このキーワード
友達に教える
URLをコピー

トンブリー王朝とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2019年4月)
トンブリー朝
ธนบุรี
 | 1767年 - 1782年 | 

(国旗)

トンブリー王朝の版図
公用語 タイ語
首都 トンブリー
元首等
1767年 - 1782年 タークシン
変遷
建国 1767年
【滅亡】
1782年

タイの歴史


先史時代
古代~中世 (BC3-1238)
スコータイ王朝 (1238-1448)
アユタヤ王朝 (1351-1767)
トンブリー王朝 (1768-1782)
チャクリー王朝 (1782- )
地方の歴史
ハリプンチャイ王国
ラーンナー王朝

トンブリー王朝 (ธนบุรี)(1767年 - 1782年)は、タイの正統王朝の一つ。首都はトンブリー中国潮州系タイ人・タークシン王(鄭昭)によって創設された。

今のチャクリー王朝の前の王朝にあたり、アユタヤ王朝が破壊された翌年、バンコクチャオプラヤー川西岸に建設された。その翌年の1768年8月にタークシンは、に使者を派遣し冊封を求めた。しかし乾隆帝はタークシンに否定的評価を下した。清朝との交渉は1769年に好転し、交易を再開し、武器や戦略物資等の獲得の道を開いた。

一方、1769年ピマーイナコンシータマラートを占領、また同年にバッタンバンシエムリエプを併合し、東北のロムサック、南部のパタニトレンガヌをも支配下に置き、1770年にはピサヌロークとその周辺を制圧し、北部地方の統治権を奪取した。しかし、国内の4勢力を退けてもなお、現在のカンボジアベトナム国境西端に脅威の勢力が存在した。1771年ハーティエンを攻撃したが失敗に終わる。1777年に西山の乱が起こり、宗主権争いをしているハーティエンの勢力を滅亡に追い込んだ。対中交渉を再開始し、数回目の使者を送り、冊封を認められ、硫黄、鉄の輸入に成功している。

タークシン王一代限り15年間続いたが、王朝末期、タークシン王が乱心をきたし、部下のチャオプラヤー・マハーカサット・スックに殺され、チャオプラヤー・マハーカサット・スック(ラーマ1世)が王に就いたことで幕を閉じた。

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/29 12:51

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「トンブリー王朝」の意味を投稿しよう
「トンブリー王朝」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

トンブリー王朝スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「トンブリー王朝」のスレッドを作成する
トンブリー王朝の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail