェルは、だからイングランドの馬とスコットランドの人間は優秀なのだ、と反論した。
  3. ^ 当時はそのような伝説があり、生まれた音楽が「タランテラ」である。
  4. ^ これを受けてアンブローズ・ビアスは、『悪魔の辞典』でLEXICOGRAPHER, n. A pestilent fellow who, under the pretense of recording some particular stage in the development of a language, does what he can to arrest its growth, stiffen its flexibility and mechanize its methods.(辞書編集者:有害な奴である。というのも、一つの言語の発達の、ある特定の段階を記録すると称して、できる限りその言語の成長をおしとどめ、その柔軟性を麻痺させ、またその仕組みを機械的にしようとするからである)と書いている。
  5. ^ 下品な言葉が多いと批判した二人の上流婦人に「あなたはそんな言葉をお探しになったのですね」と反論した話も有名である。
  6. ^ Boswell 1986, p. 182
  7. ^ Stephen Miller (2007). Conversation: A History of a Declining Art. Yale University Press. p. 125
  8. ^ Griffin 2005, p. 21
  9. ^ Samuel Johnson (1913). The Works of Samuel Johnson. Troy, N.Y., Pafraets Book Co.. pp. 81-93
  10. ^ Johnson, Poems, p. 89, 53.

参考文献

外部リンク

典拠管理

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2021/03/08 06:31

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「サミュエル・ジョンソン」の意味を投稿しよう
「サミュエル・ジョンソン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

サミュエル・ジョンソンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「サミュエル・ジョンソン」のスレッドを作成する
サミュエル・ジョンソンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail