このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ジェフ・マシスとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
フロリダ州ジャクソン郡マリアナ
【生年月日】
(1983-03-31) 1983年3月31日(36歳)
【身長
体重】
6' 0" =約182.9 cm
205 lb =約93 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
捕手
【プロ入り】
2001年 MLBドラフト1巡目追補(全体33位)でアナハイム・エンゼルスから指名
【初出場】
2005年8月12日
【年俸】
$2,000,000(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ジェフリー・スティーブン・マシス(Jeffrey Stephen "Jeff" Mathis , 1983年3月31日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソン郡マリアナ出身のプロ野球選手(捕手)。右投右打。MLBテキサス・レンジャーズ所属。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入りとエンゼルス時代
    • 1.2 ブルージェイズ時代
    • 1.3 マーリンズ時代
    • 1.4 ダイヤモンドバックス時代
    • 1.5 レンジャーズ時代
  • 2 プレースタイル
  • 3 詳細成績
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 年度別投手成績
    • 3.3 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入りとエンゼルス時代

2001年6月5日に行われたMLBドラフト1巡目追補(全体33位)でアナハイム・エンゼルス(当時)から指名され、プロ入り。同年、早速マイナーリーグで試合に出場。パイオニアリーグのルーキー級プロボ・エンゼルスで29試合に出場して打率.300をマークした。2002年は、A級シーダーラピッズ・カーネルズで128試合に出場。打率.287、10本塁打、73打点を記録した。続く2003年は、A+級ランチョクカモンガ・クエークスとAA級アーカンソー・トラベラーズの2球団合計で121試合に出場して打率.315、13本塁打はいずれも2002年の数字を上回り、打点も68打点を記録した。2004年は年間通じてAA級アーカンソーに所属。前年よりも少ない117試合の出場で自己ベストの14本塁打を放ったが、打率は入団以来最低の.227に終わった。また、三振も自身初100三振以上を喫した。

2005年8月12日のシアトル・マリナーズ戦で、代打としてメジャーデビューを果たした。また、この年はマイナーリーグでも111試合に出場して自身初の20本塁打を記録するなど、パワーヒッターとしての一面も見せるようになっており、マイク・ソーシア監督からも期待を寄せられていた。2006年は、23試合の出場で打率.145に終わったが、いずれもメジャーリーグ初の本塁打と打点(2本塁打、6打点)を記録し、経験を積んだ。同年はAAA級ソルトレイク・スティンガーズでも99試合に出場して打率.289、5本塁打、45打点という成績を残している。

2007年7月にメジャーリーグに昇格し、更に多くの試合に出場(59試合)。だが、それまでエンゼルスに在籍していたモリーナ兄弟(ベンジー・モリーナホセ・モリーナ)の後釜として大きな期待を掛けられていたプレッシャーからか、マイナーリーグで残していたような成績を残す事は出来なかった。同年残した成績は、打率.211・4本塁打・23打点という成績であり、マイナーリーグでも66試合で打率.244に終わっている。続く2008年は、正捕手のマイク・ナポリが肩痛で故障者リストに入った影響もあり、自己ベストとなる94試合に出場。打撃面では打率.194・9本塁打・42打点と、打率が.200にさえ届かなかったが、守備面ではボールブロック技術やプレート周りの守備などでナポリよりも優れた守備力を発揮。数値的な面でも実際に、キャッチャー防御率が3.66(ナポリは4.45)、盗塁阻止率21.9%(ナポリは14.8%)と、ナポリよりも優れた数値を示した。一方で、悪送球が多過ぎるという課題も出てきた。

2009年、2年連続でシーズンの半数に当たる81試合以上の試合に出場(84試合)。打撃面では、打率.211・5本塁打・28打点という数字を残したが、依然として打率は.220を超えない状態が続いた。一方、守備面ではジェレッド・ウィーバーアービン・サンタナとバッテリーを組んだ際の相性が良く、ナポリとバッテリーを組む事が多いジョー・ソーンダースもマシスと組んだ時の方が好投する傾向が見られるなど、前年の評価に違わぬ結果を残した。また、プレイオフでは15打数8安打(打率.533)で二塁打5本を放ち、貧打の捕手というイメージを払拭した。そのため2010年は、ウィーバーやサンタナが登板する試合を中心にスタメン出場する事が予想された。期待されて臨んだ2010年は、開幕3試合目から打率.300を維持するなど、守備のみならず打撃面でも数字を残していた。しかし、4月19日の試合でファウルチップを手首に当てて骨折、やむなく故障者リストに入る事になった。復帰までは約3月を要し、復帰後も打撃・守備両面で低迷した。特に守備面では盗塁阻止率の低下や、ボールブロック能力の低下による大量のワイルドピッチ誘発などの影響が見られた。

2011年は正捕手のナポリが放出されたため、ハンク・コンガーと正捕手の座を争った。

ブルージェイズ時代

2011年12月3日にブラッド・ミルズとのトレードで、トロント・ブルージェイズへ移籍した。

2012年は主にJ・P・アレンシビアのバックアップを務めた。また、2試合でマウンドに上がった。8月14日に総額300万ドルの2年契約(2015年・150万ドルの球団オプション付き)を結んだ。

マーリンズ時代

2012年11月19日にジョシュ・ジョンソンマーク・バーリージョン・バックエミリオ・ボニファシオホセ・レイエスとのトレードで、ユネル・エスコバーアデイニー・エチェバリアヘンダーソン・アルバレスジャスティン・ニコリーノアンソニー・デスクラファニージェイク・マリスニックと共にマイアミ・マーリンズへ移籍した。

2013年は、正捕手ではないが、チームの捕手陣では中心格の存在として73試合に出場。バッティング面では、相変わらずの低打率.181だったが、5本塁打・自己2位の29打点を記録した。守備面では1失策守備率.998・DRS +5というハイレベルな成績を残した。

2014年は64試合に出場し、打率.200、2本塁打、12打点をマーク。守備は失策・守備率・DRS全てで前年と同等の値を記録した。10月31日にマーリンズが150万ドルの球団オプションを行使した。

2015年は出番が大幅に減少し、ここ9シーズンでは自己最少の32試合の出場に留まった。打率は.100台に逆戻りして.161だったが、ホームランと打点は前年と同数だった。オフの11月2日にFAとなったが、12月19日にマーリンズと1年150万ドルで再契約を結んだ。

2016年J.T.リアルミュートの控え捕手という立場で41試合の出場に留まった。オフの11月3日にFAとなった。

ダイヤモンドバックス時代

2016年12月5日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスと2年合計400万ドルで契約を結んだ。

2018年7月9日のサンディエゴ・パドレス戦では、スタメンで出場しながらも、同点で迎えた延長16回からは投手として登板した。しかしエリック・ホズマーに勝ち越しのホームランを浴び、敗戦投手となってしまった。

10月18日にFAとなった。

レンジャーズ時代

2018年11月16日にテキサス・レンジャーズと2年契約を結んだ。

プレースタイル

打撃においては通算打率、通算出塁率、通算OPS+などの指標でメジャーリーグ歴代ワーストランキングの上位に顔を出しており、「史上最低の打者の一人」("one of the worst hitters of all time" , "one of the worst hitters in baseball history" )、「歴史的にひどい打者」("historically awful hitter" )などと評されている。

守備においては、フレーミングやショートバウンドした投球のブロックが巧みである。またリード("game-calling")、つまり配球の面で所属チームの投手やコーチから特に高い評価を得ている。ただし現状では、捕手のリード力の巧拙を客観的に評価できる統計的指標が存在しない。マシスの捕手防御率は所属チームの他の捕手よりも優れているものの、セイバーメトリクス捕手防御率は捕手のリードを評価するための信頼性の高い指標と見なされていない。こうしたことからマシスは、「統計では真価を判断できない選手」("the ballplayer who cannot be judged by statistical evaluation" )であるとも評される。

詳細成績

年度別打撃成績









































































O
P
S

2005 | LAA | 5 | 3 | 3 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | .333 | .333 | .333 | .667
2006 | 23 | 63 | 55 | 9 | 8 | 2 | 0 | 2 | 16 | 6 | 0 | 0 | 0 | 1 | 7 | 1 | 0 | 14 | 0 | .145 | .238 | .291 | .529
2007 | 59 | 195 | 171 | 24 | 36 | 12 | 0 | 4 | 60 | 23 | 0 | 1 | 3 | 4 | 15 | 0 | 2 | 49 | 3 | .211 | .276 | .351 | .627
2008 | 94 | 328 | 283 | 35 | 55 | 8 | 0 | 9 | 90 | 42 | 2 | 2 | 8 | 4 | 30 | 4 | 3 | 90 | 1 | .194 | .275 | .318 | .593
2009 | 84 | 272 | 237 | 26 | 50 | 8 | 0 | 5 | 73 | 28 | 2 | 3 | 8 | 1 | 22 | 0 | 4 | 73 | 2 | .211 | .288 | .308 | .596
2010 | 68 | 218 | 205 | 19 | 40 | 6 | 1 | 3 | 57 | 18 | 3 | 0 | 3 | 3 | 6 | 0 | 1 | 59 | 3 | .195 | .219 | .278 | .497
2011 | 93 | 281 | 247 | 18 | 43 | 12 | 0 | 3 | 64 | 22 | 1 | 2 | 14 | 3 | 15 | 2 | 2 | 75 | 3 | .174 | .225 | .259 | .484
2012 | TOR | 71 | 227 | 211 | 25 | 46 | 13 | 0 | 8 | 83 | 27 | 1 | 0 | 6 | 1 | 9 | 0 | 0 | 68 | 2 | .218 | .249 | .393 | .642
2013 | MIA | 73 | 256 | 232 | 14 | 42 | 7 | 1 | 5 | 66 | 29 | 0 | 0 | 1 | 1 | 21 | 4 | 1 | 76 | 5 | .181 | .251 | .284 | .535
2014 | 64 | 195 | 175 | 12 | 35 | 7 | 0 | 2 | 48 | 12 | 0 | 0 | 5 | 0 | 15 | 0 | 0 | 64 | 2 | .200 | .263 | .274 | .537
2015 | 32 | 103 | 93 | 9 | 15 | 4 | 1 | 2 | 27 | 12 | 0 | 0 | 0 | 3 | 7 | 1 | 0 | 24 | 2 | .161 | .214 | .290 | .504
2016 | 41 | 132 | 126 | 12 | 30 | 4 | 1 | 2 | 42 | 15 | 0 | 0 | 1 | 0 | 4 | 0 | 1 | 36 | 1 | .238 | .267 | .333 | .601
2017 | ARI | 60 | 203 | 186 | 13 | 40 | 10 | 2 | 2 | 60 | 11 | 1 | 0 | 1 | 0 | 14 | 1 | 2 | 61 | 6 | .215 | .277 | .323 | .600
2018 | 69 | 218 | 195 | 15 | 39 | 9 | 1 | 1 | 53 | 20 | 0 | 0 | 1 | 2 | 20 | 1 | 0 | 66 | 7 | .200 | .272 | .272 | .544
MLB:14年 835 | 2694 | 2419 | 232 | 480 | 102 | 7 | 48 | 740 | 265 | 10 | 8 | 51 | 23 | 185 | 16 | 16 | 756 | 37 | .198 | .258 | .306 | .564

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2012 | TOR | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 11 | 2.0 | 4 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 2 | 9.00 | 2.50
2018 | ARI | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | .000 | 4 | 1.0 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 1 | 1 | 9.00 | 1.00
MLB:2年 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | .000 | 15 | 3.0 | 5 | 1 | 1 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 3 | 3 | 9.00 | 2.00

背番号

脚注

  1. ^ Jeff Mathis Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年12月6日閲覧。
  2. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2006』廣済堂出版、2006年、182頁。 ISBN 4-331-51146-4。
  3. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』廣済堂出版、2008年、202頁。 ISBN 978-4-331-51300-2。
  4. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』廣済堂出版、2009年、201頁。 ISBN 978-4-331-51370-5。
  5. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』廣済堂出版、2010年、200頁。 ISBN 978-4-331-51439-9。
  6. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』廣済堂出版、2011年、227頁。 ISBN 978-4-331-51518-1。
  7. ^ D.J. Short (2011年12月3日). Angels trade Jeff Mathis to Blue Jays for Brad Mills. HardballTalk(英語). 2011年12月4日閲覧
  8. ^ 各年それぞれ150万ドル。
  9. ^ “Blue Jays sign Jeff Mathis to extension” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Toronto Blue Jays), (2012年8月14日), http://m.bluejays.mlb.com/news/article/36676106/ 2014年12月23日閲覧。
  10. ^ “Marlins complete 12-player trade with Blue Jays” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Miami Marlins), (2012年11月19日), http://m.marlins.mlb.com/news/article/40363796/ 2014年12月23日閲覧。
  11. ^ Joe Frisaro (2014年10月31日). “Marlins expected to exercise option on Mathis” (英語). MLB.com. 2014年12月23日閲覧。
  12. ^ ESTIMATED CAREER EARNINGS” (英語). Spotrac. 2016年12月6日閲覧。
  13. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年12月6日閲覧。
  14. ^ D-backs ink Mathis to two-year contract” (英語). MLB.com (2016年12月5日). 2016年12月6日閲覧。
  15. ^ 先発マスクで「敗戦投手」に!? 15回まで捕手で出場→16回に登板し決勝被弾” (2018年7月10日). 2019年3月21日閲覧。
  16. ^ Veteran catcher Jeff Mathis agrees to two-year deal with Rangers” (英語). ESPN (2018年11月16日). 2018年11月21日閲覧。
  17. ^ Adam Jacobi (2010年8月28日). “Jeff Mathis May Well Be One Of The Worst Hitters Of All Time”. SB Nation. 2018年12月11日閲覧。
  18. ^ Mike Axisa (2018年11月16日). “MLB hot stove: Rangers sign game-caller extraordinaire Jeff Mathis to two-year deal: Mathis will be entering his 15th season in the big leagues”. CBS Sports. 2018年12月11日閲覧。
  19. ^ Jared Diamond (2019年2月25日). “One of the Worst Hitters in Baseball History Is Now a Hot Commodity”. The Wall Street Journal. 2019年5月28日閲覧。
  20. ^ R. J. Anderson (2018年2月20日). “Baseball believes in Jeff Mathis and the hidden value of game-calling by catchers”. CBS Sports. 2019年5月28日閲覧。

関連項目

外部リンク

テキサス・レンジャーズ ロースター
投手 | 

捕手 | 
  • 9 アイザイア・カイナーファレファ
  • 50 ティム・フェデロビッチ
  • 2 ジェフ・マシス
  • 71 ホセ・トレビーノ

  • 内野手 | 
  • 1 エルビス・アンドラス
  • 14 アズドルバル・カブレラ
  • 41 ローガン・フォーサイス
  • 11 ロナルド・グーズマン
  • 12 ルーグネッド・オドーア
  • 38 ダニー・サンタナ
  • 21 パトリック・ウィズダム

  • 外野手 | 
  • 5 ウィリー・カルフーン
  • 17 秋信守
  • 3 デライノ・デシールズ
  • 13 ジョーイ・ギャロ
  • 66 ザック・グラニット
  • 85 スコット・ハインマン
  • 30 ノマー・マザラ
  • 15 カルロス・トッチ

  • 指名打者 | 
  • 24 ハンター・ペンス

  • 監督・コーチ | 
  • 8 クリス・ウッドウォード(監督)
  • 22 ドン・ワカマツ(ベンチコーチ)
  • 18 ルイス・オルティーズ(打撃コーチ)
  • 61 コーリックス・クラッブ(打撃コーチ補佐)
  • 47 フリオ・ランゲル(投手コーチ)
  • 4 ヘクター・オルティーズ(一塁コーチ)
  • 27 トニー・ビースリー(三塁コーチ)
  • 58 オスカー・マリン(ブルペンコーチ)
  • 66 ジョシュ・フレイジャー(ブルペン捕手)
  • 32 ジェイス・ティングラー(育成コーディネーター)

  • 公式サイト(英語)より 40人ロースター 監督・コーチ一覧 2019年6月13日更新

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/06/18 10:21

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ジェフ・マシス」の意味を投稿しよう
    「ジェフ・マシス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ジェフ・マシススレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ジェフ・マシス」のスレッドを作成する
    ジェフ・マシスの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail