このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ジョン・ピアースとは?

【基本情報】

【国籍】
オーストラリア
【出身地】
同・メルボルン
【居住地】
同・メルボルン
【生年月日】
(1988-07-25) 1988年7月25日(31歳)
【身長】
188cm
【体重】
84kg
【利き手】

【バックハンド】
両手打ち
【ツアー経歴】

【デビュー年】
2011年
【生涯通算成績】
12勝
【ダブルス】
12勝
【生涯獲得賞金】
3,798,686 アメリカ合衆国ドル
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
優勝(2017)
全仏
3回戦(2014・15)
全英
準優勝(2015)
全米
準優勝(2015)
【優勝回数】
1(豪1)
【4大大会最高成績・混合ダブルス】

全豪
ベスト8(2015)
全仏
ベスト8(2015)
全英
ベスト8(2013)
全米
ベスト8(2014)
【キャリア自己最高ランキング】

【シングルス】
456位(2012年6月11日)
【ダブルス】
2位(2017年4月3日)
2017年5月24日現在
テンプレート プロジェクト テニス

ジョン・ピアース(John Peers, 1988年7月25日 - )は、オーストラリアの男子プロテニス選手。メルボルン出身で同地に在住。ダブルスで12勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス456位、ダブルス2位。身長188cm、体重84kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。2016年ATPワールドツアー・ファイナル男子ダブルス、2017年全豪オープン男子ダブルス優勝。

目次

  • 1 来歴
  • 2 グランドスラム優勝
    • 2.1 男子ダブルス: 1
  • 3 ATPツアー決勝進出結果
    • 3.1 ダブルス: 20回 (11勝9敗)
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

来歴

2015年はジェイミー・マレーと組んでウィンブルドン選手権全米オープンで準優勝。

2016年はヘンリ・コンティネンと組み、上海マスターズで準優勝、BNPパリバ・マスターズでは決勝で世界ランク1,2位のエルベール/マユを破り優勝。ATPワールドツアー・ファイナルでもラウンドロビンを全勝で通過し、準決勝でブライアン兄弟を、決勝でクラーセン/ラム組を破って優勝を果たし、ダブルスの世界ランキングで個人8位、チーム4位で2016年を終えた。

2017年全豪オープン男子ダブルスでは同じくコンティネンと組み決勝進出。決勝でブライアン兄弟に7-5, 7-5で勝利し、グランドスラム男子ダブルス初優勝を果たす。

グランドスラム優勝

男子ダブルス: 1

結果 |  | 大会 | サーフェス | パートナー | 相手l | スコア
優勝 | 2017 | 全豪オープン | ハード |  ヘンリ・コンティネン |  ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン | 7-5, 7–5

ATPツアー決勝進出結果

ダブルス: 20回 (11勝9敗)

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 | 1. | 2013年4月13日 |  ヒューストン | クレー |  ジェイミー・マレー |  ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン | 1–6, 7–6, [12–10]
優勝 | 2. | 2013年7月28日 |  グシュタード | クレー |  ジェイミー・マレー |  パブロ・アンドゥハール
ギリェルモ・ガルシア=ロペス | 6–3, 6–4
優勝 | 3. | 2013年9月30日 |  バンコク | ハード
(室内) |  ジェイミー・マレー |  トマシュ・ベドナレク
ヨハン・ブルンストロム | 6-3, 3-6, [10-6]
準優勝 | 1. | 2013年10月6日 |  東京 | ハード |  ジェイミー・マレー |  エドゥアール・ロジェ=バセラン
ロハン・ボパンナ | 6–7(7), 4–6
優勝 | 4. | 2014年5月4日 |  ミュンヘン | クレー |  ジェイミー・マレー |  コリン・フレミング
ロス・ハッチンス | 6–4, 6–2
準優勝 | 2. | 2014年6月16日 |  ロンドン | 芝 |  ジェイミー・マレー |  アレクサンダー・ペヤ
ブルーノ・ソアレス | 6–4, 6–7(4), [4–10]
準優勝 | 3. | 2014年8月23日 |  ウィンストン・セーラム | ハード |  ジェイミー・マレー |  フアン・セバスティアン・カバル
ロベルト・ファラ | 3–6, 4–6
準優勝 | 4. | 2014年9月27日 |  クアラルンプール | ハード
(室内) |  ジェイミー・マレー |  マルチン・マトコフスキ
リーンダー・パエス | 6–3, 6–7(5), [5–10]
優勝 | 5. | 2015年1月11日 |  ブリスベン国際 | ハード |  ジェイミー・マレー |  錦織圭
アレクサンドル・ドルゴポロフ | 6–3, 7–6(7–4)
準優勝 | 5. | 2015年2月15日 |  ロッテルダム | ハード
(室内) |  ジェイミー・マレー |  ホリア・テカウ
ジャン=ジュリアン・ロジェ | 6–3, 3–6, [8–10]
準優勝 | 6. | 2015年4月26日 |  バルセロナ | クレー |  ジェイミー・マレー |  マリン・ドラガニャ
ヘンリ・コンティネン | 3–6, 7–6(8–6), [9–11]
準優勝 | 7. | 2015年7月11日 |  ウィンブルドン | 芝 |  ジェイミー・マレー |  ホリア・テカウ
ジャン=ジュリアン・ロジェ | 6-7(5), 4-6, 4-6
優勝 | 6. | 2015年8月2日 |  ハンブルク | クレー |  ジェイミー・マレー |  フアン・セバスティアン・カバル
ロベルト・ファラ | 2–6, 6–3, [10–8]
準優勝 | 8. | 2015年9月13日 |  全米オープン | ハード |  ジェイミー・マレー |  ニコラ・マユ
ピエール=ユーグ・エルベール | 4–6, 4–6
優勝 | 7. | 2016年1月10日 |  ブリスベン国際 | ハード |  ヘンリ・コンティネン |  ジェームズ・ダックワース
クリス・グッチョーネ | 7-6, 6-1
優勝 | 8. | 2016年5月1日 |  ミュンヘン | クレー |  ヘンリ・コンティネン |  フアン・セバスティアン・カバル
ロベルト・ファラ | 6–3, 3–6, [10–7]
優勝 | 9. | 2016年7月17日 |  ハンブルク | クレー |  ヘンリ・コンティネン |  ダニエル・ネスター
アイサム=ウル=ハク・クレシ | 7–5, 6–3]
準優勝 | 9. | 2016年10月16日 |  上海 | ハード |  ヘンリ・コンティネン |  ジャック・ソック
ジョン・イズナー | 4–6, 4–6
優勝 | 10. | 2016年11月6日 |  パリ | ハード(室内) |  ヘンリ・コンティネン |  ピエール=ユーグ・エルベール
ニコラ・マユ | 6–4, 3–6, [10–6]
優勝 | 11. | 2016年11月20日 |  ロンドン | ハード(室内) |  ヘンリ・コンティネン |  レイベン・クラーセン
ラジーブ・ラム | 6–4, 3–6, [10–6]
優勝 | 12. | 2017年1月28日 |  全豪オープン | ハード |  ヘンリ・コンティネン |  ボブ・ブライアン
マイク・ブライアン | 7-5, 7-5

脚注

外部リンク

全豪オープン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
1960年代 | 

1970年代 | 
  • 70 スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • 71 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
  • 72 ケン・ローズウォール&オーウェン・デビッドソン
  • 73 ジョン・ニューカム&マルコム・アンダーソン
  • 74 ロス・ケース&ジェフ・マスターズ
  • 75 ジョン・アレクサンダー&フィル・デント
  • 76 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
  • 77.1 アーサー・アッシュ&トニー・ローチ
  • 77.12 レイ・ラッフェルズ&アラン・ストーン
  • 78 ヴォイチェフ・フィバク&キム・ウォーウィック
  • 79 ピーター・マクナマラ&ポール・マクナミー

  • 1980年代 | 
  • 80 マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • 81 マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • 82 ジョン・アレクサンダー&ジョン・フィッツジェラルド
  • 83 マーク・エドモンドソン&ポール・マクナミー
  • 84 マーク・エドモンドソン&シャーウッド・スチュワート
  • 85 ポール・アナコーン&クリスト・バン・レンスバーグ
  • 86 大会開催なし
  • 87 ステファン・エドベリ&アンダース・ヤリード
  • 88 リック・リーチ&ジム・ピュー
  • 89 リック・リーチ&ジム・ピュー

  • 1990年代 | 
  • 90 ピーター・アルドリッチ&ダニー・ヴィッサー
  • 91 スコット・デービス&デビッド・ペイト
  • 92 マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • 93 ダニー・ヴィッサー&ローリー・ウォーダー
  • 94 ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • 95 ジャレッド・パーマー&リッチー・レネバーグ
  • 96 ステファン・エドベリ&ペトル・コルダ
  • 97 マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • 98 ヤッコ・エルティン&ヨナス・ビョルクマン
  • 99 ヨナス・ビョルクマン&パトリック・ラフター

  • 2000年代 | 
  • 00 リック・リーチ&エリス・フェレイラ
  • 01 ヨナス・ビョルクマン&トッド・ウッドブリッジ
  • 02 マーク・ノールズ&ダニエル・ネスター
  • 03 ファブリス・サントロ&ミカエル・ロドラ
  • 04 ファブリス・サントロ&ミカエル・ロドラ
  • 05 ウェイン・ブラック&ケビン・ウリエット
  • 06 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 07 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 08 ジョナサン・エルリック&アンディ・ラム
  • 09 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン

  • 2010年代 | 
  • 10 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 11 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 12 リーンダー・パエス&ラデク・ステパネク
  • 13 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 14 ルカシュ・クボット&ロベルト・リンドステット
  • 15 ファビオ・フォニーニ&シモーネ・ボレッリ
  • 16 ジェイミー・マリー&ブルーノ・ソアレス
  • 17 ヘンリ・コンティネン&ジョン・ピアース
  • 18 オリバー・マラチ&マテ・パビッチ
  • 19 ピエール=ユーグ・エルベール&ニコラ・マユ

  • 全豪テニス選手権(1905–1968)男複 || 男単 ・ 女単 | 女複 ・ 混複

    テニス世界ランキングトップ10(2019年全米オープン終了時 2019年9月9日付)
    ATP シングルス | ATP ダブルス | WTA シングルス | WTA ダブルス
    1. ノバク・ジョコビッチ
    2. ラファエル・ナダル
    3. ロジャー・フェデラー
    4. ダニール・メドベージェフ
    5. ドミニク・ティーム
    6. アレクサンダー・ズベレフ
    7. ステファノス・チチパス
    8. 錦織圭
    9. カレン・ハチャノフ
    10. ロベルト・バウティスタ・アグート
     | 
    1. フアン・セバスチャン・カバル
    2. ロベルト・ファラ
    3. オラシオ・セバジョス
    4. ルカシュ・クボット
    5. マルセロ・メロ
    6. マイク・ブライアン
    7. ニコラ・マウー
    8. レイベン・クラーセン
    9. マルセル・グラノリェルス
    10. マイケル・ヴィーナス
     | 
    1. アシュリー・バーティ
    2. カロリナ・プリスコバ
    3. エリナ・スビトリナ
    4. 大坂なおみ
    5. ビアンカ・アンドレースク
    6. シモナ・ハレプ
    7. ペトラ・クビトバ
    8. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/10/18 03:12

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ジョン・ピアース」の意味を投稿しよう
    「ジョン・ピアース」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ジョン・ピアーススレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ジョン・ピアース」のスレッドを作成する
    ジョン・ピアースの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail