このキーワード
友達に教える
URLをコピー

タンゴとは?

ブエノスアイレスでタンゴを踊る男女
街頭でのタンゴ舞踊(2004年、ブエノスアイレス、San Telmo)
ブエノスアイレスのタンゴ・ショーで踊る男女

タンゴ(tango)とは

タンゴのうちでとくに名高く重要なのはアルゼンチン・タンゴ、すなわちブエノス・アイレスに起こりそこを本場として発達したタンゴである。

歴史

タンゴが生まれた経緯は不明だが、18世紀の後半にtangoと記された手稿譜が見つかっており、盛んにイベリア半島で踊られていた。その後スペイン植民地帝国政策の一環としてラプラタ河口の人々にこのダンスパターンが伝わると、1880年にはすでに出版譜が見つかっており、1900年以降にバンドネオン、フルートなどの混合されたアンサンブルを伴ったダンススポットが強烈に流行した。ポピュラー音楽およびダンスの一形態で、カンドンベミロンガハバネラなど複数の音楽が混ざり合って19世紀半ばにブエノスアイレスモンテビデオ近辺のラ・プラタ川流域で生まれた。

1900年頃の写真、男同士で踊ることも少なくなかった
アニバル・トロイロ
タンゴの録音、左の人物がアストル・ピアソラ

アルゼンチン・タンゴは今から約130年前に、アルゼンチン首都ブエノスアイレスの港町ラ・ボカ地区から始まったとされる。ただ、その前から、アフリカ系アルゼンチン人のコミュニティーで、「タンゴ」 と称する音楽がはやっていた。アルゼンチンタンゴ・ダンスはスペインイタリアからの貧しい移民のフラストレーションのはけ口として、ボカ地区の酒場で生まれた踊りといわれる。日頃の不満を歌にし、最初は単身赴任の男性達が酒場で荒々しく男性同士で踊ったとも、娼婦を相手に踊られるようになったともいわれる。しかし、実際には記録はほとんど残っていないため、正しいことはわかっていない。ただ、リズムに関してはキューバのハバネラ、ヨーロッパ伝来のワルツ、アメリカ伝来のフォックストロット、アフリカ起源のカンドンベ、アルゼンチンのパンパで生まれたミロンガなどが、初期のタンゴに影響を与えた。

1880年 - 1919年

1920年 - 1949年

1950年 - 1999年

2000年 -


日本での受容史

日本では、タンゴがヨーロッパに渡って変化したものをコンチネンタル・タンゴないし「ヨーロッパ・タンゴ」と呼び、それに対して元来のものをアルゼンチン・タンゴと呼んで区別することが多い。日本でのタンゴの普及は、昭和初期から戦前までにアルゼンチンから一部移入がされたものの、その後戦後にかけて移入したのは、むしろヨーロッパからムード音楽の一環としてのそれであり、いわゆる「コンチネンタル・タンゴ」の類であった。すなわち、競技ダンス社交ダンスで用いられる1ジャンルのタンゴのための舞踊音楽であった。よって、長らくタンゴと言えばマランドアルフレッド・ハウゼといったイメージで、多くの場合理解されていた。しかし1960年代からはオスヴァルド・プグリエーセフランシスコ・カナロなどの大御所たちもこぞって来日を果たしており、一部の聴衆から熱狂的な支持を生んだ。ただ、楽器の習得や様式の完成に非常に時間がかかり、専門的な教育機関も存在しない日本で学習するのは非常に困難なジャンルという認識もあった。

いったん上記の競技ダンス社交ダンスが一般的には下火になっていた1980年代後半、米国で成功した「タンゴ・アルヘンティーノ」公演が日本にも移入し、これ以降、アルゼンチン・タンゴが普及するようになった。現在は鬼怒無月のように調性を廃したタンゴ・アヴァンギャルド、エレクトロニクスをフル活用したタンゴ・エレクトロニコなどの新たな可能性が日々探られている。インターネットラジオも、アルゼンチンではない国からアルゼンチン・タンゴが24時間流れ続ける例が存在するなど、新しい聴取者層を獲得している。近年は日本のみならず韓国や台湾などもタンゴの音楽家が続々と増えており、技術的に本場とほぼ変わらないレヴェルのテイクも珍しくない。

拍節

二拍子系

三拍子系

速度

奏法

弦楽器の騒音的奏法、ヴァイオリン群による集団グリッサンド、バンドネオン本体への打撃、コントラバスのコルレーニョバトゥット、ピアノとバンドネオンのトーンクラスターが典型例だがピアノの内部奏法はタンゴ・アヴァンギャルドを除いて行われることがない。

演奏形態

アルゼンチン・タンゴ

詳細は「アルゼンチン・タンゴ」を参照

バンドネオンが用いられることが特徴である。また、非常に鋭いスタカートでリズムを刻むにも関わらず打楽器を欠く。オルケスタティピカに始まりキンテートを通過し、現在はこの枠ではくくれない編成も多い。またバンドネオンなしのピアノと弦のみの演奏もある。ギターの伴奏と歌によるタンゴも、カルロス・ガルデルらが録音を残し高く評価されている。アストル・ピアソラの作品のように、クラシック音楽の演奏家によりクラシック音楽のスタイルで演奏されるものもある。特に、1950年代後半頃からアコースティックギターなども使われるようになってきた。

少しでも伝統を外すと「タンゴのイメージに合わない」・「アルゼンチン・タンゴを騙っているだけ」という苦情が寄せられることも多く、ウルグアイアルゼンチンですら激しい対立があることで有名だが、多種多様な実験が多くの聴衆に受け入れられてきたことも事実なのである。

コンチネンタル・タンゴ

詳細は「コンチネンタル・タンゴ」を参照

楽器編成は通常のポピュラー音楽での管弦楽編成に近い。ムード音楽的演奏から、マランドのように歯切れの良いリズムを重視したアルゼンチンスタイルに近い演奏までさまざまである。一般的にはアコーディオンが用いられるため、バンドネオンの鋭いスタッカートではなく、オーケストラの分厚いくぐもったスタッカートが多い。

アメリカン・タンゴ

小編成が圧倒的に多い。アルゼンチン・タンゴの中になかった楽器も積極的に取り入れられており、なおかつコンチネンタル・タンゴのような妥協を行わない点が特徴。

ジャパニーズ・タンゴ

かつてはオルケスタ・ティピカ・東京坂本政一とオルケスタ・ティピカ・ポルテニヤのようなオルケスタ・ティピカを組織するのが一般的であったが、1970年代の低迷期に入ってからは小編成が有力となった。アルフレッド・ハウゼ楽団のようなコンチネンタル・タンゴの人気も日本ではかなりある。1990年代は日本でもアストル・ピアソラが人気を博したこともあり、ピアソラ・スタイルを表面的に模倣した楽団も見られた。1970年から毎年必ず行われる民音タンゴ・シリーズが有名で、同シリーズは2019年時点で50回を重ねている。

かつてのジャパニーズ・タンゴとは「法被を着てバンドネオンを弾き、着物を着て歌を歌い、LPジャケットには富士山が描かれる」といったステレオタイプなものを指していた。2010年代は、このようなスタイルを日本人がとることは最早ない。

日本は1940年代に戦争の影響で音楽活動が制限されたために、「1940年代こそアルゼンチン・タンゴの全盛期であった」とする現地民と意見が食い違うタンゴ・ファンは今もなお1910-30年代生まれの日本人に多い。日本人にとってのタンゴの黄金期は1920年代末期を完璧に演じきったオルケスタ・ティピカ・ヴィクトルで知られる1927年前後、日本のタンゴ楽団の活動と活発なAM放送による啓蒙で知られる1954年前後、そしてインターネットによる新たなファン獲得に成功した2010年代を印象に残る日本にとっての黄金期と捉える人物が多い。

フィニッシュ・タンゴ

1910年代からタンゴ演奏が始まったため、日本より伝統がある。アコーディオンが使われるためコンチネンタル・タンゴに分類する評論家もいる。しかし、「短調にこだわり哀調を込める」ことが必須になっているため、コンチネンタル・タンゴの朗らかさとは一線を画しているのが特徴。現在はアストル・ピアソラ国際演奏コンクールの優勝者も輩出するなど、演奏水準の高さには定評がある。毎年必ず行われるTangomarkkinatが有名。

演奏解釈

タンゴでは、作曲者の作ったメロディーは大切にされるものの、演奏する楽団の編曲により、新たな旋律や副旋律がつけられたり、変奏 variación がつけられたりすることが当然のようになっている。

たとえば、ラ・クンパルシータは、ヘラルド・マトス・ロドリゲスの作曲したメロディーの他に、ロベルト・フィルポが付け加えた中間部が好評を呼び、著名度が高いタンゴとなった。

タンゴについては、やはり演奏する楽団の編曲の良し悪しが、聴いている聴衆の満足度につながるものとされる。これはバッハのコラール編曲と事情が似ており、コラール原曲より付された対旋律のほうが有名、といった古事を継承している。

なお、楽譜からはずれる即興演奏は、避けられる方向であったが、アストル・ピアソラのように即興演奏を好むタンゴ演奏家もいる。ピアソラは徹底的に「書き譜」を売ることで顰蹙を買ったが、タンゴ楽団の譜面には自分たちの芸風を示したメモは一切書かないのが本当は主流で、伝統的にはすべて演奏様式は口承である。

アストル・ピアソラやそれ以降の楽団のモダンタンゴの解釈については、古くからのタンゴ愛好家で違和感を覚えるような声が多くあった。これは、ジャズやジプシー楽団から引き抜かれた人物が独自の癖を披露したからである。その一方で、そのモダンタンゴに感銘を覚えるタイプのタンゴ愛好家も増えてきている。21世紀に入ると、古典またはアルカイックタンゴ専門の楽団も出現している。

歌唱

タンゴの歌詞のスペイン語

タンゴの曲の多くには、スペイン語(リオプラテンセ・スペイン語)の歌詞がついているが、"La última curda" (最後の酔い) の "curda"(酔い) のようにブエノスアイレス地方の俗語である ルンファルド (lunfardo) がよく用いられる。日本の西和辞典で引きづらいこともしばしばである。

また、vos (あんた,túに相当する) およびそれに相当するという南米の言い回しボセオ(voseo) が出てくることもある。

¡Volvé! - 戻ってきて!
¡Ya sé, no me digás! ¡Tenés razón! - 分かったから、俺に言うなよ!その通りだ! …… 意訳「最後の酔い」から

ボセオについては、日本の西和辞典では、具体的な活用形ですらも取り上げられているとはいえない状態である。英語の voseo や、その他のサイトで調べるしかない。

ひとつのタンゴに、違った複数の歌詞がつけられる

ラ・クンパルシータのように、ひとつのタンゴの曲に、違った複数の歌詞が付けられることがある。

よく知られた例 ラ・クンパルシータ エル・チョクロ フェリシア

作詞者に敬意が示されている

タンゴの歌詞について、カミニート Camnito の ガビノ・コリア・ペニャロサ Gabino Coria Peñaloza や、 スール Sur の オメロ・マンシ Homero Manzi のように、作者に敬意が表される場合も少なくない。歌詞が文学的なタンゴは歌がつけられた演奏になる傾向にある。地名・招聘した人物への敬意が示されていることもある(輝ける東京)。

またラ・ファン・ダリエンソコロール・タンゴのような先人の発明を継承した「後継楽団」が多いのもタンゴの特徴で、メンバー紹介には誰から後継を行ったのかが丁寧に書かれていることがある。

歌詞なし演奏も当たり前

歌詞なしで演奏されることも、ごく普通である。フェリシアパリのカナロ のように、歌詞なし演奏がほとんどの曲もある。

また、レスポンソや、タンゴ 「とろ火で」 のように歌詞がつけられていない場合もある。

スペイン語以外の歌詞がつけられているタンゴ

原曲にスペイン語の歌詞がつけられているタンゴに、別の言語の歌詞がつけられる場合もある。エル・チョクロ El choclo が、キッス・オブ・ファイア Kiss of Fire として、英語の歌詞がついて、アメリカで歌われヒットした。

日本では、菅原洋一第31回NHK紅白歌合戦で、ラ・クンパルシータを日本語の歌詞で歌っている。冴木杏奈が着物姿で、カミニートを歌っている映像が YouTube で、アップロードされてある。淡谷のり子も、日本語の歌詞で、ラ・クンパルシータジーラ・ジーラを歌っていた。

原語がスペイン語でない歌が、タンゴとして演奏される場合もある。コンチネンタル・タンゴの歌が、そうなる。シャンソンでは、小雨降る径 "Il pleut sur la route" と、恋心 "L'amour, c'est pour rien" が、タンゴとして演奏される場合もある。ファン・ダリエンソ楽団はサービスと称してスペイン語で原曲を歌わせ、そのまま日本語の訳詞で歌わせる、ということも行わせた。

ファンサービスとしてファン・ダリエンソ楽団は「スペイン語の歌詞の音楽は日本語でも歌えます!」という妙な主張を行い、強引に翻訳された歌詞を専属歌手が歌っていた。この録音は実在する。

メドレー

複数の作品のサビを数曲ほど接合させる例(トロイロ)もある。これは先人への敬意が込められる。このような形態では歌手は歌わない。

和声法の禁則も守られない

「主旋律がアルペジオのような動きをするのはやめましょう」というのが四声和声法の鉄則だが、古典タンゴの代表作「フェリシア」のように、最初からメロディーがアルペジョで動くことも普通に行われる。アルフレド・デ・アンジェリス楽団はベースや中声部のバンドネオンがアルペジョで動くこともある珍しい集団である。

モダンタンゴの時代に入ると近代和声の影響を徐々に受けて減ったが、それでもバンドネオンセクションは依然として平行進行が好まれる。またファン・ダリエンソ楽団の「Sentimento Gaucho」に至ってはメロディーとベースがサビで有名な連続8度を行うなど、西洋楽器を使いつつ西洋音楽の規則では説明のつかないことが頻発する。

ミスを修正あるいは編曲しなおす楽団も数多く、オスバルド・プグリエーセ楽団やエドゥアルド・ロビーラはバンドネオンの左手や弦楽セクションを用いて対位法的な趣味を前面に打ち出しており、この点に気が付いていたようである。タンゴ黎明期から黄金期にかけての、この手の和声法と対位法の「誤用」はどこからどこまでがミスなのかが判明しておらず、今後の研究が待たれる。

このため、器楽では楽でも声楽では厳しいメロディーラインが多くなり、歌手は「アルペジョにはいると加速または減速がはいる」独特の修練を必要とする。ラテン音楽は原則的にスリーコードのみで進む鉄則があるため、これを破ろうとする者は「前衛」「異端」と呼ばれていた。

他の種類の音楽との関連

フォルクローレ

タンゴは、始めはフォルクローレから出発した。初期のタンゴでは、ギター・ヴァイオリン・フルートのアンサンブルで演奏されて、バンドネオンは定着せず、ミロンガカンドンベと同種のラプラタ諸国の民俗音楽であった。バンドネオンの導入により、タンゴの差別化がなされるようになった。ミロンガについては、タンゴとして演奏されることもある。

カルロス・ガルデルは、フォルクローレ歌手として活動を始めて、その後タンゴを歌いだした。ガルデルの歌にギター伴奏のタンゴに、タンゴ愛好家の人気があり、今でも頻繁に聴くことができる。

また、タンゴ楽団によるヴァルス(バルスとも呼ばれる)すなわちアルゼンチン当地のワルツの演奏も、よく聴かれ、フランシスコ・カナロ楽団の黄金の心 Corazón de oro が有名である。

ブエノスアイレスのタンゴ生演奏の店タンゲリア tanguería では、フォルクローレの演奏も行っているところもある。東京の六本木にありタンゴバプとして有名だった店 「六本木カンデラリア」 (閉店) の店主の高野太郎は、フォルクローレ歌手である。タンゴもフォルクローレも、どちらもレパートリーとしている歌手も、目立つ。

クラシック音楽

エドガルド・ドナートがクラシック系統の音楽学校であるフランツリスト音楽院の優等生だったように、アルゼンチンでも日本もふくめ他地域でもクラシック音楽を専門的に学んだ人がタンゴ界で活躍することは、めずらしくない。

タンゴも最初期のエル・エントレリアーノから、半音階をとりいれたりしている。また、カデンツァなど、クラシック音楽の用法が、タンゴに応用されている。スペインのクラシック音楽の作曲家イサーク・アルベニスも、有名な「タンゴ」を作曲している。タンゴの「ビクトリア・ホテル」の作曲者のフェリシアーノ・ラタサはクラシック音楽の作曲家と、伝えられている。

クラシック音楽に対抗意識をもちつつ対話していたタンゴの権威にアストル・ピアソラがいて、アルゼンチンに来たアルトゥール・ルービンシュタインに自作の曲を見てもらったり、ナディア・ブーランジェから作曲を学んでいたというエピソードがある。

また、クラシック音楽家でも、演奏にタンゴをあえて選ぶ人も出てきている。チェロ奏者のヨーヨー・マが、ピアソラ作曲のリベルタンゴを演奏曲目に選んでいる。

ジャズ

エドガルド・ドナートは、ウルグアイのジャズのカルロス・ウォーレン楽団に所属していたこともある。フランシスコ・ロムートは、ジャズピアニストとしても活躍していたこともあった。アストル・ピアソラは少年期はタンゴよりもジャズを好んでいたといわれている。

タンゴも時代が下りモダンタンゴに近づくと、ジャズの影響が見られる曲も増えてくる。ちなみに、ピアソラは、ジャズ・タンゴを提唱しているし、ジャズの演奏家としている表現もみかける。タンゴもジャズも、ピアノとコントラバスとギターという楽器を使用するということでは、共通している。アティリオ・スタンポーネ楽団やネストル・マルコーニ楽団は、ジャズのリズムやピアノソロを全面に押し出すなど、タンゴ・アヴァンギャルドではジャズのイディオムも解禁されている。

ただ、ジャズの曲をタンゴとして演奏されたりすることは、なかなかありえない。エル・チョクロキッス・オブ・ファイア Kiss of Fire として、ジャズで演奏されて注目されたことがある。アディオス・ムチャーチョスについてアメリカのジャズの権威のルイ・アームストロングの歌の録音もある。アメリカのルロイ・アンダーソン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2020/04/04 04:46

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「タンゴ」の意味を投稿しよう
「タンゴ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

タンゴスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「タンゴ」のスレッドを作成する
タンゴの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail