このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ジョージ・デュークとは?

【基本情報】

【生誕】
(1946-01-12) 1946年1月12日
【出身地】
アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サン・ラファエル
【死没】
(2013-08-05) 2013年8月5日(67歳没)
【ジャンル】
ジャズ・フュージョン
【職業】
ミュージシャンプロデューサー
【レーベル】
MPS、CBSワーナー・ブラザース・レコード、ビザーレ・プラネット、ヘッズ・アップ
【公式サイト】
Official site

ジョージ・デューク(George Duke, 1946年1月12日 - 2013年8月5日)はカリフォルニア州サン・ラファエル生まれのジャズフュージョンで活躍していたピアニストでコンポーザー、プロデューサー、歌手。

バイオグラフィ

アメリカカリフォルニア州サン・ラファエルに生まれ、マリン・シティで育つ。母に連れて行かれたデューク・エリントンのコンサートでピアノに憧れ、7歳よりピアノの教育を受け始める。地元の教会にてブラック・ミュージックの洗礼を受けている。16歳の時高校の仲間と時代にグループを組み、ジャズを演奏している。この頃の彼はマイルス・デイヴィスソウル・ジャズに影響されている。サンフランシスコ音楽院ではトロンボーンと作曲を専攻する。在学中、アル・ジャロウと組みクラブで演奏していた。1970年代に入るとキャノンボール・アダレイクインシー・ジョーンズフランク・ザッパビリー・コブハムのグループに参加し、知名度を上げていった。

1977年にEpic/CBSFrom Me To Youをリリース、持ち前のファンキーなプレイをもって当時ブームのディスコサウンドへ傾斜していく。このエピック期に、古くからの盟友であるベーシストのスタンリー・クラークと、ユニット名"Clarke/Duke Project"で3枚のアルバム(1981、1983、1990)を発表している。

1985年にワーナー・ミュージックエレクトラ・レコードに移籍、Thief In The Nightをリリースし、この他2枚のアルバムを残す。この後暫くはプロデュース業に多忙になる。1992年にワーナー・ブラザース・レコードに移り、Snapshotを発表。

2002年になるとマイナー・レーベルのピザーレ・プラネットに移り、3作発表。2008年にはヘッズ・アップに移り、Dukey Treatsを発表。

2013年、慢性リンパ性白血病で療養していたが、8月5日、ロサンゼルスの病院にて死去。67歳没。

ディスコグラフィ

アルバム

【タイトル】
発売年
注釈

George Duke Quartet Presented by the Jazz Workshop | 1966 |  | 
The Jean-Luc Ponty Experience with the George Duke Trio | 1969 |  | 
Save The Country | 1970 |  | 
Solus (The Inner Source) | 1971 |  | 
The Inner Source | 1971 |  | 
Faces In Reflection | 1974 |  | 
Feel | 1974 | MPS | 
The Aura Will Prevail | 1974 | MPS | 
I Love The Blues, She Heard My Cry | 1975 |  | 
Liberated Fantasies | 1976 |  | 
The Billy Cobham - George Duke Band "Live" On Tour In Europe | 1976 |  | 
The 1976 Solo Keyboard Album | 1976 |  | 
From Me To You | 1977 | Epic/CBS | 
Reach For It | 1977 | Epic/CBS | 
Don't Let Go | 1978 | Epic/CBS | 
Follow The Rainbow | 1979 | Epic/CBS | 
Brazilian Love Affair | 1979 | Epic/CBS | 
Master Of The Game | 1979 | Epic/CBS | 
Clarke/Duke Project | 1981 | Epic/CBS | 
Dream On | 1982 | Epic/CBS | 
Clarke/Duke Project 2 | 1983 | Epic/CBS | 
Guardian Of The Light | 1983 | Epic/CBS | 
Rendezvous | 1984 | Epic/CBS | 
Thief In The Night | 1985 | Elektra | 
George Duke | 1986 | Electra | 
Night After Night | 1989 | Electra | 
Clarke/Duke Project 3 | 1990 | Epic/CBS | 
Snapshot | 1993 | Warner Bro. | 
Muir Woods Suite | 1993 | Warner Bro. | 
Illusions | 1995 | Warner Bro. | 
Is Love Enough | 1997 | Warner Bro. | 
After Hours | 1998 | Warner Bro. | 
Cool | 2000 | Warner Bro. | 
Face The Music | 2002 | Bizarre Planet | 
Duke | 2005 | Bizarre Planet | 
In A Mellow Tone | 2006 | Bizarre Planet | 
Dukey Treats | 2008 | Heads Up | 
Déjà-vu | 2010 | Heads Up | 
DreamWeaver | 2013 | Heads Up | 

ソフトウェア

脚注

  1. ^ ジャズ・ピアニストのジョージ・デューク、死去 BARKS 2013年8月7日

関連項目

外部リンク

【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/01 18:33

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ジョージ・デューク」の意味を投稿しよう
「ジョージ・デューク」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ジョージ・デュークスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ジョージ・デューク」のスレッドを作成する
ジョージ・デュークの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail