このキーワード
友達に教える
URLをコピー

シャーロット_(ノースカロライナ州)とは?

移動先: 案内検索
シャーロット市
City of Charlotte

愛称 : The Queen City
【位置】


右: ノースカロライナ州におけるメクレンバーグ郡の位置
左: メクレンバーグ郡におけるシャーロットの市域
座標 : 北緯35度13分37秒 西経80度50分36秒 / 北緯35.22694度 西経80.84333度 / 35.22694; -80.84333
【歴史】

【創設】
1755年
【行政】


アメリカ合衆国
【州】
ノースカロライナ州
【郡】
メクレンバーグ郡
【市】
シャーロット市
【市長】
ヴィ・ライルズ
【地理】

面積 | 
【市域】
771.0 km (297.68 mi)
【陸上】
769.4 km (297.08 mi)
【水面】
1.6 km (0.6 mi)
【都市圏】
14,536 km (5,612 mi)
標高
229 m (751 ft)
【人口】

人口
(2010年現在)
【市域】
731,424人
人口密度 950.6人/km(2,462.0人/mi)
【都市圏】
2,243,960人
【備考】
全米都市人口第17位
【その他】

等時帯
東部標準時 (UTC-5)
夏時間
東部夏時間 (UTC-4)
公式ウェブサイト : http://www.charmeck.org

シャーロット(Charlotte)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州南西部に位置する都市。人口は731,424人(2010年国勢調査)で同州最大、全米でも第17位である。メクレンバーグ郡を中心に11郡にまたがる都市圏は2,243,960人、2つの小都市圏を加えた広域都市圏は2,402,623人(いずれも2010年国勢調査)の人口を抱えている。

市名はジョージ3世の王妃シャーロットにちなみ、それ故に現代においてもクイーン・シティー(Queen City)という愛称を持っている。

初期にはゴールドラッシュで沸き、金鉱の街として栄え、金貨を造るために造幣局の支局も設けられた。やがてゴールドラッシュの中心はカリフォルニアへと移って下火となり、南北戦争が開戦すると造幣局は南軍に接収されたが、その後は綿織物産業が発展した。20世紀後半以降は金融センターとして急成長を遂げた。

シャーロットは南北カロライナの文化の中心地でもあり、市内には美術館や博物館、劇場などの文化施設が集中している。また、変わったところでは、シャーロットはNASCARの聖地として知られている。シャーロットやその近郊にはNASCARのスプリントカップ・シリーズに参戦するチームのほぼ全てがファクトリーを置いているほか、市内にはNASCAR殿堂が立地している。

目次

  • 1 歴史
    • 1.1 初期
    • 1.2 ゴールドラッシュ
    • 1.3 綿織物産業の発展
    • 1.4 金融センターへの急成長
  • 2 地理
    • 2.1 気候
    • 2.2 都市概観
  • 3 政治
  • 4 治安
  • 5 経済
  • 6 交通
  • 7 教育
  • 8 文化
    • 8.1 美術館と博物館
    • 8.2 演技芸術
    • 8.3 スポーツ
    • 8.4 宗教
  • 9 人口動態
    • 9.1 都市圏人口
    • 9.2 市域人口推移
  • 10 姉妹都市
  • 11 註
  • 12 推奨文献
  • 13 外部リンク

歴史

初期

シャーロット妃

ヨーロッパ人が入植する以前には、今日のシャーロットを中心とするこの地にはネイティブ・アメリカンのカトーバ族が住み着いていた。1740年代ペンシルベニアメリーランド、およびデラウェアの各植民地からスコットランド系・アイルランド系の入植者がこの地に入植した。

やがて1762年アンソン郡から分離独立する形でメクレンバーグ郡が創設された。郡名は当時のイギリス国王ジョージ3世の王妃シャーロットの出生地である、ドイツメクレンブルク地方にちなんでつけられた。

今日のシャーロットの起源は1755年頃、ヤドキン川とカトーバ川の間で、後にトレード・ストリートおよびトライオン・ストリートとなる2本の馬車道が交わる交差点に、トーマス・ポークが建てた1軒の家であった。この1軒の家から始まった集落はやがて1768年、シャーロット妃の名を取ってシャーロットと名付けられ、正式に法人化された。1770年には、トレード・ストリートとトライオン・ストリートを中心として、今日のアップタウン・シャーロットの基となった、整然とした街路が区画された。1774年には、シャーロットはメクレンバーグ郡の恒久的な郡庁所在地になった。

1775年5月20日、メクレンバーグ郡が植民地としてのイギリスとの関係を永久に断つことを明言した、「メクレンバーグ独立宣言」と呼ばれる宣言がシャーロットで出された。正式な独立宣言ではなかったものの、アメリカ独立宣言に先駆けて13植民地から出された、この類のものとしては初めてのものであった。この1775年5月20日という日付は、ノースカロライナ州旗・州章の両方に記されている。

ゴールドラッシュ

リード金山跡

1799年、シャーロットの北東25マイル(約40km)、カバラス郡内のリトル・メドウ・クリークで、12歳の少年コンラッド・リードが光り輝く17ポンド(約7.7kg)の石を見つけた。リード父子はその石が何であるのか判らないまま、3年間家の戸止めとして使った後、ファイエットビルの宝石商にわずか3ドル50セントで売り渡した。この光り輝く石こそが、アメリカ合衆国史上初めて発見された鉱石であった。

やがてメックレンバーグ郡やその近辺では金鉱が矢継ぎ早に見つかり、19世紀初頭にはアメリカ合衆国史上初のゴールドラッシュが起こった。シャーロットは金鉱の街として栄え、街には採掘のエキスパートが結集した。1830年代には、ノースカロライナ州には50以上の金山があり、とりわけメックレンバーグ郡には州内最多の金山があった。その経済的な繁栄を象徴するかのように、1837年にはシャーロットに造幣局の支局が設けられ、地元産の金鉱石から金貨が造られた。シャーロット造幣局で造られた金貨にはシャーロットの頭文字であるCの文字が刻まれた。

しかし、19世紀も中盤から後半に入ると、シャーロットでのゴールドラッシュも下火になっていった。1849年カリフォルニア州で金が発見されると、金を求める者は西を目指し、ゴールドラッシュの中心地はカリフォルニアへと移っていった。1861年南北戦争が勃発すると、シャーロット造幣局は南軍に接収され、司令部および野戦病院に転用された。シャーロットにおけるゴールドラッシュの始まりをもたらしたリード金山では、南北戦争の終結後にも細々と採掘が続けられたが、1896年を最後に大きな金塊はもはや採れなくなり、1912年に閉山した。

閉山から50年以上経った1966年、リード金山跡は国家歴史登録財および国定歴史建造物に指定された。

綿織物産業の発展

エイダ綿織物工場(1897年)

南北戦争後、金に代わってシャーロットに地域経済の発展をもたらしたのは綿織物であった。それまでシャーロットやその周辺で生産された綿花は、紡績・加工のために北へと運ばれていたが、1880年、シャーロットに初めての綿織物工場が建てられた。この工場に雇われたのは70人で、そのほとんどは、綿糸を洗浄し、紡ぎ、織り、衣服を縫う女工であった。やがて1890年代から1900年代にかけて、シャーロットには大規模な綿織物工場が次々と建てられ、シャーロットは綿織物産業の一大中心地へと発展した。1910年の国勢調査では、シャーロットは人口34,014人を数え、州都ローリーをしのいで州内最大になった。

綿織物産業の発展を支えたのは1870年代に整備された鉄道網であった。大西洋岸の港湾都市ウィルミントンや、リッチモンドアトランタといった、復興途上にあった南部の主要都市とシャーロットとを結んでいた鉄道は、シャーロットで生産された綿織物を各地へと運んだ。

1929年世界恐慌で、シャーロットの綿織物産業は壊滅的な打撃を受け、工場が数多く閉鎖に追い込まれたが、当時の大統領ハーバート・フーヴァー赤十字の助けを得て何とか保たせていた。しかし第二次世界大戦が勃発すると、シャーロットの地域経済は軍需産業によって潤った。その後1970年代から1980年代に地域経済の主役が金融業に取って代わられるまで、シャーロットにおける綿織物産業は続いた。

金融センターへの急成長

バンク・オブ・アメリカ本社

シャーロットの金融機関は、その淵源こそ19世紀末から20世紀初頭にたどることができるものの、全米を代表する金融センターへと成長したのは20世紀後半に入ってからのことである。1874年にシャーロットで商業銀行として開業したコマーシャル・ナショナル・バンクを前身の1つとするノースカロライナ・ナショナル・バンクは、1960年代まではノースカロライナ州内に限定して事業を展開していた一地方銀行に過ぎなかったが、ヒュー・マッコール1974年に社長に、そして1983年CEOに就任すると合併と拡大を繰り返し、1991年ネイションズバンクへ、そして1998年に全米第2のバンク・オブ・アメリカへと成長した。

2000年代前半にはバンク・オブ・アメリカと双璧をなしていたワコビア(現ウェルズ・ファーゴ傘下)のシャーロットにおける淵源は、1897年に設立されたシャーロット・ナショナル・バンクと、1908年に設立されたユニオン・ナショナル・バンクにたどることができる。前者は1939年に、当時ウィンストン・セーラムに本社を置いていたワコビア・バンク・オブ・トラストに合併され、後者は1958年に、アシュビルダーラムの銀行と合併してファースト・ユニオン・ナショナル・バンクになった。

世界金融危機直前の2006年には、この両行をはじめとした、シャーロットに本社を置く金融機関の総資産の合計は1兆7000億ドルにのぼり、ニューヨークに次ぎ、3位のサンフランシスコ以下を大きく突き放して、シャーロットは全米第2の金融センターとしての地位を確立していた。

金融業の成長に伴って、市は高い成長を遂げてきた。1970年に241,420人であった人口は、1980年には315,474人、1990年には395,934人、2000年には540,828人、そして2010年には731,424人と、40年間で3倍に膨れ上がった。しかしその一方で、2007年以降の世界金融危機の影響で大量の失業者を出しており、2010年代以降の成長については未知数である。

地理

シャーロットの都市圏
赤: シャーロット・コンコード・ガストニア都市圏
赤+黄: シャーロット・コンコード広域都市圏
黒点: シャーロット市

シャーロットは北緯35度13分37秒西経80度50分36秒に位置している。市はノースカロライナ州南西部のピードモント台地上に位置し、州都ローリーからは西へ約240km、アトランタからは北東へ約390km、首都ワシントンD.C.からは南西へ約640kmである。市の標高は229mである。サウスカロライナ州との州境からは北へ約20kmで、市南端の一部は州境に接している。

アメリカ合衆国統計局によると、シャーロット市は総面積771.0km2(297.68mi2)である。そのうち769.4km2(297.08mi2)が陸地で1.6km2(0.6mi2)が水域である。総面積の0.20%が水域となっている。シャーロットの市域はメクレンバーグ郡の郡域の半分以上を占めている。都市圏はメクレンバーグ郡を中心に11郡にまたがっており、その総面積は14,536km2で、日本岩手県福島県の面積にほぼ匹敵する。

気候

【シャーロット】

雨温図(説明)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
86
10
-1
 | 
84
13
0
 | 
102
17
4
 | 
76
22
8
 | 
81
26
13
 | 
94
30
18
 | 
94
32
20
 | 
107
31
20
 | 
81
27
16
 | 
86
22
9
 | 
79
17
4
 | 
84
12
-0

気温(°C)
総降水量(mm)
出典:Weatherbase.com

インペリアル換算
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
3.4
51
30
 | 
3.3
55
33
 | 
4
63
39
 | 
3
72
47
 | 
3.2
79
56
 | 
3.7
86
65
 | 
3.7
89
68
 | 
4.2
87
67
 | 
3.2
81
60
 | 
3.4
72
49
 | 
3.1
62
39
 | 
3.3
53
32

気温(°F)
総降水量(in)

シャーロットの気候は四季がはっきりしており、暑い夏と肌寒い冬、概ね過ごしやすい春・秋に特徴付けられる。最も暑い7月の平均気温は27℃、最高気温の平均は32℃で、日中は30℃を超える日が多い。最も寒い1月の平均気温は5℃、最低気温の平均は氷点下1℃で、月の半分は最低気温が氷点下に下がる。降水量は1年を通じほぼ一定で、月間75-110mm、年間約1,050mmである。冬季には月間3-5cm程度の降雪が見られ、年間降雪量は約11.0cmである。ケッペンの気候区分では、シャーロットはアメリカ合衆国東海岸南部に広く分布している温暖湿潤気候(Cfa)に属する。

シャーロットの気候
【】
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
【年】

【平均気温()】
4.5 | 6.6 | 10.7 | 15.2 | 19.7 | 24.1 | 25.8 | 25.2 | 21.6 | 15.7 | 10.4 | 5.8 | 15.5
【降水量(mm)】
86.4 | 83.8 | 101.6 | 76.2 | 81.3 | 94.0 | 94.0 | 106.7 | 81.3 | 86.4 | 78.7 | 83.8 | 1,054.2

都市概観

アップタウン
ノース・デイビッドソン(NoDa)
サウスパーク

アメリカ合衆国内の多くの都市では「ダウンタウン」と呼ばれる、都市中心部の中心業務地区(CBD)は、シャーロットではアップタウン(Uptown)と呼ばれている。もともとこのアップタウンという名称は、1987年に地元最大手の新聞であるシャーロット・オブザーバー紙が使い始めたものであった。アップタウンは州間高速道路I-77本線、およびその支線であるI-277に囲まれた菱形状になっており、南西-北東、南東-北西のいずれも3km程度の範囲に収まっている。アップタウンにおいては、街路は整然と区画されており、南西-北東に通る通りはトレード・ストリートを境に北東へはN(北)、南西へはS(南)に、また南東-北西に通る通りはトライオン・ストリートを境に北西へはW(西)、南東へはE(東)にそれぞれ分かれている。

アップタウンに建つバンク・オブ・アメリカの総本社ビル、バンク・オブ・アメリカ・コーポレート・センターは高さ871フィート(265m)、60階建てで、シャーロットで、そしてノースカロライナ州全体でも最も高いビルである。アップタウンにはそのほか、デューク・エナジー・センター(786フィート/240m、48階建て)、サ・ビュー(662フィート/202m、50階建て)、ハースト・タワー(659フィート/201m、47階建て)、ワン・ウェルズ・ファーゴ・センター(588フィート/179m、42階建て)といった超高層ビルが建ち並んでいる。

シャーロットには199の地区があり、アップタウンから放射状に広がっている。アップタウンの北西に隣接するビドルビル地区は、シャーロットでは最も古くからあるアフリカ系住民のコミュニティである。アップタウンの東約3kmに位置するプラザ・ミッドウッド地区は、シャーロットでは最も民族の多様性に富んだ地域の1つで、地区内には各民族の料理を出す店が点在している。アップタウンの北東約3km、ノース・デイビッドソン地区(NoDa)は、20世紀初頭から中盤における繊維産業の中心地区から一転、1970年代から1980年代にかけて一度は荒れ果てたものの、1990年代に入って芸術の街として再生した地区である。アップタウンの北東約15km、ノースカロライナ大学シャーロット校のキャンパスを中心とした地区はユニバーシティ・シティと呼ばれ、同学の学生や教職員が多く住んでいる。アップタウンの南約10km、サウスパーク・モールを中心としたサウスパーク地区は、住宅地であると同時に、中高層ビルが建ち並ぶ商業・業務中心地でもあり、職住近接型のエッジシティを形成している。

政治

シャーロットはシティー・マネージャー制を採っている。シティー・マネージャーは行政実務の最高責任者として、市議会の採択した政策を実行し、当局に対してビジョンおよびリーダーシップを示し、市政府の日常業務を監督する責任を負う。シティー・マネージャーの下には、警察・消防・交通・都市計画などの行政実務にあたる各局のほか、財務や人事などの管理部門各局、およびアシスタント・シティー・マネージャーや内部監査などのリーダーシップチームが置かれている。

これに対し、市長および市議会は市の立法機関として条例の制定や市政策の決定に責任を負う。市議会は11名の議員から成っており、そのうち7名は市を7つに分けた選挙区から1名ずつ選出され、残りの4名が全市からの投票で選出される。市議員の任期は2年である。

市長は「市の顔」として、すべての市会議に主席するほか、式典やイベントに出席する。また、必要に応じて、州都ローリーや首都ワシントンD.C.、もしくはアメリカ合衆国外にも市の代表として出向くことがある。

シャーロットは市郡一体の自治体ではないが、警察や都市計画局など、政府機関の一部は統合されている。また、シャーロット市政府とメクレンバーグ郡政府の各局・機関の事務所はともに、シャーロット・メクレンバーグ・ガバメント・センターという1棟の合同庁舎の中に置かれている。アップタウンに立地するこの15階建ての合同庁舎は1988年に完成したものである。

治安

シャーロットの治安は全米平均よりはやや悪いものの、大都市の中では良い部類に入る。2012年モーガン・クイットノー(CQプレス社傘下)によるレポートでは、シャーロットは全米432都市中危険な順に150位で、人口500,000人以上の33都市の中では安全な順に8位であった。ノースカロライナ州内の他の主要都市と比べると、ローリーよりは悪く、グリーンズボロウィンストン・セーラムファイエットビルダーラムよりは良い。

経済

シャーロットはニューヨークに次ぐ全米第2の金融センターとなっている。全米第2の銀行、バンク・オブ・アメリカはシャーロットに本社を置いている。また、サンフランシスコに本社を置くウェルズ・ファーゴは、2008年ワコビアを買収した後も、ワコビアの本社を引き継ぐ形で東部の重要拠点をシャーロットに置いている。加えて、シャーロットにはリッチモンド連邦準備銀行の支店も置かれている。

加えて、2000年代後半に入ると、Charlotte USA - The New Energy Capital(シャーロット、新たなエネルギーの首都)の標語と共に、シャーロットはエネルギー産業の中心地としても地位を上げてきている。その中心となっているのは、シャーロットに本社を置き、フォーチュン500にも入っている電力会社、デューク・エナジーである。同社を含め、シャーロットにおけるエネルギー関連会社の数は250社にのぼり、2011年には30,000人近い雇用を生み出している。

シャーロット市内には、バンク・オブ・アメリカやデューク・エナジーを含め、フォーチュン500に入る企業が6社、本社を置いている。シャーロット市内に本社を置くフォーチュン500企業を下表に示す。

【シャーロットに本社を置くフォーチュン500企業】

【順位】
【企業名】
【業種】

13 | バンク・オブ・アメリカ | 銀行
138 | ニューコア | 鉄鋼
186 | デューク・エナジー | エネルギー
319 | グッドリッチ | 航空宇宙
330 | ソニック・オートモーティブ | 自動車
446 | SPX | 各種製造業

このほか、北郊のムーアズビルには住宅用品・家電チェーンロウズが、南東郊のマシューズには1ドルショップチェーンのファミリー・ダラーがそれぞれ本社を置いている。

交通

シャーロット・ダグラス国際空港

シャーロットの空の玄関口はアップタウンから西へ7kmに立地するシャーロット・ダグラス国際空港(IATA: CLT)である。同空港はUSエアウェイズ最大のハブ空港で、同社の便を中心に全米各地や中南米主要都市、西ヨーロッパ主要都市への便が発着しているのみならず、エア・カナダによるトロントへの便や、ルフトハンザ航空によるミュンヘンへの便など、アメリカ合衆国内外130都市へ直行便があり、発着便数は1日700便におよぶ。同空港の年間利用客数は3,825万人(2010年)を数え、全米で11位、全世界でも25位である。

シャーロットではI-77I-85の2本の高速道路が交わる。I-85はピードモント台地を縦貫する幹線で、南西へはアトランタモントゴメリーへ、北東へはグリーンズボロローリーリッチモンドへと通じている。このI-85の支線であるI-485はシャーロットの環状道路となっている。一方、I-77は南へはコロンビアへ、北へはアパラチア山脈を抜けてウェストバージニア州オハイオ州東部を貫き、クリーブランドへと通ずる。I-77にもI-277という支線があり、こちらはアップタウンをぐるりと取り囲む、都心環状線としての役割を果たしている。

リンクス・ブルーライン

アムトラックの駅はシャーロットの中心街の北東約2.5km付近にある。シャーロット駅にはシャーロットとニューヨークを結ぶ昼行長距離列車カロライニアン号が1日1往復、シャーロットとローリーを結ぶ昼行中距離列車ピードモント号が1日2往復発着するほか、ニューヨークとニューオーリンズを結ぶクレセント号が北行、南行とも1日1往復停車する。

シャーロットの主な公共交通機関は、シャーロット地域交通システム(CATS)が運行している路線バス網である。同局の路線バス網は、アップタウンから放射状に市内を広くカバーするローカル、高速道路を経由してアップタウンと郊外都市を結ぶエクスプレス、郊外を走るコミュニティバス、アップタウンを通らず市内の各地区を結ぶネイバーフッド・シャトルからなり、あわせて70系統を有する。また、この路線バス網に加えて、CATSはリンクス(Lynx)というライトレールも走らせている。リンクスは2012年現在、アップタウンから市南部へと向かう全長9.6マイル(15.5km)のブルーライン1路線のみが運行されている。

教育

全米区で高い評価を受けているノースカロライナ州の大学としては、リサーチ・トライアングルデューク大学ノースカロライナ大学チャペルヒル校ピードモント・トライアドウェイクフォレスト大学がよく知られているが、シャーロット都市圏にもこれらの大学に匹敵する評価を受けている大学が存在する。シャーロットの北郊約32km、デイビッドソンにキャンパスを構えるデイビッドソン大学は、1837年に創立したリベラル・アーツ・カレッジで、学生数2,000人弱で少数精鋭制による教育を行い、21の専攻プログラムを提供している。同学は全米のリベラル・アーツ・カレッジの中で上位10位前後、もしくはそれ以内に入る評価を常に受けている。同学のスポーツチーム、ワイルドキャッツはNCAAのディビジョンI(フットボールはチャンピオンシップ・サブディビジョン/旧I-AA)のサザン・カンファレンスに所属し、男子10種目、女子9種目で競っている。

ノースカロライナ大学シャーロット校

シャーロット市内にもいくつかの4年制大学がキャンパスを置いている。ノースカロライナ大学シャーロット校はユニバーシティ・シティ地区に1,000エーカー(4,046,000m2)のキャンパスを構えている。同学は1946年に2年制の大学として開校し、1964年に州立の4年制大学に移行、翌1965年にノースカロライナ大学システム4番目のキャンパスとして組み入れられ、1969年から修士の学位を、そして1992年から博士の学位を授与し始めた2012年現在、同学は7つの学部を有し、学部に86、修士課程に64、博士課程に19の専攻プログラムを有し、25,000人以上の学生を抱える総合大学となっている。

クイーンズ大学シャーロットはアップタウンの南約4kmにキャンパスを置いている。同学は1857年に創立した長老派教会系の小規模総合大学で、6つの学部を有し、学部に35、大学院に16の専攻プログラムを有し、学生数約2,400人、学生対教授の比が12:1という、リベラル・ア

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/01/12 10:40

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「シャーロット_(ノースカロライナ…」の意味を投稿しよう
「シャーロット_(ノースカロライナ州)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

シャーロット_(ノースカロライナ州)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「シャーロット_(ノースカロライナ州)」のスレッドを作成する
シャーロット_(ノースカロライナ州)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail