このキーワード
友達に教える
URLをコピー

タモリ倶楽部とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年8月)
タモリ倶楽部
FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE
【ジャンル】
バラエティ番組
【企画】
菅原正豊(監修兼務、ハウフルス)
【演出】
山田謙司・新川雅史(ハウフルス)
【監修】
菅原正豊(企画兼務、ハウフルス)
【出演者】
タモリ
安斎肇(ソラミミスト)
【ナレーター】
武田広
増谷康紀
【オープニング】
The Royal Teens
「Short Shorts」
【エンディング】
同上
【製作】

【製作総指揮】
荒井祥之(GP、テレビ朝日)
【プロデューサー】
山本たかお・大坪大祐(テレビ朝日)
富樫孝行(田辺エージェンシー)
岩崎晃恵(ハウフルス)
【制作】
テレビ朝日

【放送】

【音声形式】
モノステレオ放送
【放送国・地域】
日本
公式サイト

1982年10月から1983年9月まで
【放送期間】
1982年10月9日 - 1983年9月30日
【放送時間】
土曜日 0:10 - 0:40(金曜日深夜)
【放送分】
30分

【1983年10月から1985年10月まで(第1期)】

【放送期間】
1983年10月7日 - 1985年10月5日
【放送時間】
土曜日 0:15 - 0:45(金曜日深夜)
【放送分】
30分

【1985年10月から2000年3月まで】

【放送期間】
1985年10月12日 - 2000年4月1日
【放送時間】
土曜日 0:00 - 0:30(金曜日深夜)
【放送分】
30分

【2000年4月から2001年9月まで】

【放送期間】
2000年4月8日 - 2001年9月29日
【放送時間】
土曜日 0:09 - 0:39(金曜日深夜)
【放送分】
30分

【2001年10月から2009年9月まで(第2期)】

【放送期間】
2001年10月6日 - 2009年9月26日
【放送時間】
土曜日 0:15 - 0:45(金曜日深夜)
【放送分】
30分

【2009年10月から現在】

【放送期間】
2009年10月3日 - 現在
【放送時間】
土曜日 0:20 - 0:50(金曜日深夜)
【放送分】
30分
【回数】
1300

【夕刊タモリ!こちらデス】

【ジャンル】
バラエティ番組
【演出】
斉藤由雄(テレビ朝日)
【出演者】
タモリ
迫文代
【オープニング】
クニ河内(テーマ音楽)
【エンディング】
同上
【製作】

【製作総指揮】
皇達也(企画制作)
【プロデューサー】
塚本康二(テレビ朝日)
【制作】
テレビ朝日

【放送】

【音声形式】
ステレオ放送
【放送国・地域】
日本

【1981年10月から1982年3月まで】

【放送期間】
1981年10月4日 - 1982年3月28日
【放送時間】
日曜日 18:30 - 19:00
【放送分】
30分

【1982年4月から最終回まで】

【放送期間】
1982年4月4日 - 同年9月26日
【放送時間】
日曜日 17:40 - 17:55
【放送分】
15分
【回数】
50

 | この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

タモリ倶楽部』(タモリくらぶ、英称:Tamori Club)は、テレビ朝日系列1982年(昭和57年)10月9日から放送されている日本深夜バラエティ番組タモリ司会を務める冠番組であり、36年続く長寿番組モノステレオ放送ハイビジョン制作(2010年7月10日放送分より)、字幕放送(2015年1月17日放送分より)が実施されている。

番組サブタイトルは、英称:「FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE」が使用されている(番組タイトルの節も参照のこと)。

