このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ステレオ太陽族とは?

【『ステレオ太陽族』】

サザンオールスターズスタジオ・アルバム
【リリース】

【録音】
1981年4月 - 6月
VICTOR STUDIO
KRS STUDIO
ジャンル
ロック
【時間】

レーベル
Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
プロデュース
高垣健
サザンオールスターズ
【チャート最高順位】


サザンオールスターズ アルバム 年表
アーリー・サザンオールスターズ
(1980年) | ステレオ太陽族
(1981年) | SOUTHERN ALL STARS BEST ONE '82
(1981年)


『ステレオ太陽族』収録のシングル
  1. Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)
    リリース: 1981年6月21日
  2. 栞のテーマ
    リリース: 1981年9月21日

ステレオ太陽族』(ステレオたいようぞく)は、サザンオールスターズの4枚目のオリジナル・アルバムであり、本作の9曲目に収録されている楽曲名でもある。1981年7月21日にレコードで発売。発売元はInvitation

1984年6月21日1998年4月22日2008年12月3日CDで再発売されている。1989年6月25日にはCDとカセットテープで再発売された。また、2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている。

背景

前作『タイニイ・バブルス』から、約1年4か月ぶりに発売された作品。タイトルは、石原慎太郎原作の映画『太陽の季節』に登場し、1960年前後のサーファーなどの若者を指した太陽族から来ている。

編曲やサポートメンバーとして八木正生が全面サポートしており、今までのサザンのサウンドとは変わったりしている。

リリース

1989年の再発盤では、パーカッション野沢秀行の名前が「野沢和之」と誤ってクレジットされてしまっている。1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(紙ジャケット)仕様で、黒柳徹子によるライナーノーツが封入されている。

本作以降バーニングプロダクションがプロデュースから離れる。また、このアルバムはバーニングが権利を持った楽曲が収録された最後のアルバムである。

再発売

プロモーション

本作に収録されている数曲は、桑田佳祐が音楽担当を務めた映画モーニング・ムーンは粗雑に』に使用されている。

批評

桑田は2015年になって、本作のジャケットを見た時に「お面にセーラー服はひどいな」と述べている。

当時サザンのレコーディング・エンジニアを担当していた猪俣彰三は、本作のドラムの録り方にこだわって収録したところ、後日ドラムの松田弘から「『ステレオ太陽族』のドラムの音はあまり好きじゃなかった」と言われ、反省したという。

収録曲

  1. Hello My Love (3:58)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
  2. MY FOREPLAY MUSIC (3:57)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    13枚目シングル「栞のテーマ」のカップリング曲としてシングルカットされた。
  3. 素顔で踊らせて (4:23)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    桑田出演のユニ・チャーム「アンネナプキン」CMソング
    歌詞中に「2月26日にはささやかな二人の絆」という言葉が出てくるが、2月26日は桑田の誕生日である。PVは製作されていないが、2003年DVDInside Outside U・M・I』にイメージビデオが収録された。
  4. 夜風のオン・ザ・ビーチ (4:17)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
  5. 恋の女のストーリー (3:56)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    映画モーニング・ムーンは粗雑に』挿入歌。
    スローテンポな楽曲である。高木澪が劇中で歌い歌手としてのデビューシングルとなった。
  6. 我らパープー仲間 (4:16)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:八木正生)
    タイトルの「パープー」は広島県の方言で「馬鹿」「間抜け」「阿呆」といった意味であり、この曲では「リスペクトと愛と才能に溢れた、気のおけない音楽仲間たち」という意味として使われている。
  7. ラッパとおじさん (Dear M.Y's Boogie) (4:30)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    全英語詞曲。ただ、歌詞中のセリフは日本語になっているが、こちらは歌詞カードに記載されていない。タイトルのモチーフであり、歌詞に登場するMr.Yagiは本作を中心に編曲に携わるサポートメンバーの八木正生のことを指す。また、クインシー・ジョーンズの名前も登場している。
  8. Let's Take a Chance (4:18)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    映画『モーニング・ムーンは粗雑に』挿入歌。
  9. ステレオ太陽族 (1:29)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    映画『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』挿入歌。
  10. ムクが泣く (2:42)
    (作詞・作曲:関口和之/編曲:サザンオールスターズ)
    ベース関口和之は「ムク」の愛称で呼ばれており、初となる作詞・作曲・ボーカルも本人が担当している。
  11. 朝方ムーンライト (3:39)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    シングル「Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)」のカップリング曲。
  12. Big Star Blues (ビッグスターの悲劇) (3:13)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    12枚目シングル。
  13. しおりのテーマ (4:33)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    13枚目シングルとして本作からシングルカットされた。

参加ミュージシャン

脚注

  1. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  2. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  3. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p108-111
  4. ^ サザンオールスターズの音=カラーを明確に表出させた『ステレオ太陽族』 What's in Tokyo 2019年10月26日配信, 2020年7月12日閲覧
  5. ^ サザンオールスターズ会報「代官山通信 vol.130」8ページより
  6. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p31
  7. ^ サザンオールスターズの傑作アルバム『ステレオ太陽族』制作秘話 music-calendar

外部リンク

サザンオールスターズ
桑田佳祐 (ボーカル・ギター) | 原由子 (キーボード・ボーカル) | 関口和之 (ベース) | 松田弘 (ドラム) | 野沢秀行 (パーカッション)
シングル
サザンオールスターズのシングル
【オリジナル】
【1970年代】
【78年】

1.勝手にシンドバッド - 2.気分しだいで責めないで


【79年】

3.いとしのエリー - 4.思い過ごしも恋のうち - 5.C調言葉に御用心



【1980年代】
【80年】

6.涙のアベニュー - 7.恋するマンスリー・デイ - 8.いなせなロコモーション - 9.ジャズマン - 10.わすれじのレイド・バック - 11.シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー


【81年】

12.Big Star Blues (ビッグスターの悲劇) - 13.栞のテーマ


【82年】

14.チャコの海岸物語 - 15.匂艶 THE NIGHT CLUB - 16.Ya Ya (あの時代を忘れない)


【83年】

17.ボディ・スペシャルII - 18.EMANON - 19.東京シャッフル


【84年】

20.ミス・ブランニュー・デイ - 21.Tarako


【85年】

22.Bye Bye My Love (U are the one) - 23.メロディ


【88年】

24.みんなのうた


【89年】

25.女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ) - 26.さよならベイビー - 27.フリフリ'65



【1990年代】
【90年】

28.真夏の果実


【91年】

29.ネオ・ブラボー!!


【92年】

30.シュラバ★ラ★バンバ - 31.涙のキッス


【93年】

32.エロティカ・セブン - 33.素敵なバーディー (NO NO BIRDY) - 34.クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)


【95年】

35.マンピーのG★SPOT - 36.あなただけを 〜Summer Heartbreak〜


【96年】

37.愛の言霊 〜Spiritual Message〜 - 38.太陽は罪な奴


【97年】

39.01MESSENGER 〜電子狂の詩〜 - 40.BLUE HEAVEN


【98年】

41.LOVE AFFAIR 〜秘密のデート - 42.PARADISE


【99年】

43.イエローマン 〜星の王子様〜



【2000年代】
【00年】

44.TSUNAMI - 45.HOTEL PACIFIC - 46.この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜


【03年】

勝手にシンドバッド 胸さわぎのスペシャルボックス - 47.涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜


【04年】

48.彩 〜Aja〜 - 49.君こそスターだ/夢に消えたジュリア - 50.愛と欲望の日々/LONELY WOMAN


【05年】

51.BOHBO No.5/神の島遥か国


【06年】

52.DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜


【08年】

53.I AM YOUR SINGER



【2010年代】
【13年】

54.ピースとハイライト


【14年】

55.東京VICTORY




【配信】

1.闘う戦士たちへ愛を込めて - 2.壮年JUMP - 3.愛はスローにちょっとずつ



アルバム
オリジナル

1.熱い胸さわぎ - 2.10ナンバーズ・からっと - 3.タイニイ・バブルス - 4.ステレオ太陽族 - 5.NUDE MAN - 6.綺麗 - 7.人気者で行こう - 8.KAMAKURA - 9.Southern All Stars - 10.稲村ジェーン - 11.世に万葉の花が咲くなり - 12.Young Love - 13.さくら - 14.キラーストリート - 15.葡萄


ベスト

1.ベスト・オブ・サザンオールスターズ (廃盤) - 2.Kick Off! (廃盤) - 3.アーリー・サザンオールスターズ (廃盤) - 4.SOUTHERN ALL STARS BEST ONE '82 (廃盤) - 5.Shout! (廃盤) - 6.バラッド '77〜'82 (バラード・ベスト) - 7.原由子 with サザンオールスターズ (廃盤) - 8.バラッド2 '83〜'86 (バラード・ベスト) - 9.海のYeah!! - 10.バラッド3 〜the album of LOVE〜 (バラード・ベスト) - 11.海のOh, Yeah!!


【企画】

江ノ島 Southern All Stars Golden Hits Medley


【ボックス】

1.すいか SOUTHERN ALL STARS SPECIAL 61SONGS - 2.HAPPY!



【楽曲】

私はピアノ - 夏をあきらめて - そんなヒロシに騙されて - 希望の轍 - 平和の琉歌 - 平和の牛歌


企画作品

Inside Outside U・M・I - ベストヒットUSAS - 21世紀の音楽異端児 (21st Century Southern All Stars Music Videos)


【ライブ】

胸さわぎ - Further on up the road - サザンオールスターズがやってくる ニャー! ニャー! ニャー! - ゆく年・くる年コンサート - そちらにおうかがいしてもよろしいですか? - SASたいした発表会 私は騙された!!ツアー - 熱帯絶命!ツアー夏 - 縁起者で行こう - KAMAKURA TO SENEGAL - THE 音楽祭 1991 - 「しじみのお味噌汁」コンサート - 横浜 ホタル・カリフォルニア- Stadium Tour 1996 "ザ・ガールズ万座ビーチ" - おっぱいなんてプー - 1998 スーパーライブ in 渚園 - シークレットライブ'99 SAS 事件簿 in 歌舞伎町 - 茅ヶ崎ライブ 〜あなただけの茅ヶ崎〜 - SPECIAL LIVE IN 建長寺 - 流石(SASが)だ真夏ツアー! あっっ!生。だが、SAS - みんなが好きです! - THE 夢人島 Fes. - 真夏の大感謝祭 LIVE - 灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!! - ひつじだよ! 全員集合! - おいしい葡萄の旅 - “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!


【関連項目】

大森隆志 (旧メンバー・リードギター) - ディスコグラフィ - アミューズ - ビクターエンタテインメント - タイシタレーベル - バラッドシリーズ - 稲村オーケストラ - 小林武史 - 茅ヶ崎公園野球場 - サザンビーチちがさき - サザン通り商店街 - ラチエン通り - the波乗りレストラン - サザン・ヒッツ - 宮治淳一 - 三ツ矢サイダー - 茅ヶ崎サザン芸術花火



オリコン週間LPチャート第1位(1981年8月3日-9月7日付)
【1月】

【2月】

【3月】

【4月】

【5月】

4日・11日・18日・25日 Reflections(寺尾聰)


【6月】

1日・8日・15日・22日・29日 Reflections(寺尾聰)


【7月】

【8月】

3日・10日・17日・24日・31日 ステレオ太陽族(サザンオールスターズ)


【9月】

【10月】

【11月】

【12月】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/11 06:43

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ステレオ太陽族」の意味を投稿しよう
「ステレオ太陽族」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ステレオ太陽族スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ステレオ太陽族」のスレッドを作成する
ステレオ太陽族の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail