このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ジェシー・バーフィールドとは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ジェシー・リー・バーフィールド(Jesse Lee Barfield, 1959年10月29日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州ジョリエット出身の元プロ野球選手(外野手)。右投右打。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入りとブルージェイズ時代
    • 1.2 ヤンキース時代
    • 1.3 巨人時代
    • 1.4 巨人退団後
  • 2 家族
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 獲得タイトル・表彰・記録
    • 3.3 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入りとブルージェイズ時代

1977年MLBドラフト9巡目(全体233位)でトロント・ブルージェイズから指名され、プロ入り。1981年9月3日シカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。1982年に18本塁打をマークし、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票で8位に入る。1985年は打率.289・27本塁打・84打点・22盗塁の好成績で、球団創設以来初の地区優勝に貢献。カンザスシティ・ロイヤルズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは、3勝1敗と王手をかけてから3連敗を喫し、リーグ優勝はならなかった。MVPの投票では7位に入った。1986年オールスターゲームに初めて選出される。打率.289・40本塁打・108打点を記録し、最多本塁打のタイトルを獲得。自身初のシルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞を受賞し、MVPの投票でも5位に入る。同時期に活躍したジョージ・ベルロイド・モスビーと共に、ブルージェイズの「最高の外野トリオ」を形成した。当時のアメリカンリーグで最も肩が強いと言われていたのはドワイト・エバンスだったが、その彼に匹敵する肩とまで言われていた。

ヤンキース時代

1989年4月30日アル・ライターとのトレードで、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍した。

1990年4月26日シアトル・マリナーズ戦で、4回にランディ・ジョンソンから左中間へフェンスオーバーの大飛球を放ち、通算200本塁打達成かと思われたが、ケン・グリフィー・ジュニアのスーパーキャッチに阻まれた。しかし次の打席で本塁打を放ち記録を達成した。同年は25本塁打を記録したが、以降は故障もあって成績は下降。1992年オフにFAとなり、一度は引退を余儀なくされる。

巨人時代

1993年、メジャー通算241本塁打の実績を引っ提げて読売ジャイアンツに入団。かつての同僚モスビーと再びチームメイトとなる。開幕戦で佐々木主浩から来日初安打初本塁打を放つなど実力の片りんを見せたが、右手首の手術直後であったことや変化球が苦手という弱点を執拗に突かれ、チームトップの26本塁打・53打点を記録するものの、打率.215・127三振に終わり、1年で退団。当時ヤクルトスワローズ監督の野村克也がその強肩と長打力を高く評価して獲得に動き、一旦入団が内定したが、メジャー球団(ヒューストン・アストロズ)との二重契約問題が発生したため断念した。

巨人退団後

1994年は開幕前、アストロズの右翼手のレギュラー筆頭候補だったが、スプリングトレーニング中に指を骨折して自由契約となった。

その後、アストロズ(1995年 )とシアトル・マリナーズ(1998年 - 1999年 )のコーチを務めた。

家族

息子のジョシュ・バーフィールド2001年のMLBドラフト4巡目(全体120位)でサンディエゴ・パドレスから指名を受け、入団した。

もう一人の息子ジェレミー・バーフィールド2006年のMLBドラフト9巡目(全体274位)でニューヨーク・メッツから指名を受けたが、同年に父ジェシーを口論の末に階段から突き落とし、逮捕された。その後2008年のMLBドラフト8巡目(全体244位)でオークランド・アスレティックスから指名を受け、入団した。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S

1981 | TOR | 25 | 100 | 95 | 7 | 22 | 3 | 2 | 2 | 35 | 9 | 4 | 3 | 0 | 0 | 4 | 0 | 1 | 19 | 4 | .232 | .270 | .368 | .638
1982 | 139 | 446 | 394 | 54 | 97 | 13 | 2 | 18 | 168 | 58 | 1 | 4 | 6 | 1 | 42 | 3 | 3 | 79 | 7 | .246 | .323 | .426 | .749
1983 | 128 | 420 | 388 | 58 | 98 | 13 | 3 | 27 | 198 | 68 | 2 | 5 | 1 | 5 | 22 | 0 | 4 | 110 | 8 | .253 | .296 | .510 | .806
1984 | 110 | 360 | 320 | 51 | 91 | 14 | 1 | 14 | 149 | 49 | 8 | 2 | 1 | 2 | 35 | 5 | 2 | 81 | 5 | .284 | .357 | .466 | .822
1985 | 155 | 612 | 539 | 94 | 156 | 34 | 9 | 27 | 289 | 84 | 22 | 8 | 0 | 3 | 66 | 5 | 4 | 143 | 14 | .289 | .369 | .536 | .905
1986 | 158 | 671 | 589 | 107 | 170 | 35 | 2 | 40 | 329 | 108 | 8 | 8 | 0 | 5 | 69 | 5 | 8 | 146 | 9 | .289 | .368 | .559 | .927
1987 | 159 | 654 | 590 | 89 | 155 | 25 | 3 | 28 | 270 | 84 | 3 | 5 | 1 | 2 | 58 | 7 | 3 | 141 | 13 | .263 | .331 | .458 | .788
1988 | 137 | 520 | 468 | 62 | 114 | 21 | 5 | 18 | 199 | 56 | 7 | 3 | 4 | 6 | 41 | 6 | 1 | 108 | 10 | .244 | .302 | .425 | .728
1989 | 21 | 86 | 80 | 8 | 16 | 4 | 0 | 5 | 35 | 11 | 0 | 2 | 0 | 0 | 5 | 0 | 1 | 28 | 0 | .200 | .256 | .438 | .693
NYY | 129 | 529 | 441 | 71 | 106 | 19 | 1 | 18 | 181 | 56 | 5 | 3 | 1 | 3 | 82 | 6 | 2 | 122 | 8 | .240 | .360 | .410 | .770
【'89計】
150 | 615 | 521 | 79 | 122 | 23 | 1 | 23 | 216 | 67 | 5 | 5 | 1 | 3 | 87 | 6 | 3 | 150 | 8 | .234 | .345 | .415 | .760
1990 | 153 | 570 | 476 | 69 | 117 | 21 | 2 | 25 | 217 | 78 | 4 | 3 | 2 | 5 | 82 | 4 | 5 | 150 | 6 | .246 | .359 | .456 | .815
1991 | 84 | 321 | 284 | 37 | 64 | 12 | 0 | 17 | 127 | 48 | 1 | 0 | 0 | 1 | 36 | 6 | 0 | 80 | 11 | .225 | .312 | .447 | .759
1992 | 30 | 105 | 95 | 8 | 13 | 2 | 0 | 2 | 21 | 7 | 1 | 1 | 0 | 1 | 9 | 2 | 0 | 27 | 5 | .137 | .210 | .221 | .431
1993 | 巨人 | 104 | 420 | 344 | 52 | 74 | 8 | 2 | 26 | 164 | 53 | 1 | 2 | 0 | 0 | 70 | 1 | 6 | 127 | 7 | .215 | .357 | .477 | .834
MLB:12年 1428 | 5394 | 4759 | 715 | 1219 | 216 | 30 | 241 | 2218 | 716 | 66 | 47 | 16 | 34 | 551 | 49 | 34 | 1234 | 100 | .256 | .335 | .466 | .802
NPB:1年 104 | 420 | 344 | 52 | 74 | 8 | 2 | 26 | 164 | 53 | 1 | 2 | 0 | 0 | 70 | 1 | 6 | 127 | 7 | .215 | .357 | .477 | .834

獲得タイトル・表彰・記録

MLB
NPB

背番号

脚注

  1. ^ 伊東一雄 『メジャー・リーグ紳士録』 ベースボール・マガジン社1997年、28-29頁。ISBN 4583034113。
  2. ^ [biography]Jesse Barfield - officially endorsed Jesse Barfield sports memorabilia, autographed with certificate of authenticity(2014年7月1日時点のアーカイブ)
  3. ^ 「ヒューストン・アストロズ」『1994 大リーグ総ガイド』 週刊ベースボール1994年4月23日増刊号 ベースボール・マガジン社 84頁
  4. ^ Barfield taken to hospital after fight with son

関連項目

外部リンク


業績
アメリカンリーグ本塁打王
1900年代 | 

1910年代 | 

1920年代 | 

1930年代 | 

1940年代 | 

1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 


アメリカンリーグ ゴールドグラブ賞(外野手)
1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 
出典:wikipedia
2018/06/20 18:49

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ジェシー・バーフィールド」の意味を投稿しよう
「ジェシー・バーフィールド」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ジェシー・バーフィールドスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ジェシー・バーフィールド」のスレッドを作成する
ジェシー・バーフィールドの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail