このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ジョン・マグローとは?

ジョン・マグロー
John McGraw
ジョン・マグロー(1910年)

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
アメリカ合衆国
ニューヨーク州トラクストン
【生年月日】
1873年4月7日
【没年月日】
(1934-02-25) 1934年2月25日(60歳没)
【身長
体重】
5' 7" =約170.2 cm
155 lb =約70.3 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投左打
【ポジション】
内野手
【初出場】
1891年4月26日
【最終出場】
1906年9月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アメリカ野球殿堂
殿堂表彰者

【選出年】
1937年
【選出方法】
ベテランズ委員会選出
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ジョン・マグロー(John Joseph McGraw, 1873年4月7日 - 1934年2月25日) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州トラクストン出身のプロ野球選手(三塁手)、プロ野球監督。右投げ左打ち。

ニックネームは"Muggsy"(マグジー)、"Little Napoleon"(リトル・ナポレオン)。監督として2700勝以上を上げ、ニューヨーク・ジャイアンツを10度のリーグ制覇に導いた。勝利至上主義の独裁的な「猛将」として知られている。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 選手時代(1891~1903年)
    • 1.2 監督時代(1899~1932年)
    • 1.3 引退後
    • 1.4 勝利至上主義と戦術の考案
  • 2 人物
  • 3 詳細情報
    • 3.1 打撃成績
    • 3.2 獲得タイトル・記録
    • 3.3 監督としての戦績
    • 3.4 記録等
  • 4 関連項目
  • 5 外部リンク

経歴

選手時代(1891~1903年)

1891年アメリカン・アソシエーションのボルチモア・オリオールズに18歳の時入団する。同年リーグ消滅に伴いチームはナショナルリーグに移籍、マグローは3年目の1893年から真価を発揮し始める。チームメイトだったウィリー・キーラー同様、マグローは地面に叩きつけて俊足で内野安打を稼ぐ『ボルチモア・チョップ』の使い手となり、長打は少ないものの高い打率を維持する。また四球をよく選ぶスタイルだったこともあり、打率はこの年以降9年続けて3割を超え、出塁率は23試合しか出場しなかった1896年を除いて、1902年まで毎年.450以上を記録していた。1899年には、前任のネッド・ハンロンの後をついでオリオールズの兼任監督となったが、この年はマグロー本人の打率も.391、出塁率は.547にもなった。

1899年に率いていたボルチモア球団が解散、1年だけセントルイスに在籍した後、1901年に新設されたアメリカンリーグに移る。しかしそこでも当時のリーグ顧問だったバン・ジョンソンとの関係が悪くなったことをきっかけに、同年ニューヨーク・ジャイアンツに移籍する。ジャイアンツでは1906年まで試合に出ていたが、1903年以降はほぼ監督に専念していた。

監督時代(1899~1932年)

1905年のワールドシリーズ

1899年に、マグローは25歳でボルチモア・オリオールズの監督を兼任する。チーム自身は前年に主力の選手を大量に引き抜かれていたものの、リーグ4位の健闘を見せた。ニューヨーク・ジャイアンツ移籍後は、1903年に前年最下位だったチームを2位に躍進させ、1904,1905年と2年続けてリーグを制覇する。1904年リーグ制覇の際は、ワールドシリーズでのボストン・アメリカンズ(現レッドソックス)との対戦を拒否し、シリーズが開催されなかった。


1911年のワールドシリーズでジャイアンツ選手のクリスティ・マシューソン
1912年のワールドシリーズボストン・レッドソックスのジェイク・スタール監督と握手

ニューヨーク・ジャイアンツは、その後1911年からの3連覇、1921年からのリーグ4連覇を含め、マグロー監督時代に計10回のリーグ制覇を成し遂げる。1913年には、当時のニューヨーク・ジャイアンツとシカゴ・ホワイトソックスの選手を中心とした世界周遊チームを率い、同年12月に来日、親善試合を行った。

ジャイアンツ監督在任期間は30年に及ぶが、その間チームがAクラス(上位4位まで)になれなかったのは、1902年、1915年、1926年、1932年のわずか4回だけであった。1919年からはジャイアンツのオーナー、またゼネラルマネジャーも兼任していた(現在はオーナーが監督を行うことは禁止されている)。またマグローは、選手時代のものも合わせ、計131回の退場処分を受けている。この数は2007年にボビー・コックス(アトランタ・ブレーブス監督)が更新するまで、メジャーリーグ最多だった。

引退後

1932年シーズン終了後、ジャイアンツの監督をビル・テリーに譲って退任。このときはニューヨーク・タイムズでも一面トップとして報じられた。翌1933年、周囲の依頼もあって、シカゴコミスキー・パークにて開催された第1回オールスターゲームで、1試合だけ復帰してナショナルリーグの指揮を取った。それからわずか1年経った1934年ニューヨーク州ニューロシェル脳内出血のため60歳で死去した。

死後、1937年アメリカ野球殿堂入りした。なお、マグローの死後、彼の所有物の中からは、契約したがっていたアフリカ系アメリカ人選手の一覧が発見されている。

また、ジャイアンツもマグローの功績をたたえ、マグロー在籍時は背番号導入前ということから、当時のフランチャイズであるニューヨークの二文字『NY』として、クリスティ・マシューソンとともに永久欠番に顕彰されている。

勝利至上主義と戦術の考案

マグローは選手当時から、「勝てばいいんだ」と公言していて、勝ちへのこだわりから様々な戦術を考案したことでも知られている。現役時代、相手選手が三塁を廻ろうとする際には、必ずベースの内側に立ち、またタッチアップしようとする選手のベルトを引っ張ったりしていた。本塁突入の際には体当たりを忘れなかったという。

選手時代に所属していたボルチモア・オリオールズは、1894年からリーグを3連覇したが、そこでは当時のボルチモアの監督ネッド・ハンロンとマグローによって様々な戦術が生み出された。例えば、外野手からの返球を内野手が中継する『カットオフ・プレー』を始めたのは、この時期のオリオールズが最初である。地面にボールを叩きつけて内野安打を稼ぐ『ボルチモア・チョップ』は、同年チームに移籍してきたウィリー・キーラーの発案を生かしたものだった(ウィリー・キーラーの項を参照)。ヒットエンドランは、以前ホワイトストッキングスのキング・ケリーキャップ・アンソンが得意としていたプレーを元に戦術として完成させたものである。初めてこの戦術を使った対ジャイアンツとの試合では、13回試みて全て成功させ、対戦相手の監督モンテ・ウォードが「こんな野球があってたまるか」とナショナルリーグ事務局に提訴した、というエピソードも残っている。

戦術の中には、半ば『悪知恵』とも言えるものもある。例えば、相手チームのバントがことごとくファウルになるよう、グラウンドキーパーに命じて、フィールドの三塁線沿いに傾斜をこしらえさせた。また、本拠地の外野の芝生の丈を深くするよう指示した。これは外野の芝の中に1、2個ボールを隠し、外野へ長打が飛んだとき、隠してあったボールを偽って内野手に送球するためだったという。ただ、偽球が中継された後に外野手が本物のボールを送球してしまったりして、この策略は長続きしなかった。

人物

映画『フィールド・オブ・ドリームス』に登場するムーンライト・グラハムは、マグロー監督下のジャイアンツで1905年に1試合だけ守備に出場した選手である。

1911年のシーズン途中、マグローは、チャーリー・ヴィクター・ファウスト(ビクトリー・ファウスト)という男と出会う。ファウストは「君がジャイアンツに加われば、ジャイアンツは優勝する」と易者から予言されたのだという。マグローは、野球選手でも何でもなかったこの男の言葉を信じ、8月11日のゲームから彼を本当にベンチに入れるようになった。同年のジャイアンツは彼の言う通り、残り50試合で40勝という終盤の快進撃を演じ、あっさりと優勝してしまった。ファウストはチームの「お守り」として1913年まで帯同し、この間ジャイアンツはリーグを3連覇している。

1901年史上初めて、ネイティブアメリカンであるチャーリー・グラントを選手登録し、試合応援のためにネイティブが押し寄せた。しかし、当時は有色人種の選手は認められていなかったため、登録を抹消された。また、1905年には日系アメリカ人シュンゾウ・スギモトを勧誘したもの、人種差別により入団がかなわなかったというエピソード残っている。

詳細情報

打撃成績




【球

団】


































































O
P
S

1891 | BAL
BLN
 | 33 | 131 | 115 | 17 | 31 | 3 | 5 | 0 | 44 | 14 | 4 |  |  |  | 12 |  | 4 | 17 |  | .270 | .359 | .383 | .741
1892 | 79 | 324 | 286 | 41 | 77 | 13 | 2 | 1 | 97 | 26 | 15 |  |  |  | 32 |  | 6 | 21 |  | .269 | .355 | .339 | .694
1893 | 127 | 597 | 480 | 123 | 154 | 9 | 10 | 5 | 198 | 64 | 38 |  |  |  | 101 |  | 16 | 11 |  | .321 | .454 | .413 | .866
1894 | 124 | 630 | 512 | 156 | 174 | 18 | 14 | 1 | 223 | 92 | 78 |  | 14 |  | 91 |  | 13 | 12 |  | .340 | .451 | .436 | .887
1895 | 96 | 459 | 388 | 110 | 143 | 13 | 6 | 2 | 174 | 48 | 61 |  | 6 |  | 60 |  | 5 | 9 |  | .369 | .459 | .448 | .908
1896 | 23 | 90 | 77 | 20 | 25 | 2 | 2 | 0 | 31 | 14 | 13 |  | 0 |  | 11 |  | 2 | 4 |  | .325 | .422 | .403 | .825
1897 | 106 | 507 | 391 | 90 | 127 | 15 | 3 | 0 | 148 | 48 | 44 |  | 8 |  | 99 |  | 9 | 14 |  | .325 | .471 | .379 | .849
1898 | 143 | 652 | 515 | 143 | 176 | 8 | 10 | 0 | 204 | 53 | 43 |  | 6 |  | 112 |  | 19 | 13 |  | .342 | .475 | .396 | .871
1899 | 117 | 539 | 399 | 140 | 156 | 13 | 3 | 1 | 178 | 33 | 73 |  | 2 |  | 124 |  | 14 | 21 |  | .391 | .547 | .446 | .994
1900 | STL | 99 | 447 | 334 | 84 | 115 | 10 | 4 | 2 | 139 | 33 | 29 |  | 5 |  | 85 |  | 23 | 9 |  | .344 | .505 | .416 | .921
1901 | BLA | 73 | 308 | 232 | 71 | 81 | 14 | 9 | 0 | 113 | 28 | 24 |  | 1 |  | 61 |  | 14 | 7 |  | .349 | .508 | .487 | .995
1902 | 20 | 84 | 63 | 14 | 18 | 3 | 2 | 1 | 28 | 3 | 5 |  | 2 |  | 17 |  | 2 | 7 |  | .286 | .451 | .444 | .896
NYG | 35 | 139 | 107 | 13 | 25 | 0 | 0 | 0 | 25 | 5 | 7 |  | 2 |  | 26 |  | 4 | 11 |  | .234 | .401 | .234 | .635
'02計 55 | 223 | 170 | 27 | 43 | 3 | 2 | 1 | 53 | 8 | 12 |  | 4 |  | 43 |  | 6 | 18 |  | .253 | .420 | .312 | .732
1903 | 12 | 15 | 11 | 2 | 3 | 0 | 0 | 0 | 3 | 1 | 1 |  | 0 |  | 1 |  | 3 | 0 |  | .273 | .467 | .273 | .739
1904 | 5 | 15 | 12 | 0 | 4 | 0 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0 |  | 0 |  | 3 |  | 0 | 0 |  | .333 | .467 | .333 | .800
1905 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 |  | 0 |  | 0 |  | 0 | 0 |  | -- | -- | -- | --
1906 | 4 | 3 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 |  | 0 |  | 1 |  | 0 | 0 |  | .000 | .333 | .000 | .333
通算:16年 1099 | 4940 | 3924 | 1024 | 1309 | 121 | 70 | 13 | 1609 | 462 | 436 |  | 46 |  | 836 |  | 134 | 156 |  | .334 | .466 | .410 | .876

獲得タイトル・記録

監督としての戦績

※順位は年度最終順位

【年度】
【チーム】
【リーグ】
【試合】
【勝利】
【敗戦】
【勝率】
【順位】
備考
1899 | BAL | NL | 152 | 86 | 62 | .581 | 4位
1901 | BAL | AL | 135 | 68 | 65 | .511 | 5位
1902 | 58 | 26 | 31 | .456 | 8位 | 開幕~6月28日
NYG | NL | 65 | 25 | 38 | .397 | 8位 | 7月19日~
1903 | 142 | 84 | 55 | .604 | 2位 | 
1904 | 158 | 106 | 47 | .693 | 1位 | 
1905 | 155 | 105 | 48 | .686 | 1位 | WS優勝
1906 | 153 | 96 | 56 | .632 | 2位 | 
1907 | 154 | 82 | 70 | .539 | 4位 | 
1908 | 157 | 98 | 56 | .636 | 2位 | 
1909 | 158 | 92 | 61 | .601 | 3位 | 
1910 | 155 | 91 | 63 | .591 | 2位 | 
1911 | 154 | 99 | 54 | .647 | 1位 | 
1912 | 154 | 103 | 48 | .682 | 1位 | 
1913 | 156 | 101 | 51 | .664 | 1位 | 
1914 | 156 | 84 | 70 | .545 | 2位 | 
1915 | 155 | 69 | 83 | .454 | 8位 | 
1916 | 155 | 86 | 66 | .566 | 4位 | 
1917 | 158 | 98 | 56 | .636 | 1位 | 
1918 | 124 | 71 | 53 | .573 | 2位 | 
1919 | 140 | 87 | 53 | .621 | 2位 | 
1920 | 155 | 86 | 68 | .558 | 2位 | 
1921 | 153 | 94 | 59 | .614 | 1位 | WS優勝
1922 | 156 | 93 | 61 | .604 | 1位 | WS優勝
1923 | 153 | 95 | 58 | .621 | 1位 | 
1924 | 110 | 61 | 48 | .560 | 1位 | 開幕~5月20日、7月8日~
1925 | 120 | 65 | 55 | .542 | 2位 | 開幕~5月2日、6月9日~
1926 | 151 | 74 | 77 | .490 | 5位 | 
1927 | 122 | 70 | 52 | .574 | 3位 | 開幕~8月30日
1928 | 155 | 93 | 61 | .604 | 2位 | 
1929 | 152 | 84 | 67 | .556 | 3位 | 
1930 | 154 | 87 | 67 | .565 | 3位 | 
1931 | 153 | 87 | 65 | .572 | 2位 | 
1932 | 40 | 17 | 23 | .425 | 6位 | 開幕~6月1日
【通 算】
【4768】
【2763】
【1947】
.587

記録等

関連項目

外部リンク

  1. ^ ベースボール・マガジン社 週刊ベースボール増刊 大リーグ永久欠番物語 p15(2013年4月24日発行) B00CBKHMGW
アメリカ野球殿堂表彰者 監督


ワールドシリーズ優勝監督
1900年代 | 

1910年代 | 
  • 10 コニー・マック
  • 11 コニー・マック
  • 12 ジェイク・スタル
  • 13 コニー・マック
  • 14 ジョージ・ストーリングス
  • 15 ビル・キャリガン
  • 16 ビル・キャリガン
  • 17 パンツ・ローランド
  • 18 エド・バロー
  • 19 パット・モラン

  • 1920年代 | 
  • 20 トリス・スピーカー
  • 21 ジョン・マグロー
  • 22 ジョン・マグロー
  • 23 ミラー・ハギンス
  • 24 バッキー・ハリス
  • 25 ビル・マケシュニー
  • 26 ロジャース・ホーンスビー
  • 27 ミラー・ハギンス
  • 28 ミラー・ハギンス
  • 29 コニー・マック

  • 1930年代 | 
  • 30 コニー・マック
  • 31 ガビー・ストリート
  • 32 ジョー・マッカーシー
  • 33 ビル・テリー
  • 34 フランキー・フリッシュ
  • 35 ミッキー・カクレーン
  • 36 ジョー・マッカーシー
  • 37 ジョー・マッカーシー
  • 38 ジョー・マッカーシー
  • 39 ジョー・マッカーシー

  • 1940年代 | 
  • 40 ビル・マケシュニー
  • 41 ジョー・マッカーシー
  • 42 ビリー・サウスワース
  • 43 ジョー・マッカーシー
  • 44 ビリー・サウスワース
  • 45 スティーブ・オニール
  • 46 エディー・ダイアー
  • 47 バッキー・ハリス
  • 48 ルー・ブードロー
  • 49 ケーシー・ステンゲル

  • 1950年代 | 
  • 50 ケーシー・ステンゲル
  • 51 ケーシー・ステンゲル
  • 52 ケーシー・ステンゲル
  • 53 ケーシー・ステンゲル
  • 54 レオ・ドローチャー
  • 55 ウォルター・オルストン
  • 56 ケーシー・ステンゲル
  • 57 フレッド・ハニー
  • 58 ケーシー・ステンゲル
  • 59 ウォルター・オルストン

  • 1960年代 | 
  • 60 ダニー・マートー
  • 61 ラルフ・ハック
  • 62 ラルフ・ハック
  • 63 ウォルター・オルストン
  • 64 ジョニー・ケイン
  • 65 ウォルター・オルストン
  • 66 ハンク・バウアー
  • 67 レッド・ショーエンディーンスト
  • 68 マヨ・スミス
  • 69 ギル・ホッジス

  • 1970年代 | 
  • 70 アール・ウィーバー
  • 71 ダニー・マートー
  • 72 ディック・ウィリアムズ
  • 73 ディック・ウィリアムズ
  • 74 アルヴィン・ダーク
  • 75 スパーキー・アンダーソン
  • 76 スパーキー・アンダーソン
  • 77 ビリー・マーチン
  • 78 ビリー・マーチン
  • 79 チャック・タナー

  • 1980年代 | 
  • 80 ダラス・グリーン
  • 81 トミー・ラソーダ
  • 82 ホワイティ・ハーゾグ
  • 83 ジョー・アルトベリ
  • 84 スパーキー・アンダーソン
  • 85 ディック・ハウザー
  • 86 デービー・ジョンソン
  • 87 トム・ケリー
  • 88 トミー・ラソーダ
  • 89 トニー・ラルーサ

  • 1990年代 | 
  • 90 ルー・ピネラ
  • 91 トム・ケリー
  • 92 シト・ガストン
  • 93 シト・ガストン
  • 94 開催中止
  • 95 ボビー・コックス
  • 96 ジョー・トーリ
  • 97 ジム・リーランド
  • 98 ジョー・トーリ
  • 99 ジョー・トーリ

  • 2000年代 | 
  • 00 ジョー・トーリ
  • 01 ボブ・ブレンリー
  • 02 マイク・ソーシア
  • 03 ジャック・マキーオン
  • 04 テリー・フランコーナ
  • 05 オジー・ギーエン
  • 06 トニー・ラルーサ
  • 07 テリー・フランコーナ
  • 08 チャーリー・マニエル
  • 09 ジョー・ジラルディ

  • 2010年代 | 
  • 10 ブルース・ボウ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/06/27 17:15

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「ジョン・マグロー」の意味を投稿しよう
    「ジョン・マグロー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    ジョン・マグロースレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「ジョン・マグロー」のスレッドを作成する
    ジョン・マグローの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
  • 2010Happy Mail