この項目では、前身番組でタモリ司会バラエティ番組夕刊タモリ!こちらデス』(ゆうかんタモリ!こちらデス)についても触れる。

目次

  • 1 概説
  • 2 出演者
    • 2.1 司会
    • 2.2 空耳アワー
    • 2.3 ナレーター
    • 2.4 主なゲスト(不定期出演)
    • 2.5 過去のミニコーナー出演者
  • 3 番組史
    • 3.1 放送時間の変遷
    • 3.2 記念回
  • 4 番組構成
    • 4.1 番組テーマ曲
    • 4.2 オープニング映像
    • 4.3 オープニング
    • 4.4 企画の本筋
    • 4.5 撮影・ロケーション
    • 4.6 ハイビジョン化
    • 4.7 適当さ・ゆるさが特徴
    • 4.8 番組タイトル・テロップ
    • 4.9 BGMのダジャレ
    • 4.10 スポンサー
  • 5 企画
    • 5.1 タモリ電車クラブ(TAMORI TRAIN CLUB)
    • 5.2 スターダスト電車クラブ(STARDUST TRAIN CLUB)
    • 5.3 鉄人予備校
    • 5.4 タモ江地形クラブ(TAMOE GEOMORPHOLOGY CLUB)
    • 5.5 タモリ倶楽部女子部
    • 5.6 タモや相撲クラブ(TAMOYA SUMO CLUB)
    • 5.7 備考
  • 6 ミニコーナー
    • 6.1 空耳アワー
    • 6.2 過去に放送されていたミニコーナー
      • 6.2.1 1980年代
      • 6.2.2 1990年代
  • 7 特別番組
    • 7.1 スペシャル放送
    • 7.2 総集編
  • 8 特別番組による放送休止
  • 9 関連商品
    • 9.1 書籍
    • 9.2 VHS
  • 10 受賞歴
  • 11 スタッフ
    • 11.1 過去のスタッフ
  • 12 ネット局と放送時間
    • 12.1 現在のネット局
    • 12.2 過去のネット局
  • 13 脚注
    • 13.1 注釈
    • 13.2 出典
  • 14 関連項目
  • 15 外部リンク

概説

1981年(昭和56年)10月4日から1982年9月26日までの1年間、同局で放送されていた報道番組日曜夕刊!こちらデスク』のパロディ番組として、最初の半年は毎週日曜日の18:30 - 19:00、後半の半年は17:40 - 17:55(JST)に放送されていた、『夕刊タモリ!こちらデス』を原点とした“元祖脱力系番組”をコンセプトとしている。

当番組は1982年10月9日から当時、毎週土曜日の0:10 - 0:40(JST、毎週金曜日深夜)の深夜バラエティ番組としてタモリが所属する芸能プロダクション田辺エージェンシーと共同制作で放送開始。1980年代はテレビ制作会社、フルハウス1990年代から現在は、テレビ制作会社、ハウフルスが共同制作を実施。同じくタモリが司会を務めたフジテレビ系列のバラエティ番組『笑っていいとも!』の放送開始から4日後のことであった。

この同時期放送開始には、タモリが所属する芸能プロダクション田辺エージェンシー代表取締役社長田邊昭知(田辺昭知)の並々ならぬ後押しがあったという(田辺はタモリ本来のシュールな芸風を気に入っており、『笑っていいとも!』の司会をすることでその才能が鈍化するのを嫌って、シュールさを前面に出した同番組を企画したといわれている)。その後、どちらもタモリの代表的な番組となり、放送開始から35年続く長寿番組となった。

番組の公式ウェブサイトはテレビ朝日のサイト内にある簡単な解説のみで、独立した番組サイトは設置していない。ケータイサイトでは当初コンテンツ紹介が無く、タイトルロゴが表示される待ち受け動画や番組テーマソングのダウンロードができるのみであった。2016年以降はスマートフォン向け番組サイトに次回予告や出演者紹介のコンテンツが設けられるようになった。

同局で放送されていたバラエティ番組『くりぃむナントカ』がテレビ朝日社員に行ったアンケートで、好きなテレビ番組に当番組が第1位に選ばれた。

放送回によっては、7 - 9%と深夜番組としては高い視聴率を記録することもあり、同時間帯では1位になることが多い。

2009年10月、テレビ朝日の秋の番組改編にともない、月曜日から金曜日の24時以降の深夜バラエティ番組の大半を放送終了させたが、『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』と当番組は残ることとなった。

2010年7月9日放送分よりハイビジョン放送を実施。

2015年1月16日放送分より字幕放送を実施。

出演者

司会

空耳アワー

ナレーター

主なゲスト(不定期出演)

以下は五十音順で記載。なお太文字は進行役を務めた経験がある

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や - わ行

過去のミニコーナー出演者

以下の「」は出演していたミニコーナー名を記載。

  • 佐々木勝俊 - 「廃盤アワー」
  • 中村れい子 - 「ドラマシリーズ 男と女のメロドラマ 愛のさざなみ」
  • 斉藤晴彦 - 「伝説のゲートボーラー梨野木茂三郎・他」
  • 吉田美和 - 「ドラマシリーズ 男と女のメロドラマ 愛のさざなみ」
  • 景山民夫 - 「ドラマシリーズ 男と女のメロドラマ 愛のさざなみ」「ドラマシリーズ 愛のたゆたい」
  • 菊池恵子(菊地奈々子) - 「ドラマシリーズ 愛のたゆたい」
  • 山本晋也 - 「なんてったって MIBOUJIN」
  • 窪田ひろ子 - 「夜の英会話」
  • 田辺美佐子 - 「ドラマシリーズ 愛の山嵐」
  • 麻生澪 - 「ドラマシリーズ 愛の山嵐」
  • 久住昌之(評論家) - 「東京トワイライトゾーン」
  • 滝本淳助(カメラマン) - 「東京トワイライトゾーン」
  • 赤瀬川原平 - 「東京トワイライトゾーン」
  • アニータ・カステロ - 「行ってみよう、やってみよう、なんでも知ってピンピンピン♪」
  • 麿赤児 - 「瞑想アワー」
  • 赤井英和 - 「今週の五ツ星り」
  • 山田五郎 - 「今週の五ツ星り」
  • 曽根幸明 - 「ジ・イントロナシニナル」
  • 渡辺正行 - 「美しき愛の輪廻」
  • 町山広美 - 「あなたにも音楽を」(第1回のみ)
  • はるな愛(当時:春菜愛) - 「My勝負パンツ」
  • 町田忍 - 「第1回納豆王決定戦!!」

番組史

放送時間の変遷

【放送期間】
放送時間
1982年10月09日 - 1983年09月30日 | 0:10 - 0:40
1983年10月07日 - 1985年10月05日 | 0:15 - 0:45
1985年10月12日 - 2000年04月01日 | 0:00 - 0:30
2000年04月08日 - 2001年09月29日 | 0:09 - 0:39
2001年10月06日 - 2009年09月26日 | 0:15 - 0:45
2009年10月03日 - 現在 | 0:20 - 0:50

記念回

 | 
この節の加筆が望まれています。

【放送日】
【記念回】
節目記念回の主な企画内容
1982年10月9日 | 第1回 | オールナイトニッポンを終えたタモリ氏のその素顔を追跡?
1984年10月6日 | 第100回 | 
1986年11月8日 | 第200回 | ロケバスを借り切って宴会
1988年6月12日 | 第300回 | 
1991年3月7日 | 第400回 | 
1993年2月27日 | 第500回 | 
1995年3月4日 | 第600回 | 祝600回放送記念! 各界の頭脳結集 番組宣伝会議
1997年3月15日 | 第700回 | 祝700回放送記念!「全日本排便下半身むきだし連盟
1999年3月27日 | 第800回 | 祝800回放送記念! 移動立体感謝広告出没す!
2001年4月7日 | 第900回 | 祝900回放送記念緊急企画!「2代目ソラミミストオーディション大会
2003年4月26日 | 第1000回 | 『タモリ倶楽部1000回放送記念飲み会』
〜於 高橋かつみ QUIZ!業務用居酒屋グッズのお値段〜
2005年5月21日 | 第1100回 | 超ピンポイント!マニアックな図鑑の世界!!
2007年7月28日 | 第1200回 | 縛った古新聞はなぜ解けるのか!?身近な疑問からはじめるロープワーク
2009年9月12日 | 第1300回 | リマスターがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! ビートルズ47年目の真実!
2011年10月15日 | 第1400回 | 東京23区で唯一の自然妙見島”でリゾート気分を満喫!
2013年11月16日 | 第1500回 | OA機器メーカーが新商品を発表「城ラマ」を攻める!
2016年1月9日 | 第1600回 | タモリ電車クラブついに西日本進出!!大阪環状線一周ツアー前編
2018年2月16日 | 第1700回 | ザンネンな観光パンフレットAID

番組構成

番組テーマ曲

オープニング・エンディング曲
「空耳アワー」エンディング曲

オムニバス・アルバム『オールディーズ』(MCAビクター、MVCM-2302、1995年11月16日発売)には、2曲とも収録されている。

オープニング映像

オープニング映像は、最初に番組タイトル名が画面上から現れると、The Royal Teens(ロイヤル・ティーンズ)の楽曲「Short Shorts」(一時期除く)に合わせ、女性(初期には男性も)が様々な下着(TバックやOバックも含む)を着用して、背後でお尻を振る映像(一時期にはCG制作もあった)が流れる。「Short Shorts」は、ボーカル無しで、主旋律をピアノまたは電子楽器で演奏するアレンジされたものを使用した時期もあった。

お尻を振る女性は当番組の出演者やスタッフ間の中では「お尻ギャル」と呼ばれ、番組内で不定期に募集がかけられ、番組企画の一環として選考会が行われることがある。その際、顔や氏名はプライバシー及び個人情報等の関係で一切公開されず尻のみで選定が行われ、タモリらゲストらが「これは和尻だね!」などと論評する。

ハイビジョン化する前は、本物の人間の映像に加え、一部CGの映像が混入する形式がとられていた。また、ワンシーンだが尻をショーツではなく手や番組のロゴで隠している映像がある。ハイビジョン化後は安斎肇(ソラミミスト)のイラスト付きの映像が作られた。

過去には、テーマ曲が短縮された上で生身の女性が一切出ないCGによるお尻のみでのオープニングが放送されたことがある(2001年)。また、オープニング映像がプールに飛び込む水着女性を後ろから撮影したものに変わったり、テーマ音楽(ミュージカル『キャバレー』中の"Willkommen, Bienvenue, Welcome!")なども刷新されたことがあったが、これらは程なくして全て元に戻った。キリン・シーグラムが単独スポンサー(一社提供)だった頃、同社のウィスキー「NEWS」のロゴが入ったTシャツを、ノーブラで着て踊る女性に水をかけ乳首を透けさせるというオープニングも存在したが、これも程なく元に戻った。

1994年2月5日放送分では「マスマス元気に」というテーマでお尻オーディションを開催する(審査員はタモリの他に糸井重里山田五郎が務めた)。応募総数172名のうち、書類選考で30名が第一次審査でテレビ朝日に集まる。ここで出演部門ごとにランジェリーTバック、そしてノーパンの三部門の希望者を確認して(特に部門別に審査は行われていない)第二次審査(審査員のモニター審査)に合計15名が進む。第二次審査で更に6人を選び、第三次審査(審査員による最終現物審査)を行う。そして最終結果を3人の審査員が一人ずつ選んで3人の「お尻」女性が決定された。結果的にランジェリー、Tバック、ノーパンの部門で一人ずつ選ばれた(なお、女性はお尻を見せるため全員後ろ向きであったため、顔はほぼ見せていない)。

このうち、Tバック部門ではTフロントコスチュームで話題だったアイドルグループピンクサターン松原理恵が、ノーパン部門ではAV女優沢田杏奈が選ばれた。また、第二次審査以降はお尻を見せることもあり、下はパンティ、上はブラジャーか衣装をまとっているのに対して、沢田杏奈だけはノーパン部門ということもあって、パンティは履いていなかった。しかし、第三次審査では上もブラジャー等付けず(ハイヒールを履いているのみ)、生のオッパイからアンダーヘアも露出した、いわゆる全裸で最後まで審査を受けていた。

2016年8月27日放送分では「次回から鮮度バツグン映像でスタート!平成生まれONLY!お尻オーディション」が開催され、オープニング映像が6年ぶりにリニューアルされた。平成生まれ限定の「お尻オーディション」が開催され、お尻好きを自認する斉藤和義(ミュージシャン)と星野源が審査員を務めた。新オープニング映像の公開は、2016年9月2日放送分から実施している。並びにミニコーナー「空耳アワー」のオープニング映像も6年ぶりにリニューアルされた。2017年6月頃からは夜景のCGをバックにしたもの(『今夜は最高!』のパロディ)に再リニューアルされた。

オープニング

毎回、CMを挟み、本編(オープニング)がスタート。当番組の司会タモリが灰色のタモリ司会専用のハンドマイクを持ち、お決まりの言葉である「毎度おなじみ流浪の番組、タモリ倶楽部でございます」と毎回のあいさつをして(前・後編の放送回の後編の冒頭で、ナレーションの武田広がこのフレーズを言う場合も稀にある)撮影・番組開始、左上に収録・撮影・ロケ地が表示される。

その日の企画の内容に合わせて、司会のタモリが世間話(トーク)を話していると、わざとらしく、その日のゲスト約3 - 4名が現れる、というコント風のやりとりがなされる。中には上記のセリフを喋る前からゲストが出る企画もある。ゲストとのトークで本日の企画の内容が明らかにされ、企画の場所へ移動する。

企画の本筋

司会のタモリとその日のゲスト約3-4名と軽いオープニングトークの後、武田広のナレーションによって、その日の企画内容(後述)が進められる。企画が始まるとたいていは、代表をしてテレビ朝日アナウンサーやゲスト1名が進行役となり、台本・手札・フリップなど使用して、本編(企画)を進めていく。

司会のタモリは聞き役に回る。番組開始当初は企画の本筋へ入っても司会のタモリ1人で司会進行を務め、ゲストが居た際にも行っていた。近年では、タモリは自ら進行役はイヤだと言う。『タモリ倶楽部』の番組タイトルに対して、タモリは「名義貸しで番組をやっている」と語る。また、ハンドマイクはその後の企画の本編では使わない。

「空耳アワー」のコーナーが明けると、タモリが「今日は○○(企画内容)について(学んで、勉強して)まいりました」と司会者らしく、まとめて締めくくる。

本編(企画)では毎回、様々かつマニアックなムーブメントを取り上げている。

撮影・ロケーション

番組放送開始から2000年まで不定期で撮影をしていた、テレビ朝日六本木センター(1989年10月撮影)

「低予算番組で番組スタジオセットが組めない」という触れ込みのため、ほぼ毎回ロケーションスタイルで制作されている。ロケの場合、全く関係のないが少ない場所で行われるため、後ろを普通に通行人や自動車自転車バイクが通っていたり、遠くから人がロケを眺めているところが映っている。局内での収録の場合も大抵はテレビ朝日社屋・ロビー、あるいは制作会社であるハウフルスの会議室・仕事場・収録場所の廊下などを使用し、最低限の番組スタジオセットを組んで収録している。

タモリのスケジュールと予算面から、ロケ先は東京近郊が基本となっている。ただし『笑っていいとも!』終了後は大型の地方ロケを行うケースがあり、2016年1月9日・16日放送分では「タモリ電車クラブ ついに西日本進出!!大阪環状線一周ツアー(前・後編)」として大阪ロケが行われた。当番組が関東地区以外でロケを行ったのは2000年12月22日に放送された「新幹線各駅停車うどんつゆの旅」における東海道新幹線沿線ロケ以来、15年ぶりとなった。

また、2016年4月30日・5月7日・14日放送分で大型地方ロケ第2弾として「タモリ電車クラブ 今度は京都へ!いよいよ開業!京都鉄道博物館(前・後編)」と「せっかく京都に来たから 京阪電車と比叡山横断のりものツアー(前・後編)」の京都ロケが3週に渡って行われた。鉄道企画で3週に渡って放送されるのは当放送回が初めてである。

ハイビジョン化

2010年7月3日放送分まで、画面アスペクト比4:3の標準画質(SD)で放送していた。番組内でも過去2回にわたり、『タモリ倶楽部』のHD化について企画を取り上げたことがあるが、「番組制作上の予算の都合」や「SDテープに在庫があるのでこれを使い切らないといけない」ことを理由にSDでの制作を続けた。

2011年7月24日地上アナログ放送が停波するのに伴い、2010年7月5日から地上デ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/09/10 13:41

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「タモリ倶楽部」の意味を投稿しよう
「タモリ倶楽部」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

タモリ倶楽部スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「タモリ倶楽部」のスレッドを作成する
タモリ倶楽部の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail