このキーワード
友達に教える
URLをコピー

デカとは?

デカ(deca, 記号:da)は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、基礎となる単位の10(=10)倍の量であることを示す。decaを用いた単語に、decahedron(十面体)、decade(十年間)、decathlon(十種競技)などがある。

アメリカ合衆国では "deka" と綴られる(詳細は「リットル#英語表記」を参照)。しかし、SIの国際事務局である国際度量衡局 (BIPM) の文書(英語版)における正式の英語表記は deca であり、これは英国でも日本でも同じである。

1795年の当初のメートル法で定められた6つの接頭辞の一つである。デカは、ギリシャ語で「十」を意味する δέκα (deka) に由来する。当時は、倍量の接頭辞はギリシャ語から、分量の接頭辞はラテン語から作成することとしていた。そこで、ギリシャ語の単語をフランス語風に変更して作られたのがデカ (deca) である。1960年の第11回国際度量衡総会 (CGPM) でSIが制定される際に正式に承認された。

倍量の接頭辞の記号のほとんどは大文字であるが、デカ (da) は小文字である。これは、倍量には大文字を使うという決まりができる前にすでにデカが定められており、すでに小文字で定着していたためである。デカの記号 da を、Da などと大文字にしてはならない(Da はSI併用単位であるダルトンの単位記号となっている)。また、SI接頭辞の中では唯一記号が2文字である。1文字のdはデシに割り当てたためである。

科学的な用途では、キロメガギガテラそしてミリマイクロナノピコなどの、指数が3の倍数であるものを使用することがほとんどであり、デカはまず用いられない。また、それ以外の用途でも、値が小さすぎて接頭辞を用いる有用性があまり無いことから、デカ (da) が用いられることは皆無と考えてさしつかえない。例えば2デカメートルではなく20メートルと書かれる。但し、中央ヨーロッパの一部(オーストリアポーランドチェコスロバキアハンガリーなど)ではデカグラム (dag) が比較的よく用いられる。これはメートル法以前にドイツ語圏で用いられていた単位である「ロート」に由来する。

デカはアパレル業界において手袋・靴下の10着(1着は左右ペア)の単位として使われることがあり、この場合の単位記号は「X」(ローマ数字の10)である。

出典

  1. ^ 国際文書第8版国際単位系 日本語版 (2006) p.62、接頭辞の表


SI接頭辞
接頭辞 記号 1000 10 十進数表記 漢数字表記 short scale 制定年
ヨタ (yotta) | Y | 1000 | 10 | 1 000 000 000 000 000 000 000 000 | 一
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/21 22:02

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「デカ」の意味を投稿しよう
「デカ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

デカスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「デカ」のスレッドを作成する
デカの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail