このキーワード
友達に教える
URLをコピー

シンハラ語とは?

表記体系
シンハラ文字
【公的地位】

【公用語】
スリランカ
【言語コード】

ISO 639-1
si
ISO 639-2
sin
ISO 639-3
sin

シンハラ語(シンハラご、シンハラ文字: සිංහල英語: Sinhala または Sinhalese)とは、スリランカで話されているシンハラ人の言葉。インドヨーロッパ語族インド・イラン語派インド語派に属する。シンハラ語とタミル語はスリランカの公用語である。

名前の由来

シンハラ (Sinhala) という語は、この言語を指すサンスクリットの単語であり、ウィジャヤ王の「シンハラ国」建国後、シンハラ国の外部(サンスクリットを話す人々)からは彼らの言語を「シンハラ語」と呼んだことに由来する。サンスクリットから派生した中期インド語では Sīhala である。シンハラ語自身では古くは Elu (en)、Hela、Helu と称した。サンスクリットと中期インド語での呼び名では、語頭にライオンを表す語 (simbasīha) がついている。

歴史

スリランカの歴史書マハーワンサ(大史)によると、紀元前5世紀頃にウィジャヤ王と側近たちが北東インドからセイロン島にわたってきたことになっている。そのウィジャヤ王は、もともとセイロン島にいたヤッカ (Yakka) 族、ナガ (Naga) 族からなるヘラ (Hela) 族の人々を取り込んで、「シンハラ (Sinhala) 国」を建国した。その後数世紀にわたってカリンガ国マガダ国などインド東部やベンガル地方から渡ってきた人々により、プラークリットとの混合が進んだ。

変遷の経過

現在までのシンハラ語の変遷は、4段階に分けられる。

発音の変化

その歴史の中で、大きな発音の変化がたびたび生じている。

東西のプラークリットとしての対比

西方のプラークリットの特徴として、東方のプラークリットでは /b/ に変化した語頭の /v/ が残っていることが挙げられる (例:サンスクリットの viṃśati (20) に対応するシンハラ語の visi- とヒンドゥー語の bīs など)。 男性名詞の単数形の語尾が e で終わることも、シンハラ語に残る東方プラークリットの特徴である。サンスクリットの一つの単語 makṣikā に対応する二つの単語 mässā(ハエ)と mäkkā(ノミ)などの二重語も見られるが、この例では地理的に異なるプラークリット macchiāmakkhikā(パーリ語)に由来するため、語幹が異なる。

スリランカ政府の対応

1956年に、スリランカの公用語を英語からシンハラ語に切り替えるとする法律が施行された (Sinhala Only Act)。これは歴史研究の視点からは、多数派であるシンハラ語話者と、少数派であるタミル語話者の対立を煽るきっかけとなったと見られている。この年はスリランカ自由党が初めて政権を握った年であり、この法案は与党としての提出した最初の法案の一つであったが、タミル人の多くはこれを「シンハラ人の文化、言語、宗教(仏教)だけを国家の正式なものとする」法律であると受け取った。

その後1958年に "Sinhala Only, Tamil Also" とも呼ばれる法案が成立し、現在はスリランカの公用語はシンハラ語とタミル語であることが憲法で定められている。

現在のシンハラ語

現在に残る基層言語の影響

シンハラ語には、他のインド・アーリア言語とシンハラ語を区別するに足る特徴がいくつかある。そのうちの一部はシンハラ語の元となったヴェッダ語から来ており、中期および古代のインド・アーリア言語には語源を遡れない、シンハラ語、またはシンハラ語とヴェッダ語にしか見られない語も多数ある。Kola(シンハラ語でもヴェッダ語でも)、Dola(シンハラ語で、ヴェッダ語で供物)という語などがその例である。またセイロン島全域で、Rera(鴨)、Gala(石)という語が地名に見られる。またシンハラ語成立以前のセイロン島の言語から、Oluva(頭)、Kakula(脚 leg)、bella(首)、kalava(腿)など身体の部分に関する多くの語が現在のシンハラ語に受け継がれている。13世紀頃に書かれたとされるシンハラ語文法の最古の文献 シダトサンガラワ (Sidatsangarava) では、「語源がセイロン島独自のものである語」という分類があることを記しており、naramba(見ること)、kolamba(砦、港)などをそれに挙げている。kolamba はセイロン島最大の都市コロンボ (Colombo) の語源でもある。

近隣地域の言語との関連

シンハラ語には、英語版 Wikipedia にあるタミル語からの借用語リストにある借用語、およびドラヴィダ語からの発音と文法の影響が見られ、それが北部インド・アーリア言語から発達した各言語とシンハラ語の相違点ともなっており、シンハラ語話者とドラヴィダ語話者の交流が深かったことを示している。現在見られるドラヴィダ語の影響は主に以下の4点である。

ēka | aluth | kiyalā | mama | dannawā
it | new | having-said | I | know

"I know that it is new."

" それが 新しい ことを 私は 知っている"

ēka | aluth-da | kiyalā | mama | dannē | nähä
it | new-? | having-said | I | know.emph | not

"I do not know whether it is new."

"それが 新しいのか 私は 知らない "

外国語の影響

数世紀にわたって受けた植民地支配により、現在のシンハラ語には多くのポルトガル語からオランダ語から英語からの借用語がある。

他の言語に見られるシンハラ語の影響

元々ポルトガル植民地であったマカオの原住民社会で話されていたマカオ語(マカオ・クレオールとも、話者自身は Patuá パトゥアと呼ぶ)は、主にマレー語、シンハラ語、広東語ポルトガル語から発達したクレオールである。現在では広東語の広まりによって話者は減少しており、マカオおよびマカオ外のマカオ人社会で使われている。

マカオ語は主に、ポルトガル人男性とマラッカスリランカの女性(中国ではなく)の間の子やその子孫の間で使われ始めた。そのため、マレー語やシンハラ語の影響が成立初期から強い。

数詞

シンハラ語の数詞は、他の印欧語族の言語と良く似ている。

数値 | シンハラ語 | サンスクリット | ギリシャ語 | ラテン語 | ドイツ語 | 英語 | フランス語 | ロシア語
1 | eka (එක) | éka | heis | unus | eins | one | un | adin
2 | deka (දෙක) | dvá | dúo | duo | zwei | two | deux | dva
3 | thuna (තුන) | trí | treis | tres | drei | three | trois | tri
4 | hathara (හතර) | catúr | téttares | quattuor | vier | four | quatre | chityri
5 | paha (පහ) | páñca | pénte | quinque | fünf | five | cinq | pyat'
6 | haya (හය) | ṣaṭ | héx | sex | sechs | six | six | shest'
7 | hatha (හත) | saptá | heptá | septem | sieben | seven | sept | syem'
8 | aṭa (අට) | aṣṭá | októ | octo | acht | eight | huit | vosim'
9 | navaya (නවය) | náva | ennéa | novem | neun | nine | neuf | dyevit'
10 | dahaya (දහය) | dáśa | déka | decem | zehn | ten | dix | dyesit'

方言

セイロン島南部ゴールマータラハンバントタで使われているシンハラ語には独自の語がいくつかある。セイロン島中央部、北部中央部、南東部(ウバとその周辺地域)でも、同様に独自の語が見られる。しかし各地域の話者の間の意思の疎通に問題はなく、これらの違いを深刻とする理由はない。

ヴェッダ人の言語は多くの点でシンハラ語に良く似ているが、独自の起源を持つ語が多い。ロディアと呼ばれる人々の社会では、シンハラ語の方言が使われている。

ダイグロシア

南アジアの他の言語と同様にシンハラ語にもダイグロシア(二言語使い分け)が見られる。シンハラ語の文語口語の間には多くの面で相違点がある。文字で書かれるシンハラ語はすべて文語であり、正式な発言(公式なスピーチ、テレビやラジオのニュースなど)も文語で行われる。一方で、日常会話には口語が使われる(シンハラ語の俗語などを参照のこと)。シンハラ語の文語には、サンスクリット由来の語が多く含まれている。

シンハラ語の文語と口語のもっとも大きな違いは、口語には動詞語形変化(屈折活用)がないことである。これは中世古期の英語でも見られたことで、当時のグレートブリテン島では、学校の生徒たちにとって文語の英語はほとんど外国語を習うのと同じであった。

表記

詳細は「シンハラ文字」を参照
シンハラ文字で記述されたポスター

シンハラ語の文字体系はホディア (Sinhala Hodiya) と呼ばれ、他のインド・アーリア語の文字と同様、古代のブラーフミー文字から派生したものである。シンハラ文字は音節文字に近く、ක のような基本的な文字は、母音の指定を伴わないときには既定の母音(この場合 ka [kə])を伴って発音されることで一つの音節を表すことなどから、アブギダあるいはアルファシラビック alphasyllabic であると言われる。この、指定されない場合に補うことになっている母音は、ピラ pilla と呼ばれる母音記号(発音区別符号)をその音節文字につけることで変わり、たとえば කා kā, කැ kä, කෑ kǟ, කි ki, කී kī, කු ku, කූ kū, කෙ ke, කේ kē, කො ko, කෝ kō のようになる(この母音の並びは日本語の五十音と同じであり、サンスクリットとも共通する。後述)。ピラ(複数形では pili)は子音文字の上、下、左、右、あるいはそれ以外の場所にも付きうる。シンハラ語にはまた、母音が欠落していることを明示的に示す書記素によって二種類に変化するウィラマ (virama) 記号やハル・キリーマ (hal kirima) と呼ばれる記号がある。

シンハラ語全体の文字体系はエル・ホディア (Elu Hodiya) と呼ばれ、基本的な文字は54種類である。そのうち母音が18個、子音が36個であるが、口語であるスッダ・シンハラ(Suddha Sinhala、白シンハラ)では36個(母音12個、子音24個)しか使われない。使われない文字は言語の歴史的変化(帯気音の消失など)によるものであり、サンスクリットやパーリ語からの借用語を記述するために使われる。

シンハラ語の文章では文字は左から右に並べられる(英語や現代の日本語と同じ)。シンハラ文字はシンハラ語だけで使われており、他のインド・アーリア言語では用いられない。しかし他のインド・アーリア言語と同様、いわゆるアルファベット順は他の印欧語族の言語とは異なっており、以下のようになっている。これはサンスクリットとよく似ている。

a/ā ä/ǟ i/ī u/ū [ŗ] e/ē [ai] o/ō [au] k [kh] g [g] ṅ c [ch] j [jh] [ñ] ṭ [ṭa] ṭ [ṭh] ḍ [ḍh] ṇ t [th] d [dh] n p [ph] b [bh] m y r l v [ś ṣ] s h ḷ f

発音

唇音 歯音/
歯茎音 そり舌音 硬口蓋音 軟口蓋音 声門音
鼻音 [m] | [n̪] | [ɳ] | [ɲ] | [ŋ] | 
破裂音
無声音 [p] | [t̪] | [ʈ] | [tʃ] | [k] | 
有声音 [b] | [d̪] | [ɖ] | [dʒ] | [ɡ] | 
前鼻音化 [b] | [d̪] | [ɖ] |  | [ɡ] | 
摩擦音 [(f)] | [s] |  | [(ʃ)] |  | [h]
R音  | [r] |  |  |  | 
接近音 [ʋ] | [l] |  | [j] |  | 
前舌母音 中舌母音 後舌母音
長 短 長 短 長 短
狭母音 [iː] | [i] |  |  | [uː] | [u]
半母音 [eː] | [e] |  | ([ə]) | [oː] | [o]
広母音 [æː] | [æ] | [aː] | [a] |  | 

形態論

名詞

シンハラ語の名詞には定性有生性がある。

シンハラ語のには、多くの言語に見られる主格対格属格与格奪格の他に、他の言語には少ない具格などがある。格の種類は、その定義に揺らぎがあるため、一般的に厳密な種類やその数は示されない。たとえばなにか有生の具格および処格の語尾は atiŋlagə だが、それぞれ独立した単語("with the hand" と "near" の意味)としても用いられるため、これを接尾辞とするべきではないとする説もある。学術的な文法化の過程において、ある語の文法化がどれだけ進められているかは、その語が格変化を起こすかどうかが判断の一助となる。

母音記号の長さのところがカッコ付きになっているのは、それがたとえばアクセントをつけずに発音される場合には長母音が短くなる場合があることを示す。

有生 単数 無生 複数 有生 単数 無生 複数
主格 | miniha(ː) | potə | minissu | pot
対格 | miniha(ː)və | potə | minissu(nvə) | pot
具格 | miniha(ː) atiŋ | poteŋ | minissu(n) atiŋ | potvəliŋ
与格 | miniha(ː)ʈə | potəʈə | minissu(ɳ)ʈə | potvələʈə
奪格 | miniha(ː)geŋ | poteŋ | minissu(n)geŋ | potvaliŋ
属格 | miniha(ː)ge(ː) | pote(ː) | minissu(ŋ)ge(ː) | potvələ
処格 | miniha(ː) lagə | pote(ː) | minissu(n) lagə | potvələ
呼格 | miniho(ː) | - | minissuneː | -
意味 |  | 書物 | 人(複数) | 書物(複数)

シンハラ語名詞のは単数形と複数形であり、有生、無生、英語から借用語で異なった変化を示す。

有生の名詞では、複数形では語尾に -o(ː)子音重複 (Gemination)と -u-la(ː) のいずれかが付く。無生ではほとんどの場合、形態素の欠落が生じる (subtractive morphology)。英語からの借用語では単数形の語尾に ekə が付くが複数形としての形にはならないため、単数形であると考えられている。

単数形 | ammaː | ballaː | horaː | potə | reddə | kantoːruvə | satiyə | bas ekə | paːrə
複数形 | amməla(ː) | ballo(ː) | horu | pot | redi | kantoːru | sati | bas | paːrəval
意味 |  |  | 泥棒 | 書物 | 衣服 | オフィス |  | バス | 道路

上の表の左側の方に挙げられているものでは複数形の方が語長が長く、右の方では最後の paːrə ("street") を除いて逆である。有生の語彙は主に左側、無生なら右側のグループになる。

不定冠詞

不定冠詞にあたる機能は、有生の場合は -ek、無生なら -ak が担う。単数形には定性がなく、これにのみ不定冠詞が用いられる。複数形では定不定はとくに示されない。

動詞

シンハラ語の動詞の変化には3種類ある。しかし口語では人称、数、性による変化はない(文語ではその変化がある)。つまり口語では、主語と動詞の一致 (Subject-Verb-agreement) がないということである。

 | 第一変化 |  | 第二変化 |  | 第三変化 | 
 | 動詞 | 連体形 | 動詞 | 連体形 | 動詞 | 連体形
現在 (未来) | kanəvaː | kanə | arinəvaː | arinə | pipenəvaː | pipenə
過去 | kæːvaː | kæːvə | æriyaː | æriyə | pipunaː | pipunə
先行 | kaːlaː | kaːpu | ærəlaː | ærəpu | pipilaː | pipicca
同時 | kanə kanə | / | arinə arinə | / | pipenə pipenə | /
不定形 | kannə/kanḍə | / | arinnə/arinḍə | / | pipennə/pipenḍə | /
強意 | kanneː | / | arinneː | / | pipenneː | /
意味 | 食べる | / | 開く | / | 開花 | /

文法

意味論

シンハラ語には指示語幹が以下の4つあり、直示には4種類あることになる(他の言語と比べると稀な例である)。

話法の特徴

シンハラ語は日本語と同様、pro脱落言語の一つである。主語が文脈から明らか場合に省かれるのはイタリア語などと同様であるが、主語以外の目的語やその他の語も省かれることは「超pro脱落言語」とも呼ぶべき特徴であり、これは日本語と共通している。

たとえばシンハラ語の koɦed̪ə ɡie は、英語にすると "where went"(行った場所)であり、とれる意味としては "where did I/you/he/she/we... go"(私/あなた/彼/彼女/我々... が行った場所)となる。この二語だけでは意味に曖昧さの残る部分は、前後の文脈から判断される。

脚注

  1. ^ Evolution of the Sinhala language シンハラ語の歴史 (英語)
  2. ^ The story of prince Pandukabhaya ウィジャヤ王の侵攻に抵抗したヤッカ族の物語 (英語)
  3. ^ WWW Virtual Library Sri Lanka : Sri Lanka: A Short History of Sinhala Language シンハラ語の歴史 (英語)
  4. ^ Baxter, Craig, Yogendra K. Malik, Charles H. Kennedy, Robert C. Oberst (eds.), (2002), Government and Politics in South Africa, Westview Press, USA.
  5. ^ Geiger, Wilhelm: A Grammar of the Sinhalese Language, Colombo 1938.
  6. ^ Gair 1998, p. 4
  7. ^ Van Driem 2002, p. 230
  8. ^ Indrapala 2007, p. 45
  9. ^ Indrapala 2007, p. 70
  10. ^ Gair 1998, p. 5
  11. ^ Ethnologue report for language code: sin シンハラ語の概略と統計情報

参考文献

外部リンク


インド・イラン語派
祖語
  • インド・イラン祖語

インド語群
【古代語】

【中央語群
(ヒンディー語群)】

【東部語群
(マガダ語)】
出典:wikipedia
2020/05/31 07:40

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「シンハラ語」の意味を投稿しよう
「シンハラ語」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

シンハラ語スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「シンハラ語」のスレッドを作成する
シンハラ語の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail