このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ジャンカルロ・アルバラードとは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2018年10月)
 | この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はアルバラード第二姓(母方の姓)はマルティネスです。
ジャンカルロ・アルバラード
Giancarlo Alvarado
横浜DeNAベイスターズ時代
(2012年3月13日)

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
プエルトリコ自治連邦区サンフアン
【生年月日】
(1978-01-24) 1978年1月24日(42歳)
【身長
体重】
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
1995年 アマチュアFA
【初出場】
CPBL / 2004年6月30日
NPB / 2010年3月27日
【最終出場】
CPBL / 2008年10月7日
NPB / 2012年6月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

【国際大会】

【代表チーム】
プエルトリコ
WBC
2009年2013年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


獲得メダル
プエルトリコ
ワールド・ベースボール・クラシック
 | 2013 | 野球

ジャンカルロ・カルロス・アルバラード・マルティネス(Giancarlo Carlos Alvarado Martinez, 1978年1月24日 - )は、プエルトリコ自治連邦区サンファン出身の元プロ野球選手(投手)。

NPBでの登録名は「ジオ・アルバラード」。

経歴

プロ入りとマイナー時代

1995年にアマチュアフリーエージェント選手としてピッツバーグ・パイレーツに入団し、同年にガルフ・コーストリーグでデビューした。2001年までパイレーツ傘下の球団で投げたが、2002年ミルウォーキー・ブルワーズの傘下及び独立リーグサンアンジェロ・コルツに、さらに2003年にはデトロイト・タイガーズ傘下に移籍した。

2004年2005年途中まではマイナーリーグには所属せず、独立リーグ、CPBLメキシカンリーグを渡り歩いた。2005年シンシナティ・レッズに獲得されマイナーに復帰した。

2007年は、再びメキシカンリーグでプレーし、2008年にはロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム傘下のソルトレイク・ビーズで3Aでの初登板を果たした。

2008年はCPBLの統一セブンイレブン・ライオンズの一員としてアジアシリーズに出場し、埼玉西武ライオンズとの決勝戦で先発した。

2009年はシーズン開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プエルトリコ代表に選出された。シーズンではAAA級アルバカーキ・アイソトープスで、13勝10敗、防御率3.49の成績を収めた。その後、フリーエージェント(FA)となった。

広島時代

広島時代

2009年12月1日に広島東洋カープと契約を結んだ。背番号は91

2010年は開幕ローテーション入りしたものの、調子が上がらず4月11日に二軍落ち。一軍復帰後の6月13日、対埼玉西武ライオンズ戦で日本での初勝利を挙げると徐々に調子を上げ、夏場からは前田健太に次ぐ先発ローテの中心的存在になった。7月20日の対阪神タイガース戦では4回まで無安打に抑えるも、5回に四球を与えたところで肩に違和感を訴え降板。直後に代わった岸本秀樹が本塁打を打たれ、先発投手としては珍しい「無安打での敗戦投手」となった。9月4日の対阪神タイガース戦では、初回に初球から2球連続でマット・マートン平野恵一に死球を与え、さらに城島健司にも死球を与えた。1イニング3与死球は1979年の西本聖以来、セ・リーグ史上2人目の最多タイ記録となった。ただし、2回裏には日本での初打点となる同点打を放ち、6回2/3を3失点に抑えて勝利投手となっている。最終的には8勝8敗、防御率4.07とまずまずの成績を残した。

2011年は防御率は2.72を記録したものの、故障の影響もあり3勝7敗に終わり、同年の11月24日に広島を戦力外となった。

ベイスターズ時代

2012年1月6日に横浜DeNAベイスターズに入団した。背番号は61

同年は先発が手薄なチーム事情もあり、開幕後は先発ローテーションを任されたが、1勝6敗と負け越した。防御率は3.92だった。10月10日にボビー・クレイマーブランドン・マンオスカー・サラサーランディ・ルイーズらとともに戦力外通告を受け、10月16日、自由契約公示された。

DeNA退団後

2013年3月に開催された第3回WBCプエルトリコ代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした。WBC終了後にコロラド・ロッキーズとマイナー契約を結んだが、開幕前にFAとなりメキシカンリーグサルティーヨ・サラペメーカーズでプレー。6月6日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結び、AAA級ラスベガス・フィフティワンズでプレー。オフの11月には、アジアシリーズ2013に出場するイタリアンベースボールリーグフォルティチュード・ボローニャと契約。統一セブンイレブン・ライオンズ戦に先発したが1回と3分の1を4失点で敗戦投手となった。

2014年もメッツとマイナー契約を結び、ラスベガスでプレー。

2015年5月9日にメキシカンリーグのアグアスカリエンテス・レイルロードメンと契約するが、26日にFAとなる。その後、7月15日にベースボール・チャレンジ・リーグ信濃グランセローズと契約し、3年ぶりに日本球界に復帰した。

プレースタイル・人物

左足を三塁側に極端にクロスステップする投げ方で、190cmを超える長身や球離れの遅さも相まって、右打者にとっては打ちづらい投手と評価されている。持ち球は不規則に動く平均球速約139km/hの速球チェンジアップカット・ファスト・ボールシンカーである。さらに2011年は落ちる球種の取得を目指し、春季キャンプで臨時コーチを務めた野茂英雄からフォークについて直接指導を受けた。

プエルトリコでは200人の生徒を抱えるモデル養成学校を運営している。妻が元モデルだったことが学校創設のきっかけとなったという。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2004 | 誠泰 | 3 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | .000 | 48 | 11.0 | 8 | 1 | 8 | 0 | 1 | 5 | 1 | 1 | 6 | 6 | 4.91 | 1.45
2008 | 統一 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 46 | 13.0 | 7 | 0 | 1 | 0 | 0 | 15 | 0 | 0 | 2 | 2 | 1.38 | 0.62
2010 | 広島 | 20 | 20 | 1 | 0 | 0 | 8 | 8 | 0 | 0 | .500 | 501 | 119.1 | 110 | 14 | 37 | 0 | 7 | 97 | 4 | 5 | 60 | 54 | 4.07 | 1.23
2011 | 18 | 17 | 0 | 0 | 0 | 3 | 7 | 0 | 0 | .300 | 417 | 99.1 | 82 | 5 | 34 | 2 | 7 | 88 | 3 | 7 | 33 | 30 | 2.72 | 1.17
2012 | DeNA | 8 | 8 | 0 | 0 | 0 | 1 | 6 | 0 | 0 | .143 | 179 | 39.0 | 46 | 2 | 18 | 0 | 2 | 42 | 0 | 0 | 18 | 17 | 3.92 | 1.64
CPBL:2年 5 | 5 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | 0 | .500 | 94 | 24.0 | 15 | 1 | 9 | 0 | 1 | 20 | 1 | 1 | 8 | 8 | 3.00 | 1.00
NPB:3年 46 | 45 | 1 | 0 | 0 | 12 | 21 | 0 | 0 | .364 | 1097 | 257.2 | 238 | 21 | 89 | 2 | 16 | 227 | 7 | 12 | 111 | 101 | 3.53 | 1.27

記録

NPB初記録
投手記録
打撃記録
NPBその他の記録

独立リーグでの投手成績


















ブ






































ボ








W
H
I
P

2015 | 信濃 | 16 | 0 | 0 | 2 | 0 | ---- | 16.1 | 67 | 9 | 0 | 19 | 6 | 3 | 1 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0.00 | 0.93
通算:1年 16 | 0 | 0 | 2 | 0 | ---- | 16.1 | 67 | 9 | 0 | 19 | 6 | 3 | 1 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0.00 | 0.93

背番号

代表歴

脚注

  1. ^ 個人年度別成績
  2. ^ “広島が3A変則フォーム右腕助っ人獲り”. nikkansports.com. (2009年11月25日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20091125-569406.html 2009年12月1日閲覧。
  3. ^ ジャンカルロ・アルバラード選手 契約成立! Archived 2009年12月4日, at the Wayback Machine. 広島東洋カープ公式サイト
  4. ^ “ジオ 超ノーコン初回凌いで7勝目!”. スポニチアネックス. (2010年9月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/2010npb/carp5/KFullNormal20100905156.html
  5. ^ 来季の選手契約について”. 横浜DeNAベイスターズ (2012年10月10日). 2012年10月16日閲覧。
  6. ^ 2012年度 自由契約選手”. 日本野球機構 (2012年10月16日). 2012年10月16日閲覧。
  7. ^ PUERTO RICO ROSTER
  8. ^ Rockies sign Giancarlo Alvarado to minor-league deal
  9. ^ Carlo Alvarado sul mound unipol fortitudo
  10. ^ 選手契約のお知らせ
  11. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2012年、178頁。ISBN 978-4-905411-04-8。
  12. ^ “広島の右殺しアルバ、007ビビらせた”. nikkansports.com. (2010年2月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20100209-594200.html 2010年2月11日閲覧。
  13. ^ “ジオに野茂フォーク!外国人枠生き残る”. デイリースポーツonline. (2011年2月17日). http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2011/02/18/0003811261.shtml 2011年2月21日閲覧。
  14. ^ 妻はモデル!広島・アルバラードら入団会見SANSPO.COM
  15. ^ 広島新外国人フィオは卓球打法でV宣言 nikkansports.com
  16. ^ 週刊ベースボール2014年7月21日号97ページ

関連項目

外部リンク

WBCプエルトリコ代表
野球プエルトリコ代表 - 2009 ワールド・ベースボール・クラシック
監督 | 

ホセ・オケンドー


コーチ | 

投手 | 

捕手 | 

内野手 | 

外野手 | 


野球プエルトリコ代表 - 2013 ワールド・ベースボール・クラシック 2 準優勝
監督 | 

エドウィン・ロドリゲス


コーチ | 

投手 | 

捕手 | 

内野手 | 

外野手 | 



ジオ・アルバラードに関するカテゴリ:
  • 広島東洋カープ及び広島カープの選手
  • 横浜DeNAベイスターズ及びその前身球団の選手
  • 在日外国人の野球選手
  • 在日アメリカ人のスポーツ選手
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/07 03:12

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ジャンカルロ・アルバラード」の意味を投稿しよう
「ジャンカルロ・アルバラード」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ジャンカルロ・アルバラードスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ジャンカルロ・アルバラード」のスレッドを作成する
ジャンカルロ・アルバラードの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail