このキーワード
友達に教える
URLをコピー

トーマス・ファーレルとは?

この項目「トーマス・ファーレル」は途中まで翻訳されたものです。(原文:en:Thomas Farrell (general) 2011-03-31T18:55:18)
翻訳作業に協力して下さる方を求めています。ノートページ履歴、翻訳のガイドラインも参照してください。要約欄への翻訳情報の記入をお忘れなく。(2011年7月)
電話を受けているグローヴス少将の隣で通話を傍受するファーレル(当時准将)、1945年

トーマス・フランシス・ファーレル (Thomas Francis Farrell1891年11月3日 - 1967年4月11日) は、アメリカ陸軍の軍人。レズリー・グローヴスの副官であり、マンハッタン計画を現場責任者として指揮した。最終階級は少将

人物・来歴

第二次世界大戦前

1891年ニューヨーク州トロイにて、ジョン・ジョセフ・ファーレルとマーガレット・コノリー夫妻の息子として生まれた。1912年レンセラー工科大学を卒業し、パナマ運河1913年から1916年まで働いた。第一次世界大戦中には、フランスに派遣されたアメリカ欧州派遣軍(のちの第1軍 (アメリカ軍))の第一工兵大隊に従軍し、殊勲十字章を得た。1926年に陸軍を除隊し、民間人としてニューヨーク州の公務員となった。

マンハッタン計画

詳細は「マンハッタン計画」を参照

1941年2月に、当時大佐だったレズリー・グローヴスの部下となり、ビルマ公路建設などに従事。1945年1月、グローヴスから副官に指名されロスアラモス国立研究所に異動。同年8月、トルーマン大統領からポール・ティベッツ機長への指令書を携えてテニアン島に赴き、原子爆弾「ファットマン」に「ヒロヒトへ 親愛を込めて」と記した。

戦後

1945年8月30日広島長崎で、原爆の影響を調査するために科学者のチームを引率した。9月6日東京帝国ホテル連合国の海外特派員向けに「広島・長崎では、死ぬべき者は死んでしまい、9月上旬現在において、原爆放射能のために苦しんでいる者(原爆症患者)は皆無だ」とする声明を出した。

第二次世界大戦後、少将に昇進し、1946年4月に現役を退いた。

脚注

  1. ^ 高橋博子『封印されたヒロシマ・ナガサキ-米核実験と民間防衛計画-』凱風社、2008年
マンハッタン計画
【施設】
 | 
【管理者】

【科学者】

【作戦】

【部隊】

【兵器】

【関連項目】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/12 03:04

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「トーマス・ファーレル」の意味を投稿しよう
「トーマス・ファーレル」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

トーマス・ファーレルスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「トーマス・ファーレル」のスレッドを作成する
トーマス・ファーレルの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail