このキーワード
友達に教える
URLをコピー

テオドール・ヘンシュとは?

【生誕】
(1941-10-30) 1941年10月30日(78歳)
ドイツ ハイデルベルク
【国籍】
ドイツ
【研究機関】
ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン
マックス・プランク研究所
スタンフォード大学
【出身校】
ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク
【博士課程
指導学生】
カール・ワイマン
【主な受賞歴】
ノーベル物理学賞(2005)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者
受賞年:2005年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:光周波数コム技術などのレーザーを用いた精密な分光法の発展への貢献

テオドール・ヴォルフガング・ヘンシュ(Theodor Wolfgang Hänsch, 1941年10月30日 - )は、ドイツ物理学者マックス・プランク研究所量子光学部門所長、ミュンヘン大学教授。

「光周波数コム(櫛)技術などのレーザーを用いた精密な分光法の発展への貢献」により、2005年ノーベル物理学賞ジョン・ホールとともに受賞した。

来歴

ヘンシュはハイデルベルク大学で博士号を取得し、1975年からカリフォルニア州スタンフォード大学教授を務めた。その後1986年にマックス・プランク量子光学研究所所長となるためドイツへ戻った。

1970年に、光子の持つエネルギーの誤差が100万分の1という極めて高精度の光パルスを発するレーザー装置を発明した。この装置を用いて、彼は水素原子のもつバルマー系列の遷移振動数を以前よりはるかに精度よく測定することに成功した。さらに1990年代末にヘンシュは共同研究者とともに光周波数コムジェネレータと呼ばれる装置を使用して、レーザーの周波数をさらに高精度で測定する手法を開発した。この誤差100兆分の1という驚異的な精度を誇る測定法によって、水素原子のライマン系列の遷移振動数が測定されるようになった。この精度では、宇宙における基礎物理定数の経時変化を調べることが可能とされる。これらの業績により、2005年のノーベル物理学賞を受賞することとなった。

受賞歴

また、教え子の一人カール・ワイマン2001年のノーベル物理学賞を受賞している。

外部リンク

ノーベル物理学賞受賞者

1901年 - 1925年 | 1926年 - 1950年 | 1951年 - 1975年 | 1976年 - 2000年 | 2001年 - 2025年

【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/17 01:11

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「テオドール・ヘンシュ」の意味を投稿しよう
「テオドール・ヘンシュ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

テオドール・ヘンシュスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「テオドール・ヘンシュ」のスレッドを作成する
テオドール・ヘンシュの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail