このキーワード
友達に教える
URLをコピー

トニー・ワトソンとは?

【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
アイオワ州スーシティ
【生年月日】
(1985-05-30) 1985年5月30日(34歳)
【身長
体重】
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
【選手情報】

【投球・打席】
左投左打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
2007年 MLBドラフト9巡目
【初出場】
2011年6月8日 アリゾナ・ダイヤモンドバックス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


アンソニー・マイケル・ワトソン(Anthony Michael Watson , 1985年5月30日 - )は、アメリカ合衆国アイオワ州スーシティ出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLBサンフランシスコ・ジャイアンツに所属。愛称はワッティー

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 プロ入りとパイレーツ時代
    • 1.3 ドジャース時代
    • 1.4 ジャイアンツ時代
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別投手成績
    • 2.2 年度別守備成績
    • 2.3 記録
    • 2.4 背番号
  • 3 脚注
  • 4 関連項目
  • 5 外部リンク

経歴

プロ入り前

2003年MLBドラフト23巡目(全体683位)でフロリダ・マーリンズから指名されたが、この時は入団せずにネブラスカ大学リンカーン校へ進学した。

2006年MLBドラフト17巡目(全体505位)ではボルチモア・オリオールズから指名されたが、この時も入団せず。

プロ入りとパイレーツ時代

ピッツバーグ・パイレーツ時代
(2017年6月7日)

2007年MLBドラフト9巡目(全体278位)でピッツバーグ・パイレーツから指名され、プロ入り。

2011年6月8日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で4番手として登板し、メジャーデビューを果たした。以後、貴重な中継ぎとしてパイレーツのブルペンに定着し、主に敗戦処理として経験を積んだ。この年は43試合に登板し、10ホールド・防御率3.95を記録した。

2012年はチーム最多の68試合に登板し、16ホールド・防御率3.38を記録した。

2013年はチーム2位の67試合に登板し、初セーブを記録するなど、2セーブ・22ホールド・防御率2.39の好成績で、チームにとって21年振りのプレーオフ進出に大きく貢献した。シンシナティ・レッズとのワイルドカードゲームでポストシーズン初登板を果たした。ディビジョンシリーズでは3試合に登板して無失点と活躍したが、チームは敗退してしまった。

2014年にはオールスターに初選出された。リーグ最多の78試合に登板し、2セーブ・34ホールド・防御率1.63の好成績でチームの2年連続のプレーオフ進出に大きく貢献した。

2015年はクローザーのマーク・マランソンにつなぐセットアップマンの地位を確立し、リーグ3位の77試合に登板し、防御率は1.91、歴代最多タイ(ナ・リーグ新記録)の41ホールドを挙げ、チームの3年連続のプレーオフ進出に大きく貢献した。10月7日のシカゴ・カブスとのワイルドカードゲームでは7回表に登板したが、相手先発のジェイク・アリエータが2死球を与えていたことが影響してか、そのアリエータが打席に入ったときに投球を付近に当ててしまい、警告試合を宣告された後、乱闘のきっかけを作った。この試合では1死球以外の打者3人を凡退に抑えたが、チームは敗退してしまった。

2016年は、7月末にマランソンが放出されるまでにセットアップマンとして45試合に登板し、23ホールド・防御率2.64を記録し、その後クローザーとして25試合に登板し、15セーブ・防御率3.86を記録。通年では、チーム最多で3年連続70試合以上となる70試合に登板し、通算400試合登板に到達。過去3シーズン連続で2.50未満だった防御率は3.06まで悪化。また、WHIP1.06もここ4年でワーストの数値だった。

2017年は初めてクローザーの立場として開幕したが、47試合で5勝3敗10セーブ・防御率3.66・セーブ失敗7回と不安定で、6月にはフェリペ・リベロにクローザーの座を奪われた。

ドジャース時代

2017年7月31日にオニール・クルーズアンヘル・ヘルマンとのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した。移籍後はケンリー・ジャンセンがクローザーを務めていためセットアッパーに回り、24試合で2勝1敗・防御率2.70の成績を上げた。2チーム合算では4年連続70試合登板を達成し、7勝4敗10セーブ・防御率3.38であった。オフの11月2日にFAとなった。

ジャイアンツ時代

2018年2月19日にサンフランシスコ・ジャイアンツと2年契約(3年目は選手側オプション)を結んだ。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2011 | PIT | 43 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 2 | 0 | 10 | .500 | 174 | 41.0 | 34 | 6 | 20 | 4 | 1 | 37 | 0 | 0 | 18 | 18 | 3.95 | 1.32
2012 | 68 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 2 | 0 | 16 | .714 | 215 | 53.1 | 37 | 5 | 23 | 1 | 1 | 53 | 1 | 0 | 21 | 20 | 3.38 | 1.13
2013 | 67 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 1 | 2 | 22 | .750 | 280 | 71.2 | 51 | 5 | 12 | 1 | 6 | 54 | 2 | 0 | 19 | 19 | 2.39 | 0.88
2014 | 78 | 0 | 0 | 0 | 0 | 10 | 2 | 2 | 34 | .833 | 305 | 77.1 | 64 | 5 | 15 | 0 | 6 | 81 | 0 | 0 | 16 | 14 | 1.63 | 1.02
2015 | 77 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 1 | 1 | 41 | .800 | 293 | 75.1 | 55 | 3 | 17 | 1 | 4 | 62 | 1 | 0 | 17 | 16 | 1.91 | 0.96
2016 | 70 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 5 | 15 | 23 | .286 | 272 | 67.2 | 52 | 10 | 20 | 1 | 3 | 58 | 0 | 0 | 26 | 23 | 3.06 | 1.06
2017 | 47 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 3 | 10 | 6 | .625 | 209 | 46.2 | 57 | 7 | 14 | 4 | 3 | 35 | 0 | 0 | 20 | 19 | 3.66 | 1.52
LAD | 24 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 1 | 0 | 8 | .667 | 82 | 20.0 | 15 | 2 | 6 | 3 | 2 | 18 | 0 | 0 | 6 | 6 | 2.70 | 1.05
'17計 71 | 0 | 0 | 0 | 0 | 7 | 4 | 10 | 14 | .636 | 291 | 66.2 | 72 | 9 | 20 | 7 | 5 | 53 | 0 | 0 | 26 | 25 | 3.38 | 1.38
2018 | SF | 72 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 6 | 0 | 32 | .400 | 261 | 66.0 | 54 | 4 | 14 | 3 | 1 | 72 | 0 | 0 | 19 | 19 | 2.59 | 1.03
2019 | 60 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 2 | 0 | 25 | .500 | 231 | 54.0 | 56 | 9 | 12 | 1 | 5 | 41 | 1 | 0 | 26 | 25 | 4.17 | 1.26
MLB:9年 606 | 0 | 0 | 0 | 0 | 39 | 36 | 30 | 217 | .609 | 2322 | 573.0 | 475 | 56 | 153 | 19 | 32 | 511 | 5 | 0 | 188 | 179 | 2.81 | 1.10

年度別守備成績

【年
度】
【球
団】
投手(P)
【試

合】















2011 | PIT | 43 | 3 | 8 | 0 | 0 | 1.000
2012 | 68 | 1 | 8 | 2 | 0 | .818
2013 | 67 | 2 | 12 | 0 | 0 | 1.000
2014 | 78 | 7 | 11 | 1 | 0 | .947
2015 | 77 | 5 | 12 | 0 | 1 | 1.000
2016 | 70 | 5 | 6 | 1 | 0 | .917
2017 | 47 | 1 | 10 | 0 | 3 | 1.000
LAD | 24 | 1 | 4 | 0 | 1 | 1.000
'17計 71 | 2 | 14 | 0 | 4 | 1.000
2018 | SF | 72 | 6 | 11 | 0 | 2 | 1.000
2019 | 60 | 3 | 9 | 0 | 0 | 1.000
MLB 606 | 34 | 91 | 4 | 7 | .969

記録

背番号

脚注

  1. ^ Dodgers Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月17日閲覧
  2. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年8月1日閲覧。
  3. ^ Ken Gurnick (2017年7月31日). “Dodgers acquire Darvish, upgrade 'pen” (英語). MLB.com. 2017年8月1日閲覧。
  4. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月28日閲覧
  5. ^ Giants sign lefty reliever Watson to 2-year deal MLB.com (英語) (2018年2月19日) 2018年2月21日閲覧

関連項目

外部リンク

サンフランシスコ・ジャイアンツ ロースター
投手 | 

捕手 | 

内野手 | 

外野手 | 

監督・コーチ | 
  • 19 ゲイブ・キャプラー(監督)
  • 50 カイ・コレア(ベンチコーチ)
  • 12 ドニー・エッカー(打撃コーチ)
  • 17 ジャスティン・ビエル(打撃コーチ)
  • 88 ダスティン・リンド(打撃コーチ補佐)
  • 41 アンドリュー・ベイリー(投手コーチ)
  • 45 ブライアン・バニスター(投手ディレクター)
  • 21 イーサン・カッツ(投手コーチ補佐)
  • 00 アントアン・リチャードソン(一塁兼外野守備コーチ)
  • 23 ロン・ウォタス(三塁コーチ)
  • 32 クレイグ・アルバーナス(ブルペンコーチ)
  • 79 ニック・オルティーズ(クオリティ・コントロール)
  • 91 マーク・ホールバーグ(コーチ補佐)
  • 92 アリッサ・ナッケン(コーチ補佐)
  • 99 植松泰良(ブルペン捕手)
  • -- ジョン・ヤンドル(打撃投手)

公式サイト(英語)より 40人ロースター 監督・コーチ一覧 2020年2月15日更新

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/17 06:54

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「トニー・ワトソン」の意味を投稿しよう
「トニー・ワトソン」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

トニー・ワトソンスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「トニー・ワトソン」のスレッドを作成する
トニー・ワトソンの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail