このキーワード
友達に教える
URLをコピー

トニ・クロースとは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2017年10月)
トニ・クロース

レアル・マドリードでのクロース(2018年)

【名前】

【ラテン文字】
Toni Kroos
【基本情報】

【国籍】
ドイツ
【生年月日】
(1990-01-04) 1990年1月4日(29歳)
【出身地】
東ドイツグライフスヴァルト
【身長】
183cm
【体重】
76kg
【選手情報】

【在籍チーム】
レアル・マドリード
【ポジション】
MF
【背番号】
8
【利き足】
右足
【ユース】

1997-2002
グライフスヴァルダー
2002-2006
ハンザ・ロストック
2006-2007
バイエルン・ミュンヘン
【クラブ】


クラブ | 出場 | (得点)
2007-2008
バイエルン・ミュンヘンII |  13  | (4)
2008-2014
バイエルン・ミュンヘン |  130  | (13)
2009-2010
レヴァークーゼン (loan) |  43  | (10)
2014-
レアル・マドリード |  152  | (11)
【代表歴】

2005-2007
ドイツ U-17 | 34  | (17)
2009
ドイツ U-19 | 5  | (3)
2008-2009
ドイツ U-21 | 10  | (2)
2010-
ドイツ | 92  | (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月5日現在。
2. 2019年6月5日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj

トニ・クロース(トーニ・クロースとも、: Toni Kroos, 1990年1月4日 - )は、東ドイツグライフスヴァルト出身のサッカー選手リーガ・エスパニョーラレアル・マドリード所属。ドイツ代表。ポジションはミッドフィールダー

目次

  • 1 クラブ経歴
    • 1.1 幼少期
    • 1.2 バイエルン
    • 1.3 レバークーゼン
    • 1.4 バイエルン復帰
    • 1.5 レアル・マドリード
  • 2 代表経歴
  • 3 プレースタイル
  • 4 評価とエピソード
  • 5 人物
  • 6 個人成績
  • 7 代表
    • 7.1 出場大会
    • 7.2 試合数
    • 7.3 代表での得点
  • 8 タイトル
    • 8.1 クラブ
    • 8.2 代表
    • 8.3 個人
  • 9 脚注
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

クラブ経歴[ソースを編集]

幼少期[ソースを編集]

地元クラブのグライフスヴァルダーでサッカーを始め、その後ハンザ・ロストックへ移籍した。2006年にバイエルン・ミュンヘンのユースに加入した。

バイエルン[ソースを編集]

ブンデスリーガデビューとなった2007年9月26日のエネルギー・コットブス戦では、わずか18分間の出場で2アシストを記録する衝撃のデビューとなった。更にUEFAカップデビューとなったアウェイのレッドスター・ベオグラード戦では1点リードされた状況の81分に登場し、1ゴール1アシストの活躍で勝利に導いた。

レバークーゼン[ソースを編集]

しかし、バイエルンのレギュラー陣に割って入るには至らず、より出場機会を得るために2009年1月より2010年6月までのレンタル移籍バイエル・レバークーゼンに加入した。2009年4月18日のVfLヴォルフスブルク戦でブンデスリーガ初得点を記録。シーズン終了後にはバイエルンと2010年まで契約を延長し、またレヴァークーゼンへのレンタルも2010年7月までに延長された。2009-10シーズンは開幕から主力としてプレーし、シュテファン・キースリングとともにゴールを量産し、レヴァークーゼンの首位ターンに貢献した。そのシーズンは、キッカーによるブンデスリーガのシーズンベストイレブンに選出された。

バイエルン復帰[ソースを編集]

バイエルン復帰後、期待通りの成績を残せなかったが、レヴァークーゼン時代の監督だったユップ・ハインケスがバイエルンの監督に就任するとその才能が一気に開花。バイエルンの中盤に欠かせない存在にまで成長した。

2012-13シーズンは史上最速28節終了時点でのリーグ優勝を達成。翌シーズンも2014年3月25日のヘルタ・ベルリン戦で得点を挙げ、3対1での勝利に貢献。同試合でバイエルンはリーグ優勝を決め、ブンデスリーガ連覇を果たした。一方で、バイエルンとの契約延長交渉が給与面などで難航、クラブやジョゼップ・グアルディオラ監督との関係が悪化していった。

レアル・マドリード[ソースを編集]

レアル・マドリードでのクロース(2018年)

2014年7月17日、6年契約でレアル・マドリードへの移籍が決定。背番号は8番。公式戦初出場となったUEFAスーパーカップセビージャFC戦では、両チーム通じてトップとなるパス成功率96%を記録した。入れ替わるようにバイエルンへ移籍したシャビ・アロンソと同じ中盤の底のポジションでレギュラーに定着し、11月9日の第11節ラージョ・バジェカーノ戦で、移籍後初ゴールを含む1得点2アシストの活躍をした。移籍初年度は、リーガ・エスパニョーラ所属クラブの選手で唯一シーズン総パス成功数が3000本を超えており、シーズンを通して92%のパスを成功させた。

2015-16シーズン、レギュラーとしてチャンピオンズリーグ優勝に貢献、二つのクラブで優勝を経験した初のドイツ人プレーヤーとなった。2016年1月3日、バレンシアCF戦でパス成功率100%を記録した。

2016年10月12日、レアル・マドリードと2022年までの新契約を結んだことが発表された。同シーズンは、リーガ優勝とともに史上初となるチャンピオンズリーグ連覇を達成した。

2018年にはFIFAクラブワールドカップを再び獲得。通算5度の同タイトル獲得は歴代最多であり、過去6年間で5度優勝した。2019年5月、レアル・マドリードとの契約を2023年6月まで延長した。

代表経歴[ソースを編集]

ドイツ代表でプレーするクロース(2011年)

ドイツU-17代表として2007 FIFA U-17ワールドカップに出場、中心選手としてドイツを3位に導き、ゴールデンボール賞(大会MVP)を受賞した。その後も各世代の代表でプレーし、2010年3月3日にアルゼンチンとの親善試合でA代表デビューを果たした。

2010 FIFAワールドカップ・南アフリカ大会の代表メンバーに選出され、2010年6月23日、グループリーグ第3戦のガーナ戦で途中出場し、ワールドカップ初出場を果たした。

2011年9月6日のポーランドとの親善試合で代表初得点を挙げた。

2012年UEFA EURO 2012のメンバーに招集された。グループリーグは、全3試合とも途中交代で終盤から出場した。決勝トーナメントでは、ギリシャとの準々決勝では出場機会は無かったものの、イタリアとの準決勝ではスターティングメンバーに抜擢されアンドレア・ピルロのマンマークについたが、この試合ドイツは1-2で敗れ、大会を去ることとなった。

2014 FIFAワールドカップ・ブラジル大会でも代表メンバーに選出され、1次リーグから決勝までの7試合すべてに出場。準決勝のブラジル戦では前半24分、26分と2分間で2ゴールを奪い、FIFAが選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。大会ではフアン・クアドラードと並ぶ4アシストを記録したほか、FIFAが分析システムを使用して採点した「カストロール・インデックス」では、同大会に出場した選手では最高評価となる9.79ポイントを得ている。ヨハン・クライフもワールドカップでの活躍を絶賛し、同年のFIFAバロンドールにおいて最終候補に入らなかったことに異議を唱えた。

今までドイツ代表で10番として活躍していたルーカス・ポドルスキが代表を引退した事によりメスト・エジルが10番を着用することになったため、エジルの背番号でもありレアル・マドリーと同じ背番号の8番を継承した。

2018 FIFAワールドカップではグループリーグ初戦メキシコに敗れた。2戦目は後半ロスタイムにクロースのフリーキックで勝ち越したが、最終戦で韓国に敗れグループリーグ敗退となった。

プレースタイル[ソースを編集]

長短での高いパス精度を誇っている。上述にもある通り2015-2016シーズン、メスタージャでのバレンシア戦でパス成功率が100%を記録した。試合のリズムを創る正確なプレーは、しばしばメトロノームに喩えられる。

FCバルセロナシャビはクロースについて、「クロースはマドリーのエンジンだね。彼のプレイスタイルは多くの部分で僕を思わせるところがある。彼はフィールド上では僕の後継者のようだよ」と評価している。

パスだけでなく、カーブをかけたグラウンダーのインサイドキックでコースを狙うシュートも得意とする。

評価とエピソード[ソースを編集]

ユップ・ハインケスは「クロースの可能性は無限大」と評価している。クロースがバイエルンのトップチームに昇格した際、ゼ・ロベルトは「あの子のテクニックはまるでブラジル人のようだ。あんな17歳は見たことないよ。練習態度も真面目で特別な選手になるだろう」と評価している。カルロ・アンチェロッティは「クロースはとてつもない才能の持ち主だ。プレーのすべてが予測できない。走力に優れ、スペースに入り込む能力は稀に見るものがある」「お気に入りの選手」とフットボリスタのインタビューでコメントしている。バイエルンでのチームメイトであるフランク・リベリは「クロースが10番としてプレーすれば、私にとって非常にプラスになる。ボールが持てて、良いパスも出せる。私にとっての10番はクロースだ」と評価。

また、2012年3月17日のヘルタ・ベルリン戦ではフリーキックの際に試合中にジャンケンをし、グーのクロースにパーで勝ったリベリがキッカーとなった。マリオ・ゲッツェとは親友で、ドイツ代表合宿でゲッツェがクロースにバイエルン移籍希望を打ち明けたことをクロースがバイエルン上層部に報告。これがきっかけとなりボルシア・ドルトムントからの電撃移籍が決定した、というエピソードをワールドサッカーダイジェストが紹介している。

2013年にバイエルンの一員でFIFAクラブワールドカップ2013を、その翌年にはドイツ代表の一員で2014 FIFAワールドカップを、その後レアルに移籍したあとはレアルの一員でFIFAクラブワールドカップ2014を制し、365日間で3度の世界一という珍事が起こった。なお、ドイツ人で異なる2つのクラブで世界一になったサッカー選手はクロースが唯一である。

人物[ソースを編集]

個人成績[ソースを編集]

【年度】
【クラブ】
【背番号】
リーグ 【リーグ戦
リーグ杯 【国際大会】
【その他】
通算
【出場】
【得点】
【出場】
【得点】
【出場】
【得点】
【出場】
【得点】
【出場】
【得点】
【出場】
得点
ドイツ
リーグ戦 ドイツ杯UEFA CL
UEFA EL
その他 期間通算
2007-08 | バイエルン・ミュンヘン | 39 | ブンデスリーガ | 12 | 0 | 2 | 0 | - | 6 | 1 | - | 20 | 1
2008-09 | 7 | 0 | 1 | 1 | 1 | 0 | - | - | 9 | 1
バイエル・レバークーゼン | 39 | 10 | 1 | 3 | 0 | - | - | - | 13 | 1
2009-10 | 33 | 9 | 2 | 0 | - | - | - | 35 | 9
2010-11 | バイエルン・ミュンヘン | 39 | 27 | 1 | 3 | 1 | 7 | 1 | - | 0 | 0 | 37 | 3
2011-12 | 31 | 4 | 6 | 1 | 14 | 2 | - | - | 51 | 7
2012-13 | 24 | 6 | 3 | 0 | 9 | 3 | - | 1 | 0 | 37 | 9
2013-14 | 29 | 2 | 6 | 1 | 12 | 1 | - | 4 | 0 | 51 | 4
スペイン
リーグ戦 国王杯UEFA CL
UEFA EL
その他 期間通算
2014-15 | レアル・マドリード | 8 | プリメーラ | 36 | 2 | 2 | 0 | 12 | 0 | - | 5 | 0 | 55 | 2
2015-16 | 32 | 1 | 0 | 0 | 12 | 0 | - | - | 44 | 1
2016-17 | 29 | 3 | 5 | 0 | 12 | 1 | - | 2 | 0 | 48 | 4
2017-18 | 27 | 5 | 0 | 0 | 12 | 0 | - | 4 | 0 | 43 | 5
2018-19 | 28 | 0 | 4 | 0 | 8 | 1 | - | 3 | 0 | 43 | 1
【通算】
リーグ通算 【リーグ戦】
リーグ杯 【UEFA CL】
【UEFA EL】
その他 リーグ通算
【ドイツ】
ブンデスリーガ 173 | 23 | 26 | 4 | 43 | 7 | 6 | 1 | 5 | 0 | 253 | 35
【スペイン】
プリメーラ・ディビシオン 152 | 11 | 11 | 0 | 56 | 2 | 0 | 0 | 14 | 0 | 233 | 13
総通算 【325】
【34】
【37】
4 【99】
【9】
【6】
【1】
【19】
0 【486】
48

代表[ソースを編集]

出場大会[ソースを編集]

試合数[ソースを編集]


ドイツ代表
国際Aマッチ

【年】
【出場】
【得点】

2010 | 13 | 0
2011 | 11 | 2
2012 | 10 | 2
2013 | 7 | 1
2014 | 15 | 4
2015 | 6 | 0
2016 | 12 | 3
2017 | 6 | 0
2018 | 10 | 2
【通算】
【90】
14

代表での得点[ソースを編集]

【#】
【開催日】
【開催地】
【対戦国】
【スコア】
【結果】
大会
1 | 2011年9月6日 | グダニスクPGEアリーナ |  ポーランド | 1–1 | 2–2 | 親善試合
2 | 2011年11月11日 | キエフオリンピスキ・スタジアム |  ウクライナ | 2–1 | 3–3 | 親善試合
3 | 2012年10月12日 | ダブリンアビバ・スタジアム |  アイルランド | 0–5 | 1–6 | 2014 FIFAワールドカップ予選
4 | 0–6
5 | 2013年9月6日 | ミュンヘンアリアンツ・アレーナ |  オーストリア | 2–0 | 3–0 | 2014 FIFAワールドカップ予選
6 | 2014年7月8日 | ベロオリゾンテミネイロン |  ブラジル | 0–3 | 1–7 | 2014 FIFAワールドカップ
7 | 0–4
8 | 2014年10月14日 | ゲルゼンキルヒェンフェルティンス・アレーナ |  アイルランド | 1–0 | 1–1 | UEFA EURO 2016予選
9 | 2014年11月18日 | ビーゴムニシパル・デ・バライードス |  スペイン | 0–1 | 0–1 | 親善試合
10 | 2016年3月26日 | ベルリンベルリン・オリンピアシュタディオン |  イングランド | 1–0 | 2–3 | 親善試合
11 | 2016年3月29日 | ミュンヘン、アリアンツ・アレーナ |  イタリア | 1–0 | 4–1 | 親善試合
12 | 2016年10月8日 | ハンブルクフォルクスパルクシュタディオン |  チェコ | 2–0 | 3–0 | 2018 FIFAワールドカップ予選
13 | 2018年6月25日 | ソチフィシュト・オリンピックスタジアム |  スウェーデン | 2–1 | 2–1 | 2018 FIFAワールドカップ
14. | 2018年10月16日 | サン=ドニ、スタッド・ド・フランス |  フランス | 0–1 | 1 – 2 | UEFAネーションズリーグ2018-19

タイトル[ソースを編集]

クラブ[ソースを編集]

バイエルン・ミュンヘン
レアル・マドリード

代表[ソースを編集]

ドイツ代表

個人[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ クロース”. レアル・マドリードCF. 2017年10月27日閲覧。
  2. ^ トーニ・クロース - Qoly/コリサカ
  3. ^ マンU移籍期限直前で大物獲得か。バイエルンのクロース、42億円で獲得の可能性”. livedoor.com (2014年1月31日). 2015年4月16日閲覧。
  4. ^ クロースのマドリー移籍を両クラブが発表 Goal 2014年7月17日
  5. ^ レアルMFクロースを同僚が称賛…デビュー戦でパス成功率96%を記録 soccer king 2014年8月15日
  6. ^ Tekkers! Real Madrid’s Toni Kroos scored a beautiful golazo in win over Rayo”. 101greatgoals.com. 2015年10月26日閲覧。
  7. ^ レアルのクロース、今季パス3000本以上で成功率はなんと92%! soccer king 2015年5月13日
  8. ^ Toni Kroos focused on Euros 2016 after Real Madrid UCL win”. espnfc.com (2016年5月30日). 2017年5月14日閲覧。
  9. ^ Official announcement: Kroos”. realmadrid.com (2016年10月12日). 2016年10月12日閲覧。
  10. ^ クロース、クラブW杯最多タイトル獲得選手 realmadrid.co
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/06/25 13:00

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「トニ・クロース」の意味を投稿しよう
    「トニ・クロース」のコンテンツはまだ投稿されていません。

    トニ・クローススレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「トニ・クロース」のスレッドを作成する
    トニ・クロースの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
2010Happy Mail