このキーワード
友達に教える
URLをコピー

スリラー_(アルバム)とは?

【『スリラー』】

マイケル・ジャクソンスタジオ・アルバム
【リリース】

【録音】
1982年4月 - 7月
ジャンル
R&B / ポップス
【時間】

レーベル
Epic Records
EPIC SONY(日本)
プロデュース
クィンシー・ジョーンズ
マイケル・ジャクソン
【専門評論家によるレビュー】


【チャート最高順位】

  • 1位(アメリカ、イギリス、オランダ、カナダ、スウェーデン、ドイツ、日本、ニュージーランド)
  • 3位(オーストリア)
  • 4位(スイス)
  • 6位(ノルウェー)

  • ゴールドディスク

  • 33× プラチナ(全米レコード協会)
  • ゴールド(再発盤、日本レコード協会)

  • マイケル・ジャクソン アルバム 年表
    オフ・ザ・ウォール
    (1979年) | スリラー
    (1982年) | バッド
    (1987年)

    マイケル・ジャクソン『スリラー』のアルバム盤に対してアメリカレコード協会が授与したプラチナディスクのレコード。アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡ユニバーサルシティにあるハードロックカフェ・ハリウッドにて展示

    スリラー』(Thriller)は、1982年12月1日に発売されたマイケル・ジャクソンスタジオ盤。発売から現在に至るまで6500万枚の売上が認められており、「史上最も売れたアルバム」とされている。2010年の『ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・ベストアルバム500』において、20位にランクイン。

    前作の『オフ・ザ・ウォール』に引き続きクインシー・ジョーンズをプロデューサーに迎え、ロサンゼルスのウエストレイク・スタジオにて制作。前作から進化させたポスト・ディスコやクワイエット・ストームのスタイルを基にしつつ、ポール・マッカートニーやエディ・ヴァン・ヘイレンの参加で白人音楽の要素を取り入れることに成功。音楽専門チャンネルMTVの普及に乗っかって制作された革命的なミュージック・ビデオの数々も話題となり、人種の垣根を超えた社会現象を起こした。

    2008年2月20日には25周年記念盤が発売された。

    目次

    • 1 ミュージック・ビデオ
    • 2 成功
    • 3 収録曲
      • 3.1 スペシャルエディションのボーナストラック
    • 4 Thriller 25
    • 5 その他
    • 6 脚注
    • 7 関連項目

    ミュージック・ビデオ

    1983年1月発表の第1弾シングル「ビリー・ジーン」はマイケルが作詞・作曲した曲で、ストーカー被害に遭う自身の姿を投影したものと言われている。シングルの発売に際して曲の暗い世界観を表したミュージック・ビデオがMTVで放映され、当時にしては革新的な物語性のある映像が話題となった。なお、それまでMTVは黒人音楽家によるミュージック・ビデオを放映しないという方針を取っていたが、本作に関してはCBS側からの圧力に屈し放映が実現。人種の制限を突破した本作は以後のミュージック・ビデオ・ブームの先駆けとなった。1983年5月には、モータウン25周年コンサートで本曲を演奏し、そこでムーンウォークを初披露した(しかし本人曰く、この時のムーンウォークは満足のいく出来ではなかった)。

    同年2月、ギタリストにエディ・ヴァン・ヘイレンを迎えた力強いロックナンバー「ビート・イット」がシングルカット。マイケルを先頭にロスの本物のギャング集団がダンスするという、『ウエスト・サイド・ストーリー』を模したスタイルのミュージック・ビデオが大きな話題となった。

    12月には、今に至るまでミュージックビデオの最高傑作と目される約14分の大作「スリラー」がMTVで初公開された。マイケルが狼男に変身したり、ゾンビとダンスを踊ったりと、特殊効果を多用したホラー映画風の本作は社会現象となり、これまでに大量のパロディが制作されている。1999年にMTVが発表した「今まで作られたビデオの中で最も偉大なベスト100」で1位に輝いている。

    また、ローリング・ストーン誌が発表した『ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500』に於いては、「ビート・イット」が81位、「ビリー・ジーン」が58位に選ばれている。

    成功

    アルバムは全米チャートで通算37週に渡って1位を記録し、他7ヶ国でも1位を獲得。日本ではオリコン洋楽アルバムチャートで1984年2月13日付から12週連続1位を獲得し、オリコンでの集計で史上2枚目の洋楽アルバムのミリオンセラーを達成した。

    またアルバムからは全9曲のうち7曲がシングルとして発売され、その全てが全米でトップ10入りを果たす快挙も成し遂げた。

    売上枚数に関しては諸説あるものの、2012年にギネス世界記録において6500万枚の認定を受けており、現在も売上枚数を増やし続けている。2015年12月16日のアメリカレコード協会の発表によるとアメリカでの売上枚数は史上初めて3000万枚を超え、2019年現在のアメリカでのアルバムの売上枚数は歴代2位(1位はイーグルスの『グレイテスト・ヒッツ 1971-1975』の3800万枚)で、世界全体での売上は歴代1位となっている。

    1984年の第26回グラミー賞において、主要部門である最優秀レコードと最優秀アルバムに加え、最優秀男性ポップ歌手、最優秀男性ロック歌手、最優秀男性R&B歌手、最優秀R&Bソング、最優秀児童向けレコード、最優秀プロデューサー(プロデューサーであるクインシー・ジョーンズ個人の受賞)と異例の8部門を受賞した。

    収録曲

    【#】
    【タイトル】
    【作詞・作曲】
    【時間】

    1. | 「Wanna Be Startin' Somethin'」 | マイケル・ジャクソン | 
    2. | 「Baby Be Mine」 | ロッド・テンパートン | 
    3. | 「The Girl Is Mine」(feat. ポール・マッカートニー) | マイケル・ジャクソン | 
    4. | 「Thriller」 | ロッド・テンパートン | 
    5. | 「Beat It」 | マイケル・ジャクソン | 
    6. | 「Billie Jean」 | マイケル・ジャクソン | 
    7. | 「Human Nature」 | ジョン・ペティス
    スティーブ・ポーカロ | 
    8. | 「P.Y.T. (Pretty Young Thing)」 | ジェームス・イングラム
    クインシー・ジョーンズ | 
    9. | 「The Lady In My Life」 | ロッド・テンパートン | 
    合計時間:


    スペシャルエディションのボーナストラック

    1. ナレーション~クインシー・ジョーンズ・インタビューNo.1
    2. サムワン・イン・ザ・ダーク(当時のアウトテイク/完全未発表)- Someone in the Dark (from E.T.: The Extra-Terrestrial storybook)(4:47)
    3. ナレーション~クインシー・ジョーンズ・インタビューNo.2
    4. ビリー・ジーン(オリジナル・デモ)
    5. ナレーション~クインシー・ジョーンズ・インタビューNo.3
    6. ナレーション~ロッド・テンパートン・インタビューNo.1
    7. ナレーション~クインシー・ジョーンズ・インタビューNo.4
    8. ナレーション~ヴィンセント・プライスによる「スリラー」ナレーション
    9. ナレーション~ロッド・テンパートン・インタビューNo.2
    10. ナレーション~クインシー・ジョーンズ・インタビューNo.5
    11. メリーゴーランド(当時のアウトテイク/完全未発表)- Carousel (edited version)(1:50)
    12. ナレーション~クインシー・ジョーンズ・インタビューNo.6

    Thriller 25

    25周年記念特別盤。通常版と同じトラックと、ブラック・アイド・ピーズファーギーウィル・アイ・アム、他にもカニエ・ウェストエイコンなどがフィーチャリングしたトラックが含まれる。さらにDVDも含まれる。

    10. Voice-Over Session from Thriller - 0:24
    11. The Girl Is Mine 2008 with will.i.am - 3:11
    12. P.Y.T. (Pretty Young Thing) 2008 with will.i.am - 4:17
    13. Wanna Be Startin' Somethin' 2008 with Akon - 4:11
    14. Beat It 2008 with Fergie - 4:10
    15. Billie Jean 2008 Kanye West Remix - 4:34
    16. For All Time - 4:08
    スリラー制作期の未発表曲であり、デヴィッド・ペイチスティーヴ・ポーカロがプロデュースしている。また、スティーヴ・ルカサージェフ・ポーカロが演奏している。構成はヒューマン・ネイチャーに近いものとなっている。
    17. Got the Hots - 4:27
    これもスリラー制作期の未発表曲であり、日本盤のみ収録されている。オフ・ザ・ウォール時代の音楽性に近く、スリラーの方向性と合わず収録されなかった。

    DVD

    1. Thriller
    2. Beat It
    3. Billie Jean
    4. Billie Jean (live, Motown 25: Yesterday, Today, Forever)

    『スリラー25周年記念リミテッド・エディション』とブックレットが豪華な『スリラー25周年記念リミテッド・デラックス・エディション』がある。

    その他

    『スリラー』のセールスは最高で1億1,000万枚と喧伝されることもあるが、 非現実的な数字である。

    脚注

    1. ^ Thriller - Michael Jackson : Awards : AllMusic
    2. ^ ChartArchive - Michael Jackson - Thriller
    3. ^ dutchcharts.nl - Michael Jackson - Thriller
    4. ^ Item Display - RPM - Library and Archives Canada - 1983年4月23日付のRPMアルバム・チャートを掲載
    5. ^ swedishcharts.com - Michael Jackson - Thriller
    6. ^ charts.de
    7. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.276
    8. ^ charts.org.nz - Michael Jackson - Thriller
    9. ^ Michael Jackson - Thriller - austriancharts.at
    10. ^ Michael Jackson - hitparade.ch
    11. ^ norwegiancharts.com - Michael Jackson - Thriller
    12. ^ THE RECORD : 平成6年5月号: 平成6年3月度「ゴールド・アルバム」他認定作品”. 2014年5月6日閲覧。
    13. ^ オリコンのデータ協力による “全曲、80年代の週間オリコンチャートNo.1” の洋楽コンピが登場!、ソニーミュージック、2017年8月8日。
    14. ^ オリコン史上初の洋楽ミリオンセラーは「フラッシュダンス
    15. ^ Craig Glenday: “Biggest-selling Album Ever”. Guinness World Records. 2006年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月3日閲覧。
    16. ^ Gitlin, Martin (March 1, 2011). The Baby Boomer Encyclopedia. ABC-CLIO. p. 196. http://books.google.com.pe/books?id=pQakFJFPT4YC&q=%22with+65+million+albums+sold%22#v=snippet&q=%22with%2065%20million%20albums%20sold%22&f=false 2012年3月15日閲覧。.
    17. ^ Janosik, MaryAnn (2006). The Greenwood Encyclopedia of Rock History: The video generation, 1981-1990. Greenwood Press. p. 16. ISBN 978-0-313-32943-2. http://books.google.com/books?id=eSIKAQAAMAAJ&q=thriller+pop+/rock+album&dq=thriller+pop+/rock+album 2011年7月14日閲覧. "The phenomenal success of Thriller as a landmark pop/rock album was enhanced further by Jackson's innovative dance based music videos"
    18. ^ “M・ジャクソンの「スリラー」、米売り上げが3000万枚超え新記録”. ロイター. (2015年12月17日). http://jp.reuters.com/article/m-jackson-idJPKBN0U005U20151217 2017年4月閲覧。
    19. ^ マイケル・ジャクソン、『スリラー』で第26回グラミー賞8部門受賞(1984)”. ヤマハ. 2014年9月18日閲覧。
    20. ^ Leopold, Todd (2012年6月25日). “Michael Jackson's 'Thriller' At 30: Classic Track-By-Track Review”. Billboard. http://www.billboard.com/articles/news/473938/michael-jacksons-thriller-at-30-classic-track-by-track-review 2012年12月3日閲覧. "Worldwide, estimates range as high as 110 million albums sold."
    21. ^ Bill Wyman (2013年1月4日). “Did "Thriller" Really Sell a Hundred Million Copies?”. The New Yorker (Condé Nast). http://www.newyorker.com/online/blogs/culture/2013/01/did-michael-jacksons-thriller-really-sell-a-hundred-million-copies.html 2013年1月10日閲覧。
    22. ^ Carl Bialik (2009年). “Spun: The Off-the-Wall Accounting of Record Sales”. The Wall Street Journal (Dow Jones & Company (News Corporation)). http://online.wsj.com/article/SB124760651612341407.html 2013年1月10日閲覧。
    23. ^ Carl Bialik (2009年7月14日). “How many albums did Michael Jackson Sell?”. The Wall Street Journal (Dow Jones & Company (News Corporation)). http://blogs.wsj.com/numbersguy/how-many-albums-did-michael-jackson-sell-755/ 2013年1月10日閲覧。
    24. ^ David Lara (2012年5月12日). “Michael Jackson's 'Bad' Gets a Revamp and More Inflated Sales!”. Impre (ImpreMedia). http://www.impre.com/la-gente-dice/viewArticle.action?articleId=281474978979962 2013年1月10日閲覧。

    関連項目

    マイケル・ジャクソン
    シングル | 
    マイケル・ジャクソンのシングル
    1970年代 | 
    71年 | 

    1.ガット・トゥ・ビー・ゼア


    72年 | 

    2.ロッキン・ロビン - 3.ボクはキミのマスコット - 4.エイント・ノー・サンシャイン - 5.ベンのテーマ


    73年 | 

    6.ウィズ・ア・チャイルズ・ハート - 7.ミュージック・アンド・ミー - 8.おしゃれな恋


    75年 | 

    9.ウィアー・オールモスト・ゼア - 10.ジャスト・ア・リトル・ビット・オブ・ユー


    78年 | 

    11.Ease On Down The Load


    79年 | 

    12.ユー・キャント・ウィン - 13.A Brand New Day - 14.今夜はドント・ストップ - 15.ロック・ウィズ・ユー



    1980年代 | 
    80年 | 

    16.オフ・ザ・ウォール - 17.あの娘が消えた - 18.ガールフレンド


    81年 | 

    19.One Day In Your Life


    82年 | 

    20.ガール・イズ・マイン


    83年 | 

    21.ビリー・ジーン - 22.今夜はビート・イット - 23.スタート・サムシング - 24.ヒューマン・ネイチャー - 25.P.Y.T. - 26.セイ・セイ・セイ - 27.スリラー


    87年 | 

    28.キャント・ストップ・ラヴィング・ユー - 29.Bad - 30.ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール


    88年 | 

    31.マン・イン・ザ・ミラー - 32.ダーティー・ダイアナ - 33.アナザー・パート・オブ・ミー - 34.スムーズ・クリミナル - 35.ゲット・イット


    89年 | 

    36.リーヴ・ミー・アローン - 37.リベリアン・ガール - 38.スピード・デーモン



    1990年代 | 
    91年 | 

    39.ブラック・オア・ホワイト


    92年 | 

    40.リメンバー・ザ・タイム - 41.イン・ザ・クローゼット - 42.ジャム - 43.フー・イズ・イット - 44.ヒール・ザ・ワールド


    93年 | 

    45.ギヴ・イン・トゥ・ミー - 46.Whatzupwitu - 47.ウィル・ユー・ビー・ゼア - 48.ゴーン・トゥー・スーン


    95年 | 

    49.スクリーム/チャイルドフード - 50.ユー・アー・ナット・アローン - 51.アース・ソング


    96年 | 

    52.ディス・タイム・アラウンド - 53.ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス - 54.ストレンジャー・イン・モスクワ - 55.スマイル


    97年 | 

    56.ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロア - 57.ヒストリー/ゴースト - 58.イズ・イット・スケアリー



    2000年代 | 
    01年 | 

    59.ユー・ロック・マイ・ワールド - 60.クライ


    02年 | 

    61.バタフライズ


    03年 | 

    62.ホワット・モア・キャン・アイ・ギヴ - 63.ワン・モア・チャンス


    04年 | 

    64.Cheater


    08年 | 

    65.ガール・イズ・マイン 2008 - 66.スタート・サムシング 2008 - 67.Thriller Megamix


    09年 | 

    68.THIS IS IT



    2010年代 | 
    10年 | 

    69.Mind Is The Magic - 70.ホールド・マイ・ハンド


    11年 | 

    71.ハリウッド・トゥナイト - 72.ビハインド・ザ・マスク - 73.(アイ・ライク) ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー - 74.Immortal Megamix


    12年 | 

    75.Bad (Afrojack Remix Featuring Pitbull - DJ Buddha Edit) - 76.I'm So Blue


    14年 | 

    77.ラヴ・ネヴァー・フェルト・ソー・グッド - 78.ア・プレイス・ウィズ・ノー・ネーム





    アルバム | 
    マイケル・ジャクソンアルバム
    スタジオ | 

    ガット・トゥ・ビー・ゼア - ベンのテーマ - ミュージック・アンド・ミー - フォーエヴァー・マイケル - オフ・ザ・ウォール - スリラー - フェアウェル・マイ・サマー・ラヴ - ルッキング・バック・トゥ・イエスタデイ - Bad - デンジャラス - ヒストリー - インヴィンシブル - MICHAEL


    ベスト | 

    ヒストリー - ベスト・オブ・マイケル・ジャクソン - ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロア - ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    出典:wikipedia
    2020/02/21 15:10

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「スリラー_(アルバム)」の意味を投稿しよう
    「スリラー_(アルバム)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    スリラー_(アルバム)スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「スリラー_(アルバム)」のスレッドを作成する
    スリラー_(アルバム)の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail