このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ジャンクSPORTSとは?

お願い:スポンサーの記述はしないで下さい。
【ジャンクSPORTS】

【ジャンル】
スポーツ番組 / トーク番組 / バラエティ番組
【企画】
高須光聖(監修兼務) /
渋谷謙太郎(編成企画)
【構成】
高須光聖
ほか
【ディレクター】
宮木正悟・米田唯一・間島陸・城山海周(共にフジテレビ)
【演出】
高橋正尚(フジテレビ)/ 当麻晋三(総合演出、フジテレビ)
【監修】
高須光聖(企画兼務) /
香川春太郎・奥津啓治
(共にスーパーバイザー)
【出演者】
浜田雅功(ダウンタウン)
大橋マキ(フリーアナウンサー)
内田恭子(同上)
永島優美(フジテレビアナウンサー)
金子賢
石垣佑磨
大東俊介
三宅正治(フジテレビアナウンサー)
(小林麻央(フリーアナウンサー))
山崎夕貴(フジテレビアナウンサー)
加藤綾子(元フジテレビアナウンサー/フリーアナウンサー)
ほか
【ナレーター】
伊藤利尋(ゴールデン2期)
【オープニング】
WANIMA「ともに」(ゴールデン2期)
【エンディング】
「zutto-zutto」
Pistol Valve(R and C)
【製作】

【製作総指揮】
中嶋優一(制作統括、ゴールデン2期)
【プロデューサー】
秋元由紀子、村田聡子
吉村忠史・熊谷太助(共にCP)
(以上ゴールデン1期まで)
滝澤美衣奈・橋本英司(共にフジテレビ)/ 星久幸(よしもとスポーツエンタテインメント)、長江康裕(吉本興業)、林敏博(ビーダッシュ)ほか
金井由紀子、村田聡子(キャスティングP)
藤山太一郎(協力P)
吉村忠史・小須田和彦・吉田昇(スポーツP)
蜜谷浩弥(CP)
(以上ゴールデン2期)
【制作】
フジテレビ

【放送】

【音声形式】
ステレオ放送
【放送国・地域】
日本
ジャンクSPORTS

【レギュラー放送【バラパラ枠・第1期】】

【放送期間】
2000年4月11日 - 2003年12月23日
【放送時間】
火曜日 23:00 - 23:30
【放送枠】
バラパラ#火曜日
【放送分】
30分

【レギュラー放送【ゴールデン枠・第1期】】

【放送期間】
2004年1月11日 - 2010年3月21日
【放送時間】
日曜日 19:58 - 20:54
【放送分】
56分

【フジテレビ開局50周年特別企画
日本中が熱くなった歴史的瞬間!!
独占!!スポーツ(秘)映像 今夜限りの解禁SP】

【放送期間】
2010年1月10日
【放送時間】
日曜日 19:58 - 22:24
【放送分】
146分
【回数】
1

【スーパーアスリートが夢の対決!
ジャンクCUP 2010【第1弾】】

【放送期間】
2010年12月28日
【放送時間】
火曜日 19:00 - 22:48
【放送分】
228分
【回数】
2

【NEWジャンクSPORTS トーク復活祭り【第2弾】】

【放送期間】
2011年11月12日
【放送時間】
土曜日 21:00 - 23:10
【放送枠】
土曜プレミアム
【放送分】
130分
【回数】
3

【NEWジャンクSPORTS 浜田×五輪アスリート
ロンドン㊙裏話大収穫祭SP【第3弾】】

【放送期間】
2012年9月17日
【放送時間】
月曜日 19:00 - 20:54
【放送分】
114分
【回数】
4

【NEWジャンクSPORT
浜田×スーパーアスリート=噂の真相飛び出す!SP【第4弾】】

【放送期間】
2013年2月16日
【放送時間】
土曜日 21:00 - 23:10
【放送枠】
土曜プレミアム
【放送分】
130分
【回数】
5

【フジテレビ開局55周年記念
ジャンクSPORTSお宝映像大放出スペシャル【第5弾】】

【放送期間】
2013年10月6日
【放送時間】
日曜日 19:00 - 22:54
【放送分】
234分
【回数】
6

【ジャンクSPORTS 〜2015注目アスリート大集合SP!〜【第6弾】】

【放送期間】
2014年12月30日
【放送時間】
火曜日 21:00 - 23:18
【放送分】
138分
【回数】
7

【ジャンクSPORTS 大相撲SP【第7弾】】

【放送期間】
2015年5月2日
【放送時間】
土曜日 21:00 - 23:10
【放送枠】
土曜プレミアム
【放送分】
130分
【回数】
8

【ジャンクSPORTS 〜新大関・照ノ富士も緊急出演!SP〜【第8弾】】

【放送期間】
2015年6月7日
【放送時間】
日曜日 19:58 - 21:48
【放送分】
110分
【回数】
9

【ジャンクSPORTS 〜こんなの撮れました!新撮映像 アスリートの見たことない瞬間SP〜【第9弾】】

【放送期間】
2015年7月31日
【放送時間】
金曜日 21:00 - 22:52
【放送枠】
金曜プレミアム
【放送分】
112分
【回数】
10

【ジャンクSPORTS 世界と戦う女子アスリートSP!!【第10弾】】

【放送期間】
2015年8月16日
【放送時間】
日曜日 19:58 - 21:48
【放送分】
110分
【回数】
11

【レギュラー放送【ゴールデン枠・第2期】
(2018年1月〜9月)】

【放送期間】
2018年1月28日 - 9月30日
【放送時間】
日曜日 19:00 - 19:57
【放送分】
57分

【レギュラー放送【ゴールデン枠・第2期】
(2018年10月〜)】

【放送期間】
2018年10月7日 -
【放送時間】
日曜日 19:00 - 20:00
【放送分】
60分

ジャンクSPORTS』(ジャンク・スポーツ)は、フジテレビ系列で放送されているスポーツを題材としたトークバラエティ番組2000年(平成12年)4月11日から2010年(平成22年)3月21日までレギュラー放送され、レギュラー終了後は、特別番組として不定期に放送されていたが、2018年(平成30年)1月28日から毎週日曜日19:00 - 20:00 (JST) にて再度、レギュラー放送されている。通称は『ジャンク』『ジャンスポ』。こちらでいう「ジャンク」とは英語で「中毒」のこと。

概要

毎回様々なテーマを決め、ダウンタウン浜田雅功MC陣とゲストのアスリートらがトークを展開する。

また、様々な番組オリジナル競技でアスリートが対決するなどの企画もある。大相撲プロ野球JリーグMLBUEFAなどの知名度の高いスポーツの選手だけでなく普段マスコミではあまり取り上げられない知名度の低いスポーツ選手も恒常的にゲストに呼ぶのが特徴。また「アスリートの奥様」「スポーツマスコミ」「元アスリート芸能人」など、スポーツ関係者を広範に特集するなどとアスリート以外にもスポーツ業界の裏側が見られる事もしばしば。

この番組がきっかけで浜田はフジテレビ・FNS系列のトリノオリンピックの特別キャスターに起用された。内田と当時ダウンタウンなどのマネージャーを務めていた吉本興業社員の木本公敏が2006年1月に結婚した(その後木本・内田夫妻は独立し個人事務所を設立)。

2000年4月11日より、毎週火曜日 23:00 - 23:30(『バラパラ』枠、以下すべてJST)で深夜帯でレギュラー放送開始した。

2004年1月11日より、毎週日曜日 19:58 - 20:54に移動して深夜帯からゴールデンタイムプライムタイム帯へ昇格した。

2006年春期に、6年間レギュラー出演した俳優の金子賢が格闘家へ転身するために降板した。4月23日から俳優の石垣佑磨がレギュラーに加入した。

2006年9月24日は、本来のレギュラー枠はアニメスペシャル『ONE PIECE』となり、前枠の15:56 - 18:40で『ベルリンマラソン』 を予定していたが日本選手の欠場により中止となり、急遽16:00 - 18:00に『秋の大運動会 2時間スペシャル』として放送された。2002年のスペシャル以来となる、全国28局ネットで放送される。

2007年2月4日の放送は、21:00からの『発掘!あるある大事典II』がデータ捏造問題で打ち切られたため、『ジャンクSPORTS』は19:58 - 21:50の枠で放送し、後半部分は過去の未公開VTRなどで補填した。

2007年12月31日の18:30 - 21:00は『第58回NHK紅白歌合戦』の裏番組として『ジャンクSPORTS 2007大晦日スペシャル・浜田のハダカ祭り!!』が放送され、浅尾美和西堀健実がビーチバレー対決第4戦を、「平成教育ジャンクSPORTS学院」と題して『熱血!平成教育学院』のセットを流用したパロディを浜田が学院長、内田が助手、石垣は生徒、長島一茂古閑美保土田晃之本田朋子らが、内藤大助はボクシング対決、をそれぞれ行った。

2008年11月16日に、MCの石垣が暴行容疑で逮捕されて芸能活動を自粛するため、既に収録済みの3週分は編集でカットして放送、その3ヶ月間は浜田・内田の2人体制となった。放送では浜田のバストショットの多用、内田はあまり映さず映す際には画面の両端に帯を入れる、合成で後ろのセットを石垣に被せるなどの編集が行われた。しかしながらわずかに肩や顔が見切れてしまっているシーンもあった。

2009年3月22日は19:00 - 20:54に『WE LOVE SPORTSスペシャル』として、スポーツ大好き芸能人によるトークスペシャルと当日開催された「2009年東京マラソン」に参加した芸能人による振り返りトークが生放送された。また、当日の放送で新MCとして大東俊介(番組に先立ち東京マラソンに参加)が紹介されたことに伴い前任の石垣はそのまま降板となった。

2006年10月15日放送分よりタイトルロゴは従来の『ジャンクSPORTS』のままだが、一部新聞ラ・テ欄の番組名表記がロゴに存在しない「!」を付けて「ジャンクスポーツ!」に変更された。

2009年9月20日の2時間スペシャルは前半の時間が『熱血!平成教育学院』の枠であるため、2番組のコラボレーションで「平成教育ジャンクSPORTS学院」を放送した。

2010年1月23日の一部スポーツ紙に同年3月でレギュラー放送を終了すると報じられる。同年3月21日の2時間スペシャル「ジャンクアワード マル秘映像大賞」放送を以って、深夜時代も含めた約10年間にわたるレギュラー放送は終了し、以後『土曜プレミアム』枠などで改編期などにおける不定期での特番として制作が続けられている。

2018年1月28日から、毎週日曜日 19:00 - 19:57に2010年3月のレギュラー放送終了以来となる約8年ぶりにレギュラー放送が復活(再開後初回は19:00 - 21:54に3時間SP)。メインMCは、これまで通り浜田、女性MC(レギュラー3代目)には、永島優美(フジテレビアナウンサー)が務める。4代目のサブMCは不在になった。そして、発言テロップ等は同局の番組『VS嵐』と同じ演出になった。ナレーターは伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)が務める。また、フジテレビ系列の日曜19時台がレギュラー放送のバラエティ番組枠になるのは『日本語探Qバラエティ クイズ!それマジ!?ニッポン』以来の約3年ぶりとなる。なお『それマジ!?』以来4年間続いた、直前番組『サザエさん』からのジャンクションは、当番組より廃止された。

2018年10月からは20時台のフライングスタートが廃止されて、20:00終了となった。

2020年4月、放送開始20周年を迎える予定。

出演者

メインMC

立ち位置は右側。レギュラー放送から特番まですべてに於いて出演。

サブMC

立ち位置は中央。基本的にはあまり喋らない・トークに加わらないキャラクター設定となっている。

レギュラー降板後は、最終回の2010年3月21日でクイズの回答者として久々に出演したが、MC当時同様喋らないキャラであった。
かつて同じ立ち位置にいた後述の金子や石垣はトークに殆ど参加せず、喋らないMCというキャラを確立していた(どちらかと言えば、スペシャルなどの対決モノで活躍することが多かった)。大東は稀にアスリートに質問を振る機会があり金子・石垣に比べてトークにもある程度参加しているが、スポーツファンタスティックなどのロケ企画を中心に活躍している。

進行

立ち位置は左側。

基本の番組進行は浜田、女性アシスタント(大橋マキ → 内田恭子)、男性レギュラー(金子賢→石垣佑磨→大東俊介)の3名で行っているが“司会”と肩書がテロップで表示されているのは番組開始以来、長らく浜田のみであった。画面向かって中央にいる男性レギュラーには肩書なし、向かって左にいる女性アナには担当しているスポーツニュース番組のキャスターという旨の肩書(例:“『すぽると!』キャスター”)がつけられていたが内田は『すぽると!』降板後の2006年4月9日以降肩書なしとなり、テロップのバランスが少し悪くなってしまった。
2006年11月頃からテロップが一新。肩書の表記が「司会」から「MC」に変更され、その肩書は浜田ではなく内田につけられた。
ゲストとのトークの時、司会の浜田と男性レギュラー(金子→石垣→大東)は椅子に座っているが内田は立って進行している。

コーナー出演者

主なコーナー

スポーツファンタスティック

アスリートに聞きました!

ファンタスティックストーリー

2018年の復活後はクロストークの他に以下のコーナーも実施している。

ジャンクマッチ

ウォールダッシュ

【】
【挑戦者】
タイム
デモンストレーション | 野中生萌 | 7.87
1 | 羽根田卓也 | 12.04
2 | 藤光謙司 | 17.61
3 | 吉村真晴 | 14.27
4 | 槙野智章 | 17.88

マン振りドラコンバトル

なお、解説に戸張捷が務めている。

プレイヤー
1球目
2球目
3球目
ホラニ龍コリニアシ | 222Y | 108Y | 251Y
柏村亮太 | 269Y | 267Y | 303Y
山本隆弘 | 256Y | 270Y | 246Y
山崎武司 | 267Y | 279Y | 276Y
石井一久 | 267Y | 245Y | 222Y
山川穂高 | 249Y | 251Y | 268Y

ラウンドシューティング

プレイヤー
ゴール数
浜田記録
槙野智章
(サッカー) | 3 | 3
小平智
(ゴルフ) | 3 | 1
今永昇太
(野球・ピッチング) | 6 | 2
内川聖一
(野球・ティーバッティング) | 2 | なし
プレイヤー
ゴール数
永井花奈
(ゴルフ) | 1
桑原将忘
(野球・ティーバッティング) | 2

神を止めろドリブル対決

挑戦者
勝敗
浜田雅功 | 敗北
鈴木尚広 | 敗北
秋山翔吾 | 勝利

バンカー高跳び選手権

プレイヤー
1m80cm
2m
薗田峻輔 | 失敗 | 
小鯛竜也 | 失敗 | 
稲森佑貴 | クリア | 失敗
深堀圭一郎 | 失敗 | 
星野隆也 | 失敗 | 
時松隆光 | クリア | 失敗
今平周吾 | クリア | クリア
石川遼 | 失敗 | 

その後エキシビションとして優勝した今平も含め5人が3mの壁に挑戦している(一部地域を除く)。

プレイヤー
3m
今平周吾 | クリア
小鯛竜也 | クリア
深堀圭一郎 | クリア
星野隆也 | 失敗

シュートスピードチャレンジ

チャレンジャー
記録
高原直泰 | 80km/h
稲本潤一 | 98km/h
駒野友一 | 105km/h
巻誠一郎 | 108km/h
岡野雅行 | 99km/h

スポーツ奥の奥

放送日
ゲスト※50音順
テーマ
2018年2月11日 | 石井一久、GG佐藤谷繋元信星野伸之 | プロ野球の戦力外
2018年2月18日
2018年2月25日
2018年3月11日 | 石井一久、千葉真子長塚智広中西悠子 | ドーピング
2018年3月18日
2018年6月10日 | 北澤豪武田修宏土田晃之松木安太郎 | 本田圭佑
2018年6月17日 | 石井一久、高橋尚成仁志敏久真中満 | 大谷翔平

浜田大明神

概要

元々、2006年に浜田が初めてF1観戦をしたハンガリーグランプリホンダ所属のジェンソン・バトンが優勝し「浜田が行けば奇跡がおこる」という神話がはじまりである。その後、ホンダ以外にもトヨタスーパーアグリらのチームが浜田神話を信じるようになった。こうした声に応えるような形で、2007年のF1シーズンに浜田の顔を模した地蔵(当時は「浜田地蔵」と呼んでいた)をつくったのが始まり。このお地蔵様を、後に「浜田大明神」と呼ぶようになる。そのスーパーアグリは浜田地蔵を拝みジャンクのステッカーを車体に貼って同年のスペイングランプリに出場し、初のポイント獲得となった。

こうしたご利益が多く生み出されたことからその後F1以外のアスリートにも広まり、これまでに多くのアスリートが浜田大明神にお願い事をしている。

一般視聴者向けにも2007年末に「浜田大明神ストラップ」「浜田大明神ミニタオル」などのグッズを展開し、100種類以上のグッズが存在する。これらのグッズは、フジテレビのオンラインショップやフジテレビオフィシャルショップ(お台場本社、東京駅一番街内「東京キャラクターストリート」)及び浜田大明神出張イベントなどで購入可能であった。2008年10月には期間限定で、ファミリーマートで「浜田大明神スタミナカツ弁当」を発売した。また、フジテレビの夏イベント(お台場冒険王お台場合衆国)や各種出張イベントで拝観が可能であった。

2018年のレギュラー放送復活後は、MC席の右隣(かつて、前述の「フサイチジャンク」のゼッケンが飾られていた場所)に設置されている。

大明神からのお告げ

お賽銭を入れると「心を込めて願いなさい!」と浜田の声がするので、その後に願い事を言う。願い事を聞いた後、以下のようなパターンでお告げがある。願いが叶いやすいと思われるパターンから順に列挙する。

番組で生まれた種目

グルグルフラッグス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/05 08:12

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ジャンクSPORTS」の意味を投稿しよう
「ジャンクSPORTS」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ジャンクSPORTSスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ジャンクSPORTS」のスレッドを作成する
ジャンクSPORTSの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail