このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ジム・ライスとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
サウスカロライナ州アンダーソン
【生年月日】
(1953-03-08) 1953年3月8日(65歳)
【身長
体重】
6' 2" =約188 cm
205 lb =約93 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
外野手指名打者
【プロ入り】
1971年 ドラフト1巡目(全体15位)
【初出場】
1974年8月19日
【最終出場】
1989年8月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アメリカ野球殿堂
殿堂表彰者

【選出年】
2009年
【得票率】
76.43%
【選出方法】
BBWAA[:en]選出
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ジェイムズ・エドワード・ライス(James Edward Rice, 1953年3月8日 - )は、MLBの元選手。ポジションは外野手指名打者アメリカ合衆国サウスカロライナ州アンダーソン出身。ニックネームは「Jim Ed」。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 ボストン・レッドソックス
    • 1.2 引退後
  • 2 選手としての特徴
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 獲得タイトル・表彰・記録
  • 4 外部リンク

経歴

ボストン・レッドソックス

1971年のMLBドラフトボストン・レッドソックスから1巡目(全体15位)に指名を受け入団。1974年はAAA級で打率.337・25本塁打・93打点を記録して三冠王を達成し、MVPを獲得。8月19日のシカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。1975年はルーキーながら打率.309・22本塁打・102打点の好成績を挙げ、同じくルーキーでチームメイトのフレッド・リンと共に「Gold Dust Twins」と呼ばれ、地区優勝に大きく貢献。しかし9月21日デトロイト・タイガース戦で手首に死球を受けて骨折し、離脱。チームはリーグチャンピオンシップシリーズワールドシリーズ3連覇中のオークランド・アスレティックスを下して8年ぶりのリーグ優勝を果たし、シンシナティ・レッズとのワールドシリーズでは激闘の末敗退するが、自身は出場できなかった。ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票ではリンに次ぐ2位で、MVPの投票で3位に入った。1976年は25本塁打を記録するが、リーグワーストの123三振を喫した。1977年は前半戦で打率.313・23本塁打・59打点・10三塁打の成績でオールスターゲームに初めて選出される。8月29日のアスレティックス戦で1試合3本塁打を放つなど、最終的に打率.320(リーグ6位)・39本塁打・114打点(同3位)・206安打(同3位)・15三塁打(同2位)・長打率.593(同1位)を記録し、最多本塁打のタイトルを獲得。MVPの投票では4位に入り、最優秀指名打者賞を受賞した。

1978年は前半戦で打率.323・23本塁打・74打点・13三塁打を記録し、2年連続でオールスターゲームに選出され、初の先発出場。全試合に出場して打率.315、いずれもリーグトップの46本塁打・139打点・213安打・15三塁打・746打席・677打数・長打率.600・OPS.970・406塁打を記録し、最多本塁打・最多打点の二冠を獲得。チームは一時ニューヨーク・ヤンキースに最大14ゲーム差を付けたが9月に逆転され、シーズン最終戦で同率に並んだもののワンゲームプレイオフで敗れて地区優勝を逃した。オフにMVPを初受賞し、当時としては史上最高額となる7年総額540万ドルで契約延長。1979年はキャリアハイの打率.325、いずれもリーグ2位の39本塁打・130打点・201安打・長打率.596を記録。1980年は故障で6月下旬から1ヶ月離脱。8月30日のアスレティックス戦では4点リードされた9回にマット・キーオ(後阪神)から反撃の狼煙となる本塁打を放ち、その後同点となって延長に入り10回にキャリア初のサヨナラ本塁打を放った。1981年50日間に及ぶストライキでシーズンが中断・短縮された影響で17本塁打・62打点に終わった。1982年は3年ぶりの3割となる打率.309・24本塁打・97打点の成績も、リーグ最多の29併殺打。1983年は奇しくも前回と同日の8月29日のトロント・ブルージェイズ戦でキャリア2度目の1試合3本塁打。打率.305・39本塁打・126打点・191安打を記録し、6年ぶりに最多本塁打・最多打点の二冠を獲得。MVPの投票で4位に入り、初のシルバースラッガー賞を受賞した。1984年は序盤打率1割台と不振も徐々に復調し、7月4日のアスレティックス戦でサヨナラ満塁本塁打。9月3日ミルウォーキー・ブルワーズ戦で通算300本塁打を放つなど28本塁打・122打点を記録する一方で、2012年現在もメジャー記録の36併殺打を記録した。1985年6月10日のブルワーズ戦でローリー・フィンガーズから逆転サヨナラ3点本塁打。9月に打率.525・25打点と打ちまくるが、9月20日を最後に戦線離脱。27本塁打・103打点、4年連続リーグ最多となる35併殺打を記録した。

1986年5月10日のアスレティックス戦で通算2000安打を達成するなど前半戦で打率.334を記録。20本塁打に留まるが、打率.324・110打点・200安打を記録し、チームの11年ぶりの地区優勝に貢献。カリフォルニア・エンゼルスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.161と不振。チームは1勝3敗と追い込まれ、第5戦でも9回までリードを許すが逆転勝利し、第6・7戦も連勝してリーグ優勝を果たした。ニューヨーク・メッツとのワールドシリーズでは打率.333を記録するが、チームは王手をかけた第6戦でビル・バックナーの悪夢のトンネルで敗れ、3勝4敗で敗退した。MVPの投票では3位。1987年は序盤不振だったが7月下旬には一時打率3割まで巻き返す。しかし終盤またも不振に陥り、打率.277・13本塁打・62打点に留まる。9月は同年台頭したマイク・グリーンウェルにレフトの定位置を譲り指名打者での出場が多くなった。1988年は主に指名打者として出場し15本塁打・72打点に終わるが、チームは地区優勝。アスレティックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.154と振るわず、チームも4連敗で敗退した。1989年は序盤好調だったが徐々に失速。故障もあって8月3日を最後に出場がなく、56試合で打率.234・3本塁打に終わり、オフに解雇され現役を引退。フリーエージェントで移籍する選手が多い中、レッドソックス一筋で過ごしたフランチャイズ・プレイヤーだった。

引退後

1992年からレッドソックスでコーチを務め、1995年に球団の殿堂入り。アメリカ野球殿堂の投票では2006年2007年と2年連続で得票率63%。2008年は543票中392票で、得票率72.2%と僅かに及ばず。資格最終年となった2009年に539票中412票を獲得し、得票率76.4%で殿堂入りを果たした。同年7月22日背番号14」がレッドソックスの永久欠番に指定された。

選手としての特徴

打率・本塁打・打点のいずれも稼げるスラッガーで、通算で打率.298・382本塁打・1451打点を記録し、三塁打も79本記録した。反面四球は少なく打率の割に出塁率はあまり高くなかった。右打者で、前を打つのがウェイド・ボッグスドワイト・エバンスら出塁率の高い打者だったため併殺打が多く、1984年の36を筆頭に歴代6位タイの315を記録した。但し通算2,000回以上併殺打になり得る場面(無死又は1死で一塁に走者がいる状況)で打席に立っており、その状況で通算打率.310・長打率.515を記録している。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1974 | BOS | 24 | 75 | 67 | 6 | 18 | 2 | 1 | 1 | 25 | 13 | 0 | 0 | 0 | 3 | 4 | 0 | 1 | 12 | 2 | .269 | .307 | .373 | .680
1975 | 144 | 613 | 564 | 92 | 174 | 29 | 4 | 22 | 277 | 102 | 10 | 5 | 1 | 8 | 36 | 7 | 4 | 122 | 19 | .309 | .350 | .491 | .841
1976 | 153 | 624 | 581 | 75 | 164 | 25 | 8 | 25 | 280 | 85 | 8 | 5 | 2 | 9 | 28 | 2 | 4 | 123 | 18 | .282 | .315 | .482 | .797
1977 | 160 | 710 | 644 | 104 | 206 | 29 | 15 | 39 | 382 | 114 | 5 | 4 | 0 | 5 | 53 | 10 | 8 | 120 | 21 | .320 | .376 | .593 | .969
1978 | 163 | 746 | 677 | 121 | 213 | 25 | 15 | 46 | 406 | 139 | 7 | 5 | 1 | 5 | 58 | 7 | 5 | 126 | 15 | .315 | .370 | .600 | .970
1979 | 158 | 688 | 619 | 117 | 201 | 39 | 6 | 39 | 369 | 130 | 9 | 4 | 0 | 8 | 57 | 4 | 4 | 97 | 16 | .325 | .381 | .596 | .977
1980 | 124 | 542 | 504 | 81 | 148 | 22 | 6 | 24 | 254 | 86 | 8 | 3 | 1 | 3 | 30 | 5 | 4 | 87 | 16 | .294 | .336 | .504 | .840
1981 | 108 | 495 | 451 | 51 | 128 | 18 | 1 | 17 | 199 | 62 | 2 | 2 | 0 | 7 | 34 | 3 | 3 | 76 | 14 | .284 | .333 | .441 | .775
1982 | 145 | 638 | 573 | 86 | 177 | 24 | 5 | 24 | 283 | 97 | 0 | 1 | 0 | 3 | 55 | 6 | 7 | 98 | 29 | .309 | .375 | .494 | .868
1983 | 155 | 689 | 626 | 90 | 191 | 34 | 1 | 39 | 344 | 126 | 0 | 2 | 0 | 5 | 52 | 10 | 6 | 102 | 31 | .305 | .361 | .550 | .911
1984 | 159 | 708 | 657 | 98 | 184 | 25 | 7 | 28 | 307 | 122 | 4 | 0 | 0 | 6 | 44 | 8 | 1 | 102 | 36 | .280 | .323 | .467 | .791
1985 | 140 | 608 | 546 | 85 | 159 | 20 | 3 | 27 | 266 | 103 | 2 | 0 | 0 | 9 | 51 | 5 | 2 | 75 | 35 | .291 | .349 | .487 | .836
1986 | 157 | 693 | 618 | 98 | 200 | 39 | 2 | 20 | 303 | 110 | 0 | 1 | 0 | 9 | 62 | 5 | 4 | 78 | 19 | .324 | .384 | .490 | .874
1987 | 108 | 459 | 404 | 66 | 112 | 14 | 0 | 13 | 165 | 62 | 1 | 1 | 0 | 3 | 45 | 3 | 7 | 77 | 22 | .277 | .357 | .408 | .766
1988 | 135 | 542 | 485 | 57 | 128 | 18 | 3 | 15 | 197 | 72 | 1 | 1 | 0 | 6 | 48 | 2 | 3 | 89 | 18 | .264 | .330 | .406 | .736
1989 | 56 | 228 | 209 | 22 | 49 | 10 | 2 | 3 | 72 | 28 | 1 | 0 | 0 | 5 | 13 | 0 | 1 | 39 | 4 | .234 | .276 | .344 | .621
通算:16年 2089 | 9058 | 8225 | 1249 | 2452 | 373 | 79 | 382 | 4129 | 1451 | 58 | 34 | 5 | 94 | 670 | 77 | 64 | 1423 | 315 | .298 | .352 | .502 | .854

獲得タイトル・表彰・記録

外部リンク

アメリカ野球殿堂表彰者 左翼手


獲得タイトル・記録
アメリカンリーグMVP
チャルマーズ賞 | 

リーグ表彰 | 
  • 22 ジョージ・シスラー
  • 23 ベーブ・ルース
  • 24 ウォルター・ジョンソン
  • 25 ロジャー・ペキンポー
  • 26 ジョージ・バーンズ
  • 27 ルー・ゲーリッグ
  • 28 ミッキー・カクレーン

  • 以下、全米野球記者協会(BBWAA)による表彰

    1930年代 | 

    1940年代 | 
  • 40 ハンク・グリーンバーグ
  • 41 ジョー・ディマジオ
  • 42 ジョー・ゴードン
  • 43 スパッド・チャンドラー
  • 44 ハル・ニューハウザー
  • 45 ハル・ニューハウザー
  • 46 テッド・ウィリアムズ
  • 47 ジョー・ディマジオ
  • 48 ルー・ブードロー
  • 49 テッド・ウィリアムズ

  • 1950年代 | 
  • 50 フィル・リズート
  • 51 ヨギ・ベラ
  • 52 ボビー・シャンツ
  • 53 アル・ローゼン
  • 54 ヨギ・ベラ
  • 55 ヨギ・ベラ
  • 56 ミッキー・マントル
  • 57 ミッキー・マントル
  • 58 ジャッキー・ジェンセン
  • 59 ネリー・フォックス

  • 1960年代 | 
  • 60 ロジャー・マリス
  • 61 ロジャー・マリス
  • 62 ミッキー・マントル
  • 63 エルストン・ハワード
  • 64 ブルックス・ロビンソン
  • 65 ソイロ・ベルサイエス
  • 66 フランク・ロビンソン
  • 67 カール・ヤストレムスキー
  • 68 デニー・マクレイン
  • 69 ハーモン・キルブルー

  • 1970年代 | 
  • 70 ブーグ・パウエル
  • 71 ヴァイダ・ブルー
  • 72 ディック・アレン
  • 73 レジー・ジャクソン
  • 74 ジェフ・バロウズ
  • 75 フレッド・リン
  • 76 サーマン・マンソン
  • 77 ロッド・カルー
  • 78 ジム・ライス
  • 79 ドン・ベイラー

  • 1980年代 | 
  • 80 ジョージ・ブレット
  • 81 ローリー・フィンガーズ
  • 82 ロビン・ヨーント
  • 83 カル・リプケン・ジュニア
  • 84 ウィリー・ヘルナンデス
  • 85 ドン・マッティングリー
  • 86 ロジャー・クレメンス
  • 87 ジョージ・ベル
  • 88 ホセ・カンセコ
  • 89 ロビン・ヨーント

  • 1990年代 | 
  • 90 リッキー・ヘンダーソン
  • 91 カル・リプケン・ジュニア
  • 92 デニス・エカーズリー
  • 93 フランク・トーマス
  • 94 フランク・トーマス
  • 95 モー・ボーン
  • 96 フアン・ゴンザレス
  • 97 ケン・グリフィー・ジュニア
  • 98 フアン・ゴンザレス
  • 99 イバン・ロドリゲス

  • 2000年代 | 
  • 00 ジェイソン・ジアンビ
  • 01 イチロー
  • 02 ミゲル・テハダ
  • 03 アレックス・ロドリゲス
  • 04 ブラディミール・ゲレーロ
  • 05 アレックス・ロドリゲス
  • 06 ジャスティン・モルノー
  • 07 アレックス・ロドリゲス
  • 08 ダスティン・ペドロイア
  • 09 ジョー・マウアー

  • 2010年代 | 
  • 10 ジョシュ・ハミルトン
  • 11 ジャスティン・バーランダー
  • 12 ミゲル・カブレラ
  • 13 ミゲル・カブレラ
  • 14 マイク・トラウト
  • 15 ジョシュ・ドナルドソン
  • 16 マイク・トラウト
  • 17 ホセ・アルトゥーベ
  • 18 ムーキー・ベッツ


  • アメリカンリーグ本塁打王
    1900年代 | 

    1910年代 | 
  • 10 ジェイク・スタール
  • 11 フランク・ベーカー
  • 12 フランク・ベーカートリス・スピーカー
  • 13 フランク・ベーカー
  • 14 フランク・ベーカー
  • 15 ブラッゴ・ロス
  • 16 ウォーリー・ピップ
  • 17 ウォーリー・ピップ
  • 18 ベーブ・ルースティリー・ウォーカー
  • 19 ベーブ・ルース

  • 1920年代 | 
  • 20 ベーブ・ルース
  • 21 ベーブ・ルース
  • 22 ケン・ウィリアムズ
  • 23 ベーブ・ルース
  • 24 ベーブ・ルース
  • 25 ボブ・ミューゼル
  • 26 ベーブ・ルース
  • 27 ベーブ・ルース
  • 28 ベーブ・ルース
  • 29 ベーブ・ルース

  • 1930年代 | 
  • 30 ベーブ・ルース ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/11/21 02:33

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ジム・ライス」の意味を投稿しよう
    「ジム・ライス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ジム・ライススレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ジム・ライス」のスレッドを作成する
    ジム・ライスの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail