このキーワード
友達に教える
URLをコピー

ダンディ坂野とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2015年4月)
 | 
テレビ番組・中継内での各種情報(終了した番組・中継を含みます)は、DVDやBlu-rayなどでの販売や公式なネット配信、または信頼できる紙媒体またはウェブ媒体が紹介するまで、出典として用いないで下さい検証可能性に基づき除去される場合があります。

ダンディ坂野
DANDY-SAKANO


「ショック!」のポーズを取るダンディ坂野
(2018年2月11日 京都競馬場)

【本名】
坂野 賢一
【生年月日】
(1967-01-16) 1967年1月16日(52歳)
【出身地】
日本石川県加賀市
【血液型】
AB型
【身長】
166cm
【言語】
日本語
【方言】
共通語
【最終学歴】
石川県立大聖寺実業高等学校
【グループ名】
一発屋2008
【芸風】
漫談
【事務所】
サンミュージックプロダクション
【活動時期】
1996年 -
【同期】
品川庄司バカリズムゆってぃ
【現在の代表番組】
大爆笑!!サンミュージックGETライブ
【過去の代表番組】
おはスタ
完売劇場
【配偶者】
既婚
【公式サイト】
公式ブログ

ダンディ坂野(ダンディさかの、1967年1月16日 - )は、日本お笑いタレントである。本名、坂野 賢一(さかの けんいち)。

石川県加賀市出身。サンミュージックプロダクション所属。血液型はAB型。

目次

  • 1 人物
  • 2 逸話
  • 3 出演
    • 3.1 テレビ
    • 3.2 ラジオ
    • 3.3 CM
    • 3.4 映画・Vシネマ
    • 3.5 劇場アニメ
    • 3.6 テレビドラマ
    • 3.7 テレビアニメ
    • 3.8 PV
    • 3.9 舞台
    • 3.10 CD(シングル)
    • 3.11 VHS・DVD
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

人物

田原俊彦のようなアイドルに憧れて高校卒業後に上京を模索したものの、その資金がなかったことから、貯めるために地元で働いた後、26歳になった1993年に上京。年齢的な理由とダウンタウンウッチャンナンチャンがテレビ番組でアイドルと親しげにしていたのを見て、アイドル路線からお笑い芸人路線に方針転換。プロダクション人力舎スクールJCAに2期生として入学する。漫才コンビ「ラブリン」を結成し、ボケを担当するも、「才能が無い」という理由で留年。一期下の3期生とともに1年間学ぶ。その時の3期生にはアンタッチャブルらがいた。卒業後、同スクールの講師だったブッチャーブラザーズの付き人となる。なお、同期とのジェネレーションギャップを感じていた坂野は、この頃(1996年頃)からピン芸人になることを決める。

1996年、大川興業の舞台『すっとこどっこい』でデビュー。そして、テレビ埼玉の番組『パンドラ御殿』でテレビ初出演。同番組内コーナー『探偵物集(ものたかり)』で、松田優作に扮した寺田体育の日とギャグ対決を繰り広げた。でんでんの芸風を受け継いだ漫談メインのスタイルであるため、第二電電とかけた「第二でんでん」が彼のキャッチフレーズだった。

1999年には、2002年以降のお笑いブームの火付け役となったNHKの番組『爆笑オンエアバトル』の第1回目に出演し、合格している。番組初期の功労者であり出場回数も多いが、オンエア率(合格率)はおよそ3割と低く、当時の番組歴代最多のオフエア回数15回という不名誉な記録も持っていた(後にHi-Hiが16敗で更新、ピン芸人に限定するとダンディが最多となる)。ただし、オフエアとなったネタも極端にKBが低いわけではなく、オンエア率の高い400KB台でオフエアになった時もあった。また、「オンバト」では収録が行われる会場が地方の場合は挑戦者の獲得KB数が通常回より増加する傾向にあるが、ダンディは地方収録回に通算10度挑戦して僅か2勝しか出来なかった。2000年6月25日放送分で当時の自己最高KBである393KBを記録したが、6位でオフエアになったため、司会の森下和哉(NHKアナウンサー)に向かって「超ムカつく!」と嘆いた。ちなみに最高KBは453KBである。オンエア率の低さとは裏腹に、後に番組の枠を超えて人気を博し、彼のブレイクはピン芸人ブームの先駆けとなった。番組でも必要以上に冷遇されていた訳ではなく、サマースペシャルなどの特別回ではダンディ坂野メインのコーナーも幾度か作られている他、卒業後もオンバトヒーローズのコーナーやオンバトPREMIUM、さらには後継番組である『オンバト+』の最終回(事実上『オンエアバトル』の最終回)前に放送された振り返り番組にも出演している。

ゲッツの全体のポーズ
坂野本人による、ゲッツの両手のポーズ

様々な色のタキシードを着用し(ネタ以外では黄色のタキシードが多い)、粋なジョークを飛ばすのが彼の芸風であるが、そのジョークのほぼ全てがテーマに沿った駄洒落を連発するだけのものである。ジョークを言った後に苦し紛れで言う決め台詞「Get's!!(ゲッツ)」は、一時期若者たちの間で流行した。「面白くないネタを披露して、滑って気まずくなった空気の中で使う」のがゲッツの本来の使い方であるが、人気絶頂期には滑るはずのネタがしばしばウケてしまい、彼を困惑させたという。

基本的にはネタ芸人であり、お人好しな性格でフリートークは得意ではない。そのため、2003年をピークに人気が下降。唯一のレギュラー番組だった『3つのとびら』が2006年3月に終了して以来、テレビへの出演回数はめっきり減っていった。しかし、月に数本の深夜番組や地方のローカル番組、およびライブを主な活動の場に持ち、また、テレビ朝日雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク』などの全国ネット番組に「一発屋芸人」として出演する機会も多くなってきており、完全にテレビから消えたわけではない。本人もそのキャラクターに徹しているようで、関西テレビたかじん胸いっぱい』に出演した際に「お笑いブームで残れないのは分かっていたし、ブレイクした時点で僕の中で何かが終わった気がした。これから頑張るより、一発屋芸人というキャラクターになろうと思った」と語っていた。また、ダンディのブレイク後、所属するサンミュージック企画ではヒロシ小島よしおスギちゃんメイプル超合金などそれまで同社にほとんど在籍していなかったお笑いタレントを輩出するきっかけともなった。

2004年8月22日に一般女性と結婚し、2009年7月7日に長女が、2014年2月5日に長男が誕生した。

逸話

出演

テレビ

現在の出演番組

過去の出演番組

ラジオ

CM

映画・Vシネマ

劇場アニメ

テレビドラマ

出典:wikipedia
2019/10/16 05:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「ダンディ坂野」の意味を投稿しよう
「ダンディ坂野」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

ダンディ坂野スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ダンディ坂野」のスレッドを作成する
ダンディ坂野の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail