このキーワード
友達に教える
URLをコピー

トーマス・オマリーとは?

トーマス・オマリー
Thomas O'Malley
【基本情報】

【国籍】
アメリカ合衆国
【出身地】
ニュージャージー州
【生年月日】
(1960-12-25) 1960年12月25日(58歳)
【身長
体重】
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投左打
【ポジション】
一塁手三塁手
【プロ入り】
1979年 MLBドラフト16巡目
【初出場】
MLB / 1982年5月8日
NPB / 1991年4月6日
【最終出場】
MLB / 1990年10月3日
NPB / 1996年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


トーマス・パトリック・オマリー(Thomas Patrick O'Malley, 1960年12月25日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身の元プロ野球選手(内野手、右投左打)、監督コーチ。アメリカ球界での登録名トム・オマリー (Tom O'Malley)アイルランド系アメリカ人である。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 MLB時代
      • 1.1.1 阪神時代
      • 1.1.2 ヤクルト時代
    • 1.2 現役引退後
  • 2 選手としての特徴
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 年度別監督成績
    • 3.3 タイトル
    • 3.4 表彰
    • 3.5 記録
    • 3.6 背番号
  • 4 関連情報
    • 4.1 出演番組
    • 4.2 広告出演
    • 4.3 CD
  • 5 脚注
    • 5.1 注釈
    • 5.2 出典
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

経歴

MLB時代

1982年5月8日にサンフランシスコ・ジャイアンツメジャーデビューを果たし、以後9年間プレーするもののメジャーには定着できず、以後、シカゴ・ホワイトソックス - ボルチモア・オリオールズ - テキサス・レンジャーズ - モントリオール・エクスポズ(現:ワシントン・ナショナルズ) - ニューヨーク・メッツと複数の球団を渡り歩くも、1983年のシーズンを除いてレギュラー選手としての成績は残せなかった。

阪神時代

1991年阪神タイガースに入団し、来日。初の春季キャンプでは川上哲治から『今年の外国人選手では一番すばらしい』と評価される。

ビジターの試合で球団カラーの黒ではなくグレーのアンダーシャツを着ていた。これはアメリカ時代のシャツをそのまま愛用していたためである。また、ベンチで帽子を前後逆に被る、メジャーリーグにある『逆転のおまじない』をベンチに持ち込んだ。翌1992年から亀山努らナインがオマリーに倣って帽子を逆にする姿が恒例となった。

1992年、前年オフに大洋を解雇されたジム・パチョレックが阪神に入団する。このパチョレックとのコンビで、新庄剛志、亀山努ら若手選手と共に低迷していた阪神の2位躍進に貢献。同年はパチョレックの入団に伴い三塁に転向し、ゴールデングラブ賞を獲得した。

1993年は、オールスターゲーム第2戦でMVPを獲得した。ヒーローインタビューの時の『ハンシンファンワ、イチバンヤァー!(阪神ファンは一番やー!)』を決まり文句とした。また、オマリーと共に在籍した外国人選手のパチョレック(同年退団)と郭李建夫が好調の時、当時の日本野球機構の規定では外国人選手が2人までしか出場できないことから、3人の姓の頭文字をとり『(阪神)PKO問題』と報じられていた。

さらに同年は、首位打者のタイトルを獲得した。タイトル争いに際しては、横浜のロバート・ローズと最終戦まで競り合い、執念を見せた。10月20日終了時点で、ローズは2試合残して480打数157安打で打率.3271、オマリーは1試合残して432打数141安打で打率.3264であり、10月21日に阪神が全日程を終了し、10月22日にダブルヘッダーで横浜が全日程を終了する予定だった。オマリーは最終戦、1打席目にヒットを放って打率.3279とローズを逆転したが、試合の日程上再逆転の可能性もあったため、ベンチに退かずに第2打席も登場して意表を突くセーフティバントを決めて打率を.3294に伸ばしてベンチに退いた。翌日、横浜は最終ダブルヘッダーを迎え、1試合目にローズは4打数1安打で打率を.3264に下げ、2試合目は再逆転を狙って1番打者で登場するも、2打席凡退して再逆転がほぼ不可能になって(残り3打席連続安打でも.3292で逆転不可能)ベンチに退いたため、オマリーが首位打者を獲得した。OPSもリーグ一位だった。

しかし、助っ人としては本塁打が少ないことで球団の方針から外れ、1994年オフに自由契約となった。オマリー自身も、オールスターゲームで当時巨人監督の長嶋茂雄に対し「ライネンキョジン(来年、巨人)」と移籍をアピールするなど、阪神のフロントに不信感を募らせていた。

阪神時代は神戸の自宅に当時100万円相当のFAX機器を設置し、アメリカに住む両親と毎日のように連絡を取り合っていた。

阪神球団はオマリーをオリックスへ金銭トレードに出す予定でいたが、本人の強い希望でセリーグのヤクルトスワローズに移籍することが決まった。

ヤクルト時代

1995年オリックス・ブルーウェーブとの争奪戦の結果、ヤクルトスワローズに入団。同年は打率.302、打点87を記録、自己最多の31本の本塁打を放ちチームのセントラル・リーグ優勝に大きく貢献した。ヒーローインタビューの決め台詞も「ヤクルトファンノ、オウエン、クダサーイ!(ヤクルトファンの応援ください)」に変わった。

オリックスとの日本シリーズでもMVPに輝き、チームの日本一にも大きく貢献。この時の小林宏投手との14球にわたる対戦は、「小林-オマリーの14球」として同年日本シリーズの名場面として語り継がれている。同年のシーズンMVPを獲得。日本プロ野球史上外国人選手としては初(2015年シーズン終了時現在で唯一)の、ペナントレース・日本シリーズ・オールスターゲームの3つでMVPを獲得した選手となった。

1996年、外国人選手初の6年連続打率3割を達成しキャリアハイの打点を記録したが、同年オフに監督の野村克也が巨人を退団した落合博満の獲得を強く望んだため(落合の入団は日本ハムファイターズとの争奪戦に敗れて実現せず)、契約上の問題が生じたとしてこの年限りでヤクルトを退団した。その後西武ライオンズが獲得調査との報道があったが実現せず、テキサス・レンジャーズに招待選手としてキャンプ参加するが解雇されそのまま現役を引退。

現役引退後

1998年から2001年までアメリカ独立リーグニューアーク・ベアーズ初代監督を務めた。

2001年、阪神春季キャンプにヤクルト時代の監督でもあった野村を表敬訪問。その際に外国人選手へのアドバイスが高く評価されて翌年の阪神コーチ就任が濃厚となるが、野村の退団に伴い白紙に。しかし、その際の口約束のためにベアーズ監督を辞任していたことから、翌2002年の春季キャンプの臨時打撃コーチとして阪神に復帰。そのキャンプ中の熱心な指導が監督の星野仙一にも評価され、そのまま特命コーチとしてシーズン中もチームに帯同した。2002年から2003年までの特命コーチ時代はジョージ・アリアストレイ・ムーアジェフ・ウィリアムスジェロッド・リガンらを指導するなど外国人選手の支えとなり、2003年のリーグ優勝に貢献した。岡田彰布の監督就任によりコーチを退任。

2004年、阪神の駐米スカウトに就任。同年10月、ライブドアベースボールの監督就任を要請され受諾したが、同球団の日本プロフェッショナル野球組織への参入が無くなったため白紙に。その後も阪神の駐米スカウトとして活動したが、シェーン・スペンサールー・フォードケビン・メンチと獲得に携わった外国人選手がスペンサー以外は結果を残せなかった(そのスペンサーもあくまで及第点レベル)。そのため、2009年11月、阪神との契約を解除された。

阪神スカウト解任後は、プロ野球交渉代理人アーン・テレムの事務所に所属し、日本人選手のメジャーリーグ進出への橋渡し役として活躍していた。

2013年10月に、阪神の一軍打撃コーチ補佐として、9年振りに現場へ復帰した。ただし、2015年までは、コーチ枠の関係でユニフォームは着用せず、トレーナーとしてジャージを着用してベンチ入りをしていた。2016年はチーム打率・安打最下位、得点・本塁打は五位に終わった。同年10月27日に今季限りのコーチ契約であることを伝えられた。

選手としての特徴

非常に選球眼が優れ、また投手の配球を読むことに長けた選手で、外国人選手初の6年連続打率3割を達成するなど、打撃面では安定した好成績を残した。しかし、守備中にバントシフトをとらないなど怠慢な姿勢も見られた。長嶋茂雄に憧れており、小さなヘルメットを浅く被っていた(長嶋のように、スイングを行った際メットが飛ぶようにするため)。また、よくガムを噛みながらオープンスタンスで打席に立っていた。

詳細情報

年度別打撃成績




【球

団】


































































O
P
S

1982 | SF | 92 | 327 | 291 | 26 | 80 | 12 | 4 | 2 | 106 | 27 | 0 | 3 | 1 | 1 | 33 | 9 | 1 | 39 | 11 | .275 | .350 | .364 | .714
1983 | 135 | 473 | 410 | 40 | 106 | 16 | 1 | 5 | 139 | 45 | 2 | 4 | 4 | 3 | 52 | 4 | 4 | 47 | 12 | .259 | .345 | .339 | .684
1984 | 13 | 27 | 25 | 2 | 3 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 2 | 0 | .120 | .185 | .120 | .305
CHW | 12 | 16 | 16 | 0 | 2 | 0 | 0 | 0 | 2 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 1 | .125 | .125 | .125 | .250
'84計 25 | 43 | 41 | 2 | 5 | 0 | 0 | 0 | 5 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 7 | 1 | .122 | .163 | .122 | .285
1985 | BAL | 8 | 14 | 14 | 1 | 1 | 0 | 0 | 1 | 4 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 1 | .071 | .071 | .286 | .357
1986 | 56 | 200 | 181 | 19 | 46 | 9 | 0 | 1 | 58 | 18 | 0 | 1 | 1 | 1 | 17 | 1 | 0 | 21 | 4 | .254 | .317 | .320 | .637
1987 | TEX | 45 | 134 | 117 | 10 | 32 | 8 | 0 | 1 | 43 | 12 | 0 | 0 | 0 | 2 | 15 | 1 | 0 | 9 | 7 | .274 | .351 | .368 | .718
1988 | MON | 14 | 31 | 27 | 3 | 7 | 0 | 0 | 0 | 7 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1 | 3 | 1 | 0 | 4 | 0 | .259 | .323 | .259 | .582
1989 | NYM | 9 | 11 | 11 | 2 | 6 | 2 | 0 | 0 | 8 | 8 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | .545 | .545 | .727 | 1.273
1990 | 82 | 133 | 121 | 14 | 27 | 7 | 0 | 3 | 43 | 14 | 0 | 0 | 0 | 1 | 11 | 1 | 0 | 20 | 1 | .223 | .286 | .355 | .641
1991 | 阪神 | 130 | 537 | 476 | 61 | 146 | 29 | 0 | 21 | 238 | 81 | 0 | 1 | 0 | 2 | 57 | 1 | 2 | 83 | 10 | .307 | .382 | .500 | .882
1992 | 111 | 478 | 381 | 55 | 124 | 30 | 2 | 15 | 203 | 62 | 3 | 1 | 0 | 1 | 94 | 7 | 2 | 70 | 8 | .325 | .460 | .533 | .993
1993 | 125 | 515 | 434 | 60 | 143 | 32 | 1 | 23 | 246 | 87 | 1 | 1 | 0 | 4 | 75 | 10 | 2 | 71 | 10 | .329 | .427 | .567 | .994
1994 | 124 | 524 | 430 | 61 | 135 | 18 | 2 | 15 | 202 | 74 | 2 | 1 | 0 | 4 | 89 | 17 | 1 | 74 | 15 | .314 | .429 | .470 | .899
1995 | ヤクルト | 125 | 524 | 421 | 83 | 127 | 20 | 0 | 31 | 240 | 87 | 6 | 6 | 0 | 5 | 96 | 23 | 2 | 57 | 8 | .302 | .429 | .570 | .999
1996 | 127 | 541 | 461 | 56 | 145 | 23 | 0 | 18 | 222 | 97 | 3 | 4 | 0 | 5 | 74 | 8 | 1 | 70 | 19 | .315 | .407 | .482 | .888
MLB:9年 466 | 1366 | 1213 | 117 | 310 | 54 | 5 | 13 | 413 | 131 | 2 | 8 | 6 | 9 | 133 | 17 | 5 | 151 | 37 | .256 | .329 | .340 | .670
NPB:6年 742 | 3119 | 2603 | 376 | 820 | 152 | 5 | 123 | 1351 | 488 | 15 | 14 | 0 | 21 | 485 | 66 | 10 | 425 | 70 | .315 | .422 | .519 | .941

年度別監督成績

アメリカ独立リーグ
【年度】
【チーム】
【前・後期】
【試合】
【勝利】
【敗戦】
【引分】
【勝率】
順位
1998 | ニューアーク・ベアーズ | 前期 | 50 | 18 | 32 | 0 | .360 | 5位
後期 | 50 | 17 | 33 | 0 | .340 | 6位
1999 | 前期 | 59 | 24 | 35 | 0 | .406 | 5位
後期 | 60 | 31 | 29 | 0 | .516 | 3位
2000 | 前期 | 70 | 38 | 32 | 0 | .542 | 3位
後期 | 70 | 36 | 34 | 0 | .514 | 4位
2001 | 前期 | 63 | 38 | 25 | 0 | .603 | 1位
後期 | 63 | 37 | 26 | 0 | .587 | 2位

タイトル

NPB

表彰

NPB

記録

NPB初記録
NPB節目の記録
NPBその他の記録

背番号

関連情報

出演番組

ラジオ番組
1993年・1994年に、CM明けのジングル音声を担当(デーゲーム中継や阪神戦以外の試合も含む)。
テレビ番組
選手引退後の1997年10月18日に出演(上岡龍太郎がゲストの回)。歌のコーナーで登場し、後述する阪神タイガースの球団歌「六甲おろし」を歌唱した。
選手引退後の2018年5月6日に出演。野球対決での「レジェンド9」の1人として登場。

広告出演

阪神特命コーチ及び駐米スカウト時代(2003年 - 2009年)にテレビCM出演。阪神甲子園球場(同社運営)に駐車場がない事への告知および阪神電車での来場を促すCMであり、日本語(関西弁まじり)で「コウシエンキュウジョウニハ、チュウシャジョウハ、アリマヘーン(甲子園球場には、駐車場はありまへーん)。」「ハンシンデンシャガ、イチバンヤー(阪神電車が、一番やー)!」としゃべるCMだった。2007年2008年は、当時阪神投手のライアン・ボーグルソンの夫人ニコール・ボーグルソンと共演した(ニコールが英語でしゃべり、それをオマリーが日本語訳する形式だった)。駐米スカウト契約解除により2009年度を以って降板。翌年からのCMは川藤幸三が引き継いだ。

CD

ポリスターレコードから発売され6万枚を売り上げた。このCDに収録されている「六甲おろし」(CDでの曲名は「オマリーの六甲おろし」)があまりに音痴であるとして一部で注目を集め、ラジオ番組コサキンDEワァオ!」でも取り上げられた。1番の歌詞が日本語、2番の歌詞が英語である。
また、引退後には先述のテレビ番組「LOVE LOVEあいしてる」にもゲストとして招かれ、生歌で六甲おろしを披露した。後日、吉田拓郎はこの回の演奏について「人生で一番音楽を辞めたくなった瞬間だった」と発言している。
2012年1月9日にNHK-FMで10時間にわたって放送された「セパ対抗!今日は一日“プロ野球ソング”三昧」でも紹介され、MVS(最優秀ソング)に選ばれた。
2014年9月10日にデジタルリマスター復刻盤がリリースされた。

脚注

注釈

  1. ^ ミネソタ・ツインズ在籍時という説があったが、在籍経験がないため他球団である可能性が高い。
  2. ^ 後に自身が一軍へ定着し、パチョレック (P) と郭李 (K) の争いとなった際には「PK合戦」と報じられた。
  3. ^ 早くから、オマリーのスカウティング能力には疑問の声があがっていた。実際に岡田が監督を務めていた2005年オフには契約解除が内定しながらもオマリーへの通告が行われず、翌春キャンプに来日。結果的に契約が延長されるという事態となった。

出典

  1. ^ 「PKO問題」から「PK合戦」になり、最後は郭李建夫の不戦勝?【1993年8月28日】”. ニコニコニュース (2017年8月28日). 2017年8月28日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン、2011年9月号 P63
  3. ^ 阪神のオマリーが、移籍先に同リーグのヤクルトを選んだ理由とは?/平成助っ人賛歌【プロ野球死亡遊戯】
  4. ^ オマリー氏、虎視眈々 日本人メジャーリーガー発掘を目指す - スポーツ - ZAKZAK(2010年5月14日付)(2010年5月17日時点のアーカイブ)
  5. ^ オマリー氏、虎1軍打撃C就任決定!掛布氏とビシバシ地獄キャンプ(2013年10月23日時点のアーカイブ)
  6. ^ 2016年チーム打率 NPB
  7. ^ 来季のコーチ契約について
  8. ^ セパ対抗!今日は一日“プロ野球ソング”三昧(2012年5月8日時点のアーカイブ)

関連項目

外部リンク

業績
日本シリーズMVP
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 近藤昭仁
  • 1961 宮本敏雄
  • 1962 土橋正幸, 種茂雅之
  • 1963 長嶋茂雄
  • 1964 J.スタンカ
  • 1965 長嶋茂雄
  • 1966 柴田勲
  • 1967 森昌彦
  • 1968 高田繁
  • 1969 長嶋茂雄

  • 1970年代 | 
  • 1970 長嶋茂雄
  • 1971 末次民夫
  • 1972 堀内恒夫
  • 1973 堀内恒夫
  • 1974 弘田澄男
  • 1975 山口高志
  • 1976 福本豊
  • 1977 山田久志
  • 1978 大杉勝男
  • 1979 高橋慶彦

  • 1980年代 | 
  • 1980 J.ライトル
  • 1981 西本聖
  • 1982 東尾修
  • 1983 大田卓司
  • 1984 長嶋清幸
  • 1985 R.バース
  • 1986 工藤公康
  • 1987 工藤公康
  • 1988 石毛宏典
  • 1989 駒田徳広

  • 1990年代 | 
  • 1990 O.デストラーデ
  • 1991 秋山幸二
  • 1992 石井丈裕
  • 1993 川崎憲次郎
  • 1994 槙原寛己
  • 1995 T.オマリー
  • 1996 T.ニール
  • 1997 古田敦也
  • 1998 鈴木尚典
  • 1999 秋山幸二

  • 2000年代 | 
  • 2000 松井秀喜
  • 2001 古田敦也
  • 2002 二岡智宏
  • 2003 杉内俊哉
  • 2004 石井貴
  • 2005 今江敏晃
  • 2006 稲葉篤紀
  • 2007 中村紀洋
  • 2008 岸孝之
  • 2009 阿部慎之助

  • 2010年代 | 
  • 2010 今江敏晃
  • 2011 小久保裕紀
  • 2012 内海哲也
  • 2013 美馬学
  • 2014 内川聖一
  • 2015 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/09/10 14:54

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「トーマス・オマリー」の意味を投稿しよう
    「トーマス・オマリー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    トーマス・オマリースレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「トーマス・オマリー」のスレッドを作成する
    トーマス・オマリーの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail