このキーワード
友達に教える
URLをコピー

デラウェア州とは?

デラウェア州
State of Delaware



(州旗) | (州章)
州の愛称: 最初の州
The First State
州のモットー: 自由と独立
(Liberty and Independence)
州都
ドーバー
【最大の都市】
ウィルミントン
【州知事】
ジョン・C・カーニー
公用語
法的指定なし
面積
- 総計
- 陸地
- 水域 全米第49位
6,452 km²
5,068 km²
1,387 km² (21.5%)
人口(2010年)
- 総計
- 人口密度 全米第45位
897,934
170.87人/km²
【合衆国加入
- 順番
- 加入年月日】

1番目
1787年12月7日
時間帯
UTC -5
DST -4
緯度
北緯38°27' - 39°50'
経度
西経75°3' - 75°47'
【東西の幅】
48 km
【南北の長さ】
154 km
標高
-最高標高
-平均標高
-最低標高
136.2 m
20 m
0 m
【略称 (ISO 3166-2:US)】
US-DE
【ウェブサイト】
デラウェア州政府
【上院議員】
トム・カーパー
クリス・クーンズ

デラウェア州(: State of Delaware[ˈdɛləwɛər] ( 音声ファイル) DEL-ə-wair)は、アメリカ合衆国大西洋岸中部に位置するの1つである。デルマーバ半島の北東部を占め、南と西はメリーランド州に、北東はニュージャージー州に、北はペンシルベニア州に接している。アメリカ合衆国憲法1787年12月7日に批准したが、建国に関わった13植民地のうちで最初に批准した州であることから、「First State」としても知られている。ロードアイランド州に次いで2番目に面積が小さく、人口では45番目だが人口密度では6番目の州である。

1900年代初頭から独自の会社法と裁判制度により法人の設立に最適な州として知られ、米国上場企業の50%、フォーチュン500企業の64%、会社数で100万社に及ぶ企業が設立準拠地ないし本社を置く。州内は北からニューキャッスル郡ケント郡サセックス郡に分割されており、3という郡の数は50州の中で最も少ない。南2郡は昔から農業が盛んであり、ニューキャッスル郡は工業化が進んでいる。

【家庭で話される言語(デラウェア州) 2010】

 |  |  |  | 
英語 | 
 | 87.81%
スペイン語 | 
 | 6.56%
【人種構成(デラウェア州) 2010】

 |  |  |  | 
白人 | 
 | 65.3%
黒人 | 
 | 21.4%
ヒスパニック | 
 | 8.2%
アジア系 | 
 | 3.2%
インディアン | 
 | 0.5%
混血 | 
 | 2.7%

目次

  • 1 州名の由来
  • 2 歴史
    • 2.1 インディアン
    • 2.2 植民地時代
    • 2.3 アメリカ独立戦争
    • 2.4 奴隷制度と人種
  • 3 地理
    • 3.1 地形
    • 3.2 気候
    • 3.3 環境
    • 3.4 環境管理
  • 4 人口動静
    • 4.1 言語
    • 4.2 宗教
  • 5 インディアン部族
    • 5.1 インディアン・カジノ
  • 6 主要な都市
    • 6.1 デラウェア州の豊かな上位10都市
  • 7 政治と法律
    • 7.1 立法府
    • 7.2 司法府
    • 7.3 行政府
    • 7.4 郡
    • 7.5 政治
    • 7.6 情報公開
    • 7.7 歳入
  • 8 経済
    • 8.1 裕福さ
    • 8.2 農業
    • 8.3 産業
    • 8.4 法人の州
    • 8.5 食品と飲料
    • 8.6 観光業
  • 9 交通
    • 9.1 道路
    • 9.2 フェリー
    • 9.3 鉄道とバス
    • 9.4 空港
  • 10 教育
    • 10.1 大学・短期大学
    • 10.2 ボーディングスクール
  • 11 その他
    • 11.1 日本の姉妹都市
    • 11.2 スウェーデンとの関係
  • 12 脚注
  • 13 関連項目
  • 14 外部リンク

州名の由来

デラウェア卿

デラウェア州はデラウェア川に、デラウェア川はデラウェア湾に由来する。なお、デラウェアの名を冠した名称には他に同地に先住していたインディアンの「デラウェア族」がある。

デラウェア湾は、1610年、探検家アーゴルがイギリスからバージニア植民地に向かう途中で発見した(ただし前年の1609年ヘンリー・ハドソンが発見していた)。アーゴルは、当時のバージニア植民地初代総督デラウェア卿に因んで湾を名づけた。総督の本名はトマス・ウェストであり、爵位の第3代デ・ラ・ウェア男爵 (3rd Baron De La Warr) からデラウェア卿と呼ばれていた。

歴史

詳細は「デラウェア州の歴史」を参照

インディアン

デラウェア州となった地域にヨーロッパ人開拓者が入ってくる以前、デラウェア・バレーの全体と、チェサピーク湾に繋がるナンティコーク川沿いに、ウナミ・レナペあるいはデラウェアと呼ばれる東部アルゴンキン語族インディアンが住んでいた。デラウェア・バレーのウナミ・レナペ族はハドソン川沿いに住んだマンシー・レナペ族と密接な関係があった。狩猟と農業の社会を作り、以前は敵だったミンカ族あるいはサスケハノック族とも増大していく毛皮交易では急速に仲介業者になっていった。1670年代にイロコイ族5部族のためにデラウェア川沿いの土地が奪われ、ミンカ族が破壊されたこともあり、部族としての残存を望んだレナペ族の残りは地域を離れ、18世紀半ばまでにアレゲーニー山脈を越えていった。デラウェアの地域から去ることを望まなかった者達は洗礼を受けてキリスト教徒となり、公式記録やアメリカ生まれではない隣人の心中では他の有色人としてグループ化された。

植民地時代

ニュースウェーデン、スウェーデン人植民者とデラウェア・インディアンの出会い

現在のデラウェアに最初に入ったヨーロッパ人はオランダ人だった。1631年、現在のルイスの町がある場所近く、ツヴァーネンデールに交易基地を設立した。しかし1年も経たないうちにインディアンとの紛争で入植者全員が殺された。1638年、スウェーデンの交易基地と植民地であるニュースウェーデンが、スウェーデン人フィンランド人、オランダ人集団の指導者ピーター・ミニュイットによって、フォートクリスチーナ(現在のウィルミントン)に設立された。ニュースウェーデン植民地は17年間続いた。1651年、ピーター・ストイフェサントの指導力で復活したオランダが現在のニューキャッスルに砦を建設し、1655年にはニュースウェーデンを征服して、オランダ領ニューネーデルラントに併合した。 それから僅か9年後の1664年、イングランドヨーク公ジェームズの指示で、ロバート・カーが指揮するイングランド艦隊により、オランダは征服された。メリーランド植民地領主第2代ボルチモア男爵セシリウス・カルバートがこの地域の領有権を主張していたが、ヨーク公は1682年にウィリアム・ペンにやや疑義の残る形で領有権を渡した。ペンはその領地であるペンシルベニア植民地について、海への出口を強く求めており、後に「デラウェアの下流郡」と呼ばれることになる土地をヨーク公から借用した。

1682年、ペンは代表制政府を設立し、ペンシルベニアとデラウェアを1つの議会の下にまとめた。しかし1704年には、ペンシルベニア植民地が大きく成長しており、その代表は下流郡の同意が無くても決断できることを望み、ペンシルベニアの代表はフィラデルフィアで、デラウェアの代表はニューキャッスルでそれぞれの議会を開くようになった。ペンとその相続人は2つの植民地領主に留まり、その総督には常に同じ人物を指名した。デラウェアとペンシルベニアが同じ総督を戴いていたのは特異なことではなかった。1703年から1738年、ニューヨーク植民地ニュージャージー植民地は1人の総督の下にあった。マサチューセッツ湾植民地ニューハンプシャー植民地も何度か1人の総督の下にあった。

デラウェア地域の初期は年季奉公者の労働力に頼っていたが、後にはイングランドの経済状態が良化してイングランドからの移民が減ったために、多くの奴隷を輸入した。換金作物としてタバコを栽培する奴隷社会となった。ただし、イングランドからの移民は入植を続けていた。

アメリカ独立戦争

大西洋岸中部地域にある植民地はイギリスとの対立に当初それほど熱心ではなく、デラウェアの下流郡も同様だった。市民は領主政府と良好な関係を保っており、他の植民地よりも植民地議会でより独立色の強い行動を認められていた。ウィルミントン港の商人は貿易でイギリスと強く結びついていた。

そのような時期にニューキャッスルの弁護士トマス・マッキーンが強い言葉で印紙法を非難し、ケント郡生まれのジョン・ディキンソンは「革命の文士」になった。独立宣言がでることを予測した愛国者の指導者トマス・マッキーンとシーザー・ロドニーは植民地議会を説得し、1776年6月15日にイギリスとペンシルバニア植民地の支配からの離別を宣言させた。デラウェアの多数意見を代表していたのがジョージ・リードであったが、独立宣言の採決には加われなかった。シーザー・ロドニーは夜通し馬で駆けて大陸会議に入り、独立に賛成するデラウェアの票を投ずることができた。

デラウェアは当初ジョン・ハスレットを指揮官として大陸軍に連隊を送った。その連隊は「デラウェア・ブルース」とか「ブルー・ヘン・チキンズ」と呼ばれた。1777年8月、イギリス軍の総司令官ウィリアム・ハウフィラデルフィア方面作戦の途上でデラウェアを通過し、ブランディワインの戦いで勝利してフィラデルフィアを占領した。デラウェアであった唯一の戦闘は9月3日にニューキャッスル郡クーチ橋で戦われたものである。

ブランディワインの戦い後にウィルミントンはイギリス軍に占領され、デラウェアの知事ジョン・マッキンリーは逮捕された。イギリス軍は戦争の残り期間の大半でデラウェア川を支配したままであり、商業を妨害し、特にサセックス郡にいる積極的な王党派の市民の活動を奨励した。イギリス軍は奴隷がイギリス軍と共に戦えばその解放を約束したので、逃亡した奴隷が北に集まり、イギリス軍の前線に合流した。

アメリカ合衆国の独立後、デラウェアの政治家は強い中央政府に反対する側の中心的立場となり、議会には各州が同数の代表を送ることを主張した。

奴隷制度と人種

デラウェアの開拓者の多くは、人口が急増していたメリーランドやバージニアから移って来ていた。これら植民地経済はおもにタバコの栽培に依存しており、労働集約型だったので奴隷の労働力に頼る比率が増していった。当初のイングランド人移住者の多くは、渡航費の肩代わりをして貰う代償として一定期間労働者として雇われる年季奉公者として入ってきていた。当初は年季奉公者とアフリカ人奴隷との線引きが曖昧だった。独立戦争前にメリーランドから移ってきたアフリカ系アメリカ人の自由民は、手頃な土地を入手できた。彼等は主に年季奉公の女性と、奴隷あるいは年季奉公あるいは自由のアフリカ系アメリカ人男性の間にできた者の子孫だった。イングランドの経済状態が良化してイングランドからの年季奉公者が減ったために、労働力として多くの奴隷が輸入された。

植民地時代が終わるとき、デラウェア州の奴隷人口は減少を始めた。農業経済はタバコから混合型へ移行し、奴隷労働力の需要は減った。独立戦争後にメソジストクエーカー教徒が奴隷所有者に奴隷解放を働きかけ、理想を求めるという理由で個人による奴隷解放が進んだ。1810年時点ではデラウェアの黒人人口の4分の3は自由人だった。1777年にジョン・ディキンソンが37人の奴隷を解放したとき、州内では最大の奴隷所有者だった。1860年時点では最大の奴隷所有者でも16人しか保有していなかった。

州議会で奴隷制度廃止が提案されたとしても僅差で否決されていたが、実際面ではほとんど終わっていた。南北戦争開始直前の1860年国勢調査時点で、黒人人口の91.7%は自由人だった。奴隷総数は1,798人であり、「自由有色人」は19,829人だった。

1813年、アメリカでも最古の黒人教会がデラウェアで承認され、元奴隷のピーター・スペンサーが創立したのでスペンサー教会あるいはアフリカ人の統一教会と呼ばれた。これは1793年にフィラデルフィアで設立されたアフリカ人メソジスト・エピスコパル教会を継いでおり、1816年までメソジスト・エピスコパル教会との結びつきがあった。スペンサーはウィルミントンに新しい宗派のための教会を建てた。この教会はアフリカ人統一第一有色人メソジストプロテスタント教会および関連団体と呼ばれ、一般的にはA.U.M.P.教会と呼ばれた。1814年にスペンサーが始めたビッグ・オーガスト・クォータリーは、現在でも祝われており、アメリカでも最古の文化的祭りとなっている。

南北戦争が始まったとき、デラウェア州は唯一の名目上奴隷州であり、北部に留まった。1861年1月3日にアメリカ合衆国からの脱退を問うた投票ではこれを否決した。このときデラウェア州知事が述べたように、アメリカ合衆国憲法を批准して最初の州になったデラウェア州は、合衆国を去るとすれば最後の州になると言われた。この戦争で戦った市民の大半は州の連隊(北軍)に入ったが、メリーランド州やバージニア州の連隊に入って南軍に仕えた者もいた。南軍の連隊や民兵隊が組織されなかったことでは、唯一の奴隷州となった。1865年12月にアメリカ合衆国憲法修正第13条を批准し、残っていた奴隷も解放された。

地理

デラウェア州図
12マイル円
12マイル円、メイソン・ディクソン線、「ザ・ウェッジ」(くさび)との相関図、青と白の領域がデラウェア州領内、ただし、円の最西端の小さな弓形(銀色)はメリーランド州領内

デラウェア州は、北部でペンシルベニア州に、東部でデラウェア川デラウェア湾を挟んでニュージャージー州に、さらにその南は大西洋に、西部と南部でメリーランド州に接している。またデラウェア川の東岸、ニュージャージー州と陸続きに小部分がある。メリーランド州の東海岸部およびバージニア州の2郡と共に、大西洋岸に伸びるデルマーバ半島を構成している。最大都市はウィルミントン市で、州都はドーバー市である。南北96マイル、東西は9〜35マイルであり、面積1,954平方マイルは、ロードアイランド州に次いで2番目に小さい。栃木県とほぼ同じ大きさである。

州北側の州境は少し異常な形で定義されている。デラウェア州とペンシルベニア州の州境は、ニューキャッスル市にある郡庁舎のキューポラから半径12マイル (19 km) の円弧となっていた。この円弧は12マイル円と呼ばれることが多い。国内でも唯一、円弧を使った州境となっている。

この円弧がデラウェア川のニュージャージー州岸低潮位標識まで伸ばされ、その後は川岸を辿り、12マイル円の延長にある南側の点に達する。そこから先は境界線によくあるやり方でデラウェア川の中心(谷線)を辿り、ニュージャージー州との州境になる。円弧の西側は、メリーランド州最東端を過ぎてもそのまま伸ばされ、やや東の経線が円弧と交わる点から先は真南に伸ばされている。円弧の北西部とメリーランド州境に挟まれた領域(ザ・ウェッジ)は、デラウェア州とペンシルベニア州の双方が領有を主張していたが、1921年にデラウェア領であることが確認された。

地形

デラウェア州は平坦な平原にあり、標高の中央値は50州の中で最も低い。標高の最高地点はウィルミントン市のコンコード高校近く、イーブライト・アジマスであり、450フィート (140 m) に届かない。州最北部はアパラチア・ピードモント台地にあり、丘陵とうねりのある表土である。滝線ニューアークとウィルミントンの間でほぼロバート・カークウッド・ハイウェイを辿っており、その南が大西洋岸平原で平たく、砂質で、場所によって湿地になっている。州西側州境に標高75フィート (23 m)から80フィート (24 m) の尾根があり、デラウェア川およびデラウェア湾に流れる水路と西のチェサピーク湾に流れる水路を分けている。

気候

州内大半の領域が大西洋岸平原にあるので、大洋がその気候を和らげる効果がある。気候帯では温暖湿潤気候大陸性気候の遷移域にある。デラウェア州は南北の距離が約100マイル (160 km) と小型だが、平均気温や降雪量を見ると南北でかなりの違いがある。州南部のサセックス郡では大西洋とデラウェア湾で気候が和らげられ、北部より植物生育期間が長い。過去最高気温は1930年7月21日にミルズボロで記録された110°F (43 ℃) であり、過去最低気温は1893年1月17日に同じくミルズボロで記録された-17°F (-27 ℃) である。

環境

デラウェア州が気候帯の遷移域にあるために、様々な植生が見られる。北部3分の1では、アメリカ合衆国北東部に典型的な北東部海岸森林やオーク混合林が見られる。州南部3分の1では大西洋岸中部森林が見られる。例えば、サセックス郡のトラップ池州立公園はヌマスギの自生北限の1つである。

環境管理

デラウェア州は有害廃棄物によって「軽度に汚染」された土地の浄化について政府補助金を支給しており、その資金は石油卸売りに掛ける税金から拠出されている。

人口動静

デラウェア州人口密度地図
人口推移
【年】
【人口】
【】

1790 | 59,096 |  | 

1800 | 64,273 |  | 8.8%
1810 | 72,674 |  | 13.1%
1820 | 72,749 |  | 0.1%
1830 | 76,748 |  | 5.5%
1840 | 78,085 |  | 1.7%
1850 | 91,532 |  | 17.2%
1860 | 112,216 |  | 22.6%
1870 | 125,015 |  | 11.4%
1880 | 146,608 |  | 17.3%
1890 | 168,493 |  | 14.9%
1900 | 184,735 |  | 9.6%
1910 | 202,322 |  | 9.5%
1920 | 223,003 |  | 10.2%
1930 | 238,380 |  | 6.9%
1940 | 266,505 |  | 11.8%
1950 | 318,085 |  | 19.4%
1960 | 446,292 |  | 40.3%
1970 | 548,104 |  | 22.8%
1980 | 594,338 |  | 8.4%
1990 | 666,168 |  | 12.1%
2000 | 783,600 |  | 17.6%
2010 | 897,934 |  | 14.6%
2012(推計) | 917,092 |  | 2.1%
Sources: 1910–2010

2012年7月1日時点で、デラウェア州人口は917,092人と推計され、2010年国勢調査からは2.1%増加した。

2010年国勢調査に拠れば、デラウェア州人口897,934人のうち、人種による人口構成は次のようになっている

1990年の国勢調査では黒人16.9%、非ヒスパニック白人79.3%となっていた。 デラウェア州の人口密度は442.6人/平方マイル (170.9 人/km) であり、国内50州の中で第6位である。これは国内平均よりも356.4人/平方マイル (137.6 人/km) だけ多い。また人口順位では第46位である。2010年時点で人口10万人を超える都市が無いことでは国内5州の中に入っている。州の人口重心はニューキャッスル郡タウンゼントの町にある。

デラウェア州内で申告された祖先による構成比は、黒人 (19.2%)、アイルランド系 (16.6%)、ドイツ系 (14.3%)、イギリス系 (12.1%)、イタリア系 (9.3%)となっている。

デラウェア州北部のフィラデルフィア郊外は非常にアイルランド系が多いのに対して、デラウェア州南部はイギリス系祖先が多くなっている。

言語

2000年時点でデラウェア州民の5歳以上人口のうち91%は家庭で英語のみを話していた。スペイン語は5%だった。第3位はフランス語の0.7%、続いて中国語0.5%、ドイツ語0.5%だった。

英語を公用語とするために州議会の下院と上院に議案が何度か提出されてきたが、一度も成案になっていない。

宗教

デラウェア州

デラウェア州の住民の宗教宗派別構成比は次のようになっている。

宗教データ・アーカイブ協会に拠れば、2000年時点で信徒数の多い会派はカトリック教、メインライン・プロテスタント福音主義プロテスタントである。

2012年に行われた国内の信仰に関する調査で、デラウェア州民の34%は「そこそこの信仰」と答え、33%は「大変信仰熱心」、33%は「信仰心が無い」と答えていた。

インディアン部族

レニ・レナペ(デラウェア族)のかつての領土

この州のもともとの住民であったデラウェア族は、「レナペ連合」として、オハイオ州から大西洋岸に及ぶ広大な領土を勢力範囲としていた一大インディアン部族だった。かれらデラウェア族は、1737年に植民地領主ウィリアム・ペンの息子たちに領土の大半をだまし盗られた(→「歩いた分だけの土地を購入」)。

アメリカ連邦政府と全米のインディアン部族との間で結ばれた、「部族の主権」を保証する条約は370に上るが、その第一号条約は1778年にデラウェア族と結ばれたものである。これは合衆国植民政府のイギリスとの戦いに、デラウェア族連合が味方したことに対する見返りだった。こうして条約規定のもと、アメリカ合衆国はデラウェア族を中心としたレナペ連合の国家組織を認め、援助することとなった。

しかしその後18の「新しい条約」がレナペ連合に強要され、そのたびに部族の領土は縮小され、また数度にわたる白人入植州政府との戦いで分断され、19世紀にはインディアナ州ミズーリ州カンザス州へと強制移住が繰り返され、最終的に数百人に減り、オクラホマ州の保留地に移住させられた。

現在、この州には公式な「インディアン部族」としてアメリカ連邦政府が承認している部族はなく、同州ではデラウェア族は絶滅したことになっている。

ナンチコーク族」のみが、州政府から部族認定されている唯一のインディアン部族である。現在、より強い自治権と保留地(Reservation)を保証される連邦承認を要求中である。

≪デラウェア州政府から公式認定されているインディアン部族≫

≪アメリカ連邦政府に公認要求中のインディアン部族≫

インディアン・カジノ

デラウェア州は、連邦から同州の公営ギャンブルを違法とされている州であり、州の権限下にあるナンチコーク族は、「インディアン・カジノ」を持てないままである。ジャック・マーケル知事はスポーツくじの合法化に意欲を見せており、部族カジノを持ちたいナンチコーク族からも注目されている。

主要な都市

ドーバー
ニューアーク
シーフォード
ウィルミントン

ウィルミントンはデラウェア州北部内で単独で発達した都市である。しかし、近接しているという理由で、ここは業務拠点およびペンシルベニア州フィラデルフィア郊外の両方として機能している。

ウィルミントンの郊外
 | 
他の場所

デラウェア州の豊かな上位10都市

en:per capita incomeによる順位

  1. Greenville:$83,223
  2. Henlopen Acres:$82,091
  3. South Bethany:$53,624
  4. Dewey Beach:$51,958
  5. Fenwick Island:$44,415
  6. Bethany Beach:$41,306
  7. Hockessin:$40,516
  8. North Star:$39,677
  9. レホボスビーチ:$38,494
  10. Ardentown:$35,577
For more see the complete list of places

政治と法律

デラウェア州では、アメリカ独立戦争以降、4度にわたって州憲法の制定が行われた。1度目は1776年、2度目は ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/08/08 19:12

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「デラウェア州」の意味を投稿しよう
「デラウェア州」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

デラウェア州スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「デラウェア州」のスレッドを作成する
デラウェア州の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail