このキーワード
友達に教える
URLをコピー

スレイヤーズ_(アニメ)とは?

 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2013年12月)
  • 一次情報源または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。(2013年12月)

スレイヤーズ
ジャンル ファンタジーコメディアドベンチャー
原作 神坂一
あらいずみるい
(角川書店富士見ファンタジア文庫)
アニメ
監督 渡部高志
シリーズ構成 小山高生
キャラクターデザイン 宮田奈保美
音楽 手塚理Vink
アニメーション制作 イージー・フイルム
製作 テレビ東京テレビ東京ソフトウェア
放送局 テレビ東京系列
放送期間 1995年4月7日 - 1995年9月29日
話数 全26話
アニメ:スレイヤーズNEXT
監督 渡部高志
シリーズ構成 神坂一
高山治郎
キャラクターデザイン 宮田奈保美
音楽 手塚理、Vink
アニメーション制作 イージー・フイルム
製作 テレビ東京、テレビ東京ソフトウェア
放送局 テレビ東京系列
放送期間 1996年4月5日 - 1996年9月27日
話数 全26話
アニメ:スレイヤーズTRY
監督 渡部高志
シリーズ構成 神坂一
高山治郎
キャラクターデザイン 宮田奈保美
音楽 手塚理、Vink
アニメーション制作 イージー・フイルム
製作 テレビ東京、テレビ東京ソフトウェア
放送局 テレビ東京系列
放送期間 1997年4月4日 - 1997年9月26日
話数 全26話
アニメ:スレイヤーズREVOLUTION
監督 渡部高志
シリーズ構成 高山治郎
キャラクターデザイン 宮田奈保美
音楽 手塚理、Vink4
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 スレイヤーズR製作委員会
放送局 テレビ東京系列
放送期間 2008年7月2日 - 2008年9月24日
話数 全13話
アニメ:スレイヤーズEVOLUTION-R
監督 渡部高志
シリーズ構成 高山治郎
キャラクターデザイン 宮田奈保美
音楽 手塚理、Vink
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 スレイヤーズER製作委員会
放送局 AT-X
放送期間 2009年1月12日 - 2009年4月6日
話数 全13話
ラジオドラマ
CD:スレイヤーズEX.(えくすとら)
レーベル キングレコード
発売日 1996年1月6日
(#1 白竜の山)
1996年3月6日
(#2 ふくしぅの刃)
1996年4月5日
(#3 がんばれネクロマンサー)
1996年5月2日
(#4 リナ抹殺指令)
収録時間 56分(#1 白竜の山)
55分(#2 ふくしぅの刃)
55分(#3 がんばれネクロマンサー)
51分(#4 リナ抹殺指令)
計217分
話数 全4話
枚数 全4枚
CD:スレイヤーズN・EX.(ねくすとら)
レーベル キングレコード
発売日 1997年2月16日
(#1 闇の住まう村)
1997年3月5日
(#2 りべんじゃあ。)
1997年4月9日
(#3 愛しの根性なし)
1997年5月3日
(#4 破壊神はつらいよ)
収録時間 51分(#1 闇の住まう村)
45分(#2 りべんじゃあ。)
53分(#3 愛しの根性なし)
51分(#4 破壊神はつらいよ)
計200分
話数 全4話
枚数 全4枚

映画
映画
監督 やまざきかずお(総監督)
渡辺ひろし
制作 J.C.STAFF
配給 東映
封切日 1995年7月29日
上映時間 約59分
映画:スレイヤーズRETURN
監督 湯山邦彦(総監督)
わたなべひろし
制作 J.C.STAFF
配給 東映
封切日 1996年8月3日
上映時間 約62分
映画:スレイヤーズぐれえと
監督 湯山邦彦(総監督)
わたなべひろし
制作 J.C.STAFF
配給 東映
封切日 1997年8月3日
上映時間 約60分
映画:スレイヤーズごぅじゃす
監督 わたなべひろし(総監督兼任)
制作 J.C.STAFF
配給 東映
封切日 1998年8月1日
上映時間 約62分
映画:スレイヤーズぷれみあむ
監督 佐藤順一
制作 ハルフィルムメーカー
配給 東映
封切日 2001年12月22日
上映時間 約30分

OVA
OVA:スレイヤーズすぺしゃる
監督 わたなべひろし
キャラクターデザイン 吉松孝博
発売日 1996年7月25日
(#1 恐怖のリメラ計画)
1997年1月25日
(#2 ジェフリー君の騎士道)
1997年5月25日
(#3 鏡よ鏡)
話数 全3話(全3巻)
OVA:スレイヤーズえくせれんと
監督 わたなべひろし
キャラクターデザイン 阿蒜晃士
発売日 1998年10月25日
(#1 らびりんす)
1998年12月25日
(#2 恐るべき未来)
1999年3月25日
(#3 リナちゃん おしゃれ大作戦)
話数 全3話(全3巻)

テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

スレイヤーズ (アニメ) では、神坂一によるライトノベルスレイヤーズ』を原作としたテレビアニメOVA劇場用アニメラジオドラマについて記述する。

1995年から2009年にかけて、テレビアニメシリーズは5作品が放映され、劇場版が5作、OVAとラジオドラマがそれぞれ2作発表されている。

キャッチコピーは「見てくんないと暴れちゃうぞ!」。

概要

本作のアニメ版は、原作の本編(長編系統)第一部をベースにしたテレビアニメとその流れをくむラジオドラマ、そして原作の『すぺしゃる』(短編系統)をベースにした劇場版とOVA、という2つの系統に大別できる。劇場版第5作目の『ぷれみあむ』を別にすれば、主人公のリナ以外で両系統に登場した人物はほとんど存在しない。なお、本編第二部のアニメ化は行われていない。

両系統ともスタートしたのは1995年であり、いずれもスタッフや制作会社が異なり、ソフトの販売元も異なっている。テレビアニメ・ラジオドラマは制作:イージー・フイルム、販売:スターチャイルド(キングレコード)であり、劇場版・OVAは制作:J.C.STAFF、販売:エモーション(バンダイビジュアル)である。ただし、テレビアニメ第1作目(通称「無印」)の販売元はバンダイビジュアル、テレビアニメ第4作目・第5作目の制作はJ.C.STAFF、劇場版『ぷれみあむ』は制作:ハルフィルムメーカー、販売:キングレコードである。

本放送当時、渡部高志監督が運営するウェブサイト「猫南蛮亭」において作り手側からの情報発信とファンとの交流が積極的に行われていた。このような制作関係者が直接運営するサイトは当時としては他に例が無く、アニメ史上において最も早い時期にインターネットを活用したものの一例であると言える。テレビ東京ブロードバンドが運営するブロードバンド配信サイトアニメch.comで、2003年9月のサイト開始時から3作品とも配信された。2006年2月から同サイトを引き継いだあにてれシアターでも配信されていた。

リナとガウリイの食事バトルはそれぞれの担当声優である林原めぐみ松本保典のアドリブだったが、2人は特に打ち合わせをしなかった。「相手が言うと、それに返す言葉がぽんっと浮かぶ」らしい。「台本には『以下アドリブ』『以下ケンカ』しか書いてなかった」「『スレイヤーズ』前から互いを知っていたから、役を探る内にそうなった」と語っている。また、監督によると「3割が二人のアドリブ」だったという。

登場人物

スレイヤーズの登場人物」および「スレイヤーズのアニメオリジナルキャラクター」を参照

テレビアニメ

テレビアニメ版共通事項

『EVOLUTION-R』以外の作品はすべてテレビ東京系列(TXN)で放送。他に系列外局でのネットもあったが、ネット局は作品ごとに異なる。放送日については、特記の無い限りはテレビ東京のものを記す。

シリーズ共通の登場人物・声の出演

シリーズ共通のスタッフ

原作との相違点

原作の舞台は水竜王が統括していた地域を囲む東西南北の結界内であり、魔族を除く住民達は隔離された状態で約1000年生活していたが、この結界が解除されたので、アニメでは外へ向かい国交を回復しようとしている(原作では結界解除されたという認識が広まっていない)。『TRY』の舞台は火竜王統括地域である。

結界の外の世界では魔法が発達しておらず、代わりに火薬を用いた武器が発達しており原作には存在しない大砲が登場する。またREVOLUTIONではリナ達の住んでいる地域でも大砲が使われている。原作では海に接していないルヴィナガルド王国が海に面している。原作にはない「リナはナメクジが苦手」という設定がある。

純魔族の戦闘時の容貌
セイグラム - 本編第6巻の話が省略されている都合上、再登場時にデザインが変化しない。
この他にも、高・中・下位問わず多くの魔族が巨大化や怪物化を果たしている。魔族にとって物質世界での姿は仮初めに過ぎず、大きな意味を為さない。従って、巨大化したり無闇に迫力ある容姿へ化けても、対象の恐怖を増大させる程度しか効果はなく、容姿に関わらず力自体を感じ取るリナ達には効果が薄い。アニメ版ではごく一部だが神のビジュアルも描写されており、その際は魔族同様に巨体を誇る怪物状(主に竜)で表現されている。なお、魔族の外観に関する詳細は、スレイヤーズの超常的存在を参照。
ゼルガディスの設定
原作では使用する呪文は精霊魔術のみだが、アニメでは高位の黒魔術、破邪系の白魔術、更には呪術など、様々な系統の呪文を使用する。原作では使えないことになっている翔封界(レイウィング)が使えることになっている。
アメリアの設定
初登場の仕方が原作とアニメでは全く異なる。原作は「リナと同じぐらいの年で、リナよりも背が高い」となっているが、アニメでは「リナの妹分(年下)で、リナよりも背が低い」となっており、リナのことを「さん」付けで呼んでいる。
「胸が大きい」ことについて、原作では特に描写がない(ただしイラストではかなり大きく描写されている)のに対して、アニメでは強調されている。原作では使えないことになっている翔封界(レイウィング)が使えることになっている。原作ではややドライな所のあるサバサバした気性として描写されているが、アニメではホットでリリカルな恋愛沙汰を好む少女として表現されている。
原作では8巻で腕を組んだ挿絵からゼルガディスとのカップリングが論争を引き起こしていたが、恋愛らしき描写は無かった。しかし、アニメでは『無印』の終盤あたりからゼルガディスをはっきり異性として意識する描写が見られ、ゼルガディスもまんざらではない様子とされている。『NEXT』や『TRY』ではゼルガディスに近寄る異性に嫉妬している。
ザナッファーの設定
原作では本編第5巻に登場し、サイラーグとは異なる場所で、コピーレゾとも無関係。しかしTV版『無印』ではサイラーグにてコピーレゾが装備者となる。
原作では鎧状だが、TV版『無印』ではザナッファーそのものではなくザナッファーの残留思念という設定のため、直接手に触れる事ができないオーラ状の外観になっている。原作では最終的に装備者の意識を乗っ取り、魔獣として覚醒するが、TV版『無印』では残留思念である為かその設定は生かされていない。代わりに神聖樹フラグーンを恐れるという新たな設定が付加されている。
なお、『REVOLUTION』ではタフォーラシアに伝わっていたサイラーグの遺産のひとつとして登場。無印とは違って残留思念ではなく、当初はザナファアーマーという鎧として登場、後に装備者の意識を乗っ取り魔獣として覚醒するという原作とほぼ同じ設定となっている。
ゼロスの設定
初登場の仕方が原作とアニメでは全く異なる。『NEXT』ではゼロスの本質である残虐性がほとんど描かれず、命令遂行のために無関係な一般人を大量殺戮する場面(ディルス王都壊滅)が描かれていない。最終話で親切にも光の剣をガウリイへ返し、しかもリナは去りゆく彼に対して「もう行っちゃうの?」と名残惜しそうに言葉を投げ掛ける。原作においてリナとゼロスは、談笑しつつも腹の底では全く信用し合わない冷戦状態を保ち続けるが、『NEXT』のゼロスは「敵方に属しつつも憎めないキャラ」として立ち回る。『TRY』以降は原作にある残虐性も見せるようになるが、原作ほど仲は悪くない上、最終的には味方側に回っている。
セイグラムの設定
アトラスシティの事件では、同志ギオ=ガイアが不在な点を除けば大きな変更点は無し。ただし、再登場時には原作と異なり、ガーヴ直属の配下として行動し、対決場所も変更されている。ズーマが登場しない影響で、半魔族(人と魔族の合成体)にはならず純魔族のままでいる。ガーヴから力を授かって強化され、アニメ版に登場しないラルタークやラーシャートの代役を務める。
金色の魔王の設定
小説において彼女が冥王を滅ぼしたのは「見間違いであっても自分を攻撃した者は許さない」という怒りからであり、異界黙示録(クレアバイブル)の言葉からも消極的に世界全ての破滅を望んでいると言えるが、アニメにおいては「自らの全てを引き換えにしたリナの願い」を叶える形で具現化しており、ゼロスの言葉からも世界の存続を望んでいることが伺える。『NEXT』の最後にはガウリイの「純粋な意思」に触れて「気まぐれ」を起こすなど、かなり好意的に描かれている。
武器の設定
原作では本編第一部の終盤で失うことになっている「光の剣」を、『NEXT』の該当部分では最後まで失わず、『TRY』において完全に手放す。『REVOLUTION』では普通の剣を使用しており、第1話での戦闘中刀身が折れ、ガウリイがどこかから取り出した鍛冶道具で修理したため、歪な形になっている。後にポコタから光の剣のレプリカを借りて使用している。
呪文の効果
神滅斬(ラグナブレード)の効力が原作とは異なっている。崩霊裂(ラ・ティルト)に人間に対して使用すると、衝撃を与える程度でダメージが無いというアニメ版独自の設定がなされている。しかし、原作では精神体を攻撃されれば人間も死亡するので矛盾する。黒魔術で力を借りた相手の術を使うと強制的に力を引き出して消費するため、その借りた相手の攻撃=力を消滅させる事はできるというアニメ版独自の設定がなされている。しかし、原作では破壊のために使われる黒魔術は負の感情を得るのにも役に立ち、なおかつそれにより自身が傷つけられることは無く、拒否する理由が無いので拒否しないだけで強制力は無いとされている。
竜族の設定
アニメでは古代竜(エンシェント・ドラゴン)と黄金竜(ゴールド・ドラゴン)が登場する。原作で登場する黄金竜(ゴールデン・ドラゴン)と黄金竜(ゴールド・ドラゴン)は、水竜王、火竜王それぞれの地域に住む別種同士という設定。
高位魔族・中位魔族・下位魔族といった魔族の序列が、所々で不明瞭となっている。強さが変更されたり存在自体を無しにされた純魔族が少なくない。
原作小説の場合、事件の黒幕が誰か終盤まで分からないパターン、味方の一人が実は敵というパターンがあるがアニメ版では、当初から敵を敵として認定しているシナリオ変更部分が多々ある。本編第2巻のハルシフォム、第3巻のエリスは、アニメだと初登場時からリナ一行と対立している。第7巻、第8巻のフィブリゾは、正体発覚以前の出番が非常に増加し、同時に黒幕たる旨を匂わせる伏線も増えている。
原作長編と連動する短編エピソードとの関係
リナがフィル王子と初邂逅するエピソードは、原作ではすぺしゃるの『白魔術都市の王子』で長編第1巻より前の時系列の設定であるが、TV版では後のエピソードにおける視聴者への配慮から、レゾ=シャブラニグドゥを倒した後で邂逅している。同様にワイザーと邂逅する場面も、原作では本編開始前に『ルヴィナガルド王国』に立ち寄りそこでワイザーと対面、本編においては王国は解体され『ルヴィナガルド共和国』となっているが、TV版では『TRY』終了後に『REVOLUTION』で初めて『ルヴィナガルド王国』に立ち寄り、ワイザーともそこで初邂逅する。
テレビアニメ版『ロスト・ユニバース』との関係
完全オリジナルストーリーで『TRY』を手がけたイージー・フイルムは、後にテレビアニメ版『ロスト・ユニバース』を製作するが、この両作は互いに世界観が繋がっているかのような描写が多い。アニメ放送時に出版された関連書には、明言こそ避けてあるが、この2つの作品世界は隣接しあっていると説明されている。『TRY』で登場した異界の魔王ダークスターや異界の神族ヴォルフィードは、アニメ版『ロスト・ユニバース』にもそのままの名前と肩書きで登場する。またアニメ版『ロスト・ユニバース』は、『TRY』からの画像の使いまわしも多い。
原作小説においては両作品とも、アニメ版ほど関係性を強調するような描写はない。いくつかの名前・肩書き・敵対関係の図式は共通しているが、伝説にちなんだものに過ぎないと説明されており、2つの世界は基本的に無関係である。

スレイヤーズ

シリーズ全アニメ作品の中で最初の作品であり、テレビ東京系列(テレビ愛知除く)では1995年4月7日から同年9月29日まで金曜 18時30分 - 19時00分に全26話が放送された。

原作小説である『スレイヤーズ』本編第1巻、第3巻、第5巻の一部、および『スレイヤーズすぺしゃる』第1巻の一部を元に構成されている。本作のみ、アイキャッチが存在しない。

続編の『NEXT』『TRY』『REVOLUTION』『EVOLUTION-R』と区別するために『無印』『無印スレイヤーズ』という通称で呼ばれている。

放送終了後、放送継続を訴えるファンが街頭署名運動を起こした。

過去にニコニコ動画や、2016年6月6日にカートゥーン ネットワークで再放送されたことがある。2006年2月に、TOONAMIでも放送された。

登場人物・声の出演

主題歌

オープニングテーマ「Get along
歌 - 林原めぐみ奥井雅美、作詞 - 有森聡美、作曲 - 佐藤英敏、編曲 - 大平勉
エンディングテーマ「KUJIKENAIKARA!」
歌 - 林原めぐみ・奥井雅美、作詞 - 有森聡美、作曲 - 奥井雅美、編曲 - 矢吹俊郎

サブタイトル

AからZまで、アルファベット順で始まる様に作られている。

【話数】
【サブタイトル】
【脚本】
【絵コンテ】
【演出】
【作画監督】
放送日
1 | Angry? リナ怒りのドラグスレイブ! | 小山高生 | 渡部高志 | 宮田奈保美 | 1995年
4月7日
2 | Bad! ミイラ男は趣味じゃない! | 鈴木行 | 則座誠 | 佐々木一浩 | 4月14日
3 | Crash! 激突!赤いの白いの怪しいの! | 千葉克彦 | 横田和 | 加藤洋人 | 4月21日
4 | Dash! 逃げろ! 魔法が使えない? | 高山治郎 | 佐藤真人 | 宍戸久美子 | 4月28日
5 | Escape! 炎の半魚人 ヌンサ! | 長谷川勝己 | 岩崎良明 | 松浦錠平 | 菊池城二 | 5月5日
6 | Focus! 本当の敵は レゾ? | 山田靖智 | 石崎すすむ | 河口もと | 5月12日
7 | Give up 寸前? 出た必殺の剣っ!! | 花田十輝 | 鈴木行 | 岩崎良明 | 佐々木一浩 | 5月19日
8 | Help! シャブラニグドゥ 復活!! | 高山治郎 | 横田和 | 加藤洋人 | 5月26日
9 | Impact! 脅威の 決戦前夜! | 渡辺誓子 | 佐藤英一 | 箕輪悟 | 6月2日
10 | Jackpot! のるかそるかの 大バクチ! | 高山治郎 | 牧野滋人 | 則座誠 | 宮田奈保美 | 6月9日
11 | Knock Out! セイルーン お家騒動! | 千葉克彦 | 松園公 | 松浦錠平 | 小舟井充 | 6月16日
12 | Lovely! アメリアの 魔法修行 | 長谷川勝己 | 小林孝志 | 菊池城二 | 6月23日
13 | Money! 賞金稼ぎを ブチのめせっ!! | 高山治郎 | 佐藤真人 | 宍戸久美子 | 6月30日
14 | Navigation! サイラーグへの 招待状! | 長谷川勝己 | 又野弘道 | 岩崎良明 | 戸部敦夫 | 7月7日
15 | Oh no! リナの 結婚狂想曲? | 花田十輝 | 松浦錠平 | おぶないみつる | 7月14日
16 | Passion! 舞台にかける 青春? | 山田靖智 | 則座誠 | 佐々木一浩 | 7月21日
17 | Question? あの娘(こ)?に プロポーズ! | 渡辺誓子 | 横田和 | 加藤洋人 | 7月28日
18 | Return! 赤法師 ふたたび! | 高山治郎 | 玉野陽美 | 菊池城二 | 8月4日
19 | Shock! サイラーグ 崩壊! | 千葉克彦 | 渡部高志 | 多田野後彦 | 宮田奈保美 | 8月11日
20 | Trouble! 嵐の半魚人 ラハニム  | 長谷川勝己 | 岩崎良明 | 戸部敦夫 | 8月18日
21 | Upset! ガウリイVS ザングルス | 山田靖智 | 松園公 | 松浦錠平 | 菊池城二 | 8月25日
22 | Vice! 残されし ものたち | 高山治郎 | 佐藤真人 | 宍戸久美子 | 9月1日
23 | Warning! エリスの 執念! | 長谷川勝己 | 小林孝志 | 佐々木一浩 | 9月8日
24 | X-DAY よみがえる 魔獣! | 山田靖智 | 菊池一仁 | 玉野陽美 | 菊池城二 | 9月15日
25 | Yes! 最後の希望 祝福の剣(ブレス・ブレード) | 高山治郎 | 横田和 | 加藤洋人 | 9月22日
26 | Zap! 勝利は あたしのためにある | 渡部高志 | 宮田奈保美 | 9月29日

スレイヤーズNEXT

テレビアニメ第2作目で、1996年4月5日から1996年9月27日にかけて放送。全26話。

原作小説であるスレイヤーズ本編第2巻、第4巻、第5巻の一部、第7巻、第8巻を元に構成されている。本編第一部の残りのエピソードをアニメ化したが、6巻の内容のみ、構成や登場人物の都合上、ほぼ丸ごとカットされている。地方局では1作目を放送せずにNEXTから放送したところもあった。

本作から原作者の神坂一がシリーズ構成を、原作イラストレーターのあらいずみるいがキャラクター原案を手がけるようになった。

大月俊倫は「自分の中では『スレイヤーズ NEXT』がベスト」と述べている。

登場人物・声の出演

主題歌

オープニングテーマ「Give a reason
歌 - 林原めぐみ、作詞 - 有森聡美、作曲 - 佐藤英敏、編曲 - 大平勉
エンディングテーマ「邪魔はさせない」
歌 - 奥井雅美、作詞 - 奥井雅美、作曲 - 奥井雅美・矢吹俊郎、編曲 - 矢吹俊郎
挿入歌「乙女の祈り」
歌 - 林原めぐみ&鈴木真仁、作詞 - 渡部高志、作曲 - 奥井雅美、編曲 - 矢吹俊郎

サブタイトル

第25話までのサブタイトルはしりとりになっている。また、サブタイトル中の1文字は赤文字になっている。

【話数】
【サブタイトル】
【脚本】
【演出】
【絵コンテ】
【作画監督】
放送日
1 | いきなりピンチ! 魔人ゾアメルグスターの恐怖! | 高山治郎 | 佐藤英一 | 渡部高志 | 宮田奈保美
加藤洋人 | 1996年
4月5日
2 | ふざけた神官! その名はゼロス! | 長谷川勝己 | 松園公
河口もと | 渡部高志
佐藤真人 | 菊池城二 | 4月12日
3 | 素敵な商売! 用心棒も楽じゃない! | 千葉克彦 | 高橋滋春 | 佐藤英一 | 寺岡賢司 | 4月19日
4 | いにしえの契約! 不死を求める者! | 渡辺誓子 | 岩崎良明 | 戸部敦夫 | 4月26日
5 | 残されし愛ゆえに! | 山田靖智 | 水島精二 | 松園公
渡部高志 | 駒井一也 | 5月3日
6 | 逃がさない! 執念のマルチナふたたび! | 花田十輝 | 横田和 | 高鉾誠 | 5月10日
7 | びっくり料理! 幻のドラゴン料理を追え! | 岡本典久 | 小林孝志 | 宮田奈保美
加藤洋人 | 5月17日
8 | 永遠なれ! フィルさんが死んだ日? | 長谷川勝己 | 高橋滋春 | 焼津半次 | 5月24日
9 | 秘められし野望! 衝撃の告白? | 高山治郎 | 牧野滋人 | 佐藤英一 | 佐々木一浩 | 5月31日
10 | クセ者ぞろいの珍道中?! 魔力を取り戻せ! | 渡辺誓子 | 吉田俊司 | 横田和 | 宇都木勇 | 6月7日
11 | 迫り来る闇の声! 切り裂けラグナ・ブレード! | 山田靖智 | 水島精二 | 戸部敦夫 | 6月14日
12 | ドンデン返し? 意外なる真実! | 高山治郎 | 山口武志 | 牧野滋人 | 宮田奈保美 | 6月21日
13 | 墜落寸前! 野望のついえる時! | 横田和 | 加藤洋人 | 6月28日
14 | 禁断のダンス? 最強呪文はどこだ! | 千葉克彦 | 高橋滋春 | 小村敏明 | 高鉾誠 | 7月5日
15 | 大激突? 闘いのアルテメ塔! | 長谷川勝己 | 則座誠 | 渡部高志 | 佐々木一浩 | 7月12日
16 | 恨みの魔球! 根性の豪速球! | 岡本典久 | わだへいさく | 小林孝志 | 戸部敦夫 | 7月19日
17 | うわさの彼女は ゼルガディス? | 山田靖智 | 水島精二 | 宮田奈保美 | 7月26日
18 | 砂の神殿! ギガスレイブの秘密! | 高山治郎 | 吉田俊司 | 渡部高志 | 宇都木勇 | 8月2日
19 | ついに発覚っ? ゼロスの正体! | 高橋滋春 | 加藤洋人 | 8月9日
20&
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/03 00:39

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「スレイヤーズ_(アニメ)」の意味を投稿しよう
「スレイヤーズ_(アニメ)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

スレイヤーズ_(アニメ)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「スレイヤーズ_(アニメ)」のスレッドを作成する
スレイヤーズ_(アニメ)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail