このキーワード
友達に教える
URLをコピー

トニー・ソレイタとは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年1月)
トニー・ソレイタ
Tony Solaita
【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
アメリカ領サモア準州ヌーリ
【生年月日】
(1947-01-15) 1947年1月15日
【没年月日】
(1990-02-10) 1990年2月10日(43歳没)
【身長
体重】
6' 0" =約182.9 cm
210 lb =約95.3 kg
【選手情報】

【投球・打席】
左投左打
【ポジション】
一塁手外野手指名打者
【プロ入り】
1965年
【初出場】
MLB / 1968年9月16日
NPB / 1980年4月5日
【最終出場】
MLB / 1979年9月30日
NPB / 1983年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


トリア・ソレイタ(Tolia "Tony" Solaita , 1947年1月15日 - 1990年2月10日)は、アメリカ領サモア出身の元プロ野球選手(一塁手外野手指名打者)。通称:「サモアの怪人」。

過去の選手名鑑などの書物には、サモア独立国ソロモン諸島の出身とする誤りの記述もある。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 幼少期~メジャーリーグ時代
    • 1.2 日本での活躍
    • 1.3 引退後
    • 1.4 エピソード
    • 1.5 銃殺
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別打撃成績
    • 2.2 タイトル
    • 2.3 表彰
    • 2.4 記録
    • 2.5 背番号
  • 3 脚注
  • 4 関連項目
  • 5 外部リンク

経歴

幼少期~メジャーリーグ時代

9歳の時に事情により、サモアからアメリカ合衆国のハワイ諸島に移る。1965年ニューヨーク・ヤンキースと契約。1968年9月16日にメジャー初昇格。その後は長いマイナーリーグ生活を経て、1974年カンザスシティ・ロイヤルズでメジャー再昇格を果たす。その後は、カリフォルニア・エンゼルスモントリオール・エクスポズトロント・ブルージェイズと渡り歩いた。

日本での活躍

1980年に来日し、日本ハムファイターズに入団。主に指名打者として活躍。来日1年目は5番を打ち、打率が.239と低迷するものの45本塁打を放ち、数々の日本記録を残した。大阪スタヂアムでの対南海ホークス3回戦(ダブルヘッダー第2試合)の1回、佐々木宏一郎から3号3点本塁打を左中間に放つと、3回にも同投手から中堅へソロ、5回には三浦政基からまた左中間に3点本塁打、8回藤田学のストレートを右翼スタンドにライナーで入る6号本塁打を放った。6回に死球があったものの、4打数連続本塁打はパ・リーグ新記録。1試合での4打数連続は読売ジャイアンツ王貞治が1964年に記録して以来、16年ぶりの日本プロ野球界タイ記録。この日を境に「打てないポンコツ外国人」から「サモアの怪人」に変身した。ソレイタは「1試合3本はメジャーでも打ったことがあるが、4本は初めてだ。今まで沈む球を強引に引っ張りすぎて失敗していたからね。なので、今日はセンター方向に打ち返すようにしたんだ。」と得意げに話した。9月4日、日生球場での対近鉄バファローズ後期11回戦の9回に柳田豊から32号ソロを放つと、翌日には西武球場での対西武ライオンズ後期7回戦で第1打席から3連発。2日がかりの4打席連続本塁打でシーズン2回の日本新記録を樹立した(アドバイスをくれたのは、メジャー時代からの友人、近鉄のチャーリー・マニエルだった)。しかし、5打席連続本塁打の新記録の期待がかかった時、マウンドにはソレイタが苦手としていた永射保が出てきてしまい、永射はソレイタに対してはど真ん中のまっすぐばかりを投じていたにも関わらずソレイタはあえなく三球三振に終わり新記録達成とはならなかった。

1981年には4番を打ち、打率.300、44本塁打、108打点という素晴らしい成績を残し、本塁打王打点王の二冠に輝き、同期入団のトミー・クルーズと共に日本ハムの19年ぶりとなるリーグ優勝の立役者となった。しかし、MVPは、3勝6敗25S防2.85の江夏豊、.310・16本・81打点の柏原純一に次いで3位という結果であった。「ソレイタが日本人だったらMVPだっただろう」と言われていた。

1982年には指名打者部門のベストナインを受賞、1983年まで4年連続30本塁打以上を記録。1983年限りで退団して現役を引退。

引退後

故郷のサモアへ帰ると公務員となり第2の人生をスタートさせる一方、熱心な野球への支援をし数多くの後輩を育てていた。

エピソード

上記に記述されているように現役時代は永射を苦手としていたことなど、ソレイタの前の打者(主に柏原)にたびたび敬遠されて抑えられることが多かった。それにまつわるエピソードとして、1981年7月19日平和台野球場では柏原が永射の敬遠球を本塁打にしてソレイタを喜ばせたことがあった。柏原はソレイタが永射を打てないことやその時の敬遠球が大きく外れていなかったために本塁打を狙うより三遊間を抜けるヒットを打つ気持ちでいたのが功を奏して誰もが予想をしていなかった本塁打となった。だが、そのあとのソレイタは永射に三振に抑えられてしまった(通算成績は43打数5安打の打率.116、0本塁打4打点と惨憺たるものだった)。

銃殺

1990年2月10日、土地取引のトラブルに巻き込まれ、路上で住民の手によりで射殺された。43歳没。

詳細情報

年度別打撃成績




【球

団】


































































O
P
S

1968 | NYY | 1 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | .000 | .000 | .000 | .000
1974 | KC | 96 | 279 | 239 | 31 | 64 | 12 | 0 | 7 | 97 | 30 | 0 | 3 | 0 | 2 | 35 | 5 | 1 | 70 | 2 | .268 | .361 | .406 | .767
1975 | 93 | 275 | 231 | 35 | 60 | 11 | 0 | 16 | 119 | 44 | 0 | 1 | 1 | 2 | 39 | 2 | 2 | 79 | 6 | .260 | .369 | .515 | .884
1976 | 31 | 77 | 68 | 4 | 16 | 4 | 0 | 0 | 20 | 9 | 0 | 0 | 0 | 3 | 6 | 0 | 0 | 17 | 0 | .235 | .286 | .294 | .580
CAL | 63 | 252 | 215 | 25 | 58 | 9 | 0 | 9 | 94 | 33 | 1 | 1 | 1 | 2 | 34 | 3 | 0 | 44 | 4 | .270 | .367 | .437 | .804
'76計 94 | 329 | 283 | 29 | 74 | 13 | 0 | 9 | 114 | 42 | 1 | 1 | 1 | 5 | 40 | 3 | 0 | 61 | 4 | .261 | .348 | .403 | .750
1977 | 116 | 386 | 324 | 40 | 78 | 15 | 0 | 14 | 135 | 53 | 1 | 3 | 2 | 4 | 56 | 6 | 0 | 77 | 6 | .241 | .349 | .417 | .766
1978 | 60 | 110 | 94 | 10 | 21 | 3 | 0 | 1 | 27 | 14 | 0 | 0 | 0 | 0 | 16 | 3 | 0 | 25 | 2 | .223 | .336 | .287 | .624
1979 | MON | 29 | 53 | 42 | 5 | 12 | 4 | 0 | 1 | 19 | 7 | 0 | 0 | 0 | 0 | 11 | 0 | 0 | 16 | 0 | .286 | .434 | .452 | .886
TOR | 36 | 121 | 102 | 14 | 27 | 8 | 1 | 2 | 43 | 13 | 0 | 0 | 0 | 2 | 17 | 0 | 0 | 16 | 2 | .265 | .364 | .422 | .785
'79計 65 | 174 | 144 | 19 | 39 | 12 | 1 | 3 | 62 | 20 | 0 | 0 | 0 | 2 | 28 | 0 | 0 | 32 | 2 | .271 | .385 | .431 | .816
1980 | 日本ハム | 125 | 524 | 447 | 62 | 107 | 9 | 0 | 45 | 251 | 95 | 0 | 1 | 0 | 3 | 68 | 3 | 6 | 121 | 7 | .239 | .345 | .562 | .907
1981 | 128 | 545 | 454 | 86 | 136 | 23 | 1 | 44 | 293 | 108 | 0 | 2 | 0 | 3 | 81 | 13 | 6 | 102 | 14 | .300 | .410 | .645 | 1.055
1982 | 130 | 527 | 449 | 65 | 126 | 22 | 1 | 30 | 240 | 84 | 2 | 2 | 0 | 5 | 71 | 8 | 2 | 77 | 6 | .281 | .378 | .535 | .912
1983 | 127 | 516 | 436 | 64 | 110 | 16 | 1 | 36 | 236 | 84 | 0 | 2 | 0 | 6 | 72 | 8 | 2 | 71 | 14 | .252 | .357 | .541 | .898
MLB:7年 525 | 1554 | 1316 | 164 | 336 | 66 | 1 | 50 | 554 | 203 | 2 | 8 | 4 | 15 | 214 | 18 | 3 | 345 | 22 | .255 | .357 | .421 | .778
NPB:4年 510 | 2112 | 1786 | 277 | 479 | 70 | 3 | 155 | 1020 | 371 | 2 | 7 | 0 | 17 | 292 | 32 | 16 | 371 | 41 | .268 | .373 | .571 | .944

タイトル

NPB

表彰

NPB

記録

NPB初記録
NPB節目の記録
NPBその他の記録

背番号

脚注

  1. ^ 【プロ野球仰天伝説43】強打者ソレイタが涙目になった究極の左キラー、永射保

関連項目

外部リンク

業績
パシフィック・リーグ本塁打王
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 山内和弘
  • 1961 野村克也, 中田昌宏
  • 1962 野村克也
  • 1963 野村克也
  • 1964 野村克也
  • 1965 野村克也
  • 1966 野村克也
  • 1967 野村克也
  • 1968 野村克也
  • 1969 長池徳二

  • 1970年代 | 
  • 1970 大杉勝男
  • 1971 大杉勝男
  • 1972 長池徳二
  • 1973 長池徳二
  • 1974 C.ジョーンズ
  • 1975 土井正博
  • 1976 C.ジョーンズ
  • 1977 L.リー
  • 1978 B.ミッチェル
  • 1979 C.マニエル

  • 1980年代 | 
  • 1980 C.マニエル
  • 1981 T.ソレイタ, 門田博光
  • 1982 落合博満
  • 1983 門田博光
  • 1984 ブーマー
  • 1985 落合博満
  • 1986 落合博満
  • 1987 秋山幸二
  • 1988 門田博光
  • 1989 R.ブライアント

  • 1990年代 | 
  • 1990 O.デストラーデ
  • 1991 O.デストラーデ
  • 1992 O.デストラーデ
  • 1993 R.ブライアント
  • 1994 R.ブライアント
  • 1995 小久保裕紀
  • 1996 T.ニール
  • 1997 N.ウィルソン
  • 1998 N.ウィルソン
  • 1999 T.ローズ

  • 2000年代 | 
  • 2000 中村紀洋
  • 2001 T.ローズ
  • 2002 A.カブレラ
  • 2003 T.ローズ
  • 2004 松中信彦, F.セギノール
  • 2005 松中信彦
  • 2006 小笠原道大
  • 2007 山崎武司
  • 2008 中村剛也
  • 2009 中村剛也

  • 2010年代 | 
  • 2010 T-岡田
  • 2011 中村剛也
  • 2012 中村剛也
  • 2013 M.アブレイユ
  • 2014 E.メヒア, 中村剛也
  • 2015 中村剛也
  • 2016 B.レアード
  • 2017 A.デスパイネ
  • 2018 山川穂高


  • パシフィック・リーグ打点王
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 山内和弘
  • 1961 山内和弘
  • 1962 野村克也
  • 1963 野村克也
  • 1964 野村克也
  • 1965 野村克也
  • 1966 野村克也
  • 1967 野村克也
  • 1968 G.アルトマン
  • 1969 長池徳二

  • 1970年代 | 
  • 1970 大杉勝男
  • 1971 門田博光
  • 1972 野村克也, 大杉勝男
  • 1973 長池徳二
  • 1974 長池徳二
  • 1975 加藤秀司
  • 1976 加藤秀司
  • 1977 L.リー
  • 1978 B.マルカーノ
  • 1979 加藤英司

  • 1980年代 | 
  • 1980 C.マニエル
  • 1981 T.ソレイタ
  • 1982 落合博満
  • 1983 水谷実雄
  • 1984 ブーマー
  • 1985 落合博満
  • 1986 落合博満
  • 1987 ブーマー
  • 1988 門田博光
  • 1989 ブーマー

  • 1990年代 | 
  • 1990 O.デストラーデ, 石嶺和彦
  • 1991 O.デストラーデ, J.トレーバー
  • 1992 ブーマー
  • 1993 R.ブライアント
  • 1994 石井浩郎
  • 1995 イチロー, 初芝清, 田中幸雄
  • 1996 T.ニール
  • 1997 小久保裕紀
  • 1998 N.ウィルソン
  • 1999 T.ローズ

  • 2000年代 | 
  • 2000 中村紀洋
  • 2001 中村紀洋
  • 2002 T.ローズ
  • 2003 松中信彦
  • 2004 松中信彦
  • 2005 松中信彦
  • 2006 小笠原道大, A.カブレラ
  • 2007 山崎武司
  • 2008 T.ローズ
  • 2009 中村剛也

  • 2010年代 | 
  • 2010 小谷野栄一
  • 2011 中村剛也
  • 2012 李大浩
  • 2013 浅村栄斗
  • 2014 中田翔
  • 2015 中村剛也
  • 2016 中田翔
  • 2017 A.デスパイネ
  • 2018 浅村栄斗


  • パシフィック・リーグ最多勝利打点

    1981年から1988年まで表彰

    パシフィック・リーグ ベストナイン(指名打者)
    1970年代 | 

    1980年代 | 
  • 1980 C.マニエル
  • 1981 門田博光
  • 1982 T.ソレイタ
  • 1983 門田博光
  • 1984 L.リー
  • 1985 L.リー
  • 1986 石嶺和彦
  • 1987 石嶺和彦
  • 1988 門田博光
  • 1989 門田博光

  • 1990年代 | 
  • 1990 O.デストラーデ
  • 1991 O.デストラーデ
  • 1992 O.デストラーデ
  • 1993 R.ブライアント
  • 1994 R.ブライアント
  • 1995 T.ニール
  • 1996 T.ニール
  • 1997 D.マルティネス
  • 1998 N.ウィルソン
  • 1999 P.クラーク

  • 2000年代 | 
  • 2000 N.ウィルソン
  • 2001 F.ボーリック
  • 2002 和田一浩
  • 2003 A.カブレラ
  • 2004 F.セギノール
  • 2005 松中信彦
  • 2006 F.セギノール
  • 2007 山崎武司
  • 2008 T.ローズ
  • 2009 山崎武司

  • 2010年代 | 
  • 2010 福浦和也
  • 2011 J.フェルナンデス
  • 2012 W.ペーニャ
  • 2013 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/09/08 22:49

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「トニー・ソレイタ」の意味を投稿しよう
    「トニー・ソレイタ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    トニー・ソレイタスレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「トニー・ソレイタ」のスレッドを作成する
    トニー・ソレイタの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail