このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ダニエル・リオスとは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


ダニエル・リオス(Daniel Rios , 1972年11月11日 - )は、スペイン出身の元プロ野球選手(投手)。

アメリカでの登録名は「Danny Rios」。

来歴

アメリカ時代

両親はキューバ人であり、スペインに生まれた。2歳の時にアメリカ合衆国へ移住。

1993年に、マイアミ大学からニューヨーク・ヤンキースに入団し、マイナーリーグで中継ぎとして活躍。1997年5月20日メジャーデビューするも、この年のオフに解雇。

その後、カンザスシティ・ロイヤルズに入団し、先発に転向。メジャーで5試合投げるも、1999年オフに解雇。

2000年2001年は、メキシカンリーグトレオン・コットンディーラーズと独立リーグ(アトランティック・リーグ)のニューアーク・ベアーズでのプレーを経て、2002年韓国プロ野球(KBO)起亜タイガースに入団した。

順番はトレオン→ニューアーク→トレオン→起亜の順。

韓国時代

2002年

球団は本人を抑えとして使う予定だったが、抑えとしては防御率が高くシーズン中盤以後に先発に回された。先発転向後に好投を披露して、入団1年目で14勝13セーブの好成績をあげている。

2003年

シーズン当初から先発ローテーションに定着。勝敗は10勝13敗と落ち込んだものの、韓国プロ野球では史上初となる、外国人投手による2年連続二桁勝利を達成した。

2004年

17勝をあげ、最多勝のタイトルを裵英洙(三星)、ゲーリー・ラス(斗山)と分け合い、シーズンでは大活躍した。ポストシーズンゲームでは、斗山ベアーズとの準プレーオフで第1戦に先発登板。ラスとの投げ合いになったが、2回2/3で被本塁打2本を含めて6失点。敗戦投手となり、期待を裏切った。チームは準プレイオフで敗退している。

2005年

過去3年間の好調が一転し、前半戦は不振だった。7月の時点で6勝10敗と期待を裏切り、チームが最下位に低迷する原因のひとつとなった。7月10日に若手左腕全炳斗らとトレードされ、斗山ベアーズへ移籍した。斗山に移籍後に調子を取り戻し、マット・ランデルの2本柱で斗山の投手陣を引っ張った。移籍後に9勝をあげ、最終的にシーズンを15勝12敗で終えた。また147奪三振は、裵英洙と並ぶ最多であり、斗山の韓国シリーズ進出に貢献した。プレーオフでは1勝をあげるも、韓国シリーズでは2敗。シリーズ敗退の原因の一つにあげられた。

2006年

韓国プロ野球の外国人投手では初となる、5年目のシーズンを迎えた。この年は12勝16敗と負け越し、チームもポストシーズン進出に失敗している。

2007年

8月30日現代ユニコーンズ戦で、韓国プロ野球の外国人選手で初の20勝をあげた。その後も2勝を加え、最終的には1990年宣銅烈以来、17年ぶりとなる22勝をマークした。先発登板のみで22勝をあげたのは、韓国プロ野球元年の1982年OBベアーズの朴哲淳以来、25年ぶりの快挙であった。また、10月3日の現代戦では、あわや完全試合という投球で斗山のプレーオフ進出を決めている。22勝5敗、防御率2.07の好成績が評価され、シーズンMVP、最優秀防御率、最優秀勝率、ゴールデングラブ賞などタイトルを総なめにした。また、6年連続二桁勝利で通算90勝となり、これは2017年ダスティン・ニッパートに抜かれるまで韓国プロ野球の外国人選手最多記録であった。

オフに斗山側は年俸80万ドルの契約を提示したが、リオス側は保留。残留交渉は決裂し、斗山の所有名簿からはずれた。一時オリックス・バファローズが獲得に意欲を示していたが、12月25日東京ヤクルトスワローズと1年契約年俸95万ドル(約1億830万円)、及び一定の成績を残せば2年目の契約が自動更新となるオプション付き(2年総額は最大で380万ドル(約4億3300万円)程度の見込み)で合意し、日本でプレーすることになった。

日本時代

2008年

オープン戦から不安定ながら先発ローテーションに定着する一方で、後述のようにボークに苦しめられている。4月12日の対読売ジャイアンツ戦で来日初勝利をあげた。

しかし、6月28日にリオスの禁止薬物(ハイドロキシスタノゾロール)使用が発覚した。前例の2名の違反者(リック・ガトームソン(ソフトバンク)及びルイス・ゴンザレス(巨人))とは異なり禁止薬物(ハイドロキシスタノゾロール)との事実を知りながら使用していた。同日から1年間の出場停止処分が科された。これに関してヤクルト球団は、リオスとの契約を解除することを発表した。リオスは「昨年末に背中や腰の治療のために注射したことなどが陽性反応を示した原因ではないかと思う」と主張し、異議申し立てについては弁護士と話し合って決めるとした。7月14日に自由契約選手公示された。

ヤクルト退団後

その後、2010年台湾プロ野球La Newべアーズの入団テストを受験したが、不合格に終わり現役を引退した。

人物

 | 
この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2011年8月)

詳細情報

年度別投手成績




【球

団】























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1997 | NYY | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 19 | 2.1 | 9 | 3 | 2 | 0 | 1 | 1 | 0 | 0 | 5 | 5 | 19.29 | 4.71
1998 | KC | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | -- | .000 | 38 | 7.1 | 9 | 1 | 6 | 0 | 1 | 6 | 1 | 0 | 8 | 5 | 6.14 | 2.05
2002 | 起亜 | 54 | 13 | 3 | 0 | -- | 14 | 5 | 13 | 1 | .737 | 662 | 157.2 | 140 | 14 | 44 | 2 | 24 | 102 | 5 | 0 | 59 | 55 | 3.14 | 1.17
2003 | 30 | 30 | 2 | 0 | -- | 10 | 13 | 0 | 0 | .435 | 820 | 188.2 | 186 | 19 | 62 | 1 | 28 | 121 | 5 | 0 | 93 | 80 | 3.82 | 1.31
2004 | 32 | 32 | 3 | 2 | -- | 17 | 8 | 0 | 0 | .680 | 932 | 222.2 | 209 | 10 | 70 | 1 | 25 | 145 | 3 | 0 | 75 | 71 | 2.87 | 1.25
2005 | 19 | 19 | 2 | 0 | -- | 6 | 10 | 0 | 0 | .375 | 508 | 113.2 | 140 | 17 | 35 | 0 | 14 | 71 | 3 | 1 | 72 | 66 | 5.23 | 1.54
斗山 | 13 | 13 | 1 | 0 | -- | 9 | 2 | 0 | 0 | .818 | 348 | 91.2 | 63 | 3 | 22 | 0 | 3 | 76 | 1 | 0 | 16 | 14 | 1.37 | 0.93
'05計 32 | 32 | 3 | 0 | -- | 15 | 12 | 0 | 0 | .556 | 856 | 205.1 | 203 | 20 | 57 | 0 | 17 | 147 | 4 | 1 | 88 | 80 | 3.51 | 1.27
2006 | 34 | 33 | 4 | 1 | -- | 12 | 16 | 0 | 0 | .429 | 945 | 233.0 | 204 | 14 | 49 | 1 | 15 | 145 | 8 | 0 | 86 | 75 | 2.90 | 1.09
2007 | 33 | 33 | 6 | 4 | 1 | 22 | 5 | 0 | 0 | .815 | 947 | 234.2 | 191 | 8 | 58 | 2 | 16 | 147 | 5 | 0 | 69 | 54 | 2.07 | 1.06
2008 | ヤクルト | 11 | 11 | 0 | 0 | 0 | 2 | 7 | 0 | 0 | .222 | 300 | 64.1 | 80 | 7 | 26 | 0 | 5 | 37 | 2 | 2 | 48 | 39 | 5.46 | 1.65
MLB:2年 7 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | -- | .000 | 57 | 9.2 | 18 | 4 | 8 | 0 | 2 | 7 | 1 | 0 | 13 | 10 | 9.31 | 2.69
KBO:6年 215 | 173 | 21 | 7 | -- | 90 | 59 | 13 | 1 | .604 | 5162 | 1242.0 | 1133 | 85 | 340 | 7 | 125 | 807 | 30 | 1 | 470 | 415 | 3.01 | 1.19
NPB:1年 11 | 11 | 0 | 0 | 0 | 2 | 7 | 0 | 0 | .222 | 300 | 64.1 | 80 | 7 | 26 | 0 | 5 | 37 | 2 | 2 | 48 | 39 | 5.46 | 1.65

タイトル

KBO

表彰

KBO

記録

NPB

背番号

脚注

  1. ^ [1] Baseball Reference.com
  2. ^ ヤクルト・リオスが禁止薬物使用か 日刊スポーツ 2008年6月28日閲覧
  3. ^ リオス選手について ヤクルトスワローズニュースリリース

関連項目

外部リンク

業績
韓国野球委員会ゴールデングラブ(投手)
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会MVP
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会最優秀防御率
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会最多勝利投手
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】


韓国野球委員会最多奪三振
【1980年代】

【1990年代】

【2000年代】

【2010年代】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/11 13:57

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ダニエル・リオス」の意味を投稿しよう
「ダニエル・リオス」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ダニエル・リオススレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ダニエル・リオス」のスレッドを作成する
ダニエル・リオスの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail