このキーワード
友達に教える
URLをコピー

デデデ大王とは?

デデデ大王(King Dedede)は、任天堂(開発:HAL研究所)のゲーム星のカービィシリーズ』、およびそれを原作とした関連作品に登場する架空のキャラクターである。

概要

平和な国「プププランド」を統治する大王。ゲーム・アニメ共にカービィライバルとして立ち回り、いざとなれば木槌のようなハンマーを片手に戦う。シリーズにおいて登場しなかった作品は『鏡の大迷宮』の一作のみ。それ以外では脇役であっても必ず登場している。

名前の由来は定かではない。日本以外でも“Dedede"と名前を表記する場合がほとんどだが、英語では「ディディディー」に近い発音になるなど、読みは各国の言語ごとに異なる。中国語では"帝帝帝"(Dididi)と表記される。またフランスのみ、他国とは異なる“ダディドゥ”(Dadidou)というキャラクター名になっている。

ゲームにおけるデデデ大王

外見

前述のとおり2頭身のペンギンあるいはアヒルのような容姿で、黄色いたらこ唇が一際目立つ。赤いガウンと赤い帽子に似た形をした冠、黄色い手袋、腹巻きらしきものを着用している。顔の色は青、体色も基本は初代やアニメのような顔と同じ色の青だが、『スーパーデラックス』などの一部の作品や『夢の泉デラックス』以降の作品では体だけが黄色になっている(『参上! ドロッチェ団』ではお腹の模様になっており、『大乱闘スマッシュブラザーズX』以降の作品や『スターアライズ』では服となっている)。また、ゲームボーイ版)『初代』・『2』)とファミコン版(『夢の泉の物語』)を除いてはたるんだ腹も特徴となっており、『20周年スペシャルコレクション』のOPではファミコン版の姿からWii版の姿になった際にこの腹を気にする描写がある。

服装は、赤いガウンサンタクロースの帽子のような形状の赤い冠、ミトン状の手袋と腹巻を愛用している。ガウンの背部には必ず何らかのトレードマークが入っており、『64』以降はほとんどVサインに統一されている。マークの色は作品ごとに色合いが違っている。3ではグルグルマークである。初期は手袋は着用しておらず素手であった。

身長は、カービィよりも大柄だという以外は作品ごとにムラがある。初期の作品ではカービィの2倍ぐらいであったが、アニメ版やそのデザインの影響が強い作品(『夢の泉デラックス』『参上! ドロッチェ団』など)ではカービィの3倍近くにまで伸びている(むしろ巨大化した)。これによりゲームボーイ時代の軽快な動きは見られなくなったが、この仕様変更が逆に、「ヘッドスライディングを普通にジャンプしただけでは飛び越せない」「大ジャンプ時の星で貫通弾が作れない」などといった結果につながった。なお、『Wii』など味方として登場する場合には、例外なく初代同様のサイズである。

人物

カービィに負けず劣らず食いしん坊、かつ自分勝手でわがままと、いたずら好きで子供っぽい性格。独占欲が強く、国中の食料(『初代』)や夜空の星を全部独り占め(『ボウル』)することもいとわないが、本人は悪気はないらしい。ワドルディを始めとして彼を慕う部下もかなり多く、大王と認めている者もいることがわかる。カブーラーなどの戦闘兵器といった軍事力の保有、単独でも遜色のない行動力の高さなど、肩書きにふさわしい「大王」らしい面もある。しかし『大乱闘スマッシュブラザーズDX』以降から「自称プププランドの大王」に表記が変わり、政治的なことは行っておらず当の国民もデデデ大王の行動には全く興味を持っておらず、それどころかワドルディですら手下であることを自覚していないと紹介されるようになった。

一人称は「おれさま」であることが多いが、『夢の泉』の説明書やアニメでは「ワシ」、一部の漫画では「オイラ」、「わがはい」など例外もある。近年は台詞をしゃべること自体が少なくなり、『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』の「大王の逆襲」では久しく台詞が用意されたものの、最後まで一人称を使うことはなかった(アニメ版に関しては後述)。

本質的には善人で、時折良いこともするが、素直ではない性格のために周囲から(特に、思い込みが激しい傾向があるカービィからは)誤解されることもある(『夢の泉の物語/デラックス』)。とりわけカービィへの対抗意識は強いものがあり、事あるごとにちょっかいを出すものの実際はそれほどお互い嫌っているわけではなく、『64』のストーリーなど場合によってはカービィの冒険を手助けすることもある。また、敵意がない場合でも、悪者に洗脳されたり(『2』・『3』・『64』『毛糸のカービィ』)カービィ側が一方的に攻撃してくれば(『ドロッチェ団』)やむをえず戦うこともある。カービィ自身、どちらかというと「友達」という感じで悪事を働かなければ敵視はしない。デデデ大王が一方的にライバル視しているだけであってお互い嫌ってはおらず、共闘時はデデデ大王も素直に協力している(『Wii』)。しかし前述したように対抗意識も相応に強く、「大王の逆襲」では本気でカービィに挑み、負けると酷く落ち込んで立ち去っている。

特徴

デデデ大王は、アクションゲームで登場時の行動パターンは第1作からほとんど変更されていない。吸い込みや武器のハンマーを使った攻撃はもちろん、体ごと突っ込んだり大きく飛び跳ねて潰すといった肉弾攻撃が、カービィと戦うときの常套手段である。『夢の泉の物語』からは飛行能力を会得し、フグのような姿となって飛ぶことが可能となった。漫画版などでもたびたびその格好をネタにされていたが、GBAに移行するころから普通に腹部を膨らませてホバリングするようになった。

一方、アクション以外の番外作品では攻撃手段がまちまちで、『カービィのピンボール』ではハンマーを一切使わず、爆弾投げの他に手からビームを繰り出したり、『コロコロカービィ』では、ハンマーをブーメランのように投げる。『カービィボウル』では自慢のロボット兵器「メカデデデ」に搭乗し、直接カービィと戦うことはなかった。『カービィのブロックボール』に至っては追い詰められるとロケットランチャーを乱射し始めることがあり、デデデ大王が重火器の扱いにもたけていたことをうかがい知ることができる。後にこの火器攻撃はアニメ版と『ウルトラスーパーデラックス』および『トリプルデラックス』で再び使われることになる(後述)。

デデデ大王の城

ほとんどの作品で自分の居住地となるの描写がある。城は1つだけではなく各地に建てられているようで、主に「デデデ城」という名前をつけられているが詳細は作品によって異なる。城内には彼の部下が多数おり、侵入者(主にカービィ)から城を守っている。

初代『星のカービィ』では「マウント デデデ」(「デデデ山」とも)という名前がつけられた山の山頂に建てられている(『星のカービィ スーパーデラックス』『ウルトラスーパーデラックス』も同様)。山の上のデデデ城は外見が城砦のような風貌であり、天井近くの壁面に眉尻が上がった目のような形状の模様があるが、天井をぶち抜かれるなどして城が損傷を受けるとこの模様が眉尻が下がった、泣き顔を思わせる形状に変化する。『星のカービィ3』では雪原地帯「アイスバーグ」に白い塔のような城を、『参上!ドロッチェ団』や『毛糸のカービィ』ではアニメ版の平地にある宮殿風のデザインの城を、『あつめて!カービィ』では、専用のリゾート地にお菓子の城を建てている。『大乱闘スマッシュブラザーズX』では完全にオリジナルのデザインとなっている。『星のカービィ2』の舞台となる「虹の島々」ではレベル7に「ダークキャッスル」という城が存在し、デデデ自身そのレベルのボスを務めているが、操られていたため、それが彼の所有する城なのかは不明。

戦闘曲

ほとんどの作品で、戦闘時に流れる曲「VS.デデデ」 はデデデ戦だけの固有のBGMである。当初は20秒余りの短いループだったが、『スーパーデラックス』を境に曲のサビが追加され、さらに長くなった。以後のゲームシリーズでは『コロコロカービィ』以外はすべてサビありバージョンが使用されるようになっている。現在固有のテーマ曲ではあるが、『夢の泉デラックス』では自身の部下たちが待ち受ける7-2のステージで流れ(この時の曲名は「中ボスタワー」だった)、自身の戦闘曲は『星のカービィ スーパーデラックス』のグルメレースのアレンジが使われた。また、『参上!ドロッチェ団』や『あつめて!カービィ』では他のボスとの戦いでも用いられるなど例外もある。

シリーズ初期に出た『星のカービィ 夢の泉の物語』では専用曲ではなく通常のボス曲が使用されている。また、『カービィボウル』でも全く別のBGMが使われた。その後は『カービィのブロックボール』『星のカービィ64』でも別のBGMが使われている。

リズムは基本的に4拍子だが、SFC版『カービィのきらきらきっず』では3拍子だった(この作品のみ従来と異なるイントロがある)。こちらは後に『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』の追加曲として再び登場するが、3拍子から元の4拍子に直され、さらに大きくアレンジされた。こちらの曲はサウンドトラックCDの曲名リストでは「マスクド・デデデのテーマ」と記載されている。これをもとにさらにアレンジしたものが「トリプルデラックス」でマスクド・デデデおよびブラックデデデのテーマとして「王位の復権:D.D.D」の曲名で登場。

3拍子のアレンジとしては「ロボボプラネット」でクローンデデデが伝導電磁式三連砲「D3砲」に乗り込んでから流れる「伝導電磁式三連砲:D.D.D.」があり、これは「きらきらきっず」とは異なるアレンジになっているうえに「スーパーデラックス」の「メタナイトの逆襲」のものとメドレーになっており、「ウルトラスーパーデラックス」の「大王の逆襲」を彷彿させる演出効果になっている。

「カービィファイターズZ」ではチームDDDとの戦いで「ヒストリー オブ デデデ」というアレンジメドレーが使用されている。これは「王位の復権:D.D.D」をベースに「デデデ大王のテーマ」や「夢の泉の物語」のボス戦、「カービィボウル」のメカデデデ戦といった歴代のデデデ大王戦BGMのフレーズがメドレー形式になっている。

アニメでは新規に「独裁者」(アニメ版サウンドトラックの曲名リストより)という題目のテーマ曲が登場。劇中では派生BGMも数曲生み出されており(主にデデデが絡むドタバタギャグのシーンなどで使われる「デデデてんてこまい」もその一つ)、アニメ版におけるデデデ大王のキャラクター(後述)を象徴する一曲となった。本来の固有曲は全く使われていない訳ではなく、ゲーム版のBGMが使われるようになった番組後期では魔獣マッチョサン(61話)のエアロビクスBGMとして流れ、『ファミ通キューブ+アドバンス』の付録のDVDの名場面集でもアレンジされたものが流れた。なお、この曲はサビなしバージョンがモデルである。

主な部下

部下(『夢の泉』、『スマブラX』では「子分」とされている)の具体的な規模については明らかにされていない。基準にしても「プププランドの住人すべて」と曖昧で、なおかつ初代、『夢の泉の物語』以降はデデデ大王が黒幕として登場することが少なくなり、それ以降は誰が正式な部下で、誰がそうでないのかは曖昧になっている。

以下に挙げるのは、デデデ大王との戦闘前に現れる、部下との明確な描写があるキャラクターである。

ワドルディ
デデデが登場するすべての作品に登場し、ザコキャラとしてカービィの邪魔をする。一部作品にはパラソルや槍で武装した者も存在する。
バンダナワドルディ
一部作品に登場する、青いバンダナを被ったワドルディ。『ウルトラスーパーデラックス』の「大王の逆襲」では中ボスとして登場するほか、逐一デデデに状況を報告する役割をこなしていた。
Mr.チクタク
『ウルトラスーパーデラックス』の「大王の逆襲」に登場。カービィがデデデ城に突入してから最初に戦う中ボスで、デデデ曰く「こてしらべ」。
グランドウィリー
Mr.チクタクと同じく『ウルトラスーパーデラックス』の「大王の逆襲」に登場。2番目に戦う中ボスである。
ファンファン
「大王の逆襲」に登場する3体目の中ボス。「3どめのしょうじき」として投入され、ワドルディにも大いに期待されていた。
ファイヤーライオン
「大王の逆襲」4体目の中ボス。デデデも最後の手段として置いていたもよう。2体同時に登場し、本編中でも「ツイン・ファイヤーライオン」と表記されている。

なお、長らくデデデ大王との関係が謎とされてきたメタナイトは近年になって、大王の部下ではないことが明らかになった。ただし、アニメ版などではこの限りではない。

登場作品

『鏡の大迷宮』を除くすべての作品に登場。作品によっては悪事に手を染める事が多いが、彼のやることはほとんどがいたずらや、食べ物や星の独り占めと言った小規模な悪事で、世界征服などに乗り出す事はない。

本質的に善人という設定のため、登場作品の数に対してラストボスとなった回数は少なく、大抵は一ボスキャラクターとして登場する。なお、アクションゲームで戦闘の場合は、戦場が城の屋上かリングになる場合が多い。

星のカービィ
ラスボスとして登場。大王でありながらプププランドのすべての食べ物と秘宝「きらきらぼし」を奪った。この作品では完全に悪役扱いである。エクストラモードでは移動スピードが高速化する。城は「マウント デデデ」という山の頂上に建てられている。
星のカービィ 夢の泉の物語星のカービィ 夢の泉デラックス
レベル7のボスとして登場する。夢の泉に現れた悪夢ナイトメアがプププランドのすべての生き物を苦しめようとするのを阻止するため、スターロッドを隠した。カービィに敗れ、ナイトメアの封印が解けた後、カービィをスターロッドと共に吸い込み、ナイトメアの元へ吐き出すという形でカービィに協力する。この作品では悪役ではなく、むしろプププランドを救うためにあえて悪役の汚名を被ったといえる。この作品からデデデ大王も飛行が行えるようになった。
カービィのピンボール
ラスボスとして登場。特に悪事は行っていない。爆弾投げ、フグ状態での体当たり、手から放つビームで攻撃してくる。戦いの場は初代と同じリングとなっている。
カービィボウル
ラスボスとして登場。プププランドの夜空の星をすべて奪うという悪事を働いており、最後の一つを奪おうとした現場をカービィに見られ、城に攻め込まれる事になる。本作では城は天空に浮かんでいる設定となっている。最終戦では巨大ロボ「メカデデデ」に乗り込み戦いを挑んだ。武器らしきものとしてドリルとペンチアームを装備しているが、実際に攻撃するのはオプションのチビデデデである。
星のカービィ2
真のラスボスであるダークマターに操られた状態で、表向きのラストボスとして登場。虹の島々に巨大な城「ダークキャッスル」を構え、カービィたちを待ち受ける。
常に目を閉じているように見え、攻撃の合間に居眠りすることがある。前述どおり基本的な攻撃パターンは変化していない。ただし、ある程度ダメージを与えると激怒し始める。激怒している間はすべての攻撃が大幅に強化され、攻撃の度に爆発を起こし行動範囲を狭めつつ戦うため、初代エクストラモードに匹敵する強さを持つ。また、ここのデデデ大王戦では仲間キャラが使えないがエンディング後、カービィが世界を救ったことを知ると喜ぶ顔が見られる。
カービィのブロックボール
真のラスボスとして登場。『ピンボール』と同じく特に悪事は行っていない。エントランスマップの中央の城に潜んでいるが、すべてのコースでボーダーライン以上のスコアを記録しないと戦えないため、表向きとしてのラスボスはブロボである。ハンマーは使わず爆弾やロケットランチャーを使った攻撃を仕掛けてくる。デデデ大王以外の人物が表向きのラスボス、かつデデデ大王自身が真のラスボスであるという作品は本作のみである。
星のカービィ スーパーデラックス
初代の簡易リメイクにあたる『はるかぜとともに』のラストボスとして登場し、初代同様に家来総出でプププランド中の食べ物を奪った。ただし、かなり弱く設定されている(ダメージを受けた時の無敵時間はボスキャラクターの中で最も長く設定されている)。初代同様、マウントデデデの頂上に城が建てられている。
『激突!グルメレース』では、カービィと食べ物を食べつつ走るレースで競い合う。ミニゲーム「刹那の見斬り」では頭にちょんまげを付け、紋付風の着物を着て、殿様風の格好をしている。武器はハンマーの代わりにを持っている。
『はるかぜとともに』はシリーズ1作目『星のカービィ』のリメイクであり、ストーリーはそれに準ずる。
星のカービィ3
黒い雲に操られた状態で、表向きのラスボス(真のラストボスはゼロ)として登場。今回はアイスバーグに新たな城を建設したが、黒い雲によって占領されてしまう。戦闘前半は『星のカービィ』と同じような攻撃をしてくるが、手数は今までのシリーズで一番少ない。後半はとりついた黒い雲の影響で体が宙に浮き、黒い玉を撃つ、腹の模様が口と化して襲いかかる、などの今までにない異質な攻撃を繰り出してくる。ファイナルステージではラブラブステッキでパワーアップしたカービィとグーイの無事を仲間たちと共に見守る。
カービィのきらきらきっず
ラスボスとして登場。スーパーファミコン版では宇宙を旅していた「星くん」にいたずらをし彼の力の源である星のかけらをバラバラにする。こちらでは表向きのラストボス(真のラストボスはグリル)として登場している。
星のカービィ64
1-3で黒い雲に操られた状態で中ボスとして登場。攻撃方法は『星のカービィ3』とほぼ同じだが、序盤で戦うため前作と比べるとかなり弱くなっている。倒すと仲間になり、特定のステージでは彼を操作することになる。敵キャラの大半は他の星の住民なので、彼の手下ではない。このゲームでのデデデの声優は桜井政博
また、彼の代名詞ともいうべき厚いクチビルが縮小され尖ったクチバシのようになっており、体型も洋梨のようになっていたのでカービィシリーズ史上、最もペンギンにそっくりな姿となっていた。
コロコロカービィ
久々にラスボスとして登場。『カービィボウル』に引き続き、プププランドの星をすべて奪った。星のかけらを飲み込んだことによって無敵状態となっており、背中を見せた隙に大砲による体当たりを当てないと、無敵状態を解除することができない。ダメージを受けるとハンマーをブーメランのように投げる。
音楽が『スーパーデラックス』以前のサビなしVer.に逆戻りしている。城はポップスターから離れた衛星に建てられた。
カービィのエアライド
悪事は働いていない。「ウィリーバイク・デデデカスタム」という自前のカスタムバイクに乗り、スタジアムの「VSデデデ」に登場。条件を満たすとプレイヤーとして選ぶことも可能である。ソード能力のように、敵が近づくとハンマーを2回振り回す(この時のハンマーはゲームの性質上、通常よりも非常に大きく描かれている)。マシン自体の性能はウィリーバイクとレックスウィリーの中間といったところで、前者よりも加速が悪く、最高速は後者にやや近い。マシンサイズはウィリーバイクよりもやや大きい程度だが、全体の重量もより重くなっている。
「VSデデデ」におけるデデデ大王の体力は少々特殊なものとなっている。元々の体力に加えカービィ側の味方すべてのマシンの耐久力を合計しているため、耐久力およびタイリョク↑の伸びが高いマシン(主にヘビースター、ハイドラなど)が参加していると飛躍的に数値が跳ね上がる。さらに、体はバイク共々普段よりも一回り大きい。それに比例して攻撃力も尋常ならざるものがあり、並のマシンではハンマー攻撃を2発受けただけで簡単に沈められてしまう。基本的にプレイヤーから逃げるように走行し、ダメージを受けるほど速度が上昇する。なお、マシンセレクト時のデデデ大王の説明欄には「大王様だというウワサだ!」と書かれており、大王であることが明確にされていない。
「VSデデデ」時の曲は彼のテーマではなくシリーズ1作目の「レベル2 キャッスルロロロ」のアレンジが使用されているが、「ウエライド」の「炎」ステージの隠しBGMとして『スーパーデラックス』のものが登場している。
タッチ!カービィ
ミニゲーム「トロッコチェイス」の対戦相手(ストーリー上ではボス扱い)として登場。正確には本人ではなく、ドロシアによって描かれた絵画から現れたコピー。また、クリア後にメダルを投入することで久々にプレイヤーキャラとして使用可能。動きが鈍い上に体が大きいために攻撃を受けやすいが、体力は多く、タッチダッシュで横方向にハンマーを振るう。また、他のキャラクターと違い、重いため、水中で何もしなくても勝手に沈んでいくという特徴がある。
星のカービィ 参上!ドロッチェ団
レベル1のボスとして登場であり、事実上の脇役といえる。これは物語の中心およびサブタイトルがあくまで「ドロッチェ団」であることによるもので、同じく登場したメタナイト(レベル7のボス)も脇役として扱われている。攻撃パターンからヘッドスライディングがなくなり、代わりに「手下を呼ぶ」という技が追加された。通常と対空用のハンマーだたきが別々の技として扱われているのはこの作品だけである。今回は何も悪い事をしていなかったが、おやつのケーキを盗まれたカービィに一方的に犯人扱いされて戦いを挑まれる。敗北後は誤解が解け、城の宝を盗んだドロッチェ団に向けてカービィを投げつけた。
デデデ城のデザインがアニメのものに変更され、ボス戦の舞台にはデリバリーシステムがある。ただし、アニメキャラは登場しない。城は「プリズム プレインズ」と呼ばれる平原の丘の上に建てられている。
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
『スーパーデラックス』のリメイク版のため、『はるかぜとともに』『激突!グルメレース』『格闘王への道』に同様に登場。今回は『はるかぜとともに』をクリアすることが他のシナリオを出現させる大前提となっているため、必ずゲーム序盤で戦うことになる。
本作の追加ゲーム『大王の逆襲(REVENGE OF THE KING)』では、カービィとの長年の因縁に決着をつけるべく、プププランドの秘宝「きらきらぼし」を再び奪ってカービィをおびき寄せ、軍を新しく編成しカービィに本気の勝負を挑む。最終ステージでは仮面を被り、新兵器の機械ハンマー「ニューデデデハンマー」(『大乱闘スマッシュブラザーズX』の機械ハンマーとは別物)を携え「マスクド デデデ」に扮して登場し、カービィと真剣勝負を繰り広げた。
このニューデデデハンマーは普段のハンマーよりもさらに巨大で、ハンマーヘッドの片面は蓋が開くと火炎放射やミサイルが発射される仕組みで、遠距離攻撃が可能。ハンマーを帯電させての打撃も可能で、地面をたたけば電撃を帯びた衝撃波が発生する。デデデ大王自身の技も大幅強化され、急降下ジャンププレス「スーパーデデデジャンプ」の連発や、ハンマーを構え高速回転しながら無敵状態で突進する「デデデトルネイド」などを使用。
『はるかぜとともに』から大幅強化された豊富な体力、新技をはじめとする多彩な攻撃パターンもしかることながら、一部の技はダメージを受けても中断しないなど、軽い役回りが多かった近年の作品ではなかなか見られない、かなり手ごわいデデデ大王となっている。決戦の場所は『はるかぜとともに』と同じくリングの上だが天井は電気の流れる金網になっていて、触れるとダメージを受けるため(デデデ大王は影響を受けない)、不利な状況での戦いを強いられることになる。
なお、このモードは原作版から存在する『メタナイトの逆襲』のパロディでもあり(仮面を付けて戦うのもそのため)、最終ステージでは『メタナイトの逆襲』中の会話シーンを元ネタとしたデデデ大王とワドルディの会話シーンがある。さらにマスクドデデデとの戦いの前にはメタナイトの模倣か、カービィ用のハンマー(例によって「GET IT!」と表示されている)をステージ中央の台座に備え付け、勝負を挑む。エンディングムービーも『メタナイトの逆襲』を意識したものとなっており、夕日をバックに『メタナイトの逆襲』のエンディング曲を意識したBGMが流れ、手下のワドルディたちに励まされながら敗北を悔やんでいた。
大乱闘スマッシュブラザーズX
プレイヤーキャラクターとして登場。詳しくは後記の大乱闘スマッシュブラザーズにおけるデデデ大王を参照。
毛糸のカービィ
ゲームに登場した時点では、城内で宝物の整理をワドルディたちに命じていた。その中にアミーボ・アモーレが作った偽のワドルディが紛れ込んでいるのに気づかず、異変に気づいた時には手遅れで毛糸でぐるぐる巻きにされて毛糸の世界へ吸い込まれる。その後、カービィたちを見つけ、毛糸の世界のことを聞こうとするも特殊な装置と毛糸を身体に付けられ、マリオネットのように操られてボスとして戦うことになった。戦闘後は体の自由を取り戻せたが、その後はセリフも活躍も一切ない。カービィたちがアミーボ・アモーレに占拠されたプププランドに向かった際、後から着いて行きプププランドへ帰還した模様。
なお、同作のナレーションによると、口調はアニメと同じく語尾に「ぞい」を付けてしゃべっていることがわかる。
あつめて!カービィ
ポップスターの南にある「ポポポアイランズ」内に専用のリゾート地「デデデリゾート」を所有しており、そこのボスとして登場。自分の顔をした気球に乗り、時限式の爆弾を投げて攻撃してくる。時折、バクダンワドルディが加勢してくることもある。一定以上ダメージを与えると気球から降りて、従来どおりのハンマーやジャンプによる攻撃を行うようになる。ドクロ団の本拠地「ネクロネビュラ」においても服が紫色のデデデ大王が登場するが、デデデ大王自身のドクロ団との関係性は明らかにされていない。
また、ミニゲームの「たいけつ!ピンボール」や「カービィマスター」においても出演。カービィマスターの第2章では開発中止となった『星のカービィGC』のPVで姿を見せていたデデデ大王のロボットが登場する。
星のカービィ Wii
味方サイドおよびプレイヤーキャラクターとして登場。部下のワドルディを引き連れてカービィを追いかけていたが、そこで宇宙船「ローア」の墜落を皆と目撃して同行する。そして、ローアのパーツ回収をマホロアに申し出たカービィに協力し、ワドルディやメタナイトたちと共に冒険することとなる。ポーズ画面の解説文では『64』のカービィに協力時のムービー名に因んで「ついていってやるぜ!」と書かれている。なお、デデデ大王とメタナイトが「協力」ではなく「共闘」を行ったのはシリーズ初である。
プレイヤーとしての能力付けは、ハンマーによる優れた攻撃力と高い体力を併せ持つが、歩きや飛行の速度がやや遅くなっている。攻撃動作はカービィのコピー能力「ハンマー」に近いが、空中で回転攻撃にならない、ばくれつハンマーなげを無限に行えるなど、一部変更がある。
ムービーシーンでは、本性を現したマホロアに対して呆然(ぼうぜん)と口を開き続けている、エンディングではポップスターに帰還した際に頭が地面に埋まってしまうなど、ギャグ要素が強くなっている。
あるモードでは、開発中止となった『星のカービィGC』のPVで姿を見せていたデデデ大王のロボットのデザインを流用したロボットがボスとして登場する。
ミニゲーム「ガンガンバスターズ」では、デデデ大王型の巨大ロボット(本作オリジナルのデザイン)が登場している。
星のカービィ トリプルデラックス
冒頭でタランザに衛兵のワドルディもろとも魔法で無力化、拉致されてしまう。
タランザは「下界の勇者(カービィ)をさらって来い」という命令を浮遊大陸フロラルドの女王クィン・セクトニアから受け、間違えて彼をさらってしまった、というのが真相だった。その後はステージボス戦前にタランザにマリオネットの操り糸のような魔法でタランザに引きずられていく場面が見られ、レベル6にてこのタランザのあやつりの魔法によって操られた状態で「マスクド・デデデ」として戦うことになる。
前半は『ウルトラスーパーデラックス』と同じ装備だが、後半はタランザの魔法によりさらに凶暴化して「マスクド・デデデ リベンジ」になり、ハンマーのかわりにそばに飾られていた巨大なアクスを手にし、強力かつ広範囲の斬撃や突撃、タランザの魔法弾を打ち返して攻撃する。
これをカービィが撃破したことであやつりの魔法が解け、その後はクィン・セクトニアを倒すべくカービィに助力する。最終決戦直前にカービィがセクトニアのに捕まり身動きが取れなくなったところを、セクトニアに見捨てられて彼女を裏切ったタランザと協力して(カービィの頭をハンマーでたたいて筒状に絡んだ蔦の下から落とすという乱暴な方法だが)カービィを救助した。
また、『トリプルデラックス』のクリア後に出現する隠しモード『デデデでゴー!』ではこの作品でカービィがたどった道を通り『鏡の大迷宮』で出てきたディメンションミラー(『鏡の大迷宮』で出てきたものと同一。本作ではタランザが鏡の国から持ち出し、クィン・セクトニアへの捧げ物として献上された)から出てきた自らの闇の心が具現化した存在であるブラックデデデと、『鏡の大迷宮』でカービィによってディメンションミラーに封印されたダークメタナイトを撃破。ディメンションミラーを破壊した。
星のカービィ ロボボプラネット
冒頭、手下のワドルディとチェスを楽しんでいる最中に、突如現れたハルトマンワークスカンパニーから国を守るため、ワドルディたちと共に応戦するもその強大な科学力になすすべなく城ごと吹き飛ばされたあげく、スージーに細胞を奪われ、そこから生まれた「クローンデデデ」がカービィを襲う。戦うにつれ、三体に増え、D3砲を使ってカービィを苦しめるも倒され、Dの花火となって消滅する。なお、本物のデデデ大王は崩れた城の瓦礫(がれき)でワドルディたちと気絶しており、星の夢が消滅した後、瓦礫から現れ、平和になったことを知り、ワドルディたちと共に喜び合った。
星のカービィ スターアライズ
部下のワドルディと食事をしようとした矢先に、宇宙の彼方から飛んできたジャマハートが城に落下し、その力に取り込まれて暴走し出し、国中の食べ物を独り占めにしようとしていた。戦闘ではジャマハートの影響で上半身が肥大化し、長い腕を駆使した攻撃を繰り出す。撃破された後はジャマハートが分離して正気を取り戻し、以後はドリーム神殿でドリームフレンズとして同行可能になる。カービィやボンカース同様、フレンズ能力でハンマーに属性を付加することができる。
アップデートで追加された新モード『アナザーディメンションヒーローズ』ではデデデ大王の思念を取り込んだジャマハートから生まれた「アナザーデデデ」が登場する。

派生形のデデデ

メカデデデ (Meka Dedede)
『カービィボウル』に登場。デデデを模した大型メカ。
デデデロボ (Dedede Robot)
『あつめて!カービィ』のサブゲーム「カービィマスター」に登場。上述のメカデデデとは別物の、デデデを模した大型メカ。元々は開発中止になった『星のカービィGC』(『Wii』の原型になった)に登場予定だったもの。
HR-D3
『Wii』に登場。追いつめられたメタルジェネラルEXが切り札として異次元から召喚した大型メカ。兵装・形状はほぼ同一で、カラーリングやロゴマークが異なる。
マスクド・デデデ (Masked Dedede)
『ウルトラスーパーデラックス』『トリプルデラックス』に登場。メタナイトのように仮面を被っている。また、ミサイルを発射したり火炎放射もできる「ニュー・デデデハンマー」という機械ハンマーを所持している。
『ウルトラスーパーデラックス』では「大王の逆襲」のラストボスとして、カービィとの長年の因縁に決着をつけるため、新たにニュー・デデデハンマーを装備して本気で挑む。
『トリプルデラックス』ではタランザに操られてカービィと戦うことになる。前半はニュー・デデデハンマーを装備し『ウルトラスーパーデラックス』と同じような行動をするが、一度倒されるとタランザから魔力を供給されて復活、部屋に飾られていたアクス(ゲーム中ではこう表記されるが、実際の外見は巨大なハルバードとなっている)に持ち替えて挑む。
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』では大技「最後の切りふだ」のデデデにおける演出で登場。発動すると『ウルトラスーパーデラックス』の決戦場を意識したフィールドへと切り替わり、相手を金網にぶつけて拘束、その上から大量のミサイルを浴びせて、最後はマスクドデデデ自身がハンマーを持ってのジャイアントスイング(原作でのデデデトルネイド)で突撃してとどめを刺す。
『カービィの吸い込み大作戦』ではガトリング放とレーザーに改良してある。
ブラックデデデ (Shadow Dedede)
『トリプルデラックス』に登場。デデデ大王の心の闇がディメンションミラーの中で実体化した写し身。デデデ大王がそのまま黒くなったような見た目でありそれと同時に武器の色も黒くなった。行動パターンもマスクド・デデデの強化版になっており、前半は黒いニュー・デデデハンマー、後半は黒いアックスを装備して戦うが、後半は腹部に目が生じて弾を放つという『3』のデデデ大王にも見受けられた行動パターンもとる。
チームDDD (Team DDD)
『カービィファイターズZ』に登場。夢の泉のスターロッドの力で軍団化したデデデ大王。3種類のサイズのデデデがおり、各自の行動パターンはどれもほぼ同一。前半は小型のミニデデデ大王が次々と登場し、後半はデデデ大王本人が取り巻きとしてコンビデデデ大王2人を従えて登場する。デデデ本体はコンビデデデ大王2人が倒されるとさらに巨大化し、行動パターンが変わる。武器はミニサイズから順にピコピコハンマー、普通のハンマー、夢の泉に強化されたハンマーとなっている。
クローンデデデ (Dedede Clone)
『ロボボプラネット』に登場。ハルトマンワークスカンパニーがポップスターを侵略した際に採取されたデデデ大王の細胞から製造されたクローン。プロダクトNo.はD-0030。デデデ大王とほぼ同じ姿で紫色(Re:クローンデデデは金色)になっており、行動パターンもクローン元に準じている。体力が減ってくると3体に分裂し、だんだん小さくなりながら何度も復活を繰り返す。後半戦はD3砲に乗り込んで戦う。戦闘能力自体はデデデと同等ではあるが、いくつかの試作品では食べ物ばかり求める、とある昆虫をやたらと恐れるなど兵士として不完全だったため心までのクローン化は断念された。
D3砲
クローンデデデに足りないものは武器と考えたスージーが配備した、3門の大砲からなる機械砲台。3人乗りの足こぎ式になっており、その場で回転しながらレール上を動き、時限爆弾や火炎放射器を搭載している。製造に93億ハルトマニーものお金を要するとてつもない高額品。
キングD・マインド (King D-Mind)
『みんなで!カービィハンターズZ』に登場。ディメンションミラーとみられる歪な黒い鏡から現れた闇の王。ディメンションミラーの原典である『鏡の大迷宮』の黒幕・ダークマインドを組み合わせた姿をしており、ブラックデデデがダークマインドと同じ仮面をつけたうえで、体内に単眼のついたコアを内蔵している。前半はハンマーで戦い、後半はアックスに持ち替えて、コアを駆使した攻撃を繰り出す。2度目の戦いでは青緑色に変化している。
ジャイアントデデデ (Giant Dedede)
『すいこみ大作戦』に登場。きらきらぼしの力で巨大化したデデデ。強化版としてジャイアントデデデ リベンジや、仮面をつけて防御力を上げ、機械ハンマー装備にしたジャイアントマスクド・デデデが登場。
デデ・デデデンZ (Dededestroyer Z)
『カービィ バトルデラックス』に登場。デデデグランプリを次々と突破され追いつめられたデデデ大王が切り札として召喚した大型メカ。カービィプリンターと一体化している。
アナザーデデデ (Parallel Dedede)
『スターアライズ』に登場。デデデ大王の思念を取り込んだジャマハートから生まれた異界のデデデ大王。カラーリングは黒と紫。ボスとしてのデデデ大王の強化版にあたる。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにおけるデデデ大王

シリーズ第3作目『大乱闘スマッシュブラザーズX』からプレイヤーキャラクターとして登場。以後の同シリーズではガウンの下に柔道着のような和をイメージした衣服を着ている(『for』ではその姿に合わせた和の弦楽器と笛によるテーマが作られている)。

以前の同シリーズではステージ「プププランド」(64版・『DX』いずれにも出現)のゲストキャラとして背景に現れたり、『DX』のフィギュアとして出るのみであったが、この作品でプレイヤーキャラとして登場することになった。また、デデデ大王はシリーズ第1作の公式サイト『スマブラ拳!!』で行われた「スマブラ2があるとしたら出てほしいキャラ」というアンケートにおいて、開発中では登場予定があったがボツになったということが公表されており、実に9年越しの参戦となった。

おなじみのハンマーは大型化し、柄がかなり長くなるとともにベアリングや小型ジェットを仕込んだ機械仕掛けとなっており、打突時にヘッド部分がモーターで回転したり、ジェットエンジンが展開する。ハンマーの重量はどの程度か不明だが、同じく大重量のデデデがダッシュUターンの際にヘッド部分を回転軸として利用していることから、相当な重さと推測される。常人からしてみればあらゆる意味で常軌を逸しており、数少ない人間型キャラクターのスネークをして「肩が外れかねない」と言わしめたほどである。

アニメ版の声優が引き継がれたメタナイトナックルジョーと違い、こちらは『星のカービィ64』でデデデ役を務めた桜井政博(桜井は『スマブラ』シリーズのディレクターも担当)が声を演じている。これはデデデが初めてしゃべった際にそうだったということと、アニメ版での性格や「〜ぞい」の語尾がゲームの世界観と合わないと判断したためである。

キャラクターの名称では「大王」が抜けており「デデデ」とのみ表記されている(ただし、英語版では「King Dedede」のままである)。これは「キャラ名に敬称はつけない」という考えからだが、キャラクター紹介でも「プププランドの大王」ではなく「プププランドの自称大王」と紹介されている(実は『DX』のフィギュア名鑑の時点で「自称」と書かれている)。スネークにはしきりに「あれは本当にペンギンじゃないのか?」と言われていた。

アドベンチャーモード「亜空の使者」におけるデデデについては、亜空軍を参照。

for 3DS / Wii U』においても引き続き参戦。『X』よりも瞳が小さくなり、コミカルな表情が多くなっており、「最後の切りふだ」が変更された。なお、本作では上記「プププランド」でプレイヤーとして登場している場合、背景には一切登場しなくなる。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にも参戦が決定。顔つきがアニメ版に近くなり、よりコミカルな雰囲気となった。「最後の切りふだ」の仕様が変更された。ファイターの中でピット、ロボットと並んで最も「最後の切り札」の変更が多い。

その他

太鼓の達人 ドコドン!ミステリーアドベンチャーでは、ストーリーモード『ミステリーアドベンチャー』で、カービィと共に仲間にできる。邪馬台国で、ある人物に話しかけて、クエストをクリアすると、星のコインがもらえる。出会いの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/15 18:08

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「デデデ大王」の意味を投稿しよう
「デデデ大王」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

デデデ大王スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「デデデ大王」のスレッドを作成する
デデデ大王の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail