このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ジム・ジョンソンとは?

ジム・ジョンソン
Jim Johnson
ロサンゼルス・エンゼルス #33

ブレーブス時代(2015年7月27日)

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
ニューヨーク州ブルーム郡ジョンソンシティ
【生年月日】
(1983-06-27) 1983年6月27日(35歳)
【身長
体重】
6' 6" =約198.1 cm
240 lb =約108.9 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
2001年 MLBドラフト5巡目
【初出場】
2006年7月29日 シカゴ・ホワイトソックス
【年俸】
$5,000,000(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ジェームズ・ロバート・ジョンソン(James Robert Johnson, 1983年6月27日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルーム郡ジョンソンシティ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBロサンゼルス・エンゼルス所属。愛称はJJ

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入りオリオールズ時代
    • 1.2 アスレチックス時代
    • 1.3 タイガース時代
    • 1.4 ブレーブス時代
    • 1.5 ドジャース時代
    • 1.6 ブレーブス復帰
    • 1.7 エンゼルス時代
  • 2 投球スタイル
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別投手成績
    • 3.2 獲得タイトル
    • 3.3 表彰
    • 3.4 記録
    • 3.5 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入りオリオールズ時代

2001年MLBドラフト5巡目(全体143位)でボルチモア・オリオールズから指名され、プロ入り。その後、約6年のマイナー生活が続いた。

2006年7月29日シカゴ・ホワイトソックス戦でようやく先発投手としてメジャー初登板を果たした。しかし、その試合で3回、9安打、8失点と炎上する。

2007年の初登板の試合でも2回2失点と打ち込まれるなど、メジャーデビュー当初はほとんど結果を残せていなかった。

2008年は、開幕直後にメジャー昇格を果たすと、4月13日に迎えたシーズン1試合目の登板から10試合連続で相手を無失点に抑え、7月10日の39試合目の登板で2失点するまで防御率1点台をキープし続けた。8月31日のゲームを最後に故障者リスト入りしてしまうが、最終的に54試合登板で防御率2.23という抜群の数字を残した。

2009年もリリーフエースとしての役割を期待されているが、マイナーリーグでは先発を務めていたこともあるため、チームの状態次第では先発投手として登板することも考えられていた。しかし、実際には先発に回ることはなかった。

2011年の終盤から不振のケビン・グレッグに代わってクローザーに定着する。

2012年オールスターゲームに初選出され、9月21日に46セーブ目を記録してオリオールズの球団記録を更新した。最終的にリーグ最多で球団記録の51セーブを記録し、チームを15年ぶりのプレーオフへと導いた。

2013年は、エリック・ガニエ(2003年)以来史上2人目となる2年連続での50セーブを記録し、2年連続で両リーグ最多セーブを記録した。前年はセーブ失敗が3回だけと安定していたが、この年は9回と不安定であった。

アスレチックス時代

2013年12月2日ジェマイル・ウィークス後日発表選手(12月12日デビッド・フレイタスと発表)とのトレードで、オークランド・アスレチックスへ移籍した。

2014年1月16日にアスレチックスと1000万ドルの1年契約を結んだ。開幕後は38試合に登板したが、4勝2敗2セーブ・防御率7.14と結果を残せず、7月24日DFAとなった。8月1日に自由契約となった。

タイガース時代

2014年8月5日デトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだ。移籍後は傘下のAAA級トレド・マッドヘンズで4試合に登板し、0勝1敗・防御率3.86だった。8月16日にタイガースとメジャー契約を結んだ。昇格後も乱調は改善されず、16試合の登板で防御率6.92と炎上。13.0イニングで12四球、3死球を与えるなど、制球も大いに荒れた。結局アスレチックスとのシーズン通算では、4年連続となる50試合以上に投げた(54試合)ものの、防御率7.09・9イニング当たりの与四球率5.9と大荒れで、2012~2013シーズンの2年間で101セーブをマークした姿は見る影もなかった。オフの10月30日FAとなった。

ブレーブス時代

2014年12月3日アトランタ・ブレーブスと160万ドル+出来高90万ドルの1年契約を結んだ。

ドジャース時代

2015年7月30日にドジャース、ブレーブス、マーリンズでの三角トレードが成立し、ジョンソンはエクトル・オリベラパコ・ロドリゲスザック・バードとのトレードで、アレックス・ウッドルイス・アビランブロンソン・アローヨホセ・ペラザと共にロサンゼルス・ドジャースへ移籍した。移籍後は防御率10点台と大荒れで、10月14日にDFAを経て、FAとなった。

ブレーブス復帰

2015年11月30日にブレーブスと1年契約を結んだ。

2016年はクローザーでの起用に比重が置かれ、65試合に登板・通算500試合登板を達成した。防御率3.06・2勝6敗20セーブ・WHIP1.19というまずまずの成績を残し、通算150セーブも記録。また、通年成績としてはキャリアハイの奪三振率9.5もマークし、調子を立て直したシーズンとなった。

2017年は開幕からクローザーとして起用されたが、安定感を欠いた投球が多く、8月にはアローディス・ビスカイーノに役割を奪われた。この年は61試合登板で防御率5.56・6勝3敗22セーブ・WHIP1.48と再び成績を落とした。

エンゼルス時代

2017年11月30日ジャスティン・ケリーとのトレードで、インターナショナル・ボーナス・プール(海外選手契約金枠)と共にロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した。迎えた翌年シーズンは62試合に投げ、5勝3敗2セーブ・防御率3.84・WHIP1.36と前年からある程度成績を改善させた。

投球スタイル

平均球速93.5mph(約150km/h)のツーシームを主体に、カーブチェンジアップフォーシームの4球種を持ち球とする。ゴロを打たせる投球スタイルで、いわゆるグラウンドボーラーだが、2016年以降は奪三振率9.00以上と例年よりも大幅増となっている。また、腕が遅れて出てくるため、打者はタイミングを取りにくいと言われている。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2006 | BAL | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | .000 | 21 | 3.0 | 9 | 1 | 3 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 8 | 8 | 24.00 | 4.00
2007 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 11 | 2.0 | 3 | 0 | 2 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 2 | 2 | 9.00 | 2.50
2008 | 54 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 4 | 1 | 19 | .333 | 281 | 68.2 | 54 | 0 | 28 | 3 | 3 | 38 | 1 | 1 | 18 | 17 | 2.23 | 1.19
2009 | 64 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 6 | 10 | 14 | .400 | 300 | 70.0 | 73 | 8 | 23 | 3 | 3 | 49 | 2 | 1 | 32 | 32 | 4.11 | 1.37
2010 | 26 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 1 | 11 | .500 | 117 | 26.1 | 32 | 2 | 5 | 1 | 1 | 22 | 4 | 0 | 11 | 10 | 3.42 | 1.41
2011 | 69 | 0 | 0 | 0 | 0 | 6 | 5 | 9 | 18 | .545 | 366 | 91.0 | 80 | 5 | 21 | 3 | 2 | 58 | 2 | 1 | 30 | 27 | 2.67 | 1.11
2012 | 71 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 1 | 51 | 0 | .667 | 269 | 68.2 | 55 | 3 | 15 | 1 | 3 | 41 | 1 | 0 | 21 | 19 | 2.49 | 1.02
2013 | 74 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 8 | 50 | 0 | .273 | 291 | 70.1 | 72 | 5 | 18 | 4 | 7 | 56 | 2 | 0 | 26 | 23 | 2.94 | 1.28
2014 | OAK | 38 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 2 | 2 | 2 | .667 | 200 | 40.1 | 60 | 5 | 23 | 3 | 3 | 28 | 4 | 0 | 33 | 32 | 7.14 | 2.06
DET | 16 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 63 | 13.0 | 9 | 0 | 12 | 3 | 3 | 14 | 0 | 0 | 13 | 10 | 6.92 | 2.57
'14計 54 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 2 | 2 | 2 | .714 | 263 | 53.1 | 69 | 5 | 35 | 6 | 7 | 42 | 4 | 0 | 26 | 23 | 7.09 | 2.26
2015 | ATL | 49 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 3 | 9 | 20 | .400 | 291 | 48.0 | 45 | 2 | 14 | 2 | 1 | 33 | 2 | 0 | 14 | 12 | 2.25 | 1.23
LAD | 23 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 1 | 5 | .000 | 291 | 18.2 | 32 | 3 | 6 | 0 | 4 | 17 | 1 | 0 | 22 | 21 | 10.13 | 2.04
'15計 74 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 6 | 10 | 25 | .250 | 291 | 66.2 | 77 | 5 | 20 | 2 | 5 | 50 | 3 | 0 | 26 | 23 | 4.46 | 1.46
2016 | ATL | 65 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 6 | 20 | 8 | .250 | 266 | 64.2 | 57 | 3 | 20 | 0 | 3 | 68 | 6 | 0 | 23 | 22 | 3.06 | 1.19
2017 | 61 | 0 | 0 | 0 | 0 | 6 | 3 | 22 | 1 | .667 | 256 | 56.2 | 59 | 8 | 25 | 3 | 1 | 61 | 3 | 0 | 39 | 35 | 5.56 | 1.48
2018 | LAA | 62 | 1 | 0 | 0 | 0 | 5 | 3 | 2 | 8 | .625 | 268 | 63.1 | 64 | 9 | 22 | 1 | 1 | 45 | 5 | 0 | 38 | 27 | 3.84 | 1.36
MLB:13年 674 | 2 | 0 | 0 | 0 | 38 | 46 | 178 | 106 | .452 | 3000 | 704.2 | 704 | 54 | 237 | 27 | 36 | 531 | 33 | 3 | 330 | 297 | 3.79 | 1.34

獲得タイトル

表彰

記録

背番号

脚注

  1. ^ Jim Johnson Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年5月14日閲覧。
  2. ^ Braves Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月19日閲覧
  3. ^ Brittany Ghiroli (2012年7月1日). “Orioles trio tabbed for AL All-Star squad” (英語). MLB.com. 2015年7月31日閲覧。
  4. ^ Mike Axisa (2013年12月3日). “Athletics acquire Jim Johnson from Orioles for Jemile Weeks” (英語). CBS Sports. http://www.cbssports.com/mlb/eye-on-baseball/24315709/report-athletics-acquire-jim-johnson-from-orioles-for-jemile-weeks 2015年7月31日閲覧。
  5. ^ A's agree to terms with RHP Jim Johnson on one-year contract” (英語). MLB.com Athletics Press Release (2014年1月16日). 2015年7月31日閲覧。
  6. ^ Spencer Fordin, Andrew Simon (2014年1月17日). “Oakland avoids arbitration with Johnson, Jaso” (英語). MLB.com. 2014年12月17日閲覧。
  7. ^ A's Recall Scribner from Sacramento; Designate Johnson for Assignment” (英語). MLB.com Athletics Press Release (2014年7月24日). 2015年7月31日閲覧。
  8. ^ Jamal Collier (2014年8月5日). “Tigers ink reliever Johnson in hopes he regains form”. MLB.com. 2014年8月6日閲覧。
  9. ^ Jason Beck (2014年8月16日). “Tigers call up veteran Johnson to aid 'pen” (英語). MLB.com. 2014年12月17日閲覧。
  10. ^ Braves Agree to Terms with Jim Johnson on One-Year Contract” (英語). MLB.com Braves Press Release (2014年12月4日). 2014年12月17日閲覧。
  11. ^ Mark Bowman (2014年12月4日). “Braves sign reliever Johnson to one-year deal” (英語). MLB.com. 2014年12月17日閲覧。
  12. ^ ドジャース、3球団13選手が絡む超大型トレードで補強に成功!”. ISM (2015年7月31日). 2015年8月6日閲覧。
  13. ^ Ken Gurnick (2015年7月30日). “LA deals for Braves' Wood, Marlins' Latos” (英語). MLB.com. 2015年7月31日閲覧。
  14. ^ Steve Dilbeck (2015年10月14日). “Dodgers designate Jim Johnson and claim Brooks Brown from Rockies” (英語). Los Angels Times. http://www.latimes.com/sports/dodgers/dodgersnow/la-sp-dn-dodgers-designate-jim-johnson-20151014-story.html 2015年10月15日閲覧。
  15. ^ Mark Bowman (2015年11月30日). “Braves reunite with veteran reliever Johnson” (英語). MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/158496948/jim-johnson-rejoins-braves-on-one-year-deal 2015年12月1日閲覧。
  16. ^ Maria Guardado (2017年11月30日). “Halos land Johnson, bolster Ohtani pursuit” (英語). MLB.com. 2017年12月4日閲覧。
  17. ^ Jim Johnson Pitch Data” (英語). The Baseball Cube. 2017年12月6日閲覧。

関連項目

外部リンク

ロサンゼルス・エンゼルス ロースター
投手 | 

捕手 | 
  • 10 ホセ・ブリセーニョ
  • -- ケバン・スミス

  • 内野手 | 
  • 22 ケイレブ・カワート
  • 7 ザック・コザート
  • 6 デビッド・フレッチャー
  • -- トミー・ラステラ
  • 5 アルバート・プホルス
  • -- ルイス・レンジフォ
  • 2 アンドレルトン・シモンズ
  • 3 テイラー・ウォード

  • 外野手 | 
  • 56 コール・カルフーン
  • 59 マイケル・エルモシーヨ
  • 27 マイク・トラウト
  • 8 ジャスティン・アップトン

  • 監督・コーチ | 
  • 12 ブラッド・オースマス(監督)
  • 88 ジョシュ・ポール(ベンチコーチ)
  • -- ジェレミー・リード(打撃コーチ)
  • 55 ポール・ソレント(打撃インストラクター)
  • -- ショーン・ウッテン(打撃コーチ補佐)
  • -- ダグ・ホワイト(投手コーチ)
  • -- ヘスス・フェリシアーノ(一塁コーチ)
  • -- マイク・ガイエゴ(三塁コーチ)
  • -- アンドリュー・ベイリー(ブルペンコーチ)
  • -- ホセ・モリーナ(捕手コーチ)
  • 70 トーマス・グレゴリオ(ブルペン捕手)
  • 92 アネル・デロスサントス(ブルペン捕手)

  • 公式サイト(英語)より 40人ロースター 監督・コーチ一覧 2018年12月6日更新

    アメリカンリーグ最多セーブ
    1950年代 | 
    • 50 ミッキー・ハリス
    • 51 エリス・カインダー
    • 52 ハリー・ドリッシュ
    • 53 エリス・カインダー
    • 54 ジョニー・セイン
    • 55 レイ・ナーレスキー
    • 56 ジョージ・ズヴィリンク
    • 57 ボブ・グリム
    • 58 ライン・ダレン
    • 59 ターク・ローン

    1960年代 | 
  • 60 マイク・フォーニルスジョニー・クリップステイン
  • 61 ルイス・アローヨ
  • 62 ディック・ラダッツ
  • 63 ステュ・ミラー
  • 64 ディック・ラダッツ
  • 65 ロン・クライン
  • 66 ジャック・エイカー
  • 67 ミニー・ロハス
  • 68 アル・ワージントン
  • 69 ロン・ペラノスキー

  • 1970年代 | 
  • 70 ロン・ペラノスキー
  • 71 ケン・サンダース
  • 72 スパーキー・ライル
  • 73 ジョン・ヒラー
  • 74 テリー・フォースター
  • 75 リッチ・ゴセージ
  • 76 スパーキー・ライル
  • 77 ビル・キャンベル
  • 78 リッチ・ゴセージ
  • 79 マイク・マーシャル

  • 1980年代 | 
  • 80 リッチ・ゴセージダン・クイゼンベリー
  • 81 ローリー・フィンガーズ
  • 82 ダン・クイゼンベリー
  • 83 ダン・クイゼンベリー
  • 84 ダン・クイゼンベリー
  • 85 ダン・クイゼンベリー
  • 86 デイブ・リゲッティ
  • 87 トム・ヘンキー
  • 88 デニス・エカーズリー
  • 89 ジェフ・ラッセル

  • 1990年代 | 
  • 90 ボビー・シグペン
  • 91 ブライアン・ハービー
  • 92 デニス・エカーズリー
  • 93 ジェフ・モンゴメリー(en)、デュアン・ウォード
  • 94 リー・スミス
  • 95 ホセ・メサ
  • 96 ジョン・ウェッテランド
  • 97 ランディ・マイヤーズ
  • 98 トム・ゴードン
  • 99 マリアノ・リベラ

  • 2000年代 | 
  • 00 トッド・ジョーンズデレク・ロウ
  • 01 マリアノ・リベラ
  • 02 エディ・グアダード
  • 03 キース・フォーク
  • 04 マリアノ・リベラ
  • 05 フランシスコ・ロドリゲス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/12/10 15:16

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ジム・ジョンソン」の意味を投稿しよう
    「ジム・ジョンソン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ジム・ジョンソンスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ジム・ジョンソン」のスレッドを作成する
    ジム・ジョンソンの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail