このキーワード
友達に教える
URLをコピー

サーマン・マンソンとは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


サーマン・マンソン(Thurman Lee Munson , 1947年6月7日 - 1979年8月2日)は、アメリカ合衆国オハイオ州アクロン出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。

1970年代ニューヨーク・ヤンキースで活躍した捕手。主将を務めたが、現役選手だった1979年に飛行機事故で亡くなった。

目次

  • 1 経歴
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別打撃成績
    • 2.2 受賞歴・記録
  • 3 脚注
  • 4 関連項目
  • 5 外部リンク

経歴

マンソンのロッカー。現・ヤンキースタジアム内のヤンキースミュージアムにて保管されている。

ケント州立大学では、後のサイ・ヤング賞投手スティーブ・ストーンとバッテリーを組む。1968年ドラフト会議ニューヨーク・ヤンキースから1巡目に指名され、入団。翌1969年に早くもメジャーに昇格し、8月9日に初出場を果たす。

1970年に本格デビューし、132試合に出場して打率.302の活躍でア・リーグ新人王に選ばれた。

当時のヤンキースはかつての黄金時代の看板選手だったミッキー・マントルらが相次いで引退、またチームも低迷期に入っていたため、看板選手が不在だったヤンキースにおいてマンソンはマントルらの後継者として期待されるようになる。1971年には初のオールスター出場を果たし、1973年には初のゴールドグラブ賞を受賞し、この後3年連続で受賞。オールスターは死の前年まで6年連続で出場を果たした。

1976年には打率.302、17本塁打、105打点、14盗塁の活躍でア・リーグMVPに選ばれる。この年チームは久々にワールドシリーズに進出。マンソン自身は打率.529を記録したが、チームは「ビッグレッドマシン」と言われ、当時全盛を誇ったシンシナティ・レッズに敗れた。

持ち前のリーダーシップで、ヤンキースではルー・ゲーリッグ以来のキャプテンに任命され、ジョージ・スタインブレナーフリーエージェント(FA)で買い集めてきた「ブロンクス動物園」とも言われた個性豊かなチームを統率した。しかしながら、マンソン自身がマスコミ嫌いで、ロッカールームに取材しに来た記者に対して「失せろ」と言い放つほどであったため、FA移籍してきた主砲でマスコミ受けが良かったレジー・ジャクソンとはついに最後まで不仲であった。

加えて、当時の監督は武闘派としてならしていたビリー・マーチンであったが、キャプテンの立場からマーチンとはあわや殴り合い寸前の口論を演じたこともあった。しかし、マーチンとの関係はむしろ良好で、その気概をマーチンも買っていたともいわれる。

チームは1977年1978年にいずれもロサンゼルス・ドジャースを破り、2年連続ワールドチャンピオンに輝いた。この3年間、マンソンはリーグチャンピオンシップシリーズでは通算.339、ワールドシリーズでは.373の高打率をマーク。1978年の最終戦では、9回2死からドジャースのロン・セイのフライ(ウイニング・ボール)をキャッチ。

翌1979年も、7年連続のオールスター出場こそ逃したものも、開幕から97試合に出場して打率.288と活躍していた。同年8月2日にマンソンはオフのためオハイオ州の自宅に帰った。そこでマンソンは所有する自家用セスナ機を操縦していたが、飛行中に木に接触し、機体は墜落、炎上した。同乗していた2人は救助されたが、機体から出られなかったマンソンは死亡した。32歳没。当初は墜落炎上による焼死と思われたが、のちの検死で、炎上した際に起きた発煙をマンソンが吸い込んだために、その時点で死亡したという。

その夜のヤンキー・スタジアムではボルチモア・オリオールズとの試合前に、先発メンバー全員がキャッチャーボックスの前に立って、帰らぬキャプテンに敬意を表する。

8月6日にマンソンが住んでいたオハイオ州カントンで行われた葬儀には、ヤンキースの全選手が参列。マンソンの親友、ルー・ピネラ(のち監督)とボビー・マーサーが弔辞を読んだ。その夜の試合で、マーサーは7回に3ラン本塁打。3-4のビハインドで迎えた9回裏には逆転のサヨナラ2点タイムリー安打を放ち、一人で全5得点をたたき出し、マンソンに捧げた。しかし、同年のヤンキースはこれで終戦ムードとなってしまい、後年、ピネラはこの1979年シーズンのヤンキースを「マンソンの死で終わってしまった」と述懐している。

その死とともに、ヤンキースはマンソンの背番号15」を永久欠番に指定した。死後もヤンキース・クラブハウスにてマンソンのロッカーは当時のまま保管され、現在は新・ヤンキースタジアム内のヤンキースミュージアムにて保管されている。

もし現役があと5、6年ほど長ければ殿堂入りは確実だったであろうと言われており、現在もベテランズ委員会の殿堂入り選考にマンソンの名前が挙がるほどである。

詳細情報

年度別打撃成績




【球

団】


































































O
P
S

1969 | NYY | 26 | 97 | 86 | 6 | 22 | 1 | 2 | 1 | 30 | 9 | 0 | 1 | 0 | 1 | 10 | 1 | 0 | 10 | 5 | .256 | .330 | .349 | .679
1970 | 132 | 526 | 453 | 59 | 137 | 25 | 4 | 6 | 188 | 53 | 5 | 7 | 5 | 4 | 57 | 6 | 7 | 56 | 13 | .302 | .386 | .415 | .801
1971 | 125 | 517 | 451 | 71 | 113 | 15 | 4 | 10 | 166 | 42 | 6 | 5 | 4 | 3 | 52 | 1 | 7 | 65 | 10 | .251 | .335 | .368 | .703
1972 | 140 | 568 | 511 | 54 | 143 | 16 | 3 | 7 | 186 | 46 | 6 | 7 | 4 | 2 | 47 | 5 | 3 | 58 | 13 | .280 | .343 | .364 | .707
1973 | 147 | 576 | 519 | 80 | 156 | 29 | 4 | 20 | 253 | 74 | 4 | 6 | 1 | 4 | 48 | 4 | 4 | 64 | 12 | .301 | .362 | .487 | .849
1974 | 144 | 571 | 517 | 64 | 135 | 19 | 2 | 13 | 197 | 60 | 2 | 0 | 1 | 8 | 44 | 12 | 1 | 66 | 14 | .261 | .316 | .381 | .697
1975 | 157 | 661 | 597 | 83 | 190 | 24 | 3 | 12 | 256 | 102 | 3 | 2 | 3 | 10 | 45 | 8 | 6 | 52 | 23 | .318 | .366 | .429 | .795
1976 | 152 | 665 | 616 | 79 | 186 | 27 | 1 | 17 | 266 | 105 | 14 | 11 | 1 | 10 | 29 | 6 | 9 | 38 | 17 | .302 | .337 | .432 | .769
1977 | 149 | 638 | 595 | 85 | 183 | 28 | 5 | 18 | 275 | 100 | 5 | 6 | 0 | 2 | 39 | 8 | 2 | 55 | 18 | .308 | .351 | .462 | .813
1978 | 154 | 667 | 617 | 73 | 183 | 27 | 1 | 6 | 230 | 71 | 2 | 3 | 1 | 10 | 35 | 6 | 3 | 70 | 20 | .297 | .332 | .373 | .705
1979 | 97 | 419 | 382 | 42 | 110 | 18 | 3 | 3 | 143 | 39 | 1 | 2 | 1 | 4 | 32 | 2 | 0 | 37 | 15 | .288 | .340 | .374 | .714
通算:11年 1423 | 5905 | 5344 | 696 | 1558 | 229 | 32 | 113 | 2190 | 701 | 48 | 50 | 21 | 58 | 438 | 59 | 42 | 571 | 160 | .292 | .346 | .410 | .756

受賞歴・記録

脚注

関連項目

外部リンク


獲得タイトル・記録
アメリカンリーグMVP
チャルマーズ賞 | 

リーグ表彰 | 
  • 22 ジョージ・シスラー
  • 23 ベーブ・ルース
  • 24 ウォルター・ジョンソン
  • 25 ロジャー・ペキンポー
  • 26 ジョージ・バーンズ
  • 27 ルー・ゲーリッグ
  • 28 ミッキー・カクレーン

  • 以下、全米野球記者協会(BBWAA)による表彰

    1930年代 | 

    1940年代 | 
  • 40 ハンク・グリーンバーグ
  • 41 ジョー・ディマジオ
  • 42 ジョー・ゴードン
  • 43 スパッド・チャンドラー
  • 44 ハル・ニューハウザー
  • 45 ハル・ニューハウザー
  • 46 テッド・ウィリアムズ
  • 47 ジョー・ディマジオ
  • 48 ルー・ブードロー
  • 49 テッド・ウィリアムズ

  • 1950年代 | 
  • 50 フィル・リズート
  • 51 ヨギ・ベラ
  • 52 ボビー・シャンツ
  • 53 アル・ローゼン
  • 54 ヨギ・ベラ
  • 55 ヨギ・ベラ
  • 56 ミッキー・マントル
  • 57 ミッキー・マントル
  • 58 ジャッキー・ジェンセン
  • 59 ネリー・フォックス

  • 1960年代 | 
  • 60 ロジャー・マリス
  • 61 ロジャー・マリス
  • 62 ミッキー・マントル
  • 63 エルストン・ハワード
  • 64 ブルックス・ロビンソン
  • 65 ソイロ・ベルサイエス
  • 66 フランク・ロビンソン
  • 67 カール・ヤストレムスキー
  • 68 デニー・マクレイン
  • 69 ハーモン・キルブルー

  • 1970年代 | 
  • 70 ブーグ・パウエル
  • 71 ヴァイダ・ブルー
  • 72 ディック・アレン
  • 73 レジー・ジャクソン
  • 74 ジェフ・バロウズ
  • 75 フレッド・リン
  • 76 サーマン・マンソン
  • 77 ロッド・カルー
  • 78 ジム・ライス
  • 79 ドン・ベイラー

  • 1980年代 | 
  • 80 ジョージ・ブレット
  • 81 ローリー・フィンガーズ
  • 82 ロビン・ヨーント
  • 83 カル・リプケン・ジュニア
  • 84 ウィリー・ヘルナンデス
  • 85 ドン・マッティングリー
  • 86 ロジャー・クレメンス
  • 87 ジョージ・ベル
  • 88 ホセ・カンセコ
  • 89 ロビン・ヨーント

  • 1990年代 | 
  • 90 リッキー・ヘンダーソン
  • 91 カル・リプケン・ジュニア
  • 92 デニス・エカーズリー
  • 93 フランク・トーマス
  • 94 フランク・トーマス
  • 95 モー・ボーン
  • 96 フアン・ゴンザレス
  • 97 ケン・グリフィー・ジュニア
  • 98 フアン・ゴンザレス
  • 99 イバン・ロドリゲス

  • 2000年代 | 
  • 00 ジェイソン・ジアンビ
  • 01 イチロー
  • 02 ミゲル・テハダ
  • 03 アレックス・ロドリゲス
  • 04 ブラディミール・ゲレーロ
  • 05 アレックス・ロドリゲス
  • 06 ジャスティン・モルノー
  • 07 アレックス・ロドリゲス
  • 08 ダスティン・ペドロイア
  • 09 ジョー・マウアー

  • 2010年代 | 
  • 10 ジョシュ・ハミルトン
  • 11 ジャスティン・バーランダー
  • 12 ミゲル・カブレラ
  • 13 ミゲル・カブレラ
  • 14 マイク・トラウト
  • 15 ジョシュ・ドナルドソン
  • 16 マイク・トラウト
  • 17 ホセ・アルトゥーベ


  • アメリカンリーグ新人王
    1940年代 | 
    • 49 ロイ・シーバース

    1950年代 | 
  • 50 ウォルト・ドローポ
  • 51 ギル・マクドゥガルド
  • 52 ハリー・バード
  • 53 ハービー・キーン
  • 54 ボブ・グリム
  • 55 ハーブ・スコア
  • 56 ルイス・アパリシオ
  • 57 トニー・クーベック
  • 58 アルビー・ピアソン
  • 59 ボブ・アリソン

  • 1960年代 | 
  • 60 ロン・ハンセン
  • 61 ドン・シュウォール
  • 62 トム・トレッシュ
  • 63 ゲーリー・ピータース
  • 64 トニー・オリバ
  • 65 カート・ブレファリー
  • 66 トミー・エイジー
  • 67 ロッド・カルー
  • 68 スタン・バーンセン
  • 69 ルー・ピネラ

  • 1970年代 | 
  • 70 サーマン・マンソン
  • 71 クリス・チャンブリス
  • 72 カールトン・フィスク
  • 73 アル・バンブリー
  • 74 マイク・ハーグローヴ
  • 75 フレッド・リン
  • 76 マーク・フィドリッチ
  • 77 エディ・マレー
  • 78 ルー・ウィテカー
  • 79 ジョン・カスティーノアルフレッド・グリフィン

  • 1980年代 | 
  • 80 ジョー・シャボニュー
  • 81 デイブ・リゲッティ
  • 82 カル・リプケン
  • 83 ロン・キトル
  • 84 アルビン・デービス
  • 85 オジー・ギーエン
  • 86 ホセ・カンセコ
  • 87 マーク・マグワイア
  • 88 ウォルト・ワイス
  • 89 グレッグ・オルソン

  • 1990年代 | 
  • 90 サンディー・アロマー・ジュニア
  • 91 チャック・ノブロック
  • 92 パット・リスタッチ
  • 93 ティム・サーモン
  • 94 ボブ・ハムリン
  • 95 マーティ・コードバ
  • 96 デレク・ジーター
  • 97 ノマー・ガルシアパーラ
  • 98 ベン・グリーブ
  • 99 カルロス・ベルトラン

  • 2000年代 | 
  • 00 佐々木主浩
  • 01 イチロー
  • 02 エリック・ヒンスキー
  • 03 アンヘル・ベローア
  • 04 ボビー・クロスビー
  • 05 ヒューストン・ストリート
  • 06 ジャスティン・バーランダー
  • 07 ダスティン・ペドロイア
  • 08 エバン・ロンゴリア
  • 09 アンドリュー・ベイリー

  • 2010年代 | 
  • 10 ネフタリ・フェリス
  • 11 ジェレミー・ヘリクソン
  • 12 マイク・トラウト
  • 13 ウィル・マイヤーズ
  • 14 ホセ・アブレイユ
  • 15 カルロス・コレア
  • 16 マイケル・フルマー
  • 17 アーロン・ジャッジ
  • 18 大谷翔平


  • アメリカンリーグ ゴールドグラブ賞(捕手)
    1950年代 | 
    • 57 シャーム・ローラー
    • 58 シャーム・ローラー
    • 59 シャーム・ローラー

    1960年代 | 
  • 60 アール・バッティ
  • 61 アール・バッティ
  • 62 アール・バッティ
  • 63 エルストン・ハワード
  • 64 エルストン・ハワード
  • 65 ビル・フリーハン
  • 66 ビル・フリーハン
  • 67 ビル・フリーハン
  • 68 ビル・フリーハン
  • 69 ビル・フリーハン

  • 1970年代 | 
  • 70 レイ・フォッシー
  • 71 レイ・フォッシー
  • 72 カールトン・フィスク
  • 73 サーマン・マンソン
  • 74 サーマン・マンソン
  • 75 サーマン・マンソン
  • 76 ジム・サンドバーグ
  • 77 ジム・サンドバーグ
  • 78 ジム・サンドバーグ
  • 79 ジム・サンドバーグ

  • 1980年代 | 
  • 80 ジム・サンドバーグ
  • 81 ジム・サンドバーグ
  • 82 ボブ・ブーン
  • 83 ランス・パリッシュ
  • 84 ランス・パリッシュ
  • 85 ランス・パリッシュ
  • 86 ボブ・ブーン
  • 87 ボブ・ブーン
  • 88 ボブ・ブーン
  • 89 ボブ・ブーン

  • 1990年代 | 
  • 90 サンディー・アロマー・ジュニア
  • 91 トニー・ペーニャ
  • 92 イバン・ロドリゲス
  • 93 イバン・ロドリゲス
  • 94 イバン・ロドリゲス
  • 95 イバン・ロドリゲス
  • 96 イバン・ロドリゲス
  • 97 イバン・ロドリゲス
  • 98 イバン・ロドリゲス
  • 99 イバン・ロドリゲス

  • 2000年代 | 
  • 00 イバン・ロドリゲス
  • 01 イバン・ロドリゲス
  • 02 ベンジー・モリーナ
  • 03 ベンジー・モリーナ
  • 04 イバン・ロドリゲス
  • 05 ジェイソン・バリテック
  • 06 イバン・ロドリゲス
  • 07 イバン・ロドリゲス
  • 08 ジョー・マウアー
  • 09 ジョー・マウアー

  • 2010年代 | 
  • 10 ジョー・マウアー
  • 11 マット・ウィータース
  • 12 マット・ウィータース
  • 13 サルバドール・ペレス
  • 14 サルバドール・ペレス
  • 15 サルバドール・ペレス
  • 16 サルバドール・ペレス
  • 17 マーティン・マルドナード
  • 18 サルバドール・ペレス

  • 投手
  • 一塁手
  • 二塁手
  • 三塁手
  • 遊撃手
  • 外野手



  • ニューヨーク・ヤンキース 1977年のワールドシリーズ ロースター
    2 ポール・ブレアー / 6 ロイ・ホワイト / 9 グレイグ・ネトルズ / 10 クリス・チャンブリス / 11 フレッド・スタンリー / 14 ルー・ピネラ / 15 サーマン・マンソン / 17 ミッキー・リバース / 19 ディック・ティドロ / 20 バッキー・デント / 24 マイク・トッズ / 25 ジョージ・ゼバー / 28 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/16 16:25

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「サーマン・マンソン」の意味を投稿しよう
    「サーマン・マンソン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    サーマン・マンソンスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「サーマン・マンソン」のスレッドを作成する
    サーマン・マンソンの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail