このキーワード
友達に教える
URLをコピー

トヨタ・コロナとは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2016年4月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2016年4月)
トヨタ・コロナ
10代目 後期型

【販売期間】
1957年-2001年
【製造国】
日本(日本国外でも生産)
【ボディタイプ】
4ドアセダン
2ドアセダン
(5代目のみ)
2ドアハードトップ
(3代目-7代目)
2ドアピックアップトラック
(2代目・3代目)
4ドアセダン
5ドアハッチバック
(3代目、6代目、8代目-10代目)
3/5ドアライトバン
(2代目-9代目)
【駆動方式】
後輪駆動
(7代目以前)
前輪駆動
(8代目-11代目)
四輪駆動
(9代目-11代目)
【先代】
トヨペット・マスター(事実上)
【後継】
トヨタ・プレミオ
【別名】
トヨペット・コロナ
(初代-5代目)
トヨタ・ティアラ
(2代目のオセアニア北米仕様)
トヨタ・コロナプレミオ
(11代目のみ)

コロナ(CORONA)は、トヨタ自動車1957年から1996年まで生産・販売していた、セダンを中核とするCDセグメント相当の乗用車である。トヨタ車として初めて日本国外でも生産された車種である。また、本項ではシリーズ11代目となるコロナ プレミオ(CORONA PREMIO)についても便宜上、記述する。

概要

カローラクラウンとともにトヨタの伝統的なセダンであり、中核的な位置づけになる車種である。高度経済成長期には日本のマイカー代表車種として、広く親しまれたクルマである。

特に地方都市では 小型タクシーとしても多く用いられた。1960年代から1970年代、コロナの競合車種は日産自動車ダットサンブルーバードであった。このブルーバードとコロナが繰り広げた熾烈な販売合戦が「BC戦争」と呼ばれるものである。

1957年7月の初代以来11代の系譜をたどったが、1996年以降は「コロナプレミオ」となったことで無印コロナ名義としては1996年で消滅。コロナプレミオがブランド終了となったあとは「プレミオ」として系統を継承している。

なお、本稿ではコロナプレミオ以外の以下のモデルについても便宜上記述する。

歴史

初代 T10型(1957年 - 1960年)

トヨペット・コロナ(初代)
ST10/PT10型
4ドアセダン(ST10・フロント)
4ドアセダン(ST10・リヤ)

【販売期間】
1957年7月 - 1960年4月
乗車定員
4人
【ボディタイプ】
4ドアセダン
3ドアバン
【エンジン】
S型 0.995L 直4
P型 0.997L 直4
【駆動方式】
後輪駆動
変速機
3速MT
サスペンション
前:ダブルウイッシュボーンコイル
後:リジッド半楕円リーフ
【全長】
3,912mm
【全幅】
1,470mm
【全高】
1,555mm
ホイールベース
2,400mm
【車両重量】
960kg
【ブレーキ】
4輪ドラム
【最高速度】
90km/h(初期型)
【先代】
トヨペット・マスター(事実上)
-自動車のスペック表-

1950年代半ば以降、日本の乗用車市場ではトヨタ自動車が1500cc車のクラウンで中型タクシー市場を、日産自動車が860-1000cc車のダットサン・110/210で小型タクシー市場をそれぞれ押さえるという構図ができ上がっていたが、日本の二大メーカーである両社は、それぞれ相手の領域に食い込もうと新型車開発を続けていた。

コロナはこうした状況で誕生したトヨタの対ダットサン対抗馬である。しかし、本格的な商品として企画されていたのは 2代目のT20系であり、初代T10系はそれまでのつなぎとしての企画であった。 この背景には、当時 乗用車の設計に強い発言力を有していたタクシー業界が20系の完成を待てず、そのニーズにこたえる必要のあったトヨタ自動車販売の意向で、開発・発売を急がせたという事情があったという。すなわち、T10系は クラウンの信頼性の高さが立証されて存在価値が薄まり1956年に生産を中止されていたクラウンのタクシー用姉妹車 トヨペット・マスター(前輪固定懸架)の車体中心部ボディプレス、クラウンの足回り、そして1940年代後期から使用され、乗用車用としてはすでに時代遅れになっていたSV式のトヨタ・S型エンジン(最高出力33PS/4500回転、最大トルク6.5kgm/2800回転(グロス値))などといった 既存のコンポーネンツを寄せ集めて、マスターの開発・製造を担当した関東自動車工業(現・トヨタ自動車東日本)で急遽開発された車であった。ただし唯一画期的であったのは、関東自動車工業がトヨタ本体とは独立して独自に1950年代前半から研究を続けていたモノコック構造が、トヨタの量産乗用車として初採用されたことであった。このため、車両重量はようやく1000kgの大台を割っている。


2代目 T20/30型(1960年 - 1964年)

トヨペット・コロナ(2代目)
T2#/3#型
4ドアセダン
コロナライン

【販売期間】
1960年4月 - 1964年9月
乗車定員
5人
【ボディタイプ】
4ドアセダン
3ドアバン
トラック
【エンジン】
P型 1.0L 直4
R型 1.5L 直4
3R型 1.9L 直4
(北米仕様のみ)
【駆動方式】
後輪駆動
変速機
2速AT / 3速MT
サスペンション
前:ダブルウイッシュボーンコイル
後:トレーリングアームコイルリーフ
【全長】
3,990mm
【全幅】
1,490mm
【全高】
1,440mm
ホイールベース
2,400mm
【車両重量】
940kg
【ブレーキ】
4輪ドラム
【最高速度】
110km/h
1000 3速MT(前期型)
-自動車のスペック表-


3代目 T40/50型(1964年 - 1970年)

トヨペット・コロナ(3代目)
T4#/5#型
4ドアセダン(前期型)
1964年9月 - 1966年6月
2ドアハードトップ(中期型)
1966年6月 - 1967年6月
4ドアセダン(後期型)
1967年6月 - 1970年2月

【販売期間】
1964年9月 - 1970年1月
乗車定員
5人
【ボディタイプ】
2ドアハードトップ
4 / 5ドアセダン
3 / 5ドアバン
ピックアップトラック
【エンジン】
2R型 1,490cc OHV
2P型 1,198cc OHV
4R型 1,587cc OHV
3P型 1,350cc OHV
7R型 1,591cc SOHC
7R-B型 1,591cc SOHC
【駆動方式】
後輪駆動
変速機
2速AT / 3速MT
サスペンション
前:ダブルウイッシュボーンコイル
後:リジッド半楕円リーフ
【全長】
4,110mm
【全幅】
1,550mm
【全高】
1,420mm
ホイールベース
2,420mm
【車両重量】
945kg
【ブレーキ】
4輪ドラム
【最高速度】
140km/h
4ドアセダンDX 3速MT(前期型)
-自動車のスペック表-

3代目の生産台数は57万8534台。


4代目 T80型(1970年 - 1973年)

トヨペット・コロナ(4代目)
T8#型
後期型 セダン1600SE
(オセアニア仕様)
後期型 ハードトップ1700SL

【販売期間】
1970年2月 - 1973年8月
乗車定員
5人
【ボディタイプ】
2ドアハードトップ
4ドアセダン
5ドアバン
【エンジン】
2.0/1.8/1.7/1.6/1.5L 直列4気筒
【駆動方式】
後輪駆動
変速機
3速 / 2速AT
5速 / 4速 / 3速MT
サスペンション
前:ダブルウイッシュボーンコイル
後:リジッド半楕円リーフ
【全長】
4,170mm
【全幅】
1,560mm
【全高】
1,400mm
ホイールベース
2,430mm
【車両重量】
945kg
【ブレーキ】
4輪ドラム
【最高速度】
155km/h
セダン1600DX 3速MT(前期型)
-自動車のスペック表-


5代目 T100/110/120型(1973年 - 1978年)

トヨペット・コロナ(5代目)
T10##/11#/12#型
前期型 4ドアセダン1800GL
1973年8月 - 1977年1月
前期型 4ドアセダン1800GL リア
1973年8月 - 1977年1月
後期型 4ドアセダン2000GT
1977年1月 - 1978年9月

【販売期間】
1973年8月 - 1978年9月
乗車定員
5人
【ボディタイプ】
2ドアハードトップ
2 / 4ドアセダン
3 / 5ドアバン
【エンジン】
2.0/1.8/1.6L 直列4気筒
【駆動方式】
後輪駆動
変速機
3速AT
5速 / 4速 / 3速MT
サスペンション
前:ダブルウイッシュボーンコイル
後:4リンクリジッド半楕円リーフ
【全長】
4,250mm
【全幅】
1,610mm
【全高】
1,390mm
ホイールベース
2,500mm
【車両重量】
1,090kg
【ブレーキ】
前:ディスク
後:ドラム
【最高速度】
200km/h
2HT 2000GT 5速MT(前期型)
-自動車のスペック表-

5代目の販売終了前月までの新車登録台数の累計は80万5528台。

6代目 T130型(1978年 - 1982年)

トヨタ・コロナ(6代目)
T13#型
4ドアセダン(前期型)
1978年9月 - 1980年8月

【販売期間】
1978年9月 - 1982年1月
乗車定員
5人
【ボディタイプ】
4ドアセダン
2ドアハードトップ
5ドアリフトバック
5ドアバン
【エンジン】
2.0/1.8/1.6L 直列4気筒
【駆動方式】
後輪駆動
変速機
4速 / 3速AT
5速 / 4速 / 3速MT
サスペンション
前:マクファーソンストラットコイル
後:4リンクリジッドコイル
【全長】
4,360-4,490mm
【全幅】
1,645-1,655mm
【全高】
1,370-1,400mm
ホイールベース
2,525mm
【車両重量】
1,085kg
【ブレーキ】
前:ディスク
後:ドラム
【データモデル】
4ドアセダン 2000CX 5速MT(前期型)
-自動車のスペック表-


7代目 T140型(1982年 - 1998年)

ハードトップ:1982年 - 1985年、セダン/バン:1982年 - 1987年 、 タクシー:1982年 -1998年

トヨタ・コロナ(7代目)
T14#型
4ドアセダン(前期型)
1982年1月 - 1983年10月
後期型

【販売期間】
セダン、バン:1982年1月 - 1987年 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/24 14:02

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「トヨタ・コロナ」の意味を投稿しよう
「トヨタ・コロナ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

トヨタ・コロナスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「トヨタ・コロナ」のスレッドを作成する
トヨタ・コロナの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail