このキーワード
友達に教える
URLをコピー

タリンとは?

タリン

Tallinn

上から、海から望むタリン、旧市街地及び中心市街地の夜景。


旗 | 
紋章


タリン

北緯59度26分14秒 東経24度44分43秒 / 北緯59.43722度 東経24.74528度 / 59.43722; 24.74528
【国】
エストニア
【県】
ハリュ県
行政

【・ 市長】
Taavi Aas (ECP)
面積

【・ 合計】
159.2km
標高
44m
人口
(2013年)

【・ 合計】
42万3,049人
族称
Tallinner
等時帯
UTC+2 (東ヨーロッパ時間)
夏時間
UTC+3 (東ヨーロッパ夏時間)
【郵便番号】
15199

市外局番
(+372) 64
ナンバープレート
A-B
【ウェブサイト】
www.tallinn.ee

タリン(Tallinn [ˈtɑlʲˑinˑ])は、バルト海東部のフィンランド湾に面するエストニア共和国首都。旧称はレバル(ドイツ語デンマーク語: Reval)、ロシア帝国時代の名はレーヴェリ(Ревель)、ソビエト連邦時代の名はタリン(Та́ллин)である。人口約42万人。旧市街は世界遺産『タリン歴史地区』に指定されている。

タリンは、フィンランドの首都ヘルシンキロシアサンクトペテルブルクと同じく、フィンランド湾に面する主要都市の一つであり、2011年欧州文化首都である。また、中世ハンザ都市の一つとして栄えた港湾都市で、現在もバルト海クルーズの主な寄港地の一つである。2008年にはNATOサイバーテロ対策機関の本部が置かれた。

フィンランド湾南岸のタリンから、同湾北岸のヘルシンキまでは85km、同湾東奥のサンクトペテルブルクまでは350kmの距離である。[2]

目次

  • 1 市名
  • 2 歴史
  • 3 気候
  • 4 人口構成・言語
  • 5 経済
  • 6 タリン旧市街
  • 7 交通
    • 7.1 海路
    • 7.2 道路
    • 7.3 鉄道
    • 7.4 航空路
    • 7.5 市内交通
  • 8 姉妹都市
  • 9 脚注
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

市名

1154年イドリースィーの手によるムラービト朝の世界地図では「クルワン」 (Qlwn) として記されている。また東スラブの年代記では「コリヴァン」(Kolyvan) とも表記されているが、これらはエストニアの神話に出てくる英雄「カレフ」(Kalev) に由来する。13世紀まではリヴォニアスカンディナヴィアの人々は、「リンダニサ」(Lindanisa) と呼んでいた。これはエストニアの国民的叙事詩であり、その英雄であるカレビポエクの母の名に因んでいる。彼女は亡き夫の墓を作るために岩を積み上げ、それがトームペアとなった、とされる。

1291年デンマークに占領されると、エストニアの地方名の古名から「レバル」(Reval) となった。

1918年にエストニアが独立すると「タリン」となった。エストニア語で「デンマーク人の城」という意味である。

歴史

1050年に、今日トームペアと呼ばれる中心部の丘に最初の要塞が建設される。トームペアとはドイツ語で「聖堂の立つ丘」の意味である。13世紀初頭には、ドイツ騎士団デンマーク王らによる北方十字軍により、ロシアスカンディナヴィア結ぶ軍事戦略地点として大いに着目される。またノヴゴロドと西欧を結ぶ中継貿易で繁栄を築く。

1219年、デンマーク王バルデマー2世十字軍を率いて侵攻し、ここにトームペア城を築いた(これが「タリン」の名の由来となった)。1285年にはハンザ同盟に加わった。ハンザ同盟都市としては最北に位置する。1346年、デンマークはバルト海東海岸地域の植民地銀貨1万3000マルクでドイツ騎士団に売却し引き上げた。これ以降、20世紀になるまでバルト・ドイツ人の影響が残る。しかし1561年リヴォニア戦争によって旧ドイツ騎士団国領のテッラ・マリアナは解体し、北部はスウェーデン領エストラント(エストニア公国)となった(バルト帝国)。1583年のリヴォニア戦争終結後もスウェーデンの影響力は増して行き、その後、1629年までに現エストニアのリヴォニア北部も支配下に入る。レヴァルはエストニア公国の首都となり発展して行くが、その後、大北方戦争により1710年ロシア・ツァーリ国の支配下に入り、エストニア公国は1721年ロシア帝国の県に格下げされた。

1918年にエストニアが独立するとその首都となった。しかしその後ドイツ帝国の軍事占領を受ける。ソ連との戦争を経て、1920年タルトゥ条約で、独立が承認される。第二次世界大戦初期の1940年、ソ連の軍事占領を受け、1941年から1944年の間は、ナチス・ドイツの占領下にあった。ナチス・ドイツの撤収後は、ソ連が再侵攻し、ソ連領とされる。

1980年代後半、ソ連の崩壊の兆しとともに独立の気運が高まり、1988年、タリン近郊の「歌の原」に約30万人(当時エストニア全土の人口は約150万人)が集い、ソ連により禁止されていたエストニアの民謡などを歌う事件があった。これによりますます独立の気運は高まり、1989年にはタリン、リガヴィリニュスバルト三国の3都市を「人間の鎖」で結ぶ運動(バルトの道)に100万人が参加した。1991年独立回復を達成。このことからエストニアの独立は「歌による革命」とも言われることがある。

気候

タリンの気候
【月】
【1月】
【2月】
【3月】
【4月】
【5月】
【6月】
【7月】
【8月】
【9月】
【10月】
【11月】
12月 年
最高気温記録 °C (°F) 9.2
(48.6) | 10.2
(50.4) | 15.9
(60.6) | 27.2
(81) | 29.7
(85.5) | 31.2
(88.2) | 32.3
(90.1) | 31.2
(88.2) | 28.5
(83.3) | 21.8
(71.2) | 13.4
(56.1) | 10.7
(51.3) | 32.3
(90.1)
平均最高気温 °C (°F) -2.9
(26.8) | -3.0
(26.6) | 0.8
(33.4) | 7.3
(45.1) | 14.0
(57.2) | 18.8
(65.8) | 20.8
(69.4) | 19.9
(67.8) | 14.9
(58.8) | 9.0
(48.2) | 3.3
(37.9) | -0.2
(31.6) | 8.6
(47.5)
平均最低気温 °C (°F) -8.2
(17.2) | -8.0
(17.6) | -5.6
(21.9) | -0.2
(31.6) | 4.9
(40.8) | 9.9
(49.8) | 12.5
(54.5) | 12.0
(53.6) | 8.0
(46.4) | 3.7
(38.7) | -0.9
(30.4) | -4.9
(23.2) | 1.9
(35.4)
最低気温記録 °C (°F) -31.4
(-24.5) | -31.0
(-23.8) | -26.2
(-15.2) | -17.2
(1) | -4.3
(24.3) | 0.0
(32) | 4.4
(39.9) | 1.7
(35.1) | -4.7
(23.5) | -10.5
(13.1) | -21.3
(-6.3) | -32.2
(-26) | -32.2
(-26)
降水量 mm (inch) 45
(1.77) | 29
(1.14) | 29
(1.14) | 36
(1.42) | 37
(1.46) | 53
(2.09) | 79
(3.11) | 84
(3.31) | 82
(3.23) | 70
(2.76) | 68
(2.68) | 55
(2.17) | 667
(26.26)
出典: Pogoda.ru.net 7.09.2007

人口構成・言語

【母語(タリン市) 2011】

 |  |  |  | 
エストニア語 | 
 | 50.1%
ロシア語 | 
 | 46.7%
【民族(タリン市) 2013】

 |  |  |  | 
エストニア人 | 
 | 54.9%
ロシア人 | 
 | 36.5%
ウクライナ人 | 
 | 3.6%
ベラルーシ人 | 
 | 1.9%
フィンランド人 | 
 | 0.9%
その他(ドイツ系など) | 
 | 3.1%

タリンの人口は43万772人(2014年)であり、2013年の住民の民族構成はエストニア全体の統計と比べると、ロシア人の割合が高い。在住のロシア人やウクライナ人の多くはエストニア国籍を保持しておらず、EU内では最もEU以外の国籍を持つ住民が多い都市となっており、2009年統計によると全体の22%がEU以外の国籍住民者である。また、言語も公用語であるエストニア語と公用語になってないロシア語の割合が拮抗している。しかしながら、ロシア語の看板、表記は制限されているために、人口の半分を占めるロシア語圏の都市という印象は小さい。

経済

資本主義社会への移行、EU加盟などを機にして、タリンの経済は大きく変貌を遂げた。第一に、西側資本の流入が挙げられる。とりわけ、隣国フィンランド企業のタリンへの進出が盛んで、百貨店ストックマンがショッピングモールを開業させた。また、北欧資本のホテルの開業も相次いでいる。情報技術(IT)産業が盛んで、「バルト海のシリコンバレー」とも呼ばれ、実際に、タリンはカリフォルニア州シリコンバレーの都市ロス・ガトスと姉妹都市になっている。Skypeスカイプが開発されたのもタリンである。

タリン旧市街

 | タリン歴史地区
(エストニア)

タリン旧市街

【英名】
Historic Centre (Old Town) of Tallinn
【仏名】
Centre historique (vieille ville) de Tallin
【登録区分】
文化遺産
登録基準
(2),(4)
【登録年】
1997年
【公式サイト】
世界遺産センター(英語)
使用方法・表示

旧市街は、下町のローワータウン(Lower Town)と山の手のトームペアから成る。

ローワータウンは、城壁など欧州でも最も保存状態の良い旧市街地の1つである。

山の手のトームペアは、石灰岩でできた丘で、トームペア城を中心に歴史的建造物が多い。1219年6月15日、この地の攻防戦の際にデンマーク国旗は誕生した。トームペアを中心にタリン歴史地区は、1997年ユネスコ世界遺産に登録された。

交通

海路

ヘルシンキオーランド諸島ストックホルムなどへのフェリーの定期便が運行されている。ヘルシンキとはフィンランド湾を隔ててわずか80キロしか離れておらず、フェリーで3時間程度、高速船なら1時間半程度の距離である。

道路

ヘルシンキからタリン・リガワルシャワを通ってプラハに到る高速道路「Via Baltica」の北側の基点にあたり、北欧と中欧を結んでいる。

鉄道

バルト駅からタルトゥナルヴァパルティスキなどの国内主要都市への路線がELRONによって運行されている他、GO Railによるサンクトペテルブルクおよびモスクワへの国際列車も運行されている。

航空路

市内から約4km、ウレミステ湖の東岸に、国内最大の空港であるタリン空港があり、ヨーロッパの主要エアラインが乗り入れている。以前は、ヘルシンキとの間にヘリコプター便があったが、現在は運行されていない。

市内交通

トラムが4路線、トロリーバス4路線、バスが70路線近くある。タリン市民は発行されるカードを使うことで、無料でこれら交通機関を利用できる。

姉妹都市

脚注

  1. ^ 2007年、エストニアが、世界初(*)の大規模なサイバーテロ攻撃を受け、国全体のネット機能を麻痺させられたことを機に、2008年、NATOが、NATOサイバー防衛協力センターをタリンに創設した。NATO Cooperative Cyber Defence Centre of Excellence
    (*) 日本の外務省HP、エストニア共和国、外交・国防、3.国防より、[1]
  2. ^ タリン市統計
  3. ^ 『地球の歩き方 2017〜18 バルトの国々』ダイヤモンド・ビッグ社、2017年、61頁。 ISBN 978-4-478-06042-1。
  4. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年4月9日閲覧。
  5. ^ タリン”. DTACエストニア観光情報局. 2018年4月13日閲覧。

関連項目

外部リンク

欧州連合加盟国首都
初期加盟国 | 

第一次拡張 (1973) | 
  • コペンハーゲン
  • ダブリン
  • ロンドン

  • 第二次拡張 (1981) | 
  • アテネ

  • 第三次拡張 (1986) | 
  • リスボン
  • マドリード

  • 第四次拡張 (1995) | 
  • ヘルシンキ
  • ストックホルム
  • ウィーン

  • 第五次拡張 (2004) | 
  • ブラチスラヴァ
  • ブダペスト
  • リュブリャナ
  • ニコシア
  • プラハ
  • リガ
  • タリン
  • バレッタ
  • ヴィリニュス
  • ワルシャワ

  • 第六次拡張 (2007) | 
  • ブカレスト
  • ソフィア

  • 第七次拡張 (2013) | 
  • ザグレブ


  • 欧州文化首都

    1985 アテネ 1986 フィレンツェ 1987 アムステルダム 1988 西ベルリン 1989 パリ 1990 グラスゴー 1991 ダブリン 1992 マドリード 1993 アントウェルペン 1994 リスボン 1995 ルクセンブルク 1996 コペンハーゲン 1997 テッサロニキ 1998 ストックホルム 1999 ヴァイマル 2000 レイキャヴィーク ベルゲン ヘルシンキ ブリュッセル プラハ クラクフ サンティアゴ・デ・コンポステーラ アヴィニョン ボローニャ 2001 ロッテルダム ポルト 2002 ブルッヘ サラマンカ 2003 グラーツ 2004 ジェノヴァ リール 2005 コーク 2006 パトラ 2007 ルクセンブルク シビウ 2008 リヴァプール スタヴァンゲル 2009 リンツ ヴィリニュス 2010 エッセン ペーチ イスタンブール 2011 トゥルク タリン 2012 マリボル ギマランイス 2013 コシツェ マルセイユ 2014 ウメオ リガ 2015 モンス プルゼニ 2016 サン・セバスティアン ヴロツワフ 2017 オーフス パフォス 2018 レーワルデン ヴァレッタ 2019 マテーラ プロヴディフ 2020 ゴールウェイ リエカ 2021 ティミショアラ エレウシス ノヴィ・サド 2022 カウナス エシュ=シュル=アルゼット


    ヨーロッパ首都
    西ヨーロッパ | 

    東ヨーロッパ | 
  • アルバニア
  • ウクライナ
  • クロアチア
  • セルビア
  • ブルガリア
  • ベラルーシ
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • マケドニア共和国
  • モルドバ
  • モンテネグロ
  • ルーマニア
  • ロシア

  • 中央ヨーロッパ | 
  • オーストリア
  • スイス
  • スロバキア
  • スロベニア
  • チェコ
  • ドイツ
  • ハンガリー
  • ポーランド
  • リヒテンシュタイン

  • 南ヨーロッパ | 
  • イタリア
  • キプロス
  • ギリシャ
  • サンマリノ
  • スペイン
  • バチカン
  • ポルトガル
  • マルタ
  • モナコ

  • 北ヨーロッパ | 
  • アイスランド
  • スウェーデン
  • デンマーク
  • ノルウェー
  • フィンランド

  • バルト三国 | 
  • エストニア
  • ラトビア
  • リトアニア

  • その他 | 
  • 沿ドニエストル共和国
  • 北キプロス
  • コソボ

  • 海外領土等 | 
  • アクロティリおよびデケリア
  • オーランド諸島
  • ガーンジー
  • ジブラルタル
  • ジャージー
  • スヴァールバル諸島
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/12/12 18:37

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「タリン」の意味を投稿しよう
    「タリン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    タリンスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「タリン」のスレッドを作成する
    タリンの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail