このキーワード
友達に教える
URLをコピー

デア・アングリフとは?

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2019年2月)
デア・アングリフ(1933年)

デア・アングリフ』(ドイツ語: Der Angriff)は、ヨーゼフ・ゲッベルス1927年ベルリンで創刊した新聞。"Der Angriff" は、ドイツ語で「攻撃」の意。

歴史

1926年ナチスのベルリン大管区指導者に就任した後、ゲッベルスはこの新聞を創刊した。新聞の運営資金の大部分は党が提供した。初代編集長はヴィリ・クラウゼ(Willi Krause、ペンネームはペーター・ハーゲンPeter Hagen)、ユリウス・リッペルト(de:Julius Lippert)が2代目の編集長となり、1935年からはゲッベルスの信頼が厚いハンス・シュヴァルツ・ファン・ベルク(de:Hans Schwarz van Berk) が編集長をつとめた。

当初は週に1回の発行だったが、後に週2回、1930年11月に日刊、1932年には夕刊が登場して毎日2回発行となる。内容は党のプロパガンダヴァイマル共和政に反対のアジテーション、そして反ユダヤ主義だった。新聞はベルリン警察のユダヤ人副署長ベルンハルト・ヴァイスを定期的に攻撃。このため、1931年11月4日、ベルリン警察署長アルベルト・グジェジンスキ(de:Albert Grzesinski)により一時的な発禁処分を受けた。

発行部数は1927年に約2,000部、1936年に146,694部、1944年に306,000部へと増加した。

1933年、ナチスが政権を奪取して以降、デア・アングリフの重要性は緩やかに減少したが、連合軍のベルリン爆撃が始まってからはベルリン市民の士気を維持するため発行部数は増加した。デア・アングリフはドイツ降伏直前の1945年4月24日まで発行を続けた。

映画『カサブランカ』には、リックによってカジノから閉め出されたナチスの文民が怒りながら「デア・アングリフにこの冷遇を報告するぞ」と言う場面がある。

脚注

  1. ^ Joseph Goebbels. “Isidor” (translation to English). Der Angriff. 2008年9月22日閲覧。 “Example: a 1927 essay attacking Weiss.”

参考文献

外部リンク

国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)
思想 | 

ナチズム / 指導者原理 / 人種主義 / アーリア人至上主義 / 反共主義 / 反ユダヤ主義 / 支配人種 / 権威主義 / 民族共同体 / 血と土 / 生存圏 / 第三帝国 / 強制的同一化 / 新秩序(ナチズム)


人物 | 
総統 | 

アドルフ・ヒトラー


後継指名者 | 

ルドルフ・ヘス / ヘルマン・ゲーリング


全国指導者 | 

ヘルマン・エッサー / フランツ・クサーヴァー・シュヴァルツ / ヴァルター・ブーフ / マックス・アマン / ヨーゼフ・ゲッベルス / オットー・ディートリヒ / マルティン・ボルマン / フィリップ・ボウラー / ロベルト・ライ / ハンス・フランク / リヒャルト・ヴァルター・ダレ / ヴィルヘルム・フリック / コンスタンティン・ヒールル / ヴィルヘルム・グリム / バルドゥール・フォン・シーラッハ / アルトゥール・アクスマン / アルフレート・ローゼンベルク / カール・フィーラー / フランツ・フォン・エップ / ハインリヒ・ヒムラー / エルンスト・レーム / ヴィクトール・ルッツェ


突撃隊幹部 | 

フランツ・プフェファー・フォン・ザロモン / エルンスト・レーム / エドムント・ハイネス / ヴィクトール・ルッツェ / ヴィルヘルム・シェップマン / Category:突撃隊隊員


親衛隊幹部 | 

ハインリヒ・ヒムラー / ラインハルト・ハイドリヒ / エルンスト・カルテンブルンナー / クルト・ダリューゲ / カール・ヴォルフ / オズヴァルト・ポール / ゴットロープ・ベルガー / ハンス・ユットナー / Category:親衛隊将軍


武装親衛隊幹部 | 

ヨーゼフ・ディートリヒ / パウル・ハウサー / フェリックス・シュタイナー / テオドール・アイケ / ヘルベルト・オットー・ギレ / ヴィルヘルム・ビットリヒ / フリードリヒ・ヴィルヘルム・クリューガー / ヴァルター・クリューガー


初期の幹部 | 

アントン・ドレクスラー / ディートリヒ・エッカート / マックス・エルヴィン・フォン・ショイブナー=リヒター / ゴットフリート・フェーダー


ナチス左派 | 

グレゴール・シュトラッサー / オットー・シュトラッサー / ヨーゼフ・ゲッベルス



歴史 | 
草創期 | 

ドイツ労働者党 / 25カ条綱領 / ミュンヘン一揆 / 国家社会主義自由運動 / 大ドイツ民族共同体 / ハノーファー会議 / バンベルク会議 / シュテンネスの反乱 / 権力掌握


ナチス・ドイツ | 

ヒトラー内閣 / ドイツ国会議事堂放火事件 / 全権委任法 / 長いナイフの夜 / ベルリンオリンピック / アンシュルス / チェコスロバキア解体


第二次世界大戦 | 

T4作戦 / ホロコースト / ヒトラー暗殺計画 / ヒトラーの死 / ドイツ降伏


第二次世界大戦後 | 

ニュルンベルク裁判 / ニュルンベルク継続裁判 / 非ナチ化 / 戦う民主主義 / フランクフルト・アウシュビッツ裁判



組織 | 

総統 / 全国指導者 / 突撃隊 / 親衛隊 / 武装親衛隊 / 大管区 / 帝国大管区 / 国外大管区 / RSD / 国家社会主義航空軍団 / 国家社会主義自動車軍団 / 国家社会主義女性同盟 / ヒトラーユーゲント / ドイツ女子同盟 / アドルフ・ヒトラー・シューレ / 国家労働奉仕団 / ドイツ労働戦線 / 国家社会主義公共福祉


シンボル | 

ハーケンクロイツ / ビュルガーブロイケラー / 褐色館 / 総統官邸 / ベルリン・スポーツ宮殿 / ベルクホーフ / ニュルンベルク党大会 / 国家党大会広場 / ナチス式敬礼 / ジークハイル / 旗を高く掲げよ / 突撃隊は行進する / 意志の勝利 / オリンピア / 血染めの党旗


書籍・新聞 | 

我が闘争 / 二十世紀の神話 / フェルキッシャー・ベオバハター / デア・アングリフ / 闘争出版社 / ダス・シュヴァルツェ・コーア / シュテュルマー


付随用語 | 

ヴェルサイユ条約 / 背後の一突き / 退廃芸術 / シオン賢者の議定書 / ファシズム / 枢軸国 / カール・ハウスホーファー / ハンス・ギュンター


関連団体 | 

ドイツ義勇軍 / ゲルマン騎士団 / エアハルト海兵旅団 / トゥーレ協会 / ドイツ闘争連盟 / ドイツ民族自由党 / 黒色戦線 / オーストリア・ナチス / ズデーテン・ドイツ人党 / ドイツ国家人民党 / 鉄兜団、前線兵士同盟


関連項目:

第一次世界大戦 / ドイツ革命 / ヴァイマル共和政 / 第二次世界大戦 / 連合軍軍政期 (ドイツ) / ネオナチ

【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/09 22:32

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「デア・アングリフ」の意味を投稿しよう
「デア・アングリフ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

デア・アングリフスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「デア・アングリフ」のスレッドを作成する
デア・アングリフの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail