このキーワード
友達に教える
URLをコピー

スペイン・ハプスブルク朝とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年9月)
黄金の世紀と呼ばれたスペイン・ハプスブルク朝のころにおけるスペイン帝国(赤はスペイン王国、青はポルトガル王国)の領土、植民地、属領(1580年 - 1640年)

スペイン・ハプスブルク朝は、16世紀初めから17世紀末まで続いた、ハプスブルク家によるスペイン統治時代を指す。ハプスブルクのスペイン語名によりアブスブルゴ朝とも呼ばれる。

この時代、スペインはアメリカ大陸太平洋(フィリピンマリアナ諸島)に広大な植民地(ヌエバ・エスパーニャ)を有し、またヨーロッパにおいてもネーデルラントフランシュ=コンテ北イタリア(ミラノ公国)、南イタリア(ナポリ王国シチリア王国サルデーニャ)などを支配下に置いた。カルロス1世はまた神聖ローマ皇帝を兼ねた。1580年から1640年にかけてはポルトガル王も兼ねることで、イベリア半島全域を支配(イベリア連合)するだけでなく、ポルトガルが南米アフリカアジア沿岸に持っていた植民地をも併せ持つことになった。

目次

  • 1 歴代君主
  • 2 ハプスブルク家における近親婚
  • 3 脚注
  • 4 参考文献
  • 5 関連項目

歴代君主

ハプスブルク家における近親婚

 | 
この節には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2014年8月)

スペイン・ハプスブルク家およびオーストリア・ハプスブルク家では、一族内での近親婚が繰り返された。また、フェリペ2世以降は3親等間での結婚(叔姪婚)が増える。それには以下の要因があった。

結果、縁組できるのはフランス王家、ポルトガル王家、ボヘミア=ハンガリー王家、ポーランド=リトアニア王家、オーストリアの同族のいずれかに絞られることになった。しかし、フランスとは三十年戦争(1618年 - 1648年)以来敵対関係になり、ポルトガル王家はフェリペ2世以後スペイン王家と同一に、ボヘミア=ハンガリー王家はフェルディナント1世以後オーストリアの皇帝家と同一になり、ポーランド=リトアニアではヴァーサ家の断絶後は王位の世襲が絶えて特定の「王家」が存在しなくなった。そのため、オーストリア・ハプスブルク家との間での結婚、つまりフェリペ1世の息子カルロスとフェルディナントの子孫の間で近親婚が繰り返された(しかもカルロス1世の代ですでにいとこ婚を行っている)。その結果フェリペ4世の子のカルロス2世は遺伝子系の疾患を持って生まれて早世、後継ぎもなく断絶したと言われる。

スペイン・ハプスブルク家の近親婚の程度を示す近交係数をコンピュータで計算してみたところ、初代フェリペ1世のときには0.025だった数値が、末代のカルロス2世では0.25にまで上昇していた。その間に行われた11組の結婚のうち、9組が叔姪婚であった。また、0.2以上の近交係数の王族も複数いたことが判明している。スペイン・ハプスブルク家内の乳児死亡率は、当時の農村部の乳児死亡率より高かった。


スペイン王カルロス2世の先祖

 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  | 
マヌエル1世
ポルトガル王

1469年–1521年 |  | マリア
アラゴン・カスティーリャ王女

1482年–1517年 |  |  |  |  |  | フアナ
カスティーリャ女王

1479年–1555年 |  | フェリペ1世
カスティーリャ王

1478年–1506年 | 
 |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
イサベル
ポルトガル王女

1503年–1539年 |  | カール5世
神聖ローマ皇帝

1500年–1558年 |  |  |  |  |  | フェルディナント1世
神聖ローマ皇帝

1503年–1564年 |  | アンナ
ボヘミア・ハンガリー王女

1503年–1547年 |  |  |  | イサベル
1501年–1526年 |  | クリスチャン2世
デンマーク王

1481年–1559年 | 
 |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
フェリペ2世
スペイン王

1527年–1598年 |  |  | マリア
1528年–1603年 |  | マクシミリアン2世
神聖ローマ皇帝

1527年–1576年 |  | カール2世
オーストリア大公

1540年–1590年 |  |  | アンナ
1528年–1590年 |  | アルブレヒト5世
バイエルン公

1528年–1579年 |  | クリスティーヌ
1522年–1590年 |  | フランソワ1世
ロレーヌ公

1517年–1545年
 |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  | アナ
1549年–1580年 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | マリア・アンナ
1551年–1608年 |  | ヴィルヘルム5世
バイエルン公

1548年–1626年 |  | レナータ
1544年–1602年 |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | フェリペ3世
スペイン王

1578–1621 |  | マルガレーテ
1584年–1611年 |  | フェルディナント2世
神聖ローマ皇帝

1578年–1637年 |  | マリア・アンナ
1574年–1616年
 |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  | フェリペ4世
スペイン王

1605年–1665年 |  |  | マリア・アナ
1606年–1646年 |  |  |  | フェルディナント3世
神聖ローマ皇帝

1608年–1657年
 |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 

 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | マリアナ
1634年–1696年
 |  |  |  | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 

 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | カルロス2世
スペイン王

1661年–1700年


脚注

  1. ^ これはスペイン・ハプスブルク家に関して、しかも末期を除いてであり、オーストリア・ハプスブルク家は分家が比較的多く縁組の選択肢となりえた(当然ながら近親婚となる)他、バイエルンヴィッテルスバッハ家(皇帝を出している)や、家格が高いとは言い難いゴンザーガ家(ただしハプスブルク家とは色濃い血縁関係があった)、プファルツ=ノイブルク家(プファルツ系ヴィッテルスバッハ家の分家、のち選帝侯位を継ぐ)、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家(プロテスタント諸侯の家系、2系統の一方に新設の選帝侯位が与えられた)からも妃を迎えている。プファルツ=ノイブルク家からはカルロス2世妃マリアナも出ている。
  2. ^ “スペイン・ハプスブルク家、断絶の原因は「近親婚」か 研究結果”. AFPBB News (マドリード/スペイン). (2009年4月16日). http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2592887/4035719 2011年10月14日閲覧。

参考文献

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/29 12:48

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「スペイン・ハプスブルク朝」の意味を投稿しよう
「スペイン・ハプスブルク朝」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

スペイン・ハプスブルク朝スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「スペイン・ハプスブルク朝」のスレッドを作成する
スペイン・ハプスブルク朝の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail