このキーワード
友達に教える
URLをコピー

セイコーエプソンとは?

セイコーエプソン株式会社
Seiko Epson Corporation


種類
株式会社
【市場情報】
東証1部 6724
2003年6月上場

【略称】
エプソン・EPSON
【本社所在地】
日本
392-8502
長野県諏訪市大和三丁目3番5号
【本店所在地】
160-8801
東京都新宿区新宿四丁目1番6号
JR新宿ミライナタワー29階
【設立】
1942年(昭和17年)5月18日
(有限会社大和工業)
業種
電気機器
法人番号
4011101010841
【事業内容】
情報関連機器精密機器電子部品
【代表者】
代表取締役社長 碓井稔
代表取締役専務執行役員 井上茂樹
【資本金】
532億400万円
(2019年3月31日現在)
【発行済株式総数】
3億9,963万4,778株
(2019年3月31日現在)
【売上高】
連結:1兆896億76百万円
単体:7,904億24百万円
(2019年3月期)
【営業利益】
連結:713億55百万円
単体:84億80百万円
(2019年3月期)
【純利益】
連結:537億10百万円
単体:306億29百万円
(2019年3月期)
【純資産】
連結:5,427億47百万円
単体:3,804億円
(2019年3月31日現在)
【総資産】
連結:1兆383億89百万円
単体:6,944億87百万円
(2019年3月31日現在)
【従業員数】
連結:7万6,647名
単体:12,713名
(2019年3月31日現在)
【決算期】
3月31日
【主要株主】
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 15.62%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 7.51%
三光起業株式会社 5.67%
セイコーホールディングス株式会社 3.40%
セイコーエプソン従業員持株会 3.49%
服部靖夫 3.38%
資産管理サービス信託銀行株式会社(証券投資信託口) 2.49%
第一生命保険株式会社 2.47%
みずほ信託銀行株式会社 退職給付信託 みずほ銀行口 2.31%
セイコーエプソン従業員持株会 2.06%
(2019年3月31日現在)
【主要子会社】
エプソン販売 100%
東北エプソン 100%
宮崎エプソン 100%
【関係する人物】
服部一郎(元社長)
草間三郎(元社長)
花岡清二(元社長)
【外部リンク】
https://www.epson.jp/ (日本語)
特記事項:大株主の三光起業は、服部家(服部金太郎の子孫一族)の資産管理会社である(同家の資産管理会社である青山企業は10%強を保有していたが、2011年11月17日に保有株の大部分を売却している)。服部家は、セイコーホールディングス株式会社の大株主でもある。服部歊(はっとり のぼる)の「のぼる」の漢字は、偏が「高」、旁が「欠」。

セイコーエプソン株式会社(Seiko Epson Corporation)は、長野県諏訪市に本社を置く情報関連機器精密機器のメーカーである(登記上の本店は東京都新宿区にある)。略称・ブランドは「エプソン(EPSON)」。

インクジェットプリンターを始めとするプリンターや、プロジェクタパソコンといった情報関連機器、水晶振動子(クォーツ)、半導体などの電子デバイス部品の製造を行っている。また子会社ではないものの、セイコーホールディングス株式会社、セイコーインスツル株式会社とともに「セイコーグループ中核3社」の1つとされ、SEIKOブランド、およびORIENTブランドの各腕時計の開発・生産も行っている。

2003年(平成15年)6月東京証券取引所市場第一部へ株式上場した。証券コード6724。

目次

  • 1 概要
  • 2 セイコーホールディングスとの関係
  • 3 沿革
  • 4 主要製品
    • 4.1 プリンター
    • 4.2 スキャナー
    • 4.3 液晶プロジェクター
    • 4.4 パーソナルコンピュータ
    • 4.5 電子デバイス
    • 4.6 ウオッチ
    • 4.7 産業用製品
  • 5 その他の製品
    • 5.1 デジタルカメラおよび関連機器
    • 5.2 音楽CD
  • 6 広報・宣伝活動
    • 6.1 CM・広告
      • 6.1.1 歴代イメージタレント
    • 6.2 スポンサーシップ
    • 6.3 中嶋悟
  • 7 主な関連企業
  • 8 提供番組
    • 8.1 現在
    • 8.2 過去
  • 9 工科短期大学校
  • 10 社員の待遇
    • 10.1 平均年収推移
    • 10.2 ベースアップ
  • 11 関連項目
  • 12 注記・参考資料
  • 13 外部リンク

概要

1942年、服部時計店(現在のセイコーホールディングス)の元従業員で諏訪市で時計の小売・修理業を営んでいた山崎久夫により、有限会社大和工業(だいわこうぎょう)として創業。服部家・第二精工舎からの出資を受け、第二精工舎(現在のセイコーインスツル)の協力会社として腕時計の部品製造や組み立てを行っていた。

1943年に第二精工舎が工場を諏訪市に疎開、諏訪工場を開設する。終戦後も第二精工舎の疎開工場は諏訪の地にとどまり、大和工業との協力関係を強めていった。1959年に大和工業が第二精工舎の諏訪工場を営業譲受し、株式会社諏訪精工舎となった。

諏訪精工舎は、諏訪市とその周辺地域で腕時計の一貫生産体制を確立する。諏訪精工舎を含め、戦中・戦後に諏訪圏(岡谷市、諏訪市、茅野市、下諏訪町、富士見町、原村)・塩尻市・松本市・伊那市には精密機器製造業(時計、カメラなどの部品製造・組立)が集積、同地域は「東洋のスイス」と称されるまでになる。1961年に子会社として信州精器株式会社(後のエプソン株式会社)を設立。 1985年に諏訪精工舎と子会社のエプソン株式会社が合併して、現在のセイコーエプソン株式会社に商号を変更した。

セイコーグループ各社との協業により、独自設計の機械式腕時計(マーベル)・自動巻き機械式腕時計、卓上小型水晶時計、世界初のクォーツ腕時計(アストロン、初代)、自動巻き発電クォーツ腕時計(オートクオーツ)、スプリングドライブ、世界初のGPSソーラー腕時計(アストロン、2代目)等を開発、時計の高精度化・低価格化を進めた。時計の製造・開発から派生する形でプリンターや水晶振動子(クォーツ)、半導体、MEMSデバイス、液晶ディスプレイ、高密度実装技術・産業用ロボットなどの開発を行い、それらが現在の当社の主要事業に結実・発展している。現在の主力事業・主力製品はインクジェットプリンターや液晶プロジェクターなどの情報関連機器である。創業事業である時計事業もセイコーブランド向けの製品の開発・生産を続けている。

国内拠点の多くが長野県内に点在し、その他に山形県酒田市、秋田県湯沢市、北海道千歳市にも製造拠点がある。

子会社にエプソン販売(国内市場向けエプソンブランド商品販売全般)、宮崎エプソン(水晶デバイス事業)、東北エプソン(半導体、プリンター部品の製造)、エプソンアトミックス(金属粉末、金属射出成形部品、人工水晶原石の製造)や孫子会社エプソンダイレクト(PC周辺機器のユーザ、法人向け直販)などがある。

セイコーホールディングスとの関係

社名からセイコーホールディングス(セイコーHD)の子会社と誤解されることが多いが、別経営の独立した会社である。セイコーインスツルはセイコーHDの完全子会社となっているが、それに対して現在のセイコーエプソンはセイコーHDとの直接の資本関係は薄い。

ただ創業者の山崎久夫が服部時計店の元従業員であったことや、創業当初に服部家・第二精工舎からの出資を受けていたこと(服部時計店の子会社ではない)、また第二精工舎の協力会社として腕時計の部品製造や組み立てを行っていたこと、前身の諏訪精工舎は大和工業が第二精工舎の諏訪工場を営業譲受して生まれたことなどから、服部時計店・第二精工舎とは古くから強い関係があった。

現在もセイコーの創業家である服部家(服部金太郎の次男・正次の家系の個人および一族の資産管理会社)が大株主であり、時計の開発・製造での関連が深い。そのため、セイコーHD(旧服部時計店)を中心とするセイコーグループのひとつとして見なされており、セイコーインスツル株式会社も併せて「セイコーグループ中核3社」を形成している。

ただし、セイコーHDとの関連事業である時計関連の売上げはセイコーエプソン全体の売上げに占める割合は数%程度であり、プリンターなどの主要事業と比較すると低い割合になっている。

沿革

2016年11月30日に、エプソン販売株式会社からAR対応のスマートグラス、EPSON MOVERIO「BT-300」を発売。独自開発の有機ELディスプレイを採用し、軽量化、高輝度、高画質化まで実現している。

主要製品

プリンター

スキャナー

液晶プロジェクター

時計が主要な事業であった頃から液晶デバイスの開発を行っていたが、プロジェクターの研究・開発はポケットTV用に開発したポリシリコンTFT液晶パネルの応用から始まった。1989年に世界初の液晶プロジェクター「VPJ-700」を発表。1994年、PCを利用したプレゼンテーション用途に着目したデータプロジェクター「ELP-3000」を発売し、大きな評価を得た。以降、液晶パネルを使用した3LCD方式のプロジェクターを製品展開している。

パーソナルコンピュータ

電子デバイス

ウオッチ

産業用製品

その他の製品

デジタルカメラおよび関連機器

音楽CD

広報・宣伝活動

CM・広告

家庭向けのインクジェットプリンターのカラリオシリーズの普及期に、人気タレントCMに使って大胆に宣伝を行い、製品のヒットやブランドの認知に一役を買っていた。1997年頃迄はライバルのキヤノンのBJシリーズにはペンギンなど色彩鮮やかな動物や鳥類・風景の写真が主に使われていたのに対して、対照的な広告であった。

歴代イメージタレント

現在
過去

スポンサーシップ

自社のブランドを広く認知させるため、各種イベントアスリート等へのスポンサードを行っている。

中嶋悟

レーシングドライバー中嶋悟は、長年のパートナーとして広く認識されている。

販売拡大とブランドイメージ向上を図るための新たな広報活動として、1983年(昭和58年)より全日本F2に参戦するハラダレーシングのスポンサーとなり、モータースポーツへ初参戦を果たした。この時、同チームに加入したのが中嶋だった。速くてマシンを壊さないドライビングスタイルの中嶋が商品とオーバーラップさせられる選手であるとして、翌年より中嶋(及び中嶋企画)への支援が開始された(ハラダレーシングはこのシーズンで撤退)。

1984年(昭和59年)には、ネスカフェゴールドブレンドのTVCMでキャラクターに起用されたレーシングカーデザイナーの由良拓也と中嶋が共演。全国放映されたCM中で由良がデザインする中嶋のマシンが"EPSON"のロゴと共に何度も大写しされたことにより、自社が全く関与しない形でTV中継を含むレース観戦者以外の一般視聴者にも広くその会社名を知られるきっかけとなった。当時の広報担当者は、この思いもよらない宣伝効果が知名度と業績の劇的な向上につながったとして、「今のわが社があるのは中嶋さんのおかげ。今後も会社を上げて全力でサポートしていく」と語っている。

1987年には中嶋のF1参戦に伴いパーソナルスポンサーとしてF1に参入。1988年(昭和63年)から1991年(平成3年)まで中嶋の所属チーム(ロータスティレル)のスポンサーとしての活動も展開。この時期には中嶋を起用したテレビCM(ノートパソコンやCI広告)も制作され、当時のF1ブームも重なり企業イメージと知名度が飛躍的に上がり、就職希望者が大幅に増加するといった現象もみられた。また1991年(平成3年)にはノートパソコン「NOTE&BOOK」のテレビCMに、中嶋が歌う『悲しき水中翼船』がCMソングとして使用(CMにも出演)され、CDが発売された時には現役F1ドライバーが歌手デビューしたとして大きな話題となった。

中嶋の現役引退後も中嶋企画への支援は継続され、2000年(平成12年)より子会社のエプソン販売がスポンサー活動を引き継いでいる。

主な関連企業

提供番組

現在

2019年7月時点

上記以外ではスポットCMが中心である。

過去

出典:wikipedia
2020/02/09 13:16

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「セイコーエプソン」の意味を投稿しよう
「セイコーエプソン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

セイコーエプソンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「セイコーエプソン」のスレッドを作成する
セイコーエプソンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail