このキーワード
友達に教える
URLをコピー

セガ・インタラクティブとは?

株式会社セガ・インタラクティブ
SEGA Interactive Co., Ltd.

種類
株式会社
【市場情報】
非上場
【略称】
SEGA(ブランド)、SIC
【本社所在地】
日本
141-0033
東京都品川区西品川一丁目1番1号
住友不動産大崎ガーデンタワー
北緯35度36分53.8秒 東経139度43分52.2秒 / 北緯35.614944度 東経139.731167度 / 35.614944; 139.731167座標: 北緯35度36分53.8秒 東経139度43分52.2秒 / 北緯35.614944度 東経139.731167度 / 35.614944; 139.731167
【設立】
2015年4月1日
業種
その他製品
法人番号
9010801025541
【事業内容】
アミューズメント機器の開発・製造・販売等
【代表者】
代表取締役副会長 山下滋
代表取締役社長CEO 杉野行雄
【資本金】
1億円
【発行済株式総数】
1,000株
【売上高】
505億5900万円
(2020年3月期)
【営業利益】
△27億7400万円
(2020年3月期)
【純利益】
△41億1100万円
(2020年3月期)
【純資産】
68億6100万円
(2020年3月31日現在)
【総資産】
200億3200万円
(2020年3月31日現在)
【従業員数】
966名
(2015年4月1日現在)
【決算期】
3月31日(年1回)
【主要株主】
(株)セガホールディングス 100%
【関係する人物】
岡村秀樹(取締役会長)
名越稔洋(取締役CPO)
特記事項:2015年4月1日に株式会社セガから新設分割。2020年4月1日に株式会社セガゲームスへ吸収合併され解散。

株式会社セガ・インタラクティブ(: SEGA Interactive Co., Ltd.)は、かつて存在したアーケードゲームメダルゲームなどのアミューズメント機器、ゴルフ練習マシンの開発・製造・販売等を手掛ける日本の企業。セガサミーグループの企業であり、セガホールディングス(後のセガグループ)の100%子会社。

本稿では2015年3月までの株式会社セガ時代並びにセガへ吸収合併された後におけるアーケードゲーム機についても述べる。

概要

セガ(後のセガゲームス)は、日本娯楽物産時代の1964年からアーケードゲームなどのアミューズメント機器の開発・製造・販売を行い、2004年にサミーとの経営統合によりサミーから、2013年12月に子会社のインデックス(後のアトラス〈新社〉)からそれぞれアーケードマシン事業の移管を受けた。

セガの親会社であるセガサミーホールディングスは、2014年5月9日にグループ各事業の収益構造を見直し、かつ成長分野への経営資源投入を可能とする事を整備する事を目的として、「グループ構造改革本部」を設置した。

セガサミーホールディングスは2014年10月31日に、グループをエンタテインメントコンテンツ事業・遊技機事業・リゾート事業の3事業グループへ再編する、収益性の抜本的改善の取り組み、セガ構造改革担当に関する人事の3点を発表し、2015年1月30日に国内における事業効率化の実施、希望退職者の募集を柱とするセガグループの構造改革を発表した。

2015年2月12日にグループ再編が発表され、2015年4月1日付で、アーケードゲームやメダルゲーム、ゴルフ製品などのアミューズメント機器の開発・製造・販売部門をセガ・インタラクティブとしてセガから新設分割で設立したと同時に、セガグループに於いてはセガ・ロジスティクスサービスダーツライブハイブクリエーション共々アミューズメント事業に組み入れられ、第一研究開発本部(通称R&D1)並びに第二研究開発本部(旧SEGA-AM2)もセガ・インタラクティブが承継した。セガやサミーが開発したアーケードゲームのIP(知的財産権)は親会社であるセガホールディングスが、『UFOキャッチャー』などの一部の商標権はセガから商号変更された株式会社セガゲームスがそれぞれ保有する。セガゲームスが配信しているスマートフォン向けオンラインカードバトルRPGである『チェインクロニクル』シリーズ、オンラインダンジョンRPGである『封印勇者!マイン島と空の迷宮』の開発はセガ・インタラクティブ第一研究開発本部が、『セガネットワーク対戦麻雀MJ5』のアプリ版である『セガNET麻雀 MJ』の開発はセガ・インタラクティブ第二研究開発本部がそれぞれ担当する。

本社事務所は当初はセガホールディングスやセガゲームスと同じく東品川のカナルサイドビルに置いていたが、後に本店所在地であるセガホールディングス羽田1号館・2号館へ移転し、本社所在地と本店所在地が同一となった。また、福岡市にあった九州販売を閉鎖し、九州販売の機能を本社並びに大阪市にある関西販売へ移管している。

セガ・インタラクティブが手掛ける事業に関しては、主力のアミューズメント機器事業が2014年3月期と2015年3月期の2期連続で赤字でかつ、セガにおける営業損失の約半数を占めるなど不振であった。このため、前述の構造改革発表時かつセガ・インタラクティブ設立前から製品ラインナップの絞り込みや、一部サービスからの撤退並びに縮小を進めている。その一環として収益が見込めないタイトルの開発中止を実施し、2015年3月25日稼働の『バーチャファイター5』の最新作である『バーチャファイター5 ファイナルショーダウン VERSION B』がALL.Net非対応(前作まではネットワーク対応)に仕様が変更されたり、『セガネットワークカジノクラブ』が2016年4月1日からオフライン化されるなどLINDBERGH基板使用ゲームにおけるネットワークサービスが終了した他、『SEGA CARD-GEN MLB』が設立当日である2015年4月1日の午前4時を以ってサービスが終了したように、事業の効率化を図った結果、当社の初年度かつセガグループのアーケードゲーム事業の2016年3月期最終決算は、セガ時代の2013年3月期以来3期ぶりの黒字決算となった。

本店所在地は2018年12月に羽田から西品川へ移転した他、本社所在地も、2019年2月に西品川へ移転した。これにより、セガ創業の地である羽田に本社・本店所在地を置くセガグループの企業はなくなった。

2020年4月1日付で、セガゲームス(同日付でセガへ再度商号変更)へ吸収合併され、セガ・インタラクティブは解散した。山下滋代表取締役副会長並びに杉野行雄代表取締役社長CEOは、それぞれセガ代表取締役副会長並びセガ代表取締役社長COOに就任した。

事業所

沿革

 | 
この節の加筆が望まれています。

実績

セガ時代の2013年9月に民事再生手続を行ったインデックス(後に2014年4月に民事再生手続廃止、同年7月に破産手続開始)の支援スポンサーとなり、セガは事業受け皿会社となる100%子会社のセガドリームを設立した。2013年11月にアトラスを始めとするインデックス(旧法人)の全事業を譲受すると同時に、セガドリームの商号をインデックス(後のアトラス)に変更し、その1か月後にインデックスからアーケードマシン事業の移管を受けた(クルカステーション筐体以外の筐体の修理サポートはインデックス〈旧セガドリーム〉への譲受前に終了)。なお、アトラスとアークシステムワークスが共同開発(アトラスのインデックス〈旧法人〉傘下時代に開発)した『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』と『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』は、開発の経緯の関係でアトラスのセガサミーグループ入り後もALL.Net対応ではなくタイトーNESiCAxLive対応となっている(コンシューマ版はアトラスから発売)。

セガサミーグループにおけるコンシューマゲーム並びにスマートフォンゲームはこれまでセガゲームス、アトラス、サミーネットワークスの3社から発売・配信していたが、「マルチデバイス×ワンサービス」展開開始に伴い、2016年に初の自社配信タイトルである『SOUL REVERSE ZERO』の配信を、2018年に稼働したアーケード版の『SOUL REVERSE』に先行して開始した他、2017年には『CODE OF JOKER Pocket』『STARHORSE Pocket』『さんぽけ〜三国志大戦ぽけっと〜』の配信を開始した。「マルチデバイス×ワンサービス」自体に関しても、他のアーケードゲームタイトルへの展開も視野に入れている。セガ・インタラクティブが開発し、セガゲームスが運営している『セガNET麻雀 MJ』も、セガ・インタラクティブへ運営移管される予定。なお、スマートフォン版とアーケード版が連動している『ぷよぷよ!!クエスト』に関しては、スマートフォン版はセガゲームス、アーケード版はセガ・インタラクティブがそれぞれ運営を行っていたが、アーケード版は2017年4月1日にサービスが終了した。2018年には初の自社発売による家庭用ゲームソフトとなる『BORDER BREAK』(PlayStation 4版、アーケード版の移植)をセガゲームスと共同で発売した。

2018年2月22日に稼働を開始したアーケード版『SOUL REVERSE』は、セガ・インタラクティブ(前身のセガも含む)のアーケードゲーム筐体では初めて、電子マネー用ICカードリーダーを標準で実装した。

製品

セガ(初代並びに2代目)の製品やアトラスから権利を譲受した製品も含む。

ビデオゲーム・トレーディングカードゲーム型アーケードゲーム

詳細は「アーケードゲームのタイトル一覧 (セガ)」を参照

メダルゲーム

詳細は「Category:セガのメダルゲーム」を参照

その他のアーケードマシン

ゴルフ製品

アーケードゲーム基板

ゲームアプリ開発

セガ・インタラクティブ設立後に開発を担当した作品のみ明記。配信予定の作品も含む。◎は自社より配信、〇はセガゲームスより配信。

コンシューマゲームソフト

他社との関係

最近の動向

脚注

  1. ^ 第5期(2020年3月期)決算公告セガ(旧:セガ・インタラクティブ) 2020年6月24日
  2. ^ 株式会社セガにおける構造改革の実施に関するお知らせセガサミーホールディングス 2015年1月30日
  3. ^ 新生セガグループ営業開始のお知らせセガホールディングス 2015年4月1日
  4. ^ セガグループの再編及び新会社設立のお知らせセガプレスリリース 2015年2月12日
  5. ^ グループ内組織再編とそれに伴う一部子会社の名称変更に関するお知らせセガサミーホールディングス 2015年2月12日
  6. ^ セガグループ再編により,セガを分社化して新会社3社を設立。コンシューマ事業部門はセガネットワークスを吸収合併してセガゲームスへ4Gamer.net 2014年2月12日
  7. ^ 2014年3月期 決算説明会資料セガサミーホールディングス
  8. ^ 2015年3月期 決算説明会資料セガサミーホールディングス
  9. ^ 平成27年3月期決算公告セガゲームス
  10. ^ アニュアルレポート2015セガサミーホールディングス
  11. ^ セガはスマホ/PCデジタルゲームを成長分野と位置付け。低迷するアミューズメント事業は構造の見直しへ4Gamer.net 2014年1月30日
  12. ^ エンタテインメントコンテンツ事業における組織再編に伴う連結子会社間の合併及び一部連結子会社の商号変更に関するお知らせセガサミーホールディングス 2019年12月24日
  13. ^ 世界初ネイルシールプリント機『ネイルプリ』が全国のアミューズメント施設を中心に本日(11/19)から順次展開ファミ通.com 2015年11月18日
  14. ^ セガ・インタラクティブとコナミデジタルエンタテインメント共同展開するアミューズメント向けマルチ電子マネーサービスを発表〜各種電子マネーと『PASELI』がひとつのシステム・機器で運用可能に〜セガ・インタラクティブ 2016年10月6日
  15. ^ コナミデジタルエンタテインメント と セガ・インタラクティブ共同展開するアミューズメント向けマルチ電子マネーサービスを発表― 各種電子マネーと『PASELI(パセリ)』が一つのシステム・機器で運用可能に ―コナミデジタルエンタテインメント 2016年10月6日
  16. ^ セガ・インタラクティブ,コナミアミューズメント,バンダイナムコエンターテインメントの3社 アーケードゲーム用ICカードの仕様統一に向けて合意― 2018年夏の提供を予定 ―セガ製品情報サイト 2018年2月9日
  17. ^ コナミアミューズメント、セガ・インタラクティブ、バンダイナムコエンターテインメントの3社 アーケードゲーム用ICカードの仕様統一に向けて合意― 2018年夏の提供を予定 ―コナミアミューズメント 2018年2月9日
  18. ^ バンダイナムコエンターテインメント、コナミアミューズメント、セガ・インタラクティブの3社 アーケードゲーム用ICカードの仕様統一に向けて合意― 2018年夏の提供を予定 ―バンダイナムコエンターテインメント 2018年2月9日
  19. ^ 「アビス・ホライズン」に対する配信等差止仮処分命令申立てについてセガ・インタラクティブ 2018年7月11日
  20. ^ セガ・インタラクティブが『艦これアーケード』等に係る権利保全を目的とした『アビス・ホライズン』の国内配信差止を申請ファミ通App 2018年7月11日
  21. ^ ハイスピードロボットアクション『BORDER BREAK』。基本無料で白熱したバトルを体感!【特集第1回/電撃PS】PlayStation.com 2018年8月2日
  22. ^ 『BORDER BREAK』利用規約PS4版『BORDER BREAK』公式サイト
  23. ^ セガ・インタラクティブ,コナミアミューズメント,バンダイナムコアミューズメント 3社共通「アミューズメントICカード」対応開始 10月25日より「アミューズメントICカード」対応Aimeカード発売セガ・インタラクティブ 2018年10月25日
  24. ^ カード1枚でバンダイナムコ、コナミ、セガのアーケードゲーム対応サービスが相互利用可能に! 3社共通「アミューズメントICカード」の対応をスタートします 10月25日より「アミューズメントICカード対応バナパスポートカード」を発売バンダイナムコアミューズメント 2018年10月25日
  25. ^ アミューズメントICカード対応「e-amusement passカード」の相互利用開始-KONAMI、セガ、バンダイナムコ3社のゲームが、もっと身近に、もっと楽しく-コナミアミューズメント 2018年10月25日
  26. ^ 〜セガサミーグループの更なる成長に向けた取り組み〜 グループ本社機能の集約 (詳細情報)及び 副業制度 【JOB+(ジョブプラス)】 の導入についてセガサミーホールディングス 2018年5月10日
  27. ^ 本社事務所移転のお知らせセガサミーホールディングス 2018年7月27日
  28. ^ 株式会社インデックスのアミューズメント事業のグループ内移管についてセガプレスリリース 2013年12月2日
  29. ^ 『ソウルリバース』本日より全国稼働開始! さまざまなお得なキャンペーンもスタート”. KADOKAWA. 2019年6月20日閲覧。
  30. ^ セガ・インタラクティブの新たな事業戦略「マルチデバイス×ワンサービス」説明会詳報レポート4Gamer.net 2016年10月25日
  31. ^ 完全新作アーケードゲーム『SOUL REVERSE』11月28日(火)より都内5店舗でロケテスト実施 合わせて事前登録やゲーム実況放送、各種キャンペーンを展開開始セガ製品情報サイト 2017年11月22日
  32. ^ 各種電子マネーのチャージが1台で運用できる業界初『マルチ電子マネーチャージ機(開発中)』の採用決定~セガ・インタラクティブが全国のアミューズメント施設へ販売予定~4Gamer.net 2017年2月10日
  33. ^ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/10 19:40

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「セガ・インタラクティブ」の意味を投稿しよう
「セガ・インタラクティブ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

セガ・インタラクティブスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「セガ・インタラクティブ」のスレッドを作成する
セガ・インタラクティブの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail