このキーワード
友達に教える
URLをコピー

スウェーデンとは?

移動先: 案内検索
スウェーデン王国
Konungariket Sverige



(国旗) | (国章)
国の標語:För Sverige i tiden
(スウェーデン語: スウェーデンのために、時代と共に)
国歌:古き自由な北の国
公用語
スウェーデン語(2009年から)
首都
ストックホルム
【最大の都市】
ストックホルム
政府
国王
カール16世グスタフ
首相
ステファン・ロベーン
面積
【総計】
449,964km(54位)
【水面積率】
8.7%
人口
【総計(2013年)】
9,596,436人(84位)
人口密度
20人/km
GDP(自国通貨表示)
【合計(2008年)】
3兆1,578億スウェーデン・クローナ
GDP (MER)
【合計(2008年)】
4,845億ドル(19位)
GDP (PPP)
【合計(2008年)】
3,418億ドル(???位)
【1人あたり】
37,245ドル

カルマル同盟より独立 1523年6月6日
通貨
スウェーデン・クローナ (SEK)
時間帯
UTC +1(DST:+2)
ISO 3166-1
SE / SWE
ccTLD
.se
国際電話番号
46

スウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: Konungariket Sverige)、通称スウェーデンは、北ヨーロッパスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西でノルウェー、北東でフィンランド国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアバルト三国ポーランドドイツとの関わりが深い。

目次

  • 1 概要
  • 2 国名
  • 3 歴史
  • 4 政治
    • 4.1 政党
  • 5 軍事
  • 6 地方行政区分
    • 6.1 主要都市
  • 7 地理
  • 8 経済
    • 8.1 農林水産業
    • 8.2 製造業
    • 8.3 その他
  • 9 社会
    • 9.1 保健
    • 9.2 移民制度
    • 9.3 治安
    • 9.4 教育
  • 10 交通
    • 10.1 道路
    • 10.2 鉄道
    • 10.3 バス
    • 10.4 空運
  • 11 国民
    • 11.1 移民
    • 11.2 移民問題
    • 11.3 言語
    • 11.4 宗教
  • 12 文化
    • 12.1 文化的嗜好(国民性)
    • 12.2 文学
    • 12.3 音楽
      • 12.3.1 民族音楽
      • 12.3.2 クラシック音楽
      • 12.3.3 ポピュラー音楽
    • 12.4 映画
    • 12.5 聖ルシア祭
    • 12.6 世界遺産
    • 12.7 祝祭日
    • 12.8 スポーツ
      • 12.8.1 サッカー
      • 12.8.2 ウィンタースポーツ
      • 12.8.3 その他
    • 12.9 結婚
  • 13 著名な出身者
  • 14 脚注
  • 15 出典
  • 16 参考文献
  • 17 外部リンク

概要

現王家はベルナドッテ家。興家より半世紀ほど後の大不況アメリカ合衆国人口が流出した。それから手形交換制度ができたり、ノーベル賞が創設されたり、第一次世界大戦の情報戦に参加したりして、国家戦略を現代化させた。歴代国王は王位につく際に、自分の統治について所信表明する習慣になっている。

この国の経済は近代から、ノーベル財団の理事を輩出するヴァレンベリ家が支えてきたといわれている。トールステン・ノルデンフェルトボリス・ハーゲリンは多国籍軍事産業を開拓した。戦間期にはイーヴァル・クルーガーの金融帝国が台頭して積極的に外資を導入した。そして、スウェーデン系のエドワード・レフラーがボストンで最初のミューチュアル・ファンドを開発した。戦後、ペール・ヤコブソンヨーロッパ支払同盟の構想へ意見した。現在のスウェーデン経済では電力会社バッテンフォールの躍進が目立つ。家計の総額に近い外資がスウェーデンを支えており、その労働人口に対する公務員の比率がフランスを超えて28.3%に達する。

アルバ・ライマル・ミュルダールが推進してきた高負担高福祉国家であり、世界幸福地図では世界178ヵ国で第7位(2006年)、世界価値観調査での幸福度(Happiness)はアイスランド、デンマークに次いで第3位(2005年)であった。 スウェーデンは国民総背番号制の導入が最も早かった国の一つである。 関連する記事についてはスウェーデン関係記事の一覧を参照。

国名

正式名称はKonungariket Sverige(コーヌンガリーケト・スヴェリエ)。通称Sverige。形容詞はsvensk(スヴェンスク)。 スウェーデン語ではSverige(スヴェーリエ)といい、スヴェーア族の国を意味する。

日本語の表記はスウェーデン王国。通称スウェーデン。他にスエーデンスェーデンという表記もされる。漢字による当て字は「瑞典」。スイスの当て字は「瑞西」で、いずれも「」と略されるが、これらの漢字名は一般に余り用いられないため混乱を生むことは少ない。なお、特にスイスと区別する場合はスウェーデンを「」、スイスを「瑞」と略する。

歴史

詳細は「スウェーデンの歴史」を参照

古代はスウェーデン・ヴァイキング(ヴァリャーグ)として主に東方で活動した。ヨーロッパ文化やキリスト教も受容し、13世紀頃にはフォルクンガ朝が現在のフィンランドを含む地域を統一。1397年にデンマーク・ノルウェーとカルマル同盟を結んで同君連合を形成する。

1523年、カルマル同盟から離脱し王政となる(ヴァーサ朝)。16世紀の宗教改革ではプロテスタントを受容し、バルト海地域へ進出する。17世紀にグスタフ2世アドルフ(獅子王)の時代にバルト帝国を建国する。新大陸にも植民地を築き、王国は最盛期を迎える。三十年戦争に参加したり、1634年にフーゴー・グローティウスを駐仏大使として活躍させたりして、オランダへ急接近し国際的地位を築いた。1654年にプファルツ朝に王朝替えするもバルト帝国を維持。しかし18世紀初頭にカール12世はバルト海の覇権を争い、ピョートル1世の時代のロシア帝国との大北方戦争で敗れ、沿岸の領土を失い一時没落する。18世紀後半にホルシュタイン=ゴットルプ朝グスタフ3世が中興させるも、ナポレオン戦争に伴う第二次ロシア・スウェーデン戦争の敗北により、フィンランドを失った。

1809年の革命で立憲君主制が成立、1814年にキール条約ノルウェーを併合。1818年よりフランス人ベルナドット元帥(カール14世ヨハン)が国王に即位しベルナドッテ朝が始まる。ウィーン体制ではノルウェー同君連合(1814年 - 1905年)を結ぶが、スウェーデン=ノルウェーは1905年に分離した。19世紀半ばにスウェーデン王の推奨した汎スカンディナヴィア主義が頓挫し、北欧は小国分立に向かった。

1914年からの第一次世界大戦では中立であったが、ドイツ帝国アメリカ合衆国へ送る外交電文をストックホルム経由で再暗号化してやったり、それをイギリスから非難されてからもブエノスアイレスのスウェーデン大使館を経由させたりして、結果的には逆に英国がドイツの外交電文を解読する機会をつくった。

1932年にスウェーデン社会民主労働党政権となり、以降のスウェーデンは福祉国家路線が支配的イデオロギーとなった。武装中立政策を取り、第一次世界大戦第二次世界大戦の両大戦にも参加していないが、両大戦とも義勇軍を組織していた。特に第二次大戦では、ナチスドイツなど枢軸国連合国の両方に様々な便宜を図ったことが中立違反として、戦中も戦後も国内外から批判を浴びている。ただし、当時は連合国も枢軸国も国際法を守っていなかったうえ、両陣営がそれぞれ優勢な時期でも宣戦布告や領土内への侵攻を許さなかったことは事実である。ことにデンマーク、ノルウェー、フィンランド人の反ナチスレジスタンスユダヤ人を保護したことは、人道に重きを置いた決定と言える。また大日本帝国政府の終戦の事前交渉も行なっている。

東西冷戦中はノルディックバランスを構築し、アメリカ寄りの政策と中立主義政策を行き来した。冷戦終結後は中立主義を放棄(軍事的非同盟と再定義)し、1995年には同じく中立国であるオーストリア、フィンランドとともに欧州連合 (EU) に加盟した。北欧諸国の中ではデンマークが1973年にEUに加盟している。

1985年1月、50人超の連盟による嘆願書が司法長官マグヌス・ショーベリ(Magnus Sjöberg)に送られた。医師と警察が市民の頭部に送信機をインプラントすることが合法かどうかについて回答を求めるものであった。司法長官は3ヵ月後、書簡をストックホルム地方検事へ送った。検事が司法長官に代わり、合法であると主張した。

1990年1月29日から3週間にわたり、全国の銀行ロックアウトした。現金自動預け払い機も停止。このときはストックホルム・アーランダ空港の外貨両替所も閉鎖となった。外資の採用口である銀行は、スウェーデンにおいて相当に立場が強い。

政治

北欧の政治#スウェーデンの政治」および「政府 (スウェーデン)」も参照

政体立憲君主制。国家元首である国王は、国家の象徴であり、儀礼的職務のみを行う。

スウェーデン君主一覧」も参照

スウェーデンの立法機関たる議会リクスダーゲン (Riksdagen) と呼ばれる。1971年に両院制から一院制に変わった。2006年総選挙時の定数は349議席で、議員の任期は4年。議員の選出方法は比例代表制による。

リクスダーゲン」も参照

行政府の長は首相である。議会の総選挙後に、国会議長が副議長及び各党の代表者を招集し、新首相を推挙し、議会の過半数の反対でないことで承認される(反対票を投じないまでも、賛成できない議員は、投票を棄権する)。その後、国王の臨席する任命式において国会議長が新首相を任命し、新首相は同時に各大臣を任命し組閣を行う。

スウェーデンの首相」も参照

このように、1974年改正後のスウェーデン憲法では、通常の立憲君主国の君主が有する首相任命権を始めとする全ての官吏任命権を形式的にも失っている。国王の権能は情報閣議による大臣からの情報収集(いわゆる内奏)や外国使節の接受などもっぱら儀礼的な機能に限られている。そのため、もはや立憲君主制ではなく、象徴君主制という新たな統治形態であるとする学説もある。

政党

詳細は「スウェーデンの政党」を参照

2014年9月の選挙で議会に議席を獲得した政党は以下の8党。

その他特筆すべき政党 - 地方議会でのみ議席を保有

ジョーク政党

軍事

詳細は「スウェーデン軍」を参照

スウェーデン軍は陸軍海軍空軍の三軍からなり、国防省の管轄下にある。スウェーデンはフィンランドの奪還を断念した1812年以降、伝統的に中立政策をとってきた。東西冷戦期にはノルディックバランスに則った「NATO(北大西洋条約機構)寄りの中立」政策を保ったが、軽武装のために脅威にさらされた第二次世界大戦の教訓から、いずれの党派も強い防衛力を追求した。兵器体系も専守防衛のための独特のものとなり、戦闘機などの自主開発を重視した。バルト海を挟んでソ連の軍事的圧力に晒され続け、1952年にはソ連によるスウェーデン機撃墜(カタリナ事件)、1981年にはソ連潜水艦領海侵犯座礁事故(ウィスキー・オン・ザ・ロック が発生した。

1950年代から1960年代中期頃には核武装が検討されたこともあったが、政治的な反対運動と、核拡散を抑止したいアメリカの働きかけもあって断念された。北欧最大の工業力を生かした独自開発兵器も多い。

1992年に中立政策を放棄し、軍事的非同盟を選択した。2002年には軍事的非同盟は有用であったが、今後は他国と協力して安全保障を追求することとなった。現在もNATOには加盟していないが、1995年にはNATOの指揮下でボスニアに部隊を派遣するなどの協力体制をとっている。また北欧及びEU諸国が攻撃された場合には「受動的な態度をとらない」と宣言しており、欧州連合戦闘群に参加している。2000年代後半からは大規模な構造改革が行われ、徴兵制が廃止された。

徴兵制度(19歳~47歳の男子が対象。女子は対象外)が実施されていた時代があり、兵役拒否を希望する男子に対して介護や医療などの公共の利益に直接寄与する代替役務を課す「良心的兵役拒否」が認められていた。2010年7月1日に徴兵制度は正式に廃止されたが、その後2015年には国防費に見合う要員が確保できないという事態に陥った。ロシアによるクリミア半島侵攻後、バルト海でもロシア軍の脅威が高まったため、2018年に徴兵制を復活させる予定である。NATOとはパートナーシップ協定、アメリカとは防衛協力協定を結んだほか、いったん非武装化したバルト海のゴットランド島に軍を再配備した。 ‎

2017年にはフィンランドとともに、イギリス主導でNATOや国際連合に協力する合同派遣軍への参加を決めた。

地方行政区分

スウェーデンの地図

地方自治制度の原型は、カール15世の治世であった1862年につくられた。これは当時に行われていた政治の集大成である。1842年に導入した義務教育制度、1846年のギルド制度廃止と商取引自由化、1860年に確認された信教の自由、これらが全て反映されたのである。すぐ後で関係するが、1865年は二院議会制が採用されている。1862年の地方自治法は政教分離を定めた。さらに後述のランスティングを設けた。このときから一院制となるまで、ランスティングは上院の選出機関を兼ねた。そして後述のコミューンは自己責任で必要な事務を執り行うことが許された。しかし、1862年における地方選挙権は直接国税が要件であったので全人口の6%にしか与えられていなかった。地方の普通選挙は、1918年と1921年の改革により段階的に実現した。

日本の県に相当するスウェーデンの地方自治体には2種類あり、その一つは国会と政府の出先機関であるレーン(スウェーデン語: län)で、もう一方は県民の代表たるランスティング(スウェーデン語: landsting)である。

レーンの総数は21で、ランスティングのそれは20であり、両者の境界線はほぼ一致する。ゴットランドは島という性格上、レーンの境、市の境、ランスティングの境が偶然一致してしまった特異な例である。レーンは、国会の決定に従い、政府の指示のもとで地域的に必要とされる行政を行うのがその主な役割。その最高議決機関である執行委員会は中央政府によって指名される執行委員長(日本の都道府県知事に相当)と、ランスティングを通じて住民により選挙で選ばれた委員で構成される。これに対してランスティングの主な役割は、県民の精神的・身体的健康の増進と公衆衛生の維持、県内にある学校等教育関連機関の指導・監督及び支援、県内で行われる文化的活動の支援にある。ランスティングの最高議決機関は県民から選挙で選ばれた議員によって構成される県(ランスティング)議会(スウェーデン語: landstingsfullmäktige)である。ランスティングの役割は地域によって細かい部分には差があり、レーンとの役割分担の度合いもそれぞれの地方によって細部は異なる。県庁所在地はレジデンススタード(スウェーデン語: residensstad)と呼ばれ、県の行政機関が集中している。

各県は日本の市に相当する基礎自治体である複数のコミューン(スウェーデン語: kommun) に分割される。名称からフランスの影響がうかがえる。2007年現在、コミューンの総数は全国で290である。最高議決機関は市(コミューン)議会(スウェーデン語: kommunfullmäktige)であり、その議員は当該コミューンの市民によって、4年毎に9月下旬に行われるリクスダーゲンや県議会(ランスティング)の総選挙と同時に選挙で選ばれる。スウェーデン国籍非取得者であっても、同一コミューン内に3年以上滞在していれば、滞在先のコミューンとそのコミューンが所属している県のランスティングについては選挙権がある。

市内の人口密集地はテートオート (tätort) と一般に呼ばれるが、市役所やコミューン議会が置かれている市の中心地は特にセントラルオート(スウェーデン語: centralort)と呼称される。嘗てはスウェーデンにも「町」や「村」といった行政区分もあったが、現在は存在しない。日本の政令指定都市に置かれている「区」と同様の組織は一部のコミューンに設けられる事もあるが、さほど一般的でない上に、規模もごく小さい。「区」に近い概念としてスタッツデール(スウェーデン語: stadsdel)という表現があり、市内にあるそれぞれ人口密集地内の各地域を指す「地区」といった意味合いで使われる。

スウェーデンには以前、「教会市(スウェーデン語: kyrkokommun)」や「教区(スウェーデン語: församling)」という教会が課税権を持つ行政区分があったが、町や村と同様に行政区分としては教会市も教区も現在は存在しない。但し、教区という区分は人口統計や歴史学の研究等、ごく限られた範囲では利用される事もある。

地方行政区分とは別に歴史的、言語的に繋がりのあるランドスカープ(スウェーデン語: landskap)と呼ばれる25の地方がある。詳細はスウェーデンの地方を参照

主要都市

詳細は「スウェーデンの都市の一覧」を参照
ストックホルムは国内最大の都市であり、北欧有数の世界都市である。
【順位】
【都市名】
【人口】
面積
(km) 【人口密度】

1 | ストックホルム | 782,855 | 188 | 4,164.12
2 | イェーテボリ | 490,961 | 451 | 1,088.61
3 | マルメ | 278,319 | 156 | 1,784.10
4 | ウプサラ | 185,494 | 2,185 | 84.89
5 | リンシェーピング | 138,805 | 1,436 | 96.66
6 | ヴェステロース | 133,274 | 962 | 138.54
7 | オレブロ | 129,482 | 1,380 | 93.83
8 | ノーショーピング | 125,463 | 1,503.61 | 82.95
9 | ヘルシングボリ | 124,301 | 347 | 358.22
10 | ヨンショーピング | 122,524 | 1,489 | 82.29
11 | ウメオ | 110,587 | 2,331 | 47.44
12 | ルンド | 103,693 | 430 | 241.15
13 | ボロース | 100,570 | 915 | 109.91
14 | スンツバル | 94,549 | 3,209 | 29.46
15 | イェヴレ | 92,456 | 1,615 | 57.25

地理

スウェーデンの衛星写真(3月)。国土の大半が雪に覆われている。

スウェーデンの面積は日本よりやや広く、日本全土に北海道をもう一つ足した程度である。面積の割りに人口が少なく、スウェーデンの総人口は約950万人と日本の1/12程度であり、東京23区と同じくらいである。人口密度は日本の約1/19程度で、世界の人口密度ランクでは235カ国中187位という低密度な国である。スウェーデンの国土はスカンディナヴィア半島の中央、東側に位置する。この半島の西部はスカンディナヴィア山脈が南北に連なっているが、標高は2,000m程度しかなく、なだらかである。この山脈の最北部にあるケブネカイセ山の北峰で海抜2104メートルがスウェーデンの最高点である。 ボスニア湾バルト海に沿って平野部はあるが、それほど広大ではない。半島南端のスコーネ県を除いて冬の寒さは厳しく、夏も全般的に冷涼である。湖沼が多く、中南部に最大のヴェーネルン湖と2番目に大きなヴェッテルン湖が位置する。土地の肥沃な地域はスコーネ県くらいしかなく、また中部から北部は気候的に農業には適さないため、酪農が主な農産業である。

バルト海にある島のうち、本土と橋で結ばれたエーランド島のほか、ゴットランド島などがスウェーデン領である。オーランド諸島の住民はスウェーデン系だが、フィンランドの自治領になっている。

経済

IMFによると2015年のスウェーデンの国内総生産(GDP)は4,926億ドル。同年の一人当たり国民総所得(GNI)は57,810ドルで、世界第7位の高所得国となっている。

17世紀にヨーロッパで最初の紙幣が発行され、世界最古の中央銀行であるリクスバンク(スウェーデン国立銀行で、ノーベル経済学賞を授与している)が設置されたことで知られている。

スウェーデンの経済の最大の特徴は公務員が多いことである。公的部門の人数は実に33%を超え全体の3分の1にも達する(日本は9.5%)。労働参加率は高く特に女性の労働参加率が高い(スウェーデン76%、日本48%)。そしてその女性の社会進出の場になっているのが公務員の福祉部門である。つまりスウェーデンにとって福祉国家と男女平等はそれ自体が国家と経済を支える重要な柱となっているのである。OECD Gender Inequalityでは格差最小、世界男女格差指数では第4位であった。

電子マネーの普及率・使用率が非常に高く、現金使用率は1割にも満たない。店舗や公共機関などでも現金では支払えない場合が非常に多い。

農林水産業

国土の8割が冷帯に属し、コムギの栽培が可能な地域は北緯60度以南に過ぎない。農地は国土の6.5%であるが、農業従事者は国民の1.5%に過ぎない。しかしながら、高い生産性によって、穀類の自給率は121%(2002年)に達している。果実類と野菜類、油脂類を除く各項目の自給率はいずれも80%を上回る。穀類の生産量ではコムギ(241万トン、以下、2004年)、オオムギ(169万トン)のほか、燕麦(93万トン、世界シェア10位)が際立つ。

国土の65.9%は森林(針葉樹林)に覆われている。このため、針葉樹に限定すれば世界第5位の生産量(610万立方m、世界シェア5%)を占める。

1972年酸性雨の被害を世界に知らしめるため国連人間環境会議を招致し、ストックホルムで開催した。1980年代では、国内の85,000の湖沼のうち、18,000で魚がほとんど死滅、激減した。

製造業

スウェーデンは伝統的に製造業が盛んである。とりわけ、国策により振興が進められた結果、世界的な競争力を有するようになった企業も複数存在する。

SAAB(サーブ)は一般には自動車メーカーとして知られるが、元来は航空機メーカーで、ビゲンドラケングリペンといった ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/01/12 18:52

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「スウェーデン」の意味を投稿しよう
「スウェーデン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

スウェーデンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「スウェーデン」のスレッドを作成する
スウェーデンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail