このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ソウル特別市とは?

移動先: 案内検索
ソウル特別市
略称: Seoul;서울;ソウル;首尔・首爾
上から: 崇礼門汝矣島のビル群、Nソウルタワー明洞聖堂勤政殿、三一橋から眺める清渓川とビル群

【位置】


【地図】


【各種表記】

ハングル: 서울특별시
漢字: 서울特別市
【日本語読み仮名:】
そうるとくべつし
片仮名転写: ソウル=トゥクピョルシ
ローマ字転写 (RR): Seoul-Teukbyeolsi
【統計(2015年)】

【面積:】
605.21 km
【総人口:】
9,904,312 人
【男子人口:】
4,859,535 人
【女子人口:】
5,044,777 人
【人口密度:】
17,000 人/km
【行政】

【国:】
大韓民国
【下位行政区画:】
25区
ISO 3166-2: KR-11
【行政区域分類コード:】
11
【ソウル特別市の木:】
イチョウ
【ソウル特別市の花:】
チョウセンレンギョウ
【ソウル特別市の鳥:】
カササギ
【自治体公式サイト:】
ソウル特別市
ソウルの自治体章


 | 
印章

ソウル特別市(ソウルとくべつし、韓国語: 서울특별시漢字: 서울特別市 、英語:Seoul)、通称ソウルは、大韓民国首都。かつての朝鮮王朝の首都「漢城府」である。日本統治時代の朝鮮では漢ではなくを使い「京城府」と呼ばれた。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴史上の名称
    • 2.1 漢陽・漢城
    • 2.2 京城
    • 2.3 ソウルの中国語表記
  • 3 歴史
    • 3.1 年表
  • 4 地理
    • 4.1 気候
    • 4.2 地域
      • 4.2.1 リトル東京
      • 4.2.2 ソウル日本人学校
    • 4.3 観光地
    • 4.4 繁華街
    • 4.5 隣接している自治体
    • 4.6 行政区画
  • 5 政治
    • 5.1 市長
    • 5.2 市議会
  • 6 経済
  • 7 交通
    • 7.1 空港
    • 7.2 鉄道
      • 7.2.1 ターミナル駅
      • 7.2.2 ソウル特別市内、および近郊との連絡
    • 7.3 バス
    • 7.4 高速道路
  • 8 施設
    • 8.1 行政施設
    • 8.2 教育施設
    • 8.3 博物館・美術館・記念館
    • 8.4 スポーツ施設
    • 8.5 医療機関
  • 9 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との関連
  • 10 行政首都の移転
  • 11 姉妹都市
  • 12 ソウル特別市を舞台とした作品
  • 13 出身有名人
  • 14 関連項目
  • 15 脚注
  • 16 外部リンク

概要

もとは京畿道に属したが、1946年に分離し「特別市」となる。韓国にはソウル特別市のほか、世宗特別自治市と6つの広域市が存在し、日本政令指定都市に相当するといえるが、特別市・特別自治市・広域市とも行政道には所属せず、道と同等の自治体として運営されている。

朝鮮王朝500年の王都で、四神相応の思想によって建てられた。「ソウル」とは朝鮮語で「都、首都」を意味し、語源については新羅語で首都を意味する「徐羅伐(ソラボル、서라벌)」が由来という説が有力である。なお「ソウル」は、漢字表記(漢城・漢陽・京城・京都など)の変遷に関わらず、朝鮮民族はこの地を「ソウル」と呼んできたとも言われている。朝鮮王朝時代までは漢字で「京都」などと書いて朝鮮語で「ソウル」と読んでいたが、現代の韓国語では漢字の訓読が廃止されているためハングルのみで表記する(後述の「ソウルの中国語表記」も参照)。

ソウルの人口は韓国の経済発展に伴って急増を続け、1975年の680万人から1990年には1061万人にまで到達した。しかし翌年の1092万人をピークにその後は減少傾向が続いている。これはドーナツ化現象が進んだためと見られ、日本の東京が高度経済成長に伴って急速に拡大し、その後都心部の人口が減少していったことと状況が極めて良く似ていた。しかし地価の高騰や少子化・高齢化、雇用の悪化から、近隣の仁川市京畿道を含めたソウル都市圏そのものも既に人口減少に転じている。それでもなおソウル都市圏には韓国全国民のおよそ半分が在住し、日本同様に一極集中的な傾向が強い。2016年時点での近郊都市を含めた都市圏人口は約2350万人であり、世界屈指の規模の大都市圏を形成している。

アメリカのシンクタンク2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界7位の都市と評価された。また、日本の民間研究所2017年に発表した「世界の都市総合力ランキング」では、世界6位と評価された。

歴史上の名称

漢陽・漢城

「漢陽(ハニャン)」は新羅の時代から使われた地名で、「陽」がの北側を意味することから「漢水(漢江)の北側の土地」の意味で命名された。その後、高麗初期に「楊州」と改められ、文宗の治世に副首都としての意味を込めた「南京」とされ、国王の代理である「留守」が設置された。忠烈王の治世の1308年には「漢陽(漢陽府)」の名称に復帰したが、朝鮮建国後の1395年漢城府(ハンソン)」に改称された。朝鮮王朝の首都になったため「みやこ」の意味を持っている「ソウル」と呼ばれ、漢陽などの漢字表記は朝鮮語の訓の当て字になってそれらをソウルと読んでいたが、現代の韓国語では漢字の音読以外はほとんどハングルだけで表記しており、漢字表記も使われなくなった。

ちなみに、中国台湾などの中国語圏では「ソウル」に相当する漢字表記がなかったこともあり、長らくソウルのことを「漢城」と呼んでおり、仁川国際空港近辺などの韓国の道路交通標識にもハングルと併記で「漢城」と表記されていた。なお、新表記の「首爾(ショウアル)」(後述)が制定されたことに伴い、徐々に状況は変化している。

京城

京城」(日本語読みで「けいじょう」 〈字音仮名遣では「けいじやう」〉、朝鮮語読みで「キョンソン」)は、日本統治時代(1910年 - 1945年)に使われた名称である。韓国併合前から使われたソウルを指す名称の一つ(併合以前の韓国側史料の中にも数多く見受けられる)。1910年(明治43年)10月1日に公布・施行された朝鮮総督府令第7号(地方官官制第十七条ニ依リ府及郡ノ名称及管轄区域左ノ通定ム)に基づいてそれまでの「漢城府」から「京城府」となった(「府」は日本内地〈本土〉でいうところの「市」に相当)。実際には1945年以降も数年間使われており、また現在においても京釜線の「京」や、京紡(旧京城紡織)といった企業名等にその名残がみられる。

ソウルの中国語表記

現在、中国語圏ではソウルを「首爾 / 首尓(首爾 / 首尔)」(拼音: Shŏuĕr広東語:Sau2yi5)と呼称・表記している。

中国語圏で「ソウル」は、長らく朝鮮王朝時代の「漢城(漢城 / 汉城 拼音: Hànchéng)」の名で呼ばれていたが、2005年1月19日李明博ソウル特別市長は、記者会見で「ソウル」の中国語表記を「首爾 / 首尓(首爾 / 首尔)」とすることを発表した。 これを受けて、台湾香港の報道機関は表記を「首爾」に改めた。中国でも、2005年中頃から中国青年報などの報道機関や中国南方航空などの航空会社で「汉城」から「首尔」へと表記を改め始め、10月には中国政府も「首尔」表記への変更を行った。

なお、まれに朝鮮語の漢字と組み合わせて使われる例もあるが(例:KORAILの案内における「首尔驛」など)、あくまでもソウルの漢字表記は中国語圏用のものであり、朝鮮語としての表記ではない。朝鮮語としての「ソウル」の表記はこれまでどおりハングルのみの「서울」である。

歴史

主要記事:History of Seoul, 서울특별시의 역사

古くは百済の都・漢城が置かれており、隣接する河南市にある遺跡からは多くの遺物が出土している。西暦475年高句麗軍によって陥落すると、百済は熊津(公州)に遷都し、統一新羅時代には漢山州と呼ばれ、757年には漢州の漢陽郡に改められた(中原京が小京として漢州の下に設けられた)。高麗時代には市域の北部は楊州、南部は広州と呼ばれ、1067年には三小京のひとつである南京が置かれた。1392年高麗の将軍・李成桂が威化島回軍によって政権を奪取し、1394年には開京(現在の開城)から漢陽遷都を決行した。翌1395年に漢陽府は漢城府に改称され、これ以後、漢城(ソウル)は500年に渡って朝鮮王朝の都となる。大韓帝国末期の時点では市内が5部49坊に細分化されていた。1905年統監府が設置される。

1910年韓国併合後、漢城府は京城府に改められ(この場合の府は内地(日本本土)では市に相当する)、日本の朝鮮統治機関である朝鮮総督府が置かれた。その後都市化の進行に伴い、1936年には周辺地域を併合して府域を4倍に拡大し、1943年には人口急増のため区制が導入されている(7区=龍山区東大門区城東区西大門区永登浦区鍾路区中区。なお、翌1944年に周辺を併合し麻浦区誕生)。朝鮮総督府の支配下で現在の景福宮光化門・ソウル市庁舎近辺は政治・行政の中心、現在の明洞近辺は経済・商業の中心、龍山は軍事の中心(現在の在韓米軍基地旧日本軍駐屯地)となった。また京畿道の道庁所在地でもあった(現在京畿道庁は水原市に移転している)。1931年には朝鮮排華事件華僑との衝突事件が起きた。

1945年8月15日の「光復」後しばらくの間は、「ソウル」・「漢城」とともに「京城」の名称も使われていた。1945年9月から発行された在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁公報の場合、英語版では一貫して「Seoul」だけが使用されているが、日本語版には「京城」と「ソウウル」が混在、朝鮮語版でも「京城」と「서울」が混在する(「ソウウル」・「서울」の初出は10月8日)。その後、米軍軍政下の1946年8月15日に「ソウル市憲章」が発表され、その第1章第1条で「京城府をソウル市と称し、特別自由市とする。」と正式に規定された。しかし、この憲章には法的効力がなかったため、同年9月18日に米軍政庁法令第106号「ソウル特別市の設置」が公布され、その第2条で「ソウル市を朝鮮の首都としての特別市とする。ソウル市は道と同等の職能と権限を有する。」とされ、同法令第5条の規定により9月28日に京畿道の管轄から離れて「ソウル特別自由市」が設置された。1948年8月15日の大韓民国政府樹立と同時首都となり、翌1949年8月15日に「ソウル特別市」に改称した。

1950年6月に勃発した朝鮮戦争で市内は破壊され、釜山臨時首都とされた。朝鮮戦争は戦況が一進一退を繰り返したことから、このときのソウルは4回も陥落している。停戦実現後1953年8月1日にソウルへ還都している。その後、韓国の高度経済成長とともに発展を続けて市域を拡大、1988年ソウルオリンピック(韓国では88=パルパル=オリンピックということも)で名実ともに国際都市となった。

ソウル市庁舎は日本統治時代(1926年)のものを使っていたが、隣接して新庁舎が建設され、2012年8月27日に完成した。従来の庁舎は改修され、同年10月26日にソウル図書館としてオープンした。

市内の昌徳宮宗廟朝鮮王陵世界遺産に登録されている。

年表

  • 1945年8月15日(8区) - 光復
  • 1946年(8区)
    • 8月15日 - 京城府ソウル市に改称。
    • 9月28日 - 京畿道ソウル市がソウル特別自由市に昇格。
    • 10月9日 - 市内のに、丁目に、に改称。
  • 1949年(9区)
  • 1963年1月1日(9区)
    • 京畿道楊州郡蘆海面が城北区に編入。
    • 京畿道楊州郡九里面の一部が東大門区に編入。
    • 京畿道広州郡九川面・彦州面・中垈面および大旺面の一部が城東区に編入。
    • 京畿道金浦郡陽東面・陽西面、富川郡吾丁面・素砂邑の各一部、始興郡新東面および東面の一部が永登浦区に編入。
  • 1973年7月1日(11区)
    • 京畿道高陽郡神道面の一部が西大門区に編入。
    • 城北区の一部を分離し、道峰区が発足。
    • 永登浦区の一部を分離し、冠岳区が発足。
  • 1975年10月1日(12区) - 城東区の一部を分離し、江南区が発足。
  • 1977年10月1日(13区) - 永登浦区の一部を分離し、江西区が発足。
  • 1979年10月1日(15区)
    • 江南区の一部を分離し、江東区が発足。
    • 西大門区の一部を分離し、恩平区が発足。
  • 1980年7月1日(17区)
    • 冠岳区の一部を分離し、銅雀区が発足。
    • 永登浦区の一部を分離し、九老区が発足。
  • 1988年1月1日(22区)
    • 江東区の一部を分離し、松坡区が発足。
    • 東大門区の一部を分離し、中浪区が発足。
    • 道峰区の一部を分離し、蘆原区が発足。
    • 江南区の一部を分離し、瑞草区が発足。
    • 江西区の一部を分離し、陽川区が発足。
  • 1995年3月1日(25区)
    • 城東区の一部を分離し、広津区が発足。
    • 道峰区の一部を分離し、江北区が発足。
    • 九老区の一部が京畿道光明市の一部と合併し、衿川区が発足。

地理

最高峰北漢山をはじめとした500m前後の標高の山々や丘陵が囲む盆地構造。外敵からの攻撃を妨げやすい地形であることもこの地が古くから発展した理由の一つである。広州山脈の道峰山、仁寿峰、露積峰の3峰が北漢山に次ぐ標高である。

漢江が市の中心を横切るように流れ、南北に隔てられた地域をそれぞれ江南、江北と呼ぶ。古くから発達したのは江北であり、宮殿や城壁などの史跡は江北に集中している。一方江南は新興住宅街として開発され、またオリンピック関連施設も江南に多く建設された。古くは舟が南北を繋ぐ交通手段であり、トゥクソムと麻浦が代表的な河港であった。他に鷺梁、松坡なども船着場として知られ名残を残している。近代以降は各所に橋梁が架けられ、交通手段としての船は廃れたが、遊覧船が市民や観光客に親しまれる。中州、汝矣島には国会などの重要施設や広大な公園がある。古くは蘭芝島や蚕室なども中州であったが、埋め立てや河の流れの変化により完全に陸続きとなっている。

漢江以外では江北を流れる清渓川(チョンゲチョン)が知られる。日本統治時代、都市化により流域周辺には人々が集中し始め清渓川を含め流域の井戸水など水質悪化が問題となっていたのは当時の朝鮮総督府の水質試験所のデータからも明らかで、その当時から暗渠化の計画はあった。朝鮮戦争後の混乱期にバラックが川沿いに建設されてスラム化が進行し、著しく水質が悪化したため暗渠とされ、その上には清渓川路と清渓高架道路が建設された。高架道路の老朽化が問題となった2002年に、「高架撤去、清渓川再現」を掲げた李明博がソウル市長に当選、2005年10月に完工し、景観もさることながら、川を復元するという珍しい工事に加え、気温に良い影響を及ぼすなど世界的に注目されている(特に日本では日本橋の上を通る高速道路の景観と対比されることがある - 清渓高架道路日本橋 (東京都中央区)参照)。ただし、以前の姿を完全に復元できたわけではなく、光化門交差点付近から漢江までの一部を近代的な親水公園のようにしたものである。水は主に漢江からの水を放流しており、一部は地下から湧き出る水も利用している。

気候

ケッペンの気候区分によれば、ソウルの気候温帯夏雨気候(温暖冬季少雨気候)(Cwa)で降水量が少なく、大陸の影響から大陸性気候を、三方を山に囲まれた盆地状に位置していることから、内陸性気候の特色を持つ。1月の平均気温平年値の上昇からかつての亜寒帯冬季少雨気候(Dwa)から温帯へと定義上変わったことで、一部の気象学者は、温帯夏雨気候に変更すべきだ、と主張しており、大韓民国気象庁も2009年から同様の主張をしている。しかし、利川市 などのソウル近郊は最寒月平均気温が-3.0度未満という亜寒帯としての条件を満たしている地点もあるので見解は分かれる。

春と秋は短く、3月にもなると、急速に気温は上昇し一気に春めき、黄砂が降り、4月上旬に桜が開花し中旬ごろに満開となる。秋の訪れは早く、11月にもなると紅葉が始まり、朝晩は氷点下になる日も出てくる。

夏は最も暑い8月の平均気温が25.7℃、最高気温は29.6℃と30度を超える高温となるが、湿度は比較的低く、朝晩は気温が下がるので比較的すごしやすい。夏の7月と8月に降水量は集中し、年間降水量の半分以上がこの2か月間に降り、梅雨というよりはむしろ、雨季と言われる。夏から秋にかけては台風が通過することもある。

冬は、緯度のわりに寒さが厳しく、1月の平均気温は-2.4度、平均最低気温は-5.9度、平均最高気温は1.5度と北東北から道南の気温に匹敵するが、乾燥していて雪が積もることはあまりない。積もっても10㎝未満であり、たいていはうっすらと白く雪化粧する程度で20㎝を超える大雪となることは非常に稀である。しかし、気温が低いために一度積もった雪は溶けにくく、本来雪が少ない地域であるために除雪をする習慣があまりないことから道端には長期間雪が残りやすい。過去最深積雪も1922年3月24日に観測された31㎝であり東京の46㎝と比べてもはるかに少ない。近年で最も積雪が多くなったのが2010年1月4日の28.5cmで41年ぶりの大雪となり歴代4位を記録した。

冬季は晴れる日が多いことと盆地状の地形から放射冷却により気温はしばしば氷点下10度を下回る寒さとなり、最高気温が0度を下回る真冬日も多い。年間で最も寒いのは12月下旬から1月いっぱいにかけてで、特に非常に強いシベリア寒気団に覆われると、ソウル郊外を中心に、零下15度以下まで下がることもあり、日中も氷点下5度以下までにしかならない日もある。しかし、三寒四温のため、冬は寒暖の変動差が非常に大きく、真冬でも大幅に気温が上昇することもある。また、年によっても寒暖の差は非常に大きい。本格的な寒さは1月下旬までで2月中旬にもなると急に暖かくなり、2月の平均気温は0.4度と1月よりも大幅に上昇し平均気温は12月と変わらない。ソウルは温暖化の影響が顕著に表れており、日本占領時代には漢江が凍結して氷上を人が往来できたが、最近では真冬でも凍結しない。また気温の推移も変化しており、1961年-1990年までの観測では、2月が12月よりも1℃程気温が低かったが近年では12月の方が寒い年が多い。8月が最暖月という点では日本と類似しているが、1月と2月の気温がほとんど変わらない日本とは対照的に寒さの底が1月に集中している。

ソウルの気象観測は鍾路区慶煕宮公園付近で行われており、緑豊かな場所に立地している。最高気温極値は38.4℃(1994年7月24日)、最低気温極値は-23.1℃(1927年12月31日)である。1960年以降の記録では最低気温極値は-20.2℃(1970年1月5日)となっており、1960年以降のマイナス20度以下の観測はこの日だけである。

【ソウル (1981-2010)の気候】

【月】
【1月】
【2月】
【3月】
【4月】
【5月】
【6月】
【7月】
【8月】
【9月】
【10月】
【11月】
【12月】
【年】

【平均最高気温 °C (°F)】
1.5
(34.7) | 4.7
(40.5) | 10.4
(50.7) | 17.8
(64) | 23.0
(73.4) | 27.1
(80.8) | 28.6
(83.5) | 29.6
(85.3) | 25.8
(78.4) | 19.8
(67.6) | 11.6
(52.9) | 4.3
(39.7) | 17.0
(62.6)
【日平均気温 °C (°F)】
-2.4
(27.7) | 0.4
(32.7) | 5.7
(42.3) | 12.5
(54.5) | 17.8
(64) | 22.2
(72) | 24.9
(76.8) | 25.7
(78.3) | 21.2
(70.2) | 14.8
(58.6) | 7.2
(45) | 0.4
(32.7) | 12.5
(54.5)
【平均最低気温 °C (°F)】
-5.9
(21.4) | -3.4
(25.9) | 1.6
(34.9) | 7.8
(46) | 13.2
(55.8) | 18.2
(64.8) | 21.9
(71.4) | 22.4
(72.3) | 17.2
(63) | 10.3
(50.5) | 3.2
(37.8) | -3.2
(26.2) | 8.6
(47.5)
降水量 mm (inch) 20.8
(0.819) | 25.0
(0.984) | 47.2
(1.858) | 64.5
(2.539) | 105.9
(4.169) | 133.2
(5.244) | 394.7
(15.539) | 364.2
(14.339) | 169.3
(6.665) | 51.8
(2.039) | 52.5
(2.067) | 21.5
(0.846) | 1,450.5
(57.106)
平均降水日数 (≥ 0.1 mm) 6.5 | 5.8 | 7.4 | 7.8 | 9.0 | 9.9 | 16.3 | 14.6 | 9.1 | 6.3 | 8.7 | 7.4 | 108.8
% 湿度 59.8 | 57.9 | 57.8 | 56.2 | 62.7 | 68.1 | 78.3 | 75.6 | 69.2 | 64.0 | 62.0 | 60.6 | 64.4
平均月間日照時間 160.3 | 163.3 | 189.0 | 205.0 | 213.0 | 182.0 | 120.0 | 152.5 | 176.2 | 198.8 | 153.2 | 152.6 | 2,066
出典: 大韓民国気象庁
【ソウル(1961 - 1990年)の気候】

【月】
【1月】
【2月】
【3月】
【4月】
【5月】
【6月】
【7月】
【8月】
【9月】
【10月】
【11月】
【12月】
【年】

【平均最高気温 °C (°F)】
0.8
(33.4) | 3.3
(37.9) | 9.5
(49.1) | 17.3
(63.1) | 22.9
(73.2) | 26.6
(79.9) | 28.5
(83.3) | 29.5
(85.1) | 25.5
(77.9) | 19.7
(67.5) | 11.2
(52.2) | 3.7
(38.7) | 16.54
(61.78)
【日平均気温 °C (°F)】
-3.4
(25.9) | -1.1
(30) | 4.5
(40.1) | 11.8
(53.2) | 17.4
(63.3) | 21.5
(70.7) | 24.6
(76.3) | 25.4
(77.7) | 20.6
(69.1) | 14.3
(57.7) | 6.6
(43.9) | -0.4
(31.3) | 11.82
(53.27)
【平均最低気温 °C (°F)】
-7.1
(19.2) | -4.8
(23.4) | 0.4
(32.7) | 7.0
(44.6) | 12.5
(54.5) | 17.4
(63.3) | 21.6
(70.9) | 22.2
(72) | 16.5
(61.7) | 9.5
(49.1) | 2.6
(36.7) | -4.0
(24.8) | 7.82
(46.08)
出典: World Climate Seoul, Korea

地域

リトル東京

漢江の岸辺にある龍山区二村洞(イチョンドン)はソウル在住日本人、特に駐在員が数多く住む地域であり、「ソウルのリトル東京」とも呼ばれる。通常この地域は東部二村洞(トンブイチョンドン)と呼ぶ。二村駅が最寄駅。

北には在韓アメリカ軍の龍山(ヨンサン)基地が広がり、ソウル中心部とは比較的孤立した地域で静かな高級団地が数多くある。もともと米軍基地が近かったことから二村洞付近には外国人居住者が多かったが、日本人の居住は日韓国交正常化以降、特に1970年代に入り企業駐在員や日本大使館員などが住み始めた。但し、もともと日本統治時代から日本人が多く居住していたのはこの地域である。上記アメリカ軍基地ももともとは旧日本陸軍朝鮮軍司令部をそのまま転用したものであり、この地域には日本統治時代の日本風建物が今なお多く存在している。

外国人が居住することから不動産価格が高騰し、敷金が殆どない場合では同地域の団地の入居には最も安くても家賃が1ヶ月200万ウォンをくだらない。日本の食材を売る日本人向けの各種商店はもちろん、居酒屋、銀行には日本人専用窓口があり、幼稚園には日本人クラスまである(ただし日本人専用窓口は二村洞が初めてではなく、最も早くできたのは旧ソウル銀行(後にハナ銀行に合併)鍾路5街支店である。二村洞にあるものはこれを真似た。)。

最近では、ソウル日本人学校のある開浦洞周辺などの江南地区や政府中央庁舎付近の再開発地区など、日本人が特定の地域にまとまって住むということはなくなりつつある。

ソウル日本人学校

麻浦区上岩洞のデジタルメディアシティ (DMC) に所在するソウル日本人学校(公式ページ )は1972年に設立され、幼稚部、小学部、中学部の生徒403人(2004年)が在学する。運営はソウルの日本人会組織であるソウルジャパンクラブ(SJC)が行っている。

観光地

繁華街

隣接している自治体

読み、各種表記は大韓民国の地方行政区画を参照のこと

行政区画

行政区域図
2010Happy Mail