このキーワード
友達に教える
URLをコピー

シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリーとは?

【「シャ・ラ・ラ / ごめんねチャーリー」】

サザンオールスターズシングル
【初出アルバム『アーリー・サザンオールスターズ』】

A面
シャ・ラ・ラ
ごめんねチャーリー
【リリース】

【規格】
7インチレコード
8cmCD
12cmCD
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
【録音】
VICTOR STUDIO
KRS STUDIO
ジャンル
ロック
【時間】

レーベル
Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
作詞・作曲
桑田佳祐
プロデュース
サザンオールスターズ
【チャート最高順位】


サザンオールスターズ シングル 年表
わすれじのレイド・バック
(1980年) | シャ・ラ・ラ / ごめんねチャーリー
(1980年) | Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)
(1981年)

アーリー・サザンオールスターズ 収録曲
FIVE ROCK SHOW
(9) | シャ・ラ・ラ
(10) | 

 | ごめんねチャーリー
(1) | I AM A PANTY (Yes, I am)
(2)


シャ・ラ・ラ / ごめんねチャーリー』は、サザンオールスターズの11作目のシングル。「シャ・ラ・ラ」と「ごめんねチャーリー」との両A面シングル。Invitationから7インチレコード1980年11月21日に発売された。

1988年6月25日1998年2月11日に8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発売されている。2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている。

背景

サザンオールスターズ初の両A面シングル。両A面シングルはこの後2004年の「君こそスターだ/夢に消えたジュリア」まで発売されていない。

オリコンチャート上では「シャ・ラ・ラ」の単独A面表記となっており、メディアでは両A面シングルという扱いはされないことが多い。ビクターでは当初から両A面と言う発売形式にしており、2005年の再発盤でもしっかりと両A面表記となっている。オリコンチャートでもこの時は両A面表記に直された。しかし1998年の再発時にも単発A面表記になっていて、現在公式サイトの表記では「シャ・ラ・ラ」となっているが、2013年にサザンの公式YouTubeであるofficial channelの動画では、両A面シングルとして扱われているため、曖昧になっている。

収録曲

  1. シャ・ラ・ラ (4:17)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:八木正生)
    初の桑田と原由子デュエット曲。作り始めたときは桑田が一人で歌っていたが、桑田の「原のボーカルを入れていきたい」という要望を受けてメンバーが意見を出し合っていくうちに、原のパートが増えていき、最終的にはこのような形となったという逸話が存在している。初期のサザンのコンサートツアーではラストを飾る重要なレパートリーとされた。1980年、サザンオールスターズの初めての日本武道館公演においても、アンコール前のラストナンバーとしてこの曲が演奏され、原は歌の途中で感極まり、つまって歌えなくなる場面があった。また、桑田が原以外のメンバーとデュエットした曲は、シングルに限らず存在しない。オリジナルアルバム未収録であり、現行盤ではバラードベストバラッド '77~'82』にのみ収録されている。サザン初のクリスマスソングであり、歌詞の中にもクリスマスと言う単語が登場する。サザンの楽曲の中で原が編曲に関わった曲もいくつかあるが、本作では原自身が「ストリングスの編曲をしたがボツにされてしまった」と雑誌でコメントしており、本作では八木正生が弦編曲を担当している。
    2004年つじあやのカバーアルバム『COVER GIRL』で、奥田民生とのデュエットでカバーしている。
    2007年8月18日、J-WAVE LIVE 2000+7で平井堅椎名林檎がカバーした。
    2012年8月13日、J-WAVE LIVE 813+acで奥田民生と星野源がカバーした。
  2. ごめんねチャーリー (3:47)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生)
    タイトルのチャーリーレイ・チャールズを指すが、元になっているのは名前のみでこの曲では女性の愛称である。レイ・チャールズはこの後1988年にサザンの「いとしのエリー」を「ELLIE MY LOVE 〜いとしのエリー」としてカバーしている。歌詞に登場する“モンタさん”はもんたよしのり、“竜童さん”は宇崎竜童を指す。

参加ミュージシャン

収録アルバム

※斜字は廃盤作品。

脚注

  1. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  2. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  3. ^ シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー ビクターエンターテイメント 2018年2月22日閲覧
  4. ^ sas-fan.net 配信ダイジェストムービー 1978-1981 サザンオールスターズ official channel
  5. ^ 桑田佳祐と原由子の絆から生まれた曲 サザンディレクターが語る『シャ・ラ・ラ』の物語grapee

外部リンク

サザンオールスターズ
桑田佳祐 (ボーカル・ギター) | 原由子 (キーボード・ボーカル) | 関口和之 (ベース) | 松田弘 (ドラム) | 野沢秀行 (パーカッション)
シングル
サザンオールスターズのシングル
【オリジナル】
【1970年代】
【78年】

1.勝手にシンドバッド - 2.気分しだいで責めないで


【79年】

3.いとしのエリー - 4.思い過ごしも恋のうち - 5.C調言葉に御用心



【1980年代】
【80年】

6.涙のアベニュー - 7.恋するマンスリー・デイ - 8.いなせなロコモーション - 9.ジャズマン - 10.わすれじのレイド・バック - 11.シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー


【81年】

12.Big Star Blues (ビッグスターの悲劇) - 13.栞のテーマ


【82年】

14.チャコの海岸物語 - 15.匂艶 THE NIGHT CLUB - 16.Ya Ya (あの時代を忘れない)


【83年】

17.ボディ・スペシャルII - 18.EMANON - 19.東京シャッフル


【84年】

20.ミス・ブランニュー・デイ - 21.Tarako


【85年】

22.Bye Bye My Love (U are the one) - 23.メロディ


【88年】

24.みんなのうた


【89年】

25.女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ) - 26.さよならベイビー - 27.フリフリ'65



【1990年代】
【90年】

28.真夏の果実


【91年】

29.ネオ・ブラボー!!


【92年】

30.シュラバ★ラ★バンバ - 31.涙のキッス


【93年】

32.エロティカ・セブン - 33.素敵なバーディー (NO NO BIRDY) - 34.クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)


【95年】

35.マンピーのG★SPOT - 36.あなただけを 〜Summer Heartbreak〜


【96年】

37.愛の言霊 〜Spiritual Message〜 - 38.太陽は罪な奴


【97年】

39.01MESSENGER 〜電子狂の詩〜 - 40.BLUE HEAVEN


【98年】

41.LOVE AFFAIR 〜秘密のデート - 42.PARADISE


【99年】

43.イエローマン 〜星の王子様〜



【2000年代】
【00年】

44.TSUNAMI - 45.HOTEL PACIFIC - 46.この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜


【03年】

勝手にシンドバッド 胸さわぎのスペシャルボックス - 47.涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜


【04年】

48.彩 〜Aja〜 - 49.君こそスターだ/夢に消えたジュリア - 50.愛と欲望の日々/LONELY WOMAN


【05年】

51.BOHBO No.5/神の島遥か国


【06年】

52.DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜


【08年】

53.I AM YOUR SINGER



【2010年代】
【13年】

54.ピースとハイライト


【14年】

55.東京VICTORY




【配信】

1.闘う戦士たちへ愛を込めて - 2.壮年JUMP - 3.愛はスローにちょっとずつ



アルバム
オリジナル

1.熱い胸さわぎ - 2.10ナンバーズ・からっと - 3.タイニイ・バブルス - 4.ステレオ太陽族 - 5.NUDE MAN - 6.綺麗 - 7.人気者で行こう - 8.KAMAKURA - 9.Southern All Stars - 10.稲村ジェーン - 11.世に万葉の花が咲くなり - 12.Young Love - 13.さくら - 14.キラーストリート - 15.葡萄


ベスト

1.ベスト・オブ・サザンオールスターズ (廃盤) - 2.Kick Off! (廃盤) - 3.アーリー・サザンオールスターズ (廃盤) - 4.SOUTHERN ALL STARS BEST ONE '82 (廃盤) - 5.Shout! (廃盤) - 6.バラッド '77〜'82 (バラード・ベスト) - 7.原由子 with サザンオールスターズ (廃盤) - 8.バラッド2 '83〜'86 (バラード・ベスト) - 9.海のYeah!! - 10.バラッド3 〜the album of LOVE〜 (バラード・ベスト) - 11.海のOh, Yeah!!


【企画】

江ノ島 Southern All Stars Golden Hits Medley


【ボックス】

1.すいか SOUTHERN ALL STARS SPECIAL 61SONGS - 2.HAPPY!



【楽曲】

私はピアノ - 夏をあきらめて - そんなヒロシに騙されて - 希望の轍 - 平和の琉歌 - 平和の牛歌


企画作品

Inside Outside U・M・I - ベストヒットUSAS - 21世紀の音楽異端児 (21st Century Southern All Stars Music Videos)


【ライブ】

胸さわぎ - Further on up the road - サザンオールスターズがやってくる ニャー! ニャー! ニャー! - ゆく年・くる年コンサート - そちらにおうかがいしてもよろしいですか? - SASたいした発表会 私は騙された!!ツアー - 熱帯絶命!ツアー夏 - 縁起者で行こう - KAMAKURA TO SENEGAL - THE 音楽祭 1991 - 「しじみのお味噌汁」コンサート - 横浜 ホタル・カリフォルニア- Stadium Tour 1996 "ザ・ガールズ万座ビーチ" - おっぱいなんてプー - 1998 スーパーライブ in 渚園 - シークレットライブ'99 SAS 事件簿 in 歌舞伎町 - 茅ヶ崎ライブ 〜あなただけの茅ヶ崎〜 - SPECIAL LIVE IN 建長寺 - 流石(SASが)だ真夏ツアー! あっっ!生。だが、SAS - みんなが好きです! - THE 夢人島 Fes. - 真夏の大感謝祭 LIVE - 灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!! - ひつじだよ! 全員集合! - おいしい葡萄の旅 - “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!


【関連項目】

大森隆志 (旧メンバー・リードギター) - ディスコグラフィ - アミューズ - ビクターエンタテインメント - タイシタレーベル - バラッドシリーズ - 稲村オーケストラ - 小林武史 - 茅ヶ崎公園野球場 - サザンビーチちがさき - サザン通り商店街 - ラチエン通り - the波乗りレストラン - サザン・ヒッツ - 宮治淳一 - 三ツ矢サイダー - 茅ヶ崎サザン芸術花火



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/13 06:02

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「シャ・ラ・ラ/ごめんねチャ…」の意味を投稿しよう
「シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリースレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー」のスレッドを作成する
シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリーの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail