このキーワード
友達に教える
URLをコピー

トーマス・ラッフルズとは?

トーマス・スタンフォード・ビングレイ・ラッフルズ(Sir Thomas Stamford Bingley Raffles、1781年7月6日 - 1826年7月5日)はイギリス植民地行政官、シンガポールの創設者である。

目次

  • 1 略歴
  • 2 脚注
  • 3 参考文献
  • 4 関連文献
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

略歴

父はベンジャミン・ラッフルズ、母はアン・リデ。1781年、父が船長をつとめる商船アン号のなか、ジャマイカ沖で生まれた。2番目の妻ソフィアとの間に5人の子供を授かった。

1795年、14歳よりロンドン東インド会社で職員として働き始め、1805年、当時プリンス・オブ・ウェールズ島と呼ばれていたマレー半島ペナン島に赴任し、マレー語を習得する。1811年ナポレオン戦争当時フランスの勢力下にあったジャワ島へイギリス領インド(イギリス東インド会社)から派遣された遠征軍に参加し、ジャワ副総督(副知事、: Lieutenant-governor)に任命され、統治に当る。このとき、ジャワ島の密林に眠るボロブドゥール遺跡を再発見する。1816年にジャワ島がオランダに返還され、イギリスに帰国。この間、1817年に『ジャワ誌』(“The History of Java”)を刊行し、同年ナイトの称号を授与された。『ジャワ誌』以降、「トーマス」という名の使用をやめ、ミドル・ネームである「スタンフォード」を好むようになる。

1818年スマトラにあったイギリス東インド会社の植民地ベンクレーン(ブンクル)にベンクレーン副総督(: Lieutenant-governor of Bencoolen)として赴任した。当地において、マレー半島南端の島シンガポールの地政学上の重要性に着目し、ジョホール王国の内紛に乗じてシンガポールを獲得した。同島の開港は1819年2月6日のことである。

シンガポール川と金融街を背景に立つラッフルズ像

ラッフルズは1820年自由貿易港を宣言して、1822年から1823年までシンガポールに留まり、植民地の建設にたずさわった。また、ジャワ統治時代に鎖国中の日本と接触を図るが失敗に終わっている。1824年にはイギリスに帰国し、1826年ロンドンで死去した。

ラッフルズは動物学歴史学など、当時の諸科学に多大な興味を寄せており、ジャングルの調査を自ら組織している。世界最大級の花「ラフレシア」 (Rafflesia) は、発見した調査隊の隊長であった彼の名にちなんでつけられたものである。また、種の学名「ラフレシア・アルノルディイ」 (Rafflesia arnoldii R.Br.) は、ラッフルズと同調査隊に同行した博物学者ジョセフ・アーノルドにちなんで名づけられている。

脚注

  1. ^ 『インドネシアの事典』石井米雄(監修)、土屋健治、加藤剛、深見純夫、同朋舎出版〈東南アジアを知るシリーズ〉、1991年、441頁。 ISBN 4-8104-0851-5。
  2. ^ 信夫 (1968)、序 4頁
  3. ^ 『新版 東南アジアを知る事典』桃木至朗(代表)、平凡社、2008年、473-474頁。 ISBN 978-4-582-12638-9。
  4. ^ 信夫 (1968)、44頁
  5. ^ Family of Sir Stamford Raffles”. singapore infopedia. National Library Board. 2019年12月10日閲覧。
  6. ^ 坪井 (2019)、6頁
  7. ^ 信夫 (1968)、106頁
  8. ^ 信夫 (1968)、47頁
  9. ^ 坪井 (2019)、7頁
  10. ^ 信夫 (1968)、59-60頁
  11. ^ 坪井 (2019)、24頁
  12. ^ 信夫 (1968)、89頁
  13. ^ 坪井 (2019)、28-30頁
  14. ^ 信夫 (1968)、114頁
  15. ^ 坪井 (2019)、79頁
  16. ^ 信夫 (1968)、181-182頁
  17. ^ 信夫 (1968)、238頁
  18. ^ 坪井 (2019)、37頁
  19. ^ 信夫 (1968)、244頁
  20. ^ 坪井 (2019)、37-38頁
  21. ^ 信夫 (1968)、249-250頁
  22. ^ 坪井 (2019)、38頁
  23. ^ 信夫 (1968)、300-301頁
  24. ^ 岩崎 (2013)、8頁
  25. ^ 坪井 (2019)、44-47頁
  26. ^ 信夫 (1968)、314-315頁
  27. ^ 坪井 (2019)、55頁
  28. ^ 信夫 (1968)、411頁
  29. ^ 岩崎 (2013)、19頁
  30. ^ 坪井 (2019)、33頁
  31. ^ 信夫 (1968)、413・418頁
  32. ^ 信夫 (1968)、427-429頁
  33. ^ 坪井 (2019)、92-93頁
  34. ^ 信夫 (1968)、420-422頁
  35. ^ 信夫 (1968)、422頁
  36. ^ 植村好延「ラフレシア発見譚」『生命誌』第7号、JT生命誌研究館2019年12月12日閲覧。

参考文献

関連文献

関連項目

外部リンク

Rafflesは、植物の学名命名者を示す場合にトーマス・ラッフルズを示すのに使われる。(命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)
【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/01/28 03:16

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「トーマス・ラッフルズ」の意味を投稿しよう
「トーマス・ラッフルズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

トーマス・ラッフルズスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「トーマス・ラッフルズ」のスレッドを作成する
トーマス・ラッフルズの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail