このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ザ・ベストテンとは?

 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2008年11月)
  • 脚注による出典や参考文献の参照が不十分です。脚注を追加してください。(2015年5月)
  • ほとんどまたは完全に一つの出典に頼っています。(2015年5月)
  • 一次情報源または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。(2015年5月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2018年4月)
  • 雑多な内容を羅列した節があります。(2008年11月)

 | 
ラジオ番組・中継内での各種情報(終了した番組・中継を含みます)は、CDなどでの販売や公式なアーカイブなど常に参照可能な状態のネット配信、または信頼できる紙媒体またはウェブ媒体が紹介するまで、出典として用いないで下さい検証可能性に基づき除去される場合があります。

 | 
テレビ番組・中継内での各種情報(終了した番組・中継を含みます)は、DVDやBlu-rayなどでの販売や公式なネット配信、または信頼できる紙媒体またはウェブ媒体が紹介するまで、出典として用いないで下さい検証可能性に基づき除去される場合があります。

【ザ・ベストテン】

【ジャンル】
音楽番組
【企画】
鬼沢慶一(企画協力)
【監督】
山田修爾
【演出】
山田修爾
【出演者】
黒柳徹子
久米宏
生島ヒロシ
小西博之
松下賢次
渡辺正行
【オープニング】
作曲:服部克久
【エンディング】
同上
【製作】

【プロデューサー】
弟子丸千一郎
山田修爾
スタッフを参照
【制作】
TBS

【放送】

【音声形式】
ステレオ放送(1981年3月26日以降)
【放送国・地域】
日本

【放送開始から1982年9月まで】

【放送期間】
1978年1月19日 - 1982年9月30日
【放送時間】
木曜日21:00 - 21:55
【放送分】
55分

【1982年10月から放送終了まで】

【放送期間】
1982年10月7日 - 1989年9月28日
【放送時間】
木曜日21:00 - 21:54
【放送分】
54分

ザ・ベストテン』(英称:The Best Ten)は、1978年1月19日から1989年9月28日までTBS系列局で、毎週木曜日の21:00 - 21:54 (JST) に生放送されていたTBS製作の音楽番組。全603回放送。

1976年から1977年にかけて放送された『トップスターショー・歌ある限り』の後番組としてスタート。最高視聴率41.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム) を記録した。愛称は『ベストテン』『ベッテン』『ザベテン』。第11回テレビ大賞優秀番組賞受賞。

概要

毎週生放送で独自の邦楽ランキング上位10曲をカウントダウン形式で発表し、ランキングされた曲を歌手が披露する音楽番組である。番組名はその趣旨からそのまま付けられた。

総合週刊誌の『サンデー毎日』に本番組のランキングが掲載されていた時期がある(1978年4月〜1983年1月)。

ランキングの決定方法

レコード売り上げ(オリコンミュージック・ラボミュージック・リサーチの3社のランキングを使用)・有線放送リクエスト(全国有線音楽放送協会のデータを使用)、ラジオ放送のリクエストチャート(当番組のネット局25局のうち、ラジオ兼営20局でのラジオ歌謡曲ベストテン番組の独自のチャートの総合ランキング)・番組に寄せられたはがきのリクエスト(番組冒頭で発表)を合わせたポイント制で決定。

番組開始時の配点比率は「レコード30:有線10:ラジオリクエスト20:はがきリクエスト40」とはがきのポイントが高く、レコードや有線で20位以内に入らない曲がベストテンに入ることもあった。だが、1979年2月に配点比率を「レコード30:有線10:ラジオ30:はがき30」に改めることがTBSから番組の中でなく週刊誌などを通じて周知された。これは「ハガキの筆跡が明らかに同じなのに名前が異なるハガキが多数見つかり、中には他人の名義を無断で借用するなど、一部ファンの組織票が目に余る状態になった」ことが理由とされている。

配点比率はその後も見直され、1981年から「レコード45:有線10:ラジオ21.9:リクエスト23.1」になり、1986年からは「レコード60:有線10:ラジオ10:リクエスト20」となったが、配点見直しの公式通知は無かった。

得点の計算方法は、各要素のランキング上位30曲に対し1位30点、2位29点…30位1点という形で得点を振った上で、前記の配点比率に従い合計が300点満点になるように倍率をかけ、最終的にその得点を加算してランキングを決定。番組では演出上の理由で33.33倍し9999点を満点として表示。

尚、レコードやCDが発売されてなくても、ハガキのリクエストがあれば、ランキングに反映された。少年隊がレコードデビュー前にスポットライトで出演し披露した曲「あなたに今Good-by」が、翌週のハガキのランキングで10位になったことがある。

番組構成・セット

東京国際空港で使用されていた反転フラップ式案内表示機

ランキングは、当時世界各国の国際空港で出発・到着案内として用いられていた反転フラップ式案内表示機(正式英名ソラリーボード)をヒントに考案された「ランキングボード」を使って発表された。左側に前週の総合ベストテンの順位(オレンジ色で表示)、右側に今週の総合ベストテンの順位を表示(白色)し、10位から順番に発表する。「今週の第○位」という司会者の掛け声にあわせ、ティンパニーロールと同時に曲名と歌手名部分が回転、数秒遅れて得点部分が回転する。そして、先週からの変動と、曲名と、歌手と得点を読み上げた。このランキングボードは、プロデューサー・演出の山田修爾が実際に羽田空港で見た案内表示板をヒントにして作製された。

歌手が登場する際は、オーケストラの演奏(10 - 2位と1位では登場音色が多少異なる)をバックに「ミラーゲート」を通って登場。1位の歌手がスタジオに出演した際、くす玉割りや様々なプレゼントをスタッフが用意することもあった。くす玉割りの紐は当初は司会者が引っ張っていたが、後期は1位を獲得した歌手が直接引っ張り、大量の紙吹雪風船紙テープの舞う中祝福した。

スタジオでの歌の演奏は、基本的にオーケストラによる生演奏であったが、末期はカラオケになることが多かった。スタジオの構成は、『大きなスタジオの真ん中にランキングボード』(司会者とソファーが配置されたスペース)、『オーケストラセット』、『大掛かりなセット』というものであった。人気を二分した音楽番組、夜のヒットスタジオと比べて「カメラ」と「演出」の夜ヒット「オケ」と「セット」のベストテン、と呼ばれた。

第4位までの発表が終わると週によりランキング外の1・2曲をピックアップして「今週のスポットライト」というコーナーで紹介した。11 - 20位の曲もVTRで紹介され、出演者が少ない時には30位や50位からの発表もあった。

ベストテン圏外の曲は、20位から11位の順に紹介する。それと共に、過去4週の順位も折れ線グラフ(初期はなかった)で表示される。但し、時間がない場合はボードのみでの紹介となる(末期は、この形が非常に多かった)。それに対して黒柳が、初登場の曲に対しては「確実に上向きです」少しずつ上昇気味の曲に対しては「○○さん、お待ちしています」先週、10位以内だった曲に対しては「先週●位でしたのに…」順位が先週と同じ曲に対しては「●位の所で足踏みです」10位以内に入って、尚且つ少しずつ下降気味の曲に対しては「○○さん、お元気でしょうか」最高位が11位程度の下降気味の曲に対しては「お待ちしていましたのに…」変動が激しい曲に対しては「ジグザグです」等とコメントするのがお決まりとなっていた。

ただし、50位~31位を紹介する時は、オープニングの演奏と共に曲と顔写真のパネルを表示するだけで、折れ線グラフも、得点の表示もなかった。

1980年代後半にはグループのメンバーの一部が別行動している際には、そのメンバーを他のメンバーがいる中継先の映像にビデオ合成するということも行われた。この時期になると歌手がミュージック・ビデオを作成しプロモーションに使うことが一般的になってきたが本番組では「木曜9時の放送時間に歌ってもらう」ということが番組のコンセプト(そのための追っかけ中継)であったため出演できない歌手のミュージック・ビデオを放送するという代替措置は原則としてなかったが、複数回ランキング入りした曲では欠席した際に過去の週の出演映像を流すことがあり、VTRには放送日のテロップを入れていた。

番組の最後には、出演者全員(中継先の1つが参加する場合もある)で集合写真を撮影し、その写真(番組中期以降は写真をジグソーパズルにしたもの)を番組宛てにリクエストはがきを送った視聴者に毎週抽選でプレゼントしたり、番組内でリクエストはがきが採用された視聴者には無条件でプレゼントするのが恒例だった。「ハイポーズ」の掛け声は主に第1位を獲得した歌手に振る事が多かった。なお、200回と番組終了時にこれらの集合写真・初登場時のサインを本にまとめ、国立国会図書館および各都道府県立の図書館に寄贈した。ネットした各放送局も所蔵しているが、開局記念イベント等以外は非公開となっている。

年間ベストテン

番組が終了した1989年を除く毎年末に「年間ベストテン」、1981年からは6月に「上半期年間ベストテン」 を発表し、1988年には「月間ベストテン」も発表。1978年から1980年までは、年間ランキングでは得点は発表されなかった。年間ランキングの回が3時間の「豪華版」となって「年間ベストテン」を発表したのは1982年からでそれ以前は通常放送と同じく1時間枠内でその週のベストテンの後で放送しており、1978年は1位のみ、1979年は3位と1位、1980年は3位・2位・1位、1981年は2位と1位がスタジオで歌われた。

1986年1月には、1985年の歌手別年間ランキングが発表された。テロップと字幕での発表でランキングボードは使われなかった。なお、歌手別ランキングが発表されたのはこの年だけだった。

公開生放送

1983年11月10日は放送300回を記念して長崎からの生放送を行った。その後も節目の50回ごとにJNN系列のある全国各地を回る公開生放送を行った。放送地では地元をあげた盛り上がりで市長が登場するなどお祭り騒ぎとなる。

※550回ではなく552回目に行われた。600回目である1989年9月7日は公開生放送は行われず、この回が最後となった。

歴代司会者

黒柳徹子は初回から最終回まで担当

担当期間(放送回数) 女性 男性
1978年1月19日(第1回) | 1985年4月25日(第375回) | 黒柳徹子 | 久米宏
1985年5月2日(第376回) | 1985年9月26日(第397回) | (司会者輪番制)
1985年10月3日(第398回) | 1986年9月25日(第448回) | 小西博之
1986年10月2日(第449回) | 1989年1月5日(第565回) | 松下賢次
1989年1月12日(第566回) | 1989年9月28日(第603回) | 渡辺正行

柄沢晃弘



初回放送の前週に放送された『ザ・ベストテン前夜祭』(1978年1月12日)が黒柳・久米コンビの司会スタート。正式の最終回(1989年10月5日)は4代目の黒柳・渡辺・柄沢トリオが主に司会を担当した。

なお、上記の放送回数はランキング紹介を行ったレギュラー放送回についての通算回数を表記しており、この前夜祭と正規最終回の回数は含まれていない(これらを含むと通算放送回数は605回)。また、初代男性司会者の久米については前番組に当たる『トップスターショー・歌ある限り』のサブ司会を担当しており、それを含めたTBS木曜21時枠での通算司会期間は計9年7か月となる。

歴史

前史

当時のTBSでは、前番組である『トップスターショー・歌ある限り』の視聴率が振るわなかったことから、新しい音楽番組の制作を企画することとなった。当時TBSプロデューサーだった田中敦が当時の制作局長に「いい歌番組のアイデアがないのか」と聞かれ、その時「毎週、一番売れている人気曲を10曲並べてベストテン番組を作れば面白いかも。出来っこないですが…」と提案をし、制作局長も「そのアイデアいただき、やってよ!」と一発で快諾した。

当時のスタッフ内部では、「(当時流行し始めた)ニューミュージックの歌手はテレビ出演を拒否する者が多いため、客観性を持ったデータによるランキング方式では番組が成り立たない恐れがある」との理由から、番組スタッフの主観で出演者を選ぶ「キャスティング方式」を継続すべきとの意見が主にベテランスタッフを中心に根強く、「キャスティング方式ではニューミュージックの歌手などが取り上げられない」との理由でランキング方式を支持する若手スタッフとの間で意見が真っ二つに分かれた。結局当時の制作局長の裁定でランキング方式による番組の制作が決定したが、この対立のために当初1977年10月に放送を開始する予定であった新番組は3か月スタートが遅れ、1978年1月にスタートがずれ込んだ。当時マネージャーであったプロモーターの大里洋吉は『ザ・ベストテン』のスタートは、キャンディーズの解散が密接に関係していると話している。

初代司会者の決定の経緯については、資料によって内容が異なっている。山田修爾の著書『ザ・ベストテン』によれば、最初にTBSの局アナウンサーだった久米が前番組から続投することが決まり、次に相方を女性とすることとなって黒柳がキャスティングされた。制作サイドでは西田敏行を加えた3人体制での司会を予定していたが、西田がスケジュールの都合がつかず、結局2人体制で番組がスタートすることとなった。久米は当初『トップスターショー』を最後に音楽番組の司会から足を洗うつもりだったが、黒柳とのコンビが決まったことで音楽番組を担当し続ける気になったという。しかし2013年9月27日放送の『中居正広の金曜日のスマたちへ』で紹介されたものでは、先に黒柳の起用が決まり、久米が中継リポーターを務めるTBSラジオの番組にゲスト出演していた黒柳が、もう1人の司会が決まっていない状況を知り、気に入っていた久米 の起用をスタッフに打診したとのものだった。なお、黒柳と久米は番組開始前の1977年暮れに同じTBSの番組「第19回日本レコード大賞」で司会を担当し共演している。

前夜祭

初回放送の前週(1978年1月12日)に『ザ・ベストテン前夜祭』を放送。前半は、昭和43年 - 昭和51年の年間オリコン1位の楽曲を出演した歌手が持ち回りで歌唱。

年度 | 曲名 | オリジナル歌手 | 歌唱歌手
1968年(昭和43年) | 恋の季節 | ピンキーとキラーズ | 小柳ルミ子/コーラスで西城秀樹・郷ひろみ・野口五郎
1969年(昭和44年) | 港町ブルース | 森進一 | 松崎しげる
1970年(昭和45年) | 黒ネコのタンゴ | 皆川おさむ | 郷ひろみ
1971年(昭和46年) | 知床旅情 | 加藤登紀子 | 山口百恵
1972年(昭和47年) | 瀬戸の花嫁 | 小柳ルミ子 | 小林旭
1973年(昭和48年) | 女のみち | 宮史郎とぴんからトリオ | 野口五郎/バックに西城秀樹・郷ひろみ
1974年(昭和49年) | なみだの操 | 殿さまキングス | 殿さまキングス
1975年(昭和50年) | シクラメンのかほり | 布施明 | 西城秀樹
1976年(昭和51年) | およげ!たいやきくん | 子門真人 | 桜田淳子

後半は、レコード売り上げと有線放送のデータのみに基づいた1977年の年間ランキングを発表。テーマ曲はレギュラー放送と異なるアレンジで生演奏。

【#】
【曲名】
歌手
1位 | 青春時代 | 森田公一とトップギャラン
2位 | 勝手にしやがれ | 沢田研二
3位 | 昔の名前で出ています | 小林旭
4位 | 渚のシンドバッド | ピンク・レディー
5位 | ウォンテッド (指名手配) | ピンク・レディー
6位 | 津軽海峡・冬景色 | 石川さゆり
7位 | 雨やどり | さだまさし
8位 | 失恋レストラン | 清水健太郎
9位 | 星の砂 | 小柳ルミ子
10位 | 愛のメモリー | 松崎しげる

石川さゆりとさだまさしは欠席。8曲がスタジオで歌われた。

またゲストとして山口百恵桜田淳子殿さまキングス八代亜紀郷ひろみなど合計15組が出演した。「スポットライト」のコーナーもあり、日野てる子が「夏の日の思い出」を歌った。前夜祭ということもあり、番組は会場のTBSテレビ局舎・Gスタジオにいくつかのテーブル席が設けられたお披露目パーティーのようなものであった。歌のセットは作られず、バンド前に全歌手が椅子に座っていた。ランキングボードは、本放送でのパタパタパネルではなく、手書きにより左側にオレンジ色の文字で過去の年間1位曲、右側に白文字で1977年の年間ベストテンが表示され、その前に置かれたソファーには黒柳・久米の司会者コンビが時々座っていた。歌手以外にも福田一郎などの音楽評論家・プロダクション関係者も出席していた。オープニングのテーマもおなじみの音楽ではなく全く違うものが使用された。視聴率は21.4%。

第1回放送

1978年1月19日に放送開始。放送時間は21:00 - 21:55。ここから週間ランキングを発表。

【#】
【曲名】
【歌手】
出欠
1位 | UFO | ピンク・レディー | 出席
2位 | わな | キャンディーズ | 出席
3位 | しあわせ芝居 | 桜田淳子 | 出席
4位 | わかれうた | 中島みゆき | 欠席
5位 | 禁猟区 | 郷ひろみ | 出席
6位 | 憎みきれないろくでなし | 沢田研二 | 出席
7位 | ブーツをぬいで朝食を | 西城秀樹 | 欠席
8位 | 若き旅人 | 狩人 | 欠席
9位 | 泣き虫 | 清水健太郎 | 欠席
10位 | 風の駅 | 野口五郎 | 出席

当時人気絶頂だった山口百恵の「赤い絆 (レッド・センセーション)」が惜しくも第11位・「秋桜」も第12位でのランキングにより登場出来ず、また4位にランク入りした「わかれうた」の中島みゆきはレコーディングを理由に生出演を拒否するなど、初回から順風満帆とはいかなかった。それでも視聴者からは正直なランキングの発表に評価があった。これは、黒柳が司会を引き受けるに当たり「番組の演出で順位を動かすことはしないで、正直な形で順位を発表してほしい」という条件を付けたことを守るためだったと言われている。実際黒柳は、後に対談で「ランキングが不正操作されていないかどうかを確認するため、総合ランキングの集計結果を毎週100位までチェックしていた」と語っている。

初回の「今週のスポットライト」はランキングとは無関係に懐メロとしてフランク永井松尾和子の「東京ナイトクラブ」。初回は1 - 10位は曲名と点数、11 - 20位は曲名のみの発表だったが、2003年12月31日放送の『ザ・ベストテン2003』でこの週の11 - 20位の点数、21位 - 30位の曲名と点数が初めて明らかにされた。

1978年 - 1984年

これまでにない「ランキング形式での歌番組」という位置づけ、オリジナリティあふれる演出、中継での歌唱、黒柳と久米の掛け合いなどが人気を集め、「ベストテン」は1年足らずで常時30%近い視聴率を取る人気番組となった。山口百恵やゴダイゴ、サザンオールスターズ、沢田研二らが積極的に番組に出演し、80年代になると、アイドル系歌手が出演することが多くなり、田原俊彦、近藤真彦、松田聖子、中森明菜、小泉今日子、河合奈保子、シブがき隊、早見優、堀ちえみらが継続的にランクインするようになった。さらに1982年から「豪華版」がスタートし、こちらも30%近い視聴率を記録した。

1985年 - 1987年

放送8年目に突入してもなお高視聴率を誇った「ザ・ベストテン」だが、後述の司会の久米宏の降板をはじめ、テレビ出演を主としないアーティスト系もランクインするようになり、欠席などが目立つようになった。さらにフジテレビ側がおニャン子クラブを出演させないという方針を取ったため、1986年の7月31日から翌年の春までグループおよびメンバーの出演が一切なかった。番組側は当初、欠席理由に対して「レコーディング中」「ライブをしている」としていたが、松下賢次司会後は「各方面と折り合

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/09/23 18:19

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ザ・ベストテン」の意味を投稿しよう
「ザ・ベストテン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ザ・ベストテンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ザ・ベストテン」のスレッドを作成する
ザ・ベストテンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail