このキーワード
友達に教える
URLをコピー

スタン・スミスとは?

【基本情報】

【フルネーム】
Stanley Roger Smith
【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
同・カリフォルニア州パサデナ
【生年月日】
(1946-12-14) 1946年12月14日(72歳)
【身長】
193cm
【体重】
84kg
【利き手】

【バックハンド】
片手打ち
殿堂入り
1987年
【生涯獲得賞金】
1,774,811 アメリカ合衆国ドル
【4大大会最高成績・シングルス】

全豪
3回戦(1970・75・77)
全仏
ベスト8(1971・74)
全英
優勝(1972)
全米
優勝(1971)
【優勝回数】
2(英1・米1)
【4大大会最高成績・ダブルス】

全豪
優勝(1970)
全仏
準優勝(1971・74)
全英
準優勝(1972・74・80・81)
全米
優勝(1968・74・78・80)
【優勝回数】
5(豪1・米4)
【4大大会最高成績・混合ダブルス】

全米
準優勝(1967)
【国別対抗戦最高成績】

デビス杯
優勝(1968-72・78・79)
テンプレート プロジェクト テニス

スタン・スミス(Stan Smith, 1946年12月14日 - )は、アメリカカリフォルニア州パサデナ出身の男子テニス選手。フルネームは Stanley Roger Smith (スタンレー・ロジャー・スミス)という。1960年代後半から1970年代前半にかけて、アメリカを代表する選手として活躍した。男子テニス国別対抗戦・デビスカップでアメリカ・チームに「7勝」をもたらした選手としてよく知られ、当時のアメリカの国民的英雄でもあった。プロテニス選手としてシングルス39勝、ダブルス61勝を挙げ、通算「100勝」を記録した。優れたテニスコーチとしても有名である。

来歴

スミスは学生時代に南カリフォルニア大学のエースとして、1968年に「全米学生テニス選手権」の男子シングルスで優勝した。この大会では1967年1968年にダブルス2連覇もあるが、この頃から組んでいたダブルス・パートナーのボブ・ルッツとのペアは、後に4大大会で「5勝」を挙げるほどの名コンビになった。1968年からデビスカップのアメリカ代表選手に選ばれ、同年から1972年までアメリカ・チームのデ杯「5連覇」に貢献した。

1968年にテニス界は「オープン化」という措置を取り、4大大会にプロテニス選手の出場を解禁した。この年からテニスの歴史は「オープン化時代」(Open Era)へと移行する。この過渡期には、テニスのトーナメントにも多くの暫定的な変化があったが、1968年1969年の2年間、アメリカニューヨークのクイーンズ区・フォレストヒルズ(Forest Hills)で行われてきた全米テニス選手権はその最たる例であった。9月に行われた「全米オープン選手権」が“オープン化時代のグランドスラム”(Open Era Grand Slam)と呼ばれるが、この2年間に限っては12月に「全米選手権大会」(US National Champs)が別途に開催され、年間で2度開かれた。公式優勝記録表には、1回目の「全米オープン選手権」優勝者の名前が記載される。1969年の「全米オープン選手権」優勝者となったオーストラリアロッド・レーバーは、この勝利で自身2度目の「年間グランドスラム」を達成した。スタン・スミスは12月に別途開催された、2回目の「全米選手権大会」(US National Champs)で優勝したが、これは全米オープン選手権大会の公式優勝記録には数えられない。(全米オープン男子シングルス優勝者一覧も参照のこと。)

1971年、スタン・スミスはウィンブルドンで初めての決勝進出を果たす。相手は大会前年優勝者のジョン・ニューカムであったが、この時は2時間50分の試合時間の末に 3-6, 7-5, 6-2, 4-6, 4-6 のフルセットでニューカムに敗れた。続く全米オープンで、スミスはついに正式な優勝を飾る。この決勝戦では、1970年1971年全仏オープンで2連覇を達成したチェコスロバキアヤン・コデシュを 3-6, 6-3, 6-2, 7-6 で破った。1972年ウィンブルドンで、スミスは2年連続の決勝に進出し、今度はルーマニアの名選手イリ・ナスターゼを2時間41分の試合時間で退け、4-6, 6-3, 6-3, 4-6, 7-5 のフルセットでナスターゼを破ってウィンブルドン初優勝を飾った。ルーマニアとはデビスカップでも宿敵の間柄で、1968年から1972年までの大会5連覇の間に、1969年1971年1972年の3度ルーマニア・チームと決勝を戦っている。

アディダス スタン・スミス

スタン・スミスはダブルスでも、学生時代からパートナーを組んでいたボブ・ルッツとのペアで抜群の強さを発揮した。スミスとルッツの組は、全米オープンの男子ダブルスで4勝、全豪オープンでは1勝(1970年)を挙げた。スミスはシングルス選手としての全盛期が過ぎた後も、1978年1979年のデビスカップではルッツとのダブルスで2度の優勝に貢献した。こうしてスミスは、デビスカップで史上最多の「7勝」を挙げた選手としてテニスの歴史に名前を残すことになった。1987年国際テニス殿堂入りを果たしている。

アディダスがスタン・スミスの名前を付けたシューズ「スタン・スミス」(Adidas Stan Smith)を発売している。

4大大会優勝

【年】
【大会】
【対戦相手】
試合結果
1971年 | 全米オープン |  ヤン・コデシュ | 3-6, 6-3, 6-2, 7-6
1972年 | ウィンブルドン |  イリ・ナスターゼ | 4-6, 6-3, 6-3, 4-6, 7-5

外部リンク

ウィンブルドン(オープン化以後)男子シングルス優勝者

ウィンブルドン(1877–1967)男単 || 女単 | 男複 ・ 女複 ・ 混複

全米オープン(オープン化以後)男子シングルス優勝者

全米テニス選手権(1881–1967)男単 || 女単 | 男複 ・ 女複 ・ 混複

全豪オープン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
1960年代 | 

1970年代 | 
  • 70 スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • 71 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
  • 72 ケン・ローズウォール&オーウェン・デビッドソン
  • 73 ジョン・ニューカム&マルコム・アンダーソン
  • 74 ロス・ケース&ジェフ・マスターズ
  • 75 ジョン・アレクサンダー&フィル・デント
  • 76 ジョン・ニューカム&トニー・ローチ
  • 77.1 アーサー・アッシュ&トニー・ローチ
  • 77.12 レイ・ラッフェルズ&アラン・ストーン
  • 78 ヴォイチェフ・フィバク&キム・ウォーウィック
  • 79 ピーター・マクナマラ&ポール・マクナミー

  • 1980年代 | 
  • 80 マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • 81 マーク・エドモンドソン&キム・ウォーウィック
  • 82 ジョン・アレクサンダー&ジョン・フィッツジェラルド
  • 83 マーク・エドモンドソン&ポール・マクナミー
  • 84 マーク・エドモンドソン&シャーウッド・スチュワート
  • 85 ポール・アナコーン&クリスト・バン・レンスバーグ
  • 86 大会開催なし
  • 87 ステファン・エドベリ&アンダース・ヤリード
  • 88 リック・リーチ&ジム・ピュー
  • 89 リック・リーチ&ジム・ピュー

  • 1990年代 | 
  • 90 ピーター・アルドリッチ&ダニー・ヴィッサー
  • 91 スコット・デービス&デビッド・ペイト
  • 92 マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • 93 ダニー・ヴィッサー&ローリー・ウォーダー
  • 94 ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • 95 ジャレッド・パーマー&リッチー・レネバーグ
  • 96 ステファン・エドベリ&ペトル・コルダ
  • 97 マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • 98 ヤッコ・エルティン&ヨナス・ビョルクマン
  • 99 ヨナス・ビョルクマン&パトリック・ラフター

  • 2000年代 | 
  • 00 リック・リーチ&エリス・フェレイラ
  • 01 ヨナス・ビョルクマン&トッド・ウッドブリッジ
  • 02 マーク・ノールズ&ダニエル・ネスター
  • 03 ファブリス・サントロ&ミカエル・ロドラ
  • 04 ファブリス・サントロ&ミカエル・ロドラ
  • 05 ウェイン・ブラック&ケビン・ウリエット
  • 06 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 07 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 08 ジョナサン・エルリック&アンディ・ラム
  • 09 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン

  • 2010年代 | 
  • 10 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 11 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 12 リーンダー・パエス&ラデク・ステパネク
  • 13 ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • 14 ルカシュ・クボット&ロベルト・リンドステット
  • 15 ファビオ・フォニーニ&シモーネ・ボレッリ
  • 16 ジェイミー・マリー&ブルーノ・ソアレス
  • 17 ヘンリ・コンティネン&ジョン・ピアース
  • 18 オリバー・マラチ&マテ・パビッチ
  • 19 ピエール=ユーグ・エルベール&ニコラ・マユ

  • 全豪テニス選手権(1905–1968)男複 || 男単 ・ 女単 | 女複 ・ 混複

    全米オープン(オープン化以後)男子ダブルス優勝者
    1960年代 | 

    1970年代 | 
  • (1970年)ピエール・バルト&ニコラ・ピリッチ
  • (1971年)ジョン・ニューカム&ロジャー・テーラー
  • (1972年)クリフ・ドリスデール&ロジャー・テーラー
  • (1973年)ジョン・ニューカム&オーウェン・デビッドソン
  • (1974年)スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • (1975年)ジミー・コナーズ&イリ・ナスターゼ
  • (1976年)トム・オッカー&マーティー・リーセン
  • (1977年)ボブ・ヒューイット&フルー・マクミラン
  • (1978年)スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • (1979年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング

  • 1980年代 | 
  • (1980年)スタン・スミス&ボブ・ルッツ
  • (1981年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング
  • (1982年)ケビン・カレン&スティーブ・デントン
  • (1983年)ジョン・マッケンロー&ピーター・フレミング
  • (1984年)ジョン・フィッツジェラルド&トマシュ・スミッド
  • (1985年)ケン・フラック&ロバート・セグソ
  • (1986年)アンドレス・ゴメス&スロボダン・ジボイノビッチ
  • (1987年)ステファン・エドベリ&アンダース・ヤリード
  • (1988年)エミリオ・サンチェス&セルヒオ・カサル
  • (1989年)ジョン・マッケンロー&マーク・ウッドフォード

  • 1990年代 | 
  • (1990年)ピーター・アルドリッチ&ダニー・ヴィッサー
  • (1991年)ジョン・フィッツジェラルド&アンダース・ヤリード
  • (1992年)ジム・グラブ&リッチー・レネバーグ
  • (1993年)ケン・フラック&リック・リーチ
  • (1994年)ヤッコ・エルティン&ポール・ハーフース
  • (1995・96年)マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ
  • (1997年)エフゲニー・カフェルニコフ&ダニエル・バチェク
  • (1998年)サンドン・ストール&シリル・スーク
  • (1999年)セバスチャン・ラルー&アレックス・オブライエン

  • 2000年代 | 
  • (2000年)レイトン・ヒューイット&マックス・ミルヌイ
  • (2001年)ウェイン・ブラック&ケビン・ウリエット
  • (2002年)マヘシュ・ブパシ&マックス・ミルヌイ
  • (2003年)トッド・ウッドブリッジ&ヨナス・ビョルクマン
  • (2004年)ダニエル・ネスター&マーク・ノールズ
  • (2005年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2006年)リーンダー・パエス&マルティン・ダム
  • (2007年)シーモン・アスペリン&ユリアン・ノール
  • (2008年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2009年)ルーカス・ドロウヒー&リーンダー・パエス

  • 2010年代 | 
  • (2010年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2011年)ユルゲン・メルツァー&フィリップ・ペッシュナー
  • (2012年)ボブ・ブライアン&マイク・ブライアン
  • (2013年)リーンダー・パエス&ラデク・ステパネク
  • (2014年) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/09/23 13:54

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「スタン・スミス」の意味を投稿しよう
    「スタン・スミス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    スタン・スミススレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「スタン・スミス」のスレッドを作成する
    スタン・スミスの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